ホーム > 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 > 56 BEL AIR

56 BEL AIR



 56 BEL AIR、   大きな エア バック を  納める ため


フレーム 拡張 作業 と、   エア バック の  

アッパー ブラケット 製作 が   完了 しまして


DSC_0253 - コピー


続いて  エアー ホース の  取り回し ルート を  考えます。


エア バック に   接続 する、  フィッティング、   エア ホース は、   

きちんと  取り回し しないと、  アーム に  挟まって  潰れたり、 


DSC_0188 - コピー


タイヤ や  マフラー に  こすれて、  穴が 開いたり と

トラブル の 多い  部分 でして、


フレーム を  ナロー して、  特に  取回す  スペース が 狭い

 
DSC_0189 - コピー


この  56 BEL AIR は、   ワンオフ 製作 した  ブラケット も  重なり

ホース を  通す、   良い  ルート が   見当たりませんで、、、、、


” 泣かぬなら、  泣かして みせよう、  ホトトギス ”   と、  いう ことで


DSC_0232 - コピー


フレーム と、  エンジン の 間には、  マフラー の 熱害 で

ホース を  取回す  スペース が 無いので


アーム や  地面 に  挟まらない  ルート を  検証 し


DSC_0233 - コピー


” 底突き TSU-くん の、  天国 への  道 ”  と

” 数の子 天井 大好き カウパー氏 の、  生き 甲斐 の  穴 ”  が、   


フレーム に  マーキング されまして


DSC_0234 - コピー


DSC_0235 - コピー


マングリ 返し中 の  フレーム には、   TSU-君 の  道 と

コイル ポケット 内 にも、  カウパー氏 の  穴 が  開けられました。


その ふたつ を  貫通 するように、   パイプ を   通しましたら


DSC_0247 - コピー


エア バック に  取付る  フィッティング の  ところに

ぴったり  出てくるように


ホース 用 の  ガイド チューブ が   フレーム に  埋め込まれまして


DSC_0248 - コピー


フレーム の 中 を  通すこと に より、  


どこかに  挟まる 事も、   熱害 を 受けることも 

これで 無くなりました


DSC_0249 - コピー


DSC_0250 - コピー


ホース を  通してみて、  問題 ないのを  確認 したら

埋め込んだ  パイプ は、   しっかり  本 溶接 されまして


コイル ポケット 側 も、  フレーム の  裏側 も

きれいに  仕上げたら


DSC_0251 - コピー


いつも 通り、  機能性  抜群 で

” あたかも  オリジナル ”   な

感じ に  仕上がりまして


DSC_0258 - コピー


DSC_0259 - コピー


入口 は   アナル、     抜ければ   天国 な

ハッピー ルート が   完成。


これで  TSU-君 も、   思い残す ことなく   旅立てます。


DSC_0257 - コピー


DSC_0260 - コピー


一度  終わった   フレーム ワーク も、   手間暇 惜しまず

改良 を  重ねまして、  良い フレーム に  なりました。


次は、  また エンジン と  ミッション を  載せたら

マフラー の  製作 に  進みます


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!




[ 2014/07/28 00:00 ] 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 | トラックバック(-) | コメント(-)