BODY 補強



 K下さん の、 53 CHEVY

ボディ 補強中


切られて、  ほぼ   無くなっていた  

インナー フェンダー が   再生 されまして


DSC_0n021254.jpg


フロア や、 トランク と  接続 される   ” 立ち上がり ”  

部分 も   しっかり、 作り直し まして


強い  ボディ に  なって きました


DSC_0302 - コピー


が、  まだ  やらなければ  いけない、  大事 な  事 が   残って います


社内 で  勤務 時間中 に、    自慰 行為 を  している

” カウパー氏 の、  解雇 ”


DSC_0303 - コピー


は、  満場 一致 で  決定 してるので、   すぐ  実行 すると  しまして、、、、、、


来週  月曜 から、  正社員 に なる 事が  決まった

河川敷  こういちろう 君 の   出向先 の  選定。。。。。


DSC_0309 - コピー


「 FIT で   骨を 埋める  ツモリ で   頑張ります ! 」 

とか、  彼 は  意気込んで  言ってますが


あまり  頑張られると、   万年  5月病 の   僕 が

働いて いないのが   浮き彫り に  なって、  やりづらく なるので


DSC_0310 - コピー


当社 では  まったく  生きませんが、、、、、  H野 製菓 で、  

煎餅 作り と、  SEX 依存症 に  ついて を   学んで もらい


御礼 に  青酸 カリ を、   混入 してきて  もらおうと  思います


DSC_0311 - コピー


53 CHEVY は、 リア トレー と、  インナー フェンダー の

接続 部分 も、  切りっ放し に   なって いまして


本来、  リア トレー の  裏側 から、   インナー フェンダー  には

ただの  鉄板 では、  ペラペラ して   強度 が  出ないので


DSC_0312 - コピー


幾重にも  曲げて、  角 を  沢山  付ける 事で   

強度 を  出した  物 で  渡して  います


リア トレー には、  バックガラス、  トランク の  ヒンジ、

クォーター パネル 全体 の  荷重 が  掛かるので


DSC_0332 - コピー


それらを  支えるため、  インナー フェンダー に  接続 して

インナー フェンダー が、  球体状 で  力 を  分散 させ


フロア や、 トランク  と  しっかり  接続 されて いることで

荷重 を  きちんと 受け止め、  分散 します


DSC_0333 - コピー


これらの  荷重 配分 や、 性質、  重要性 を    理解 して

構造 を   作らないと、   機能  しませんし


とても  とても  重要 な  部分 なので、  自動車 整備士 の

取得 しないと いけない、  国家 資格 に 

 ” 自動車 シャシ 整備士 ”  という、   科目 も  設けられてまして


DSC_0335 - コピー


もし、 資格 や  専門 知識 が 無い 方で、   自身 で  製作 する  場合 は

一度、  整備士 の  友達 などで、  きちんと  知識 を  持ってる 人に  

相談 してみるのも  いいかと  思います


53 CHEVY は、 重要 な   リア トレー との   接続 部分 が  

切られた  ままだったので、  型紙 を  とって   鉄板 を  切り出し、  


DSC_0330 - コピー


平ら な  鉄板 から、  オリジナル の  プレス と  

全く  同じ 構造 に  なるよう、  曲げていきます


自動車 メーカー の  天才 設計者達 が  考えた  構造 は

裏付け に  基づいた、 最善 の  構造 なので


DSC_0331 - コピー


へた に  違う 構造 に    作り替える のではなく   

” オリジナル の  通り に ”  は、  S庭 師範 の   

知識 と  経験 から  導き出された   結論 でして、  


手間 ですが、  インナー フェンダー までの  足りない 部分 を 


DSC_0336 - コピー


ご覧 の  通り、 しっかり  オリジナル 構造 通り に   

再生 して いきまして、  接続 して やることで、  


GM の 設計 通り の  構造 を  再生 し、  強度 を  持たせます 


ちなみに  この 曲げ は、  機械 や、  ベンダー は  使用 せず

” 手曲げ ”。。。。。   正確 に  型紙 を  起こして

 
DSC_0357 - コピー


それに  合うよう、  確認 しながら、   手 で  くい くい   曲げて いき

この  複雑 な  曲げ物 が  出来て しまうのには、  驚かされます。。。。。
 

インナー フェンダー に  しっかり、 全周 溶接 し、

トランク側、  室内側 の  やぐらに   鉄板 が  溶接 されまして


DSC_0358 - コピー


エアサス の  エアバック や、  配管 の  メンテナンス用 に

上側 だけは、  取り外し式 の  カバー を  製作。


これも、 ACID 57 や、  50 MERC  同様、  ” S庭式  ”  でして

  
DSC_0359 - コピー


1枚 の  鉄板 を  曲げて   作れば  簡単  ですが


平らな 面 と、  角 の  エル部分 は  別 で  作り、  溶接 しまして

周囲 に  厚み と、  強度 を  持たせることで


DSC_0362 - コピー


やぐら の  骨組み に  ビス止め  する  部分 は   肉厚 に なり、  

ペラペラ しなくなるので、  取り付け後 の   バタつき も  抑えます。

  
ようやく、  切りっ放し  ボディ が  再生 されまして


DSC_0141 - コピー


事前 に  よく 設計 し、  きちんと  計算 して  作ってきて いますが


万が一 にも、  想定外 の  問題 が  発生 したり、 

変更 や、 修正 が  必要 に  なっても   やり直し できるように


DSC_0143 - コピー


点付け で  作り進めて  あるので、   最終 段階 まで  進み

製作 した  構造 で、  問題 が  無いことを   確認 したので


最後 に  全て の 部分 を   ” 全周 溶接 ” していきます


DSC_0144 - コピー


全週 溶接 することで、   接続面 が  増えて  強度 が  上がるのと 

外 からの   音 や、  水、  臭い を  シャット アウト します


溶接 していくと、 熱 で  歪 が 出て、  突き合わせてある

溶接面 に  隙間 が  生じるので、   


DSC_0145 - コピー


室内 から、 RYU君 が   溶接  していきまして、  

下 には  S庭 師範 が  潜って、  隙間 が  できないよう、  

押さえる  という、  コンビネーション技 で   全周 溶接 を  進めます    


もう  一息 で、  楽しみです  53 CHEVY


VIVA !!!!!  S庭 道場 & K下さん !!!!!!!

  



[ 2014/04/18 05:28 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)