ホーム > 59 CHEVY NOMAD > H野 WAGON

H野 WAGON




 H野 さん の  59 CHEVY  WAGON、


オーナー 同様 に  腐って、  穴 だらけ に  なった

リア ゲート の   修復  を  進めて まして


DSC_0767 - コピー


仮付け した、  修復用 パネル の

本 溶接 に  進みます


ほど ほど に、  点付け しておけば 


DSC_0757 - コピー

 
DSC_0759 - コピー


強度的 には、  充分 な  部分 ですし


薄い 鉄板 なので、  熱 を  入れすぎると

あっと いう間 に   歪み が  出るので


DSC_0761 - コピー


だいたい、  皆様  適度 の  間隔 で  点付け  したら

あとは  ”  パテ で  成型 ”   と、  なりますが


S庭 師範 は、  「 ちゃんと   全周 溶接 しますよ 」 


DSC_0763 - コピー


DSC_0765 - コピー


と、  熱 が 入って  歪まない ように

まずは  ボトム 側 から


しっかり  全周 溶接  していきまして


DSC_0776 - コピー


DSC_0778 - コピー


溶接後 に、  ビート を  キレイ に  仕上げたら


側面 や、 ボトム部分 の  腐食 して

補修 した 跡 も、 キレイ に  仕上げまして


DSC_0775 - コピー



DSC_0789 - コピー


割れて しまっていた、  表側 の

コーナー 部分 なども  


補修 して、  仕上げまして


DSC_0792 - コピー


続いて、  リア ゲート を  裏返して


表側 の  スキン パネル も  

しっかり  全周 溶接 しまして


DSC_0794 - コピー


薄い パネル を、    長い 距離 で

全周  溶接 しましたが


歪み は  ご覧 の 通り、  


DSC_0799 - コピー


DSC_0800 - コピー


よーく 見ても、   解る ような  うねり や

ひずみ も  見当たりません。。。。。。。


表 も、 溶接 ビート を  キレイ に  仕上げまして


DSC_0801 - コピー


最後 に、  スキン パネル を  張り替える 前 に

しっかり   記録 しておいた 通り に


リア ゲート を  開閉 する、  ” ヒンジ ”  を  


DSC_0802 - コピー


取り付ける  穴 を  開けて いきます


まずは  ケガキ に  沿って、 ボトム 側 の  

切り欠き を  作りまして


DSC_0803 - コピー


穴 の 位置 と、  カタチ を  

ケガキ を  入れたら


四隅 に  ドリル で  穴 を  開けまして


DSC_0804 - コピー


穴 と、 穴 の 間 を   切断 して

周囲 を  キレイ に   整えたら


” あたかも   オリジナル ”   な
    

DSC_0807 - コピー


ドア ヒンジ  取り付け口 が  出来まして


腐食 した、  リア ゲート ボトム の   

修復 が  完了 です


DSC_0806 - コピー


修復 を  終えた  リア ゲート は、   昨年末 の  

H野 BBQ の 時 に  届けて きまして   


あとは、  鈑金屋 さん に  委ね、  59 WAGON の 

完成 を  楽しみに  待ちたいと 思います 


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!!!






[ 2015/01/06 21:00 ] 59 CHEVY NOMAD | トラックバック(-) | コメント(-)