56 BEL AIR



 56  BEL AIR、   ボディ の   鈑金 を   終えまして 

バンパー や、  コンチ キット の  調整 も  完了。


ボディ の  最終 面出し を  匠たち が  進めている 間、


DSC_0243 - コピー


モール の  ポリッシュ 作業 に   進みます。


サイド モール は、  一式 欠品 していたので

リプロ 品 を    1台分   取り寄せまして


DSC_0248 - コピー


梱包 されていた  箱 から   出して

ステンレス モール の   表面 に  貼られている


保護 テープ を  剥がして いくと


DSC_0244 - コピー


DSC_0245 - コピー


さすが、  新品 !   綺麗 だなー。。。。。。  って、  思ってましたら


S庭 師範 の   厳しい  チェック が   始まりまして

「 ここ、 凹んでますね 」    「 ここ、  歪んでますね 」  と


DSC_0250 - コピー


駄目 出し で、  はじかれ まくりまして、、、、、    

結果、  要 修正 箇所 は、  ご覧の通り。。。。。。


” 新品 なのに、  そのまま  使えません の  刑 ”   で、  ナニより です。


DSC_0251 - コピー


ストリート ユース の  クルマ であれば、  

全然  そのまま  装着 してしまう  レベル ですが


今回 は、  ショー カー での  使用 なので


DSC_0252 - コピー


傷 や、  歪み を   修正 して いきまして、  

光り具合 も、  新品 の 状態 よりも   さらに 磨き込んで


照り も、  深み も   比べ物 に  ならない

” 本鏡面 仕上げ ”  まで  もっていきます


DSC_0291 - コピー


コンチ キット の  フェイス パネル は

” 1956 年 の  オリジナル 品 ”  ではなく


” 1957年用 ”  を   使うことに  しまして


DSC_0292 - コピー


取り付けする   スプリクト は、   本来  ” CHEVROLET ”  ですが


この  56 は、   エンジン が   LS-1  を

インジェクション で  組むので


DSC_0293 - コピー


スプリクト は、   ” FUEL INJECTION ”  に

変更 すること に  なりまして


1955年 当時 にも、  FUEL INJECTION エンジン の

設定 が  あったので


DSC_0297 - コピー


エンジン を   インジェクション 仕様 の  クルマ には

フェンダー に  この  スプリクト が  装着 されて いました。


今回、  56 では  フェンダー には   この スプリクト は  使わず


DSC_0304 - コピー


DSC_0305 - コピー


コンチ キット の  フェイス パネル にのみ  

さらっと  取り付け することに  しまして


CHEVROLET スプリクト 用 の   取り付け穴 は


DSC_0312 - コピー


DSC_0313 - コピー


FUEL INJECTION の  スプリクト の  穴 とは 

全く  合わないので、、、、、、、


新しく  穴 を  開け直して、   使わない 穴 は   埋めまして


DSC_0314 - コピー


コンチ キット の   フェイス パネル 加工 も  完了。


次 は、  面出し を  終えた  顔周り や、 足回り、  

細かい 部品 の   塗装 に  進みます
     

VIVA !  S庭 道場 !!!!!!!



[ 2014/10/15 09:13 ] 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 | トラックバック(-) | コメント(-)