ホーム > 53 CHEVY BEL-AIR > BODY 補強

BODY 補強


 K下さん の、 53 CHEVY


ボディ の 補強 作業中


まずは  切られた、  フロア の   ブレス を

ノッチ した  形状 で   作りまして


DSC_0n099.jpg


切りっぱなし の  ブレス 位置 に、   しっかり  溶接 して

本来 の  ブレス を   強度 ともに   再生。


それから、  ようやく  フロア の  製作 に  進みます


DSC_0n094.jpg


切開 して、  薄い  ブリキ の 板 を  ビス止め で

カバー してあった、  センター トンネル は


切ってある、 面 も  直線 ではなく

よろよろ  曲がりながら  切られてまして、、、、、

   
DSC_0n093.jpg


トンネル状 に  カバー を  作って、

しっかり  溶接 して  強度 を  出して いきます。


まずは、 ぴったり  はめ込む  カバー を  作るのに、  


DSC_0n087.jpg


型紙 を  とって、  鉄板 を  切りだして  行きますが


切られた 面 の 通り、  わざわざ  よろよろ に

鉄板 を  切り出しまして、、、、、


DSC_0n095.jpg


トンネル状 に  曲げて いきます


ちゃんと、 直線 で  切ってて  くれてれば 

ピタッと  直線 で  切って、 カバー も  作り易いですが


DSC_0n096.jpg


よろ よろ に  切りだすのは、  型紙 を  とる 時 から  面倒 でして、、、


「 どうして、  こうなって  しまうんですかね。 」


と、 真っ直ぐ 切れる  S庭 師範 は  そう 言いますが
  

DSC_0n097.jpg


簡単 そうで、  とても 難しい  ” 真っ直ぐ  切る ” は


やったことが ある 人なら  御存じ の  通り  で

僕 も  とても  苦手 ですので、  よく 解ります


DSC_0n098.jpg


よろよろ の  切断面 を、 一旦  直線 に  切り直して

それに  合せて、  直線 で  切りだした方が  楽な 気も しますが


よろよろ に  合せて  切りだして、 曲げた  カバー を  合わせてみると


DSC_0n089.jpg


ご覧の通り、  ぴったり  でして、、、、、


これを  切り出すのが、   どれほど  難しいか 。。。。 は    

誰が  見ても、  お察し の  通り  と  思います


DSC_0n090.jpg


あえて、  よろよろ で  カバー を   作ったのは

S庭 師範 の、 ” サービス 精神 ”  と、  いうことで


僕も 見習って、 サービス 精神 旺盛 に  頼まれなくても


DSC_0n100.jpg


キレイ に  ビシッと、 直線 で  切ってほしい ところを

よろよろ に  切ってあげようと  思います


続いて、 4 リンク の  アッパー アーム を  避ける 為


DSC_0n101.jpg


切りっ放し に  なっていた、  フロア に  

カバー を  作って いきます


こちらも  採寸 したら、  型紙 を  作って


DSC_0n102.jpg


鉄板 を  3面分  切り出しまして、


立体的 に  溶接 して、 カバー を  作りまして

アッパー アーム 部分 の  フロア が  完成

 
DSC_0n104.jpg


DSC_0n107.jpg


DSC_0n106.jpg


これを  事前 に  溶接 しておいた

ブレス に  載せて、  はめこみまして


切りっ放し に なっている、 切断面 に  合せて  


DSC_0112 - コピー


DSC_0114 - コピー


DSC_0113 - コピー


余分 な  部分 を  けがき を  入れて

再び、 外しまして


けがき に  合せて   切り落とします


DSC_0115 - コピー


DSC_0117 - コピー


DSC_0119 - コピー


DSC_0121 - コピー


まずは、 点 で  仮 溶接  しまして

問題 ないのを  確認 したら、 


後程、  全周 溶接 していきます


DSC_0109 - コピー


DSC_0111 - コピー


フロア  形状 の  都合上、  


新しく 作った ブレス を  

溶接 する 際に、 


DSC_0122 - コピー


DSC_0124 - コピー


前側 が、  溶接機 の  トーチ が  

入る スペース が  無いので



DSC_0n157.jpg

 
DSC_0n154.jpg


一旦、 前側 の  フロア を   大きく  切開 しまして


溶接 トーチ を  ふれる  スペース を  作ってから

しっかり  溶接。。。。。  



DSC_0n151.jpg


溶接 が  終わったら  また  切開 した、 

フロア は  溶接 して  戻し 


と、 手間暇  惜しまず   しっかり  再生 して いきまして 


DSC_0n168.jpg


ひな壇 より、 前 の  フロア と  ブレス が

再生 されて きました


想像 以上 に  しっかり  作り込まれて いるので

この先、 どうなっていくのか  楽しみです


VIVA !  S庭 道場 & K下さん !!!!!!!!!!




[ 2014/04/07 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)