ホーム > 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 > 56 BEL AIR

56 BEL AIR




 56 BEL AIR、   ホーシング の   本 溶接 を  終えまして


フロント の  エア サスペンション に、  乗り心地 が 良くなるよう

大きい  エア バック を  組むための   加工 に   進みます


20140708_0703092.jpg


フレーム は、  作業 が  し易いよう

裏返し に  されまして


” マングリ 返し ”  状態 で  進めていきます


20140714_211110.jpg


車重 や、  耐荷重、  有効 ストローク から、   56 BEL AIR に   

適正 サイズ  の   エア バック を   選ぶと


FIRE STONE の  224C や、  AIR LIFT の  2600 の

エア バック に  なります。


DSC_0135 - コピー


オリジナル   フレーム の   コイル ポケット では、   

コイル スプリング 用 の   サイズ  なので  


当然、 エア バック を   組むことを  想定 されて  ませんので


DSC_0136 - コピー


エア バック  と  フレーム が  干渉 し、  こすれて  穴が 開きます、、、、、


こすれて  喜ぶ のは、  カウパー氏 だけで   じゅうぶん  ですが

市販 の   ” 車種別  エアサス KIT ”   を   買っても


DSC_0137 - コピー


フレーム に  こすれないよう、   255 C や、  2500 などの

1サイズ  小さい  エアバック が   入っています。。。。。


それを  組めば、  確かに  干渉 せずに   組めますが


DSC_0141 - コピー


エア バック  メーカー が    組むときは  この通り に !    

と、 指定 している、  適正 荷重 や  ライド ハイト が


まったく  合わなく なるので、  

  
DSC_0139 - コピー


エア圧 を  高く しないと、  車高 が   上がらなく なったり、  

固くて  乗り心地 が   悪くなったり します。


これまでも  50 MERC や、  59 EL-NINO、  59  CONQUISTA  でも


DSC_0138 - コピー


同様 の  問題 に   直面 しまして、、、、、、


面倒 ですが、   大きな  エア バック を  組むと  干渉 して しまう、

コイル ポケット 周辺 を   拡張 して

  
DSC_0140 - コピー


きちんと  メーカー が  推奨 する  サイズ の エア バック を   組んだ方が  

確実 に  乗り心地 が   良くなるのを   実証 してきたので
 

今回 も  手間 を  惜しまず、   快適 に  乗れる  サスペンション を  目指します。


DSC_0177i.jpg


また  エア バック は、   まっすぐ   伸び縮み  させる 分 には

問題 が  出ない  構造  ですが


フロント サスペンション の  ように、   扇状 の  動き で  使う 場合 には


20140714_211330.jpg


エア バック に   無理の ない、   スムーズ に  動く 位置 と

潰れた 時 の  形状 や、  きれいな  膨らみ方 や、  潰れ方、  


ライドハイト 時 には   メーカー が  指定する、  エア圧 に  なるようにと


20140714_211217.jpg


気 を  配らなくては  いけない 事 が  沢山 あるので、、、、、、


ロワー アーム は  付けたまま、  サスペンション の  作動 に  見立て

アーム を  実際 に  動かしながら、   


20140714_211302.jpg


どの  位置 に  エア バック を   取り付ければ 良いのか   検証 しまして


なるべく  内側 に  寄せれば、   干渉 せずに   収まる 事が   解りまして

干渉 してしまう、   内側 全周 と、  外側 一部 の  フレーム を  切開 することに。


20140714_211229.jpg


外側 の  フレーム は、  折り返して   耳 に  なって   強度 を  出して あったので

一部  切開 したのち、   同じ ように  折り返して   耳 を  作りまして


内側 フレーム も   きれい に   仕上げられました


20140714_211225.jpg


フレーム が  裏返ってる ついでに、   不要 に  なった  

オリジナル の  ミッション メンバー を  切り落として


ボディ マウント だけ  残した  部分 も   綺麗に  仕上げまして


20140714_211822.jpg


フロント コイル ポケット を   拡張 しまして、   


これで  フロント ナロード、   リア C ノッチ & 4 リンク 化 した

カスタム フレーム 加工 が   完了  しまして


DSC_0174 - コピー


検証 したときに、  エア バック の   ブラケット を    

どう 作れば よいかも   導き出されたので


次 は  エアサス ブラケット 製作 に  進みます


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!



[ 2014/07/25 00:32 ] 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 | トラックバック(-) | コメント(-)