ホーム > 53 CHEVY BEL-AIR > BODY 補強

BODY 補強



 K下さん の、 53 CHEVY

ボディ 補強中


全て の  仮組み を  終えまして、  本溶接。

全周 溶接 で、  完全 再生 されまして


DSC_0202 - コピー


溶接 トーチ が  入らなくて、  しっかり  溶接 できない 部分 は


溶接 トーチ が  入る  スペース を  作る ため

周辺 を  切開 して、  きちんと  溶接 したら


DSC_0215 - コピー


切開 した ところ も、   強度 が  落ちないよう

きちんと  戻して、  こちらも  全周 溶接。


「 完全 に   全周 溶接  してあります 」


DSC_0216 - コピー


と、 いうことで   まったく  隙間 も、 穴 も  無くなったので


もう、 カウパー氏 に   ちんこ  突っ込まれる 

心配 も  無くなりまして


DSC_0217 - コピー


コーキング や、  アンダー コート  を   塗って、   


水 や、  臭い が  入って こないよう  

塞ぐ  必要 も  ないそうです 
 

DSC_0218 - コピー


で、 全周 溶接 が  終わったなぁ  と  思ったら


なにやら、  フラット バー を   センター トンネル の  

アーチ に  合わせ、   曲げて まして


DSC_0221 - コピー


DSC_0220 - コピー


センター トンネル の  後ろ端  と、   一段 上がった  

フロア の  補強 部分 に   渡して   溶接 してまして


さらに  補強 でも  してるのかと  思ったら


DSC_0219 - コピー


DSC_0225 - コピー


一段  上がっている  補強 には、  

フロア との  接続面 に   

プレス で  曲げた  耳 が  付いて いまして

    
DSC_0226 - コピー


切りっ放し だった、  補強 部分 は


あたかも  オリジナル の  補強 で  あるかの ように

ノッチ した  カタチに  補強 を  作って   渡しましたが


DSC_0227 - コピー


そこに  オリジナル の   補強 には  付いている

” 耳  ”  が、 無いので、、、、、、  強度  には   関係 ありませんが、


S庭 道場 の  拘り で   再生  されました
      

DSC_0228 - コピー


室内側 から  ひな壇 周り を  溶接 するのに

邪魔に なるので、  一度  取り除いた


リア トレー の  ブレス も  溶接 して、 戻しまして


DSC_0361 - コピー


全て の   全周 溶接、   作業上  一時的 に  

切開、  摘出 していた  部分 も   再生 されまして

 
最後 の  仕上げ に  進みます


DSC_0356 - コピー


後々 は、  内装、 カーペット を  貼ってしまうので

全て  見えなく なって しまいますが


構造 も、  強度 も、  仕上がり も   完璧 を  目指す、  S庭 道場  は


DSC_0373 - コピー


DSC_0374 - コピー


作ってる  本人達 が、  納得 しないと   

終わりません。。。。。。


いつ、  どこで、  誰に  見せても   


DSC_0340 - コピー


DSC_0364 - コピー


胸を 張って、  自慢 できる  ように  

仕上げて  いきまして


DSC_0365 - コピー


DSC_0341 - コピー


球体 に  作った、  インナー フェンダー も

つる つる  の、   ぴか ぴか  に  なりまして


プレス ではなく、 溶接 構造 とは  思えない  仕上がり に。


DSC_0367 - コピー


フレーム を  C ノッチ して、  本来 あったはずの

ボディ マウント が  省かれていたのも


しっかり、 再生 されまして


DSC_0368 - コピー


フロア や、  トランク フロア との

接続、  立ち上がり部分 も  


しっかり、  接続 できるよう  計算 して  再生 され


DSC_0366 - コピー


リジット マウント だった、  トランク フロア も

きちんと した、 構造 で  作り直しまして


DSC_0343 - コピー


ペラ ペラ の  トランク フロア を  切って

重い  燃料 タンク が  置いてある だけだった  部分 も


しっかり、 骨組み を  組んで、  きちんと 

ボディ マウント でも  支える 構造 に  作り直しまして


DSC_0370 - コピー


S庭 道場 での、 ボディ 補教 が  完了 です


構造、 素材、  最適 な  補強 方法 を  熟知 し、

匠 な、  メタル ワーク で   完全 再生  してくれました


あとは、  錆止め 塗って、  エアサス と  ハーネス の  組み戻し。



VIVA !!!!!  S庭 道場 & K下さん !!!!!!!







[ 2014/04/19 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)