ホーム > 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 > SPARKLE 56

SPARKLE 56



 SPARKLE  56、   スパークセント ペイント の

ガラス フレーク が、   当たる  光り の 色 に よって

発色 が  変わりまして


20141122_213707.jpg


ショー 会場 の、  パシフィコ 横浜 が、  

どんな  照明 だったか  忘れましたが、、、、、、  


会場 の  照明 次第 で   発色 が   悪くなったり

煌めき 感 が   鈍く なったら  残念 なので、、、、


20141122_213738.jpg


デジタル イコライザー で   4原色 の、   調色 が

可能 な  照明 を  用意 して、   持参 することに  しまして


どの色 が  より良いのか、、、、、  どの  角度 からが  良いのか など


20141122_213728.jpg


ショー 会場 で   バタ バタ と、   迷走 しないよう

事前 に  よく、  シュミレーション  しておきます。


エレクトリック グリーン の  部分 に  入っている

GOLD の  ガラス フレーク は


20141122_213731.jpg


白い  光りだと、  フレーク が  ざらついて しまうのと


黄色 から  緑 に  振りかけた  色 辺りが  

BEST と  解りまして


20141122_213722.jpg


SPARKLE  ホワイト に  入っている

グレーン の フレーク は


白 から、  黄色 に  変わる 辺り が

一番  キレイ に  光る ことが  解りまして


20141122_213720.jpg


調色 の  値 を  記録 しておき、  

あとは、  パシフィコ の  照明 が  重なるので


今回  テスト して、   記録 した  値 を  基準 に、  

当日、  最終的 な  調整 を  することに  しまして


20141122_213716.jpg


クルマ の  方は、  FORD 9 デフ の、  アクスル ベアリング 交換 してまして


クーリー 製 の  ハウジング、 シャフト を   使って いますが

クーリー が  組み込んでいる   アクスル ベアリング は

” テーパー ローラー ベアリング ”  ですが


20141125_231341.jpg


ドラム ブレーキ を  使用 して  組む時 は、  ドラム ブレーキ の  

バックプレート を  リテーナー プレート で   共締め  しますが、


ドラム ブレーキ を  きちんと  固定 しようと すると、 
 
構造的 に  クリアランス が  大きいので

締付け トルク が  強くなりすぎて しまい、 


20141122_202010.jpg


ベアリング の  プレロード が  正常値 から  外れて 

” 締め過ぎ ”  に  なって、  ベアリング が  焼けて しまいます


同じ、  クーリー製 の  FORD 9 を   組んでいる

漏れ田 くん の、   50 MERC でも  同 症状 が  出ており

 
20141122_202038.jpg


対策 を  模索 していまして、、、、、、  


クーリー 社 に  聞いても、   FORD に  聞いても、  

「 そんな 症状 は 知らない。  シム や、 対策品 は 無い 」


と、  言われるので、、、、、、、  ESE の K木 師範 と  相談 して


20141125_231337.jpg


どうしても、  バック プレート を  共締め しないと  いけない  構造 なので


締付け トルク で  プレロード が  変わる、 テーパー ローラー を  やめて

普通 の  ローラー ベアリング に   組み換える ことに  しまして


両側 で  $300 の  新品 テーパー ベアリング を   破壊 して、、、、、


1956ChevroletBelAir_02_700.jpg


また  $300  払って、  ローラー ベアリング を  買い直しまして、、、、、、


FORD 9 は、  ベアリング の  抜け止め の   リテーナー が

インパラ や、  ベルエア などの  厚み も、  直径 も  3倍 あり、


とても  ゴツイので、  12t プレス では  入りませんで、、、、、、、

  
100_4802[1]


得意先 の  30t プレス機 を  借りて、   圧入 しまして

ベアリング 交換 が   完了。


これで  バック プレート を   共締め  しても、  締め過ぎ に

ならなく なったので、  50 MERC も   真似 したいと  思います


1399558869128.jpg


その 横 で、  S庭 師範 が  ナニか  楽しそうに  作ってるので

覗いて みたら、  ダッシュ に  付く  ラジオ を   分解 してまして


オリジナル の  ラジオ を  使う  予定 でしたが

エアサス ゲージ を  埋め込む ことに  したようで


prd_ssh_2166_797.jpg


ダコタ デジタル ゲージ を   用意 しましたが


オリジナル の  ラジオ が  付く 部分 とは   大きさ が  

まったく  違うので、  変換 パネル を  製作 して  装着 するようです

  
prdp_421.jpg


S田 くん の、  55 HANDY MAN では

純正 ラジオ の  位置 に、  純正風 の  見た目 ですが


アンプ 内臓 など、  現行 の 機能 で、  I POD なども  

接続 できる  ” RETRO SOUND ”  を  組んで まして


prd_zm_391.jpg


今回 は  そこは  ラジオ ではなく、  エアー ゲージ になるので


純正 の 真空管 ラジオ は  取り外されまして

ダコタ ゲージ も、  フェイス パネル を  外して


20141125_234916.jpg


中身 だけに  したら、   ステンレス の  板 を

ラジオ の サイズ に   切り出しまして


さらに  エア- ゲージ の   表示 サイズ に  くり抜いて

カタチ を   整えたら、   ポリッシュ して


20141125_234921.jpg


S庭 師範 の、  本気 の  ” 本 鏡面 仕上げ ”  で、  完成 です。


ダッシュ に   簡単 に  取り付け できて、  

メンテナンス の 時 などには


20141125_234945.jpg


ダッシュ からも、  製作 した  パネル からも  

簡単 に   脱着 できる  構造 で  製作 しまして


お得意 の、  あたかも  オリジナル 風 の

たたずまい で、  ダッシュ に  溶け込んで おります


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!




[ 2014/11/29 05:00 ] 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 | トラックバック(-) | コメント(-)