FC2ブログ
ホーム > 65 FORD MUSTANG > イツモノ

イツモノ

 行ってきました、 マスタング TEST DRIVE!


今日も ムカつくくらいの 暑さの中、 我らの マスタングは 負けません。

NEWラジエーターと、パーコレーション対策の 効果は あったようです。


地元、 池袋界隈を TSUー君が 爆走。  水温計の作動も、 以前 問題だったブレーキも OK!

しかし、、、、、、ご機嫌で 爆走中に、 マサカの    エンジンストール・・・・・
悪夢は やっぱり現実に、、、、、、、イツモノ キマシタカ?

DSC00376.jpg

 電源ONすると 燃料用の 電磁ポンプが、 悲鳴を アゲマス。 ガス欠の時の 音のよう・・・・・
ガス欠?  FUEL GAGEでは、 まだほんの少し 残ってる 位置を 示してる、、、。 

オリジナルの GAGEなので、 誤差 出てるのか? GAGEを 信頼せず、自分達の 五感を信じ
とりあえず 燃料補給。
すると、何事も無かったかの 様に エンジン始動。  GAGEは  燃料足した分、 上がりました。

ガス欠ですか。 故障じゃなくて ヨカッタ。


 やや イジケ気味で、  TSUー君 & マスタング 御帰還

しかし、 ガレージ前で またストール、、、、 また 燃料ポンプが 悲鳴 アゲテマス、、、、

DSC00393.jpgDSC00385.jpg

 さっき 燃料足したばかりなので、 またガス欠は 無いでしょう。

再始動しようとすると、 今度は スターターが 回りません。
バッテリーが 上がってるよう、、、、、、新品バッテリーに 換えたら、 始動OK & 悲鳴解消


原因は オルタなのか、ハーネスなのか? どちらかの 原因で 充電不良になり
バッテリーの 電圧が 降下。 

ラジエーターの 電動ファンに、 ガンガン電気喰われ 燃料用の 電磁ポンプは 
電圧不足で 悲鳴上げて 送油せず。 ガス欠状態になり、 停車したのが 実際の ようです。

それなので、 GAGEが エンプティでなかったのは 正常だったのでしょう。 

ナゼ、チャージ不良になってるのか? 
今日はもう 遅いので、エンジン掛けられず 明日 調査します。

明日、車検に 預けに行く 約束してるので、 ナノとか シナイトデス。

DSC00384.jpg

 H野さんの 59 WAGON バラシも 進んでおります。

エンジンを 週末か、週明けには 降ろすので、 補記類 ハーネス マフラー
ブレーキ系統など 取り外し。

あとは、エンジンマウントBOLT抜けば 降ろせる状態に なってます。

ハーネスは ALL NEWで 組むので、 全部むしりとって 捨てます。

DSC00380.jpgDSC00381.jpg

 取り外した DASH,エンジン、ライト周りの ハーネス。

前々オーナー時に、 国産車の ハーネスを 流用して 引き直して ありました。
しかし、 手でネジって繫いだり、テキトーな アース処理など 様々な 作動不良を
引き起こしていました。 

 ハーネスは、人間でいう 血管です。 
古くなって 劣化したり、 いい加減な処理のままだと、 必ず 痛い目に 合います。

僕らは 古いクルマは、予算あれば 必ず ハーネス交換します。
自分達のクルマだと、 他の予算削っても やります。 

今回、 H野さんの 59 WAGON は NEW ハーネスで 引くので、 全部 捨てますが 
外してみると 結構な 量。  オリジナルスタイルで、キレイに 引き直したいと 思います。

DSC00398.jpgDSC00396.jpgDSC00397.jpg

 インテリアも、 シート、カーペットを 残して バラシ完了。

ステアリング、 コラム、 各ペダル、 ブレーキ周りも 全バラ。
もう、何も 残っていません、、、、


ここまでやれば、板金屋さんに 本気具合が 伝わるでしょうか?
最高の PAINTを 施されて、 帰ってくるのが 楽しみです。


 エンジン、トランス降ろしたら、 フロントウインドシールドも 外します。
積車で運ぶ際、 バラシタPARTS 積みきれる様に
エンジンフード、 フェンダー、インナーフェンダーなど 組んでおき
現地に着いたら 分解予定

来週 筑西に戻し、 次の作業を 担当してくださる方々に 託します。


 あひるマスタングも 走り出します。 59WAGONも NEXT STAGEへ。

楽しみです。 また 楽しくて 寝れなくなって きました。


[ 2009/07/17 05:36 ] 65 FORD MUSTANG | トラックバック(-) | コメント(-)