ホーム > 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 > 56 BEL AIR

56 BEL AIR



 56 BEL AIR、  フレーム ワーク が  完了 しまして

フロント エア バック の   ブラケット 製作 に  進みます


大きな  エア バック が  収まるよう、  コイル ポケット を


DSC_0173 - コピー


DSC_0175 - コピー


拡張 する 際 に、  どの 位置、  どの 高さ に

エア バック を  取り付ければ よいのか、  検証 しまして


エア バック が  一番  潰れた  状態 の  高さ に


DSC_0176 - コピー


治具 を  作って、  底突き しない  ブラケット の  高さ を  導き出しまして


整備性 の  都合上、  脱着 可能 な   構造 で

フレーム 内 で   ずれたり、   動いたり しないよう
  

DSC_0177 - コピー


しっかり  固定 できる  形状 で    設計 して いきます。


コイル ポケット 内 には、  リング 状 の  コイル の  ガイド が

ショック の  スタッド 周辺 には、  補強 の  スリーブ が  付いて いるので

   
DSC_0159 - コピー


ブラケット が  動いて しまわないよう、   それら と

すぐ 近く の  フレーム に  開いていた、  

小さな  穴 を   ガイド に  使いまして


DSC_0160 - コピー


まずは   フレーム内 で   動いて しまわず、  ズレない

固定 ガイド の   役割 を  果たす


1段目 の  ブラケット を   作りまして

   
DSC_0158 - コピー


以前、  作っておいた、   エア バック の   上面 に   ぴったり 合う、 

高さ 調整用 の  ブラケット と   合体 させて いきます。


本来、  2段 構造 に せず、   よくある  市販品 の  

アッパー ブラケット の  ように


DSC_0157 - コピー


” 竹 の ハス切り ”  の ような  構造 で  作れれば


今回 の ような、  複雑 な  構造 に  ならず

比較的  簡単 に  製作 できますが


DSC_0181 - コピー


コイル ポケット 内 で、  エア バック が  干渉 せずに

ベスト な  作動 を  する 位置 に  取り付けようと  すると


先程 製作 した、  ガイド 機能 の   1段目 と  大幅 に  位置 が   ズレるので


DSC_0180 - コピー


2段 構造 に して、  1段目 と  2段目 の  接合 を   ずらす ことで


フレーム内 で  ズレない 構造 で、  ベスト な 位置 の

アッパー ブラケット に  していきます


DSC_0182 - コピー 


エア バック には、  車重 も  掛かっているので 

ブラケット が  フレーム 内 で   動くことは  ないだろう !?


と、  思われますが、、、、、   過去 に   路上 で  スターター が  壊れ

クルマ を   ジャッキ アップ して、  下回り に  潜っているとき、、、、、


DSC_0179 - コピー
  

重さ で  下がった  脚周り に、   隙間 が  出来て

アッパー ブラケット が   ずれて しまい

   
気付かずに   ジャッキ を  下げて、   車高 を 上げようと  エア を  送ったら


DSC_0183 - コピー


「 ガチャン ! 」  と   音 がしたと  思ったら、  コイル ポケット 内 で   

エア バック が  ずっこけており、、、、、、  

まさか の、  横向き に   伸びてます の  刑。。。。


DSC_0184 - コピー


車高 も  上がらず、  車重 も  掛かって   コイル ポケット 内 で   

ガッチリ  噛み込んで しまい、、、、、、、


” 脚周り  ばらさない と  戻せません の  刑 ”  で


DSC_0186 - コピー

 
お陰で  スターター は  直ったけど、  走れなくなり

レッカー の  お世話 に  なった  経験 が   ありまして、、、、、


エア バック は、 ” カウパー氏 の  ように、  いつも こすらない ”

” H野 キャプテン の ように、  小さくない ” 

” TSU-君 の ように、  ズレない ”   が、  大切 と  学びました。


DSC_0187 - コピー


ロワー ブラケット も、   オリジナル の  ロワー ブラケット の  

コイル ポケット 部分 を   補強 して


適切 な  位置 に  オフセット して、  取り付け できるように  しまして


DSC_m0295.jpg


エア バック  ブラケット が  完成 です。


皆様 も、   人生 底突き、、、、、、 

人生 股擦れ、、、、、 には  気を 付けて !


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!



[ 2014/07/27 00:00 ] 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 | トラックバック(-) | コメント(-)