ホーム > 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 > 56 BEL AIR

56 BEL AIR



 56 BEL AIR、   ボディ  パネル の  面出し  作業中


TRI  CHEVY は、  F フェンダー、  ドア、  クォーター パネル が   

それぞれ  プレス で  成形  されて いますが


IMG_1111m.jpg


それぞれ の   ライン が  少しづつ   膨らみ を  帯びて いるので

組み付けして、  チリ合わせ を  しっかり  やっても


側面 の  前 から  後ろ までの   ラインを   通して  見ると、 

面 が    ” 団子 3 兄弟  ”   の、  ように


IMG_1986m.jpg
  

ぽよん、   ぽよん、   ぽよん、、、、、、、  と、  膨らんで   いまして


クルマ の  構造上、  新車 の 時 から  なので   しょうがない、、、、 とか、  

そんな モン、、、、 で、 納得 しないと いけない   部分 ですが、


IMG_2546m.jpg


S庭 道場  では、   ” 完璧 な  チリ と、  ストレート な  ボディ ”  

を、  目指して、   ここ 数週間 は   その 作業 を   突き詰めて まして


ボディ パネル の  淵 を  切って、  ピーク を   ずらしたり

パネル を  継ぎ足して、  ライン や  ギャップ を  合わせたり


IMG_7276m.jpg


裏側 に  補強 を  入れて、  膨らみ を   抑えたり  

と、  あの手  この手 を   使って、  ストレート ボディ を   追い求めまして


伸ばしたり、  絞ったり、   叩いて  と、   S庭 道場 の   熟練 の  

鈑金 技術 を   総投入 して の   作業  でして


IMG_8059m.jpg


金属 加工 の  段階 で、   出来る 限り の  処置 を  することで

パテ を  極力  使わない、  ストレート ボディー を   作って おります。。。。。


これらの  作業 は、  写真 で  見ても   解らない  

僅か、  数ミリ、、、、、 の  加工 など ばかり で、、、、


IMG_2431m.jpg


僕 が   よーく 見ても、  加工 した 場所 を  教えてもらっても  

理解 できない ほどの  領域 での   加工 ばかり なので、、、、、、  


BLOG に 書いても、  写真 を  載せても、   伝え切れない  部分 ばかり ですが

ここ 数週間、  根詰めて の   面出し 作業 は   とても  タイヘン そうでして


IMG_9182m.jpg


同様 の  面出し 作業 に  尽力 して  作られた、   ACID 57 が  そうだった ように


高い 技術 を、   妥協 せずに  地道 に  積み重ねて  いくことで

クォリティー の  高い クルマ が  作られていくんだと  思います


56 BEL AIR、   ストレート ボディ が  楽しみです


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!!




 
[ 2014/09/07 00:00 ] 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 | トラックバック(-) | コメント(-)