ホーム > 53 CHEVY BEL-AIR > 補強 工事

補強 工事



 K下さん の、 53 CHEVY

ボディ 補強中


前側 は、 切りっ放し だった  ブレス、  フロア  が  

再生 されて きまして


DSC_0n168.jpg


前側 の  センター トンネル は、  貼ってあった

ブリキ の  板 は  捨てて、   よろよろ の  切断面 に  合せて


新しく  鉄板 から  作りまして


DSC_0n163.jpg


後ろ側 の  センター トンネル は  切って

上 に  持ち上げて   ビス止め してあった、 

オリジナル の  フロア を  使って

 
ペラ を かわすよう、 上に  持ち上げて  溶接。


DSC_0n161.jpg


切られて、 足りなく なってる  あちこち の  フロア も

鉄板 を  切り出し、  埋めて いきまして


裏側 から  見てみると、  切られていた  ブレス は  


DSC_0n154.jpg


新しく  作った  ブレスが、  オリジナル の  ブレス と  しっかり  接続 され

まずは  骨 が  しっかり して、 強度 を  再生 した  ところで


新しい フロア を  張って いきまして


DSC_0n157.jpg


センター トンネル の  ブレス と、 トンネル も  接続 され


あらかじめ  大き目 に  作ってあった、 ブレス 上面 の

溶接しろ を  使って、 しっかり  溶接 されまして


DSC_0n156.jpg


ひな壇 より、  前側 の  BODY が

オリジナル 構造 に  従って、  


強度 じゅうぶん に、  再生 されました


DSC_0n158.jpg


次は  いよいよ、  最大 の  難関、 

ひな壇 と、 ボディ マウント 製作 に  進みます


写真 の ように、  ほぼ 切られて  無くなった

インナー フェンダー は、


DSC_0n164.jpg


オリジナル では  外側、 内側 の  2ピース 構造 でして  

2つ を  合わせることで、  強度 を  出していまして、 


おまけに 形状 は  球体 です


DSC_0n150.jpg


球体 は、 掛かる  加重 を  均等 に  逃がせるため 

高圧 になる、 エアサス や、 ハイドロ の  タンク、

消火器 や、 ガス ボンベ などの  圧力 容器 に  使用されます


様々 な  方向 から  力が 掛かる、  インナー フェンダー には、

球体 構造 が  まさに  理想的 ですが


DSC_0n147.jpg


再生 は  難儀 を  極めるので、  アメリカ などでは  プレス で  カタチ を  作った  

汎用 の  インナー フェンダー が  売られてるので、 それを  使うのが  一般的 です


しかし、 今の ところ、  S庭 師範 から  それを  用意 してくれとは  言われて ませんで

さて、 切り刻まれた  インナー フェンダー、  どうやって  補強して いくんでしょうか、、、、、、


VIVA !  S庭 道場 & K下さん !!!!!!!!!!




[ 2014/04/10 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)