ホーム > 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 > 56 BEL AIR

56 BEL AIR



 56 BEL AIR、  ボディ と   合体 させ


チャネリング ボディ の   顔 周り や

ラジエーター 位置 も  決まりまして


1403590581664.jpg


その後、  再び  エンジン を  載せまして

補器類 と、  足回り の  クリアランス 検証 へ


その後、 コア サポート 周り を   分解 しまして


1403597089553.jpg


チャネリング の  都合上、  高さ が   合わなく なるので

Z ー ING  していく ことに  なりますが


段違い に  なり、  接続面 が  減り、  強度 が  落ちないよう

 
1403597090986.jpg


切り落とした  フロント フレーム  先端 の  内側 に

鉄板 を   切りだしたら、   フレーム の  

カーブ に  合わせて   曲げまして


1403597100706.jpg


鉄板 を  貼って、  コの字 型 だった  

フレーム を   ボクシング 加工 して

補強  していきます


20140624_202233.jpg


続いて、  ロワー アーム を  動かながら

最適 な  位置 を  導き出したら


こちらも  鉄板 を   切りだして、   


20140624_202243.jpg


ロワー アーム の   側面 に、   フロント ショック 用 の 

ボトム側 の   マウント を   製作。


マウント に、  ショック アンカー ピン を   取り付けたら


1403600220804.jpg


実際 に  使用 するのと、   同じ 長さ の

ショック を   取り付け  しまして


再び、   ロワー アーム を  動かながら


1403600213495.jpg


ショック の  ストローク を   確認 しながら

最適 な  位置 を   導き出しまして


ショック の  アッパー側 の  マウント 位置 を  決めたら


20140624_201710.jpg


ここは、  経験上   強度 が  足りないと  

曲がったり、   千切れたり するので、、、、、


厚め の  鉄板 を  使用 して、   製作 しまして


20140625_203053.jpg


今 は  狭くて、  溶接 しづらいので

後に  再び、  フレーム を  降ろしたら

本溶接 して、 仕上げます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!!!



[ 2014/06/30 23:59 ] 56 CHEVY BEL-AIR *SPARKLE 56 | トラックバック(-) | コメント(-)