ホーム > 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 > 56 BEL AIR

56 BEL AIR



 56 BELAIR、   無事  フレーム ワーク も   完了 しまして


マングリ 返し  していた、  フレーム を   ひっくり返したら

エンジン、 ミッション、  脚周り と、  全部  組み戻しまして


DSC_0310 - コピー


各部 の  クリアランス を  見ながら

マフラー 製作 に  取り掛かります


ナロード フレーム の  影響 で、


DSC_0331 - コピー


DSC_0332 - コピー


フレーム と、  エキマニ の   クリアランス が

80mm  狭く  なりまして


社外品 の  エキマニ では  フレーム に  干渉 するので


DSC_0333 - コピー


オリジナル の  エキマニ を   使うことに しましたが


LS-1 独特 の、  異形 エキマニ フランジ は

市販 されて いないので


DSC_0334 - コピー

 
鉄板 から  切り出して、  製作 しまして


それに 伴い、  2,5 インチ から  2 インチ に  変換 する

レデュ―サー も  叩き出し で  製作 しまして


DSC_0313 - コピー


いきなり、  手間の  掛かる  クルマ  だこと

で、、、、、   スタート しまして


狭い  ナロード フレーム 部分 を  抜けたら


DSC_0314 - コピー


完全  着地 する  フレーム なので、  

マフラー は  地面 に  当たらないよう、  


僅かに  持ち上げた 位置 で  組んで いきます


DSC_0318 - コピー


DSC_0330 - コピー


ミッション メンバー も、  地面 に  マフラー が

ついて しまわないよう、  取回せるよう


通せる  スペース を   作って ありまして

  
DSC_0315 - コピー


今回 も  音 が  良いのと、   

中の 消音材 が   駄目に なった 時に  


交換 部品 が  容易 に  入手 できる 


DSC_0311 - コピー


” チェリー ボム ”  の   ロング タイプ の

グラス パック  マフラー  を   使いまして


整備性 が  良くなるよう、  ジョイント を  組み込んで


DSC_0312 - コピー


問題 の   ” デフ またぎ 部分 ”  へ


通常、 デフ またぎ の  部分 は、

フレーム の  外側 に  振って
 
 
DSC_0316 - コピー


タイヤ と、 フレーム の 隙間 を  取回して いきますが


今回、  リア も   フェンダー スカート を  装着 し

7J リバース ホイール を  装着 するので


DSC_0317 - コピー


ナロー デフ を  使い、  タイヤ は  ギリギリ まで

フレーム に  寄せるので、 


外側 に  マフラー を  通す  スペース は  無くなり まして


DSC_0319 - コピー


ナロー サイズ に  オーダー した  デフ は

クーリー製 の  FORD 9  なので


ハウジング も、  サード メンバー も  


DSC_0320 - コピー


オリジナル の  GM デフ より   大きいので  

また また、  スペース が  無くなりまして


6 インチ  C ノッチ した、   リア フレーム に


DSC_0321 - コピー


オリジナル の  板ばね 構造 から、   トライアングル  4 リンク 化  した  

リア サスペンション  は


グランド スラム から、  30 cm   ストローク し

大きく 上下 に  動きまして、、、、、


DSC_0322 - コピー


デフ の 前側 で、  斜め に   渡っている  

アッパー アーム も、    超 お邪魔 です。。。。。。。


フロア に   ギリギリ まで   デフ が  上がって くるので

フロア に  見立てた  治具 を  設置 し


DSC_0323 - コピー


検証 しながら、  製作 して いきますが


大きな タイプ の  エア バック と、  

リア ショック も  あるので


DSC_0324 - コピー


デフ上 に  マフラー を  通す ルート が  見当たりません。


デフ 下 を   通そうにも、  チャネリング BODY に

完全 着地 の   C ノッチ  フレーム なので


DSC_0325 - コピー


車高 を  上げると、  デフ と  マフラー が  当たるので

 
「 デフ 前 で  おしまい  じゃ、  駄目 ですか ? 」

と、  S庭 師範 に  聞いたら


DSC_0326 - コピー


口 を   きいて くれなく  なりました、、、、、


そうでした、、、、、、  S庭 師範 は  難しいから と

諦めるのが  大嫌い な  人 でして


DSC_0327 - コピー


結果、  ご覧 の 通り、   超 難儀 な  取り回し で  解決 しまして


BUELL や、 DUCATI の  ような、  ヨーロッパ の

バイク の   マフラー を  彷彿 させる、  デザイン に  なりました


DSC_0328 - コピー


燃料 タンク 付近 は、  熱害 を  避け

フレーム 外 に  振りまして


無事、  リア バンパー  下 まで、   まずは  

マフラー パイプ の    取り回し が   完了。 


20140724_204752.jpg


フレーム  裏返して、   エンジン ミッション  載せたら

足回り 組んで、   マフラー パイプ の  取り回し、、、、、  と、


ここまで   実質、   1日 で  終わらせて まして


20140724_204746.jpg


構想 や、  展開、  作業 の  早さ には   恐れいります。。。。。
 

この後、  マフラー を  固定 する   位置 決め  と

マフラー 吊りバンド 製作 に  進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



 

[ 2014/07/30 00:00 ] 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 | トラックバック(-) | コメント(-)