ホーム > 53 CHEVY BEL-AIR > 補強 工事

補強 工事



 K下さん の、  53  CHEVY


テール の カスタム や、  ヘッド ライト の  フレンチング などの

BODY カスタム プラン を  練って、   胸を  踊らせて  いましたが


DSC_1n036.jpg


この クルマ を  購入 当初 から、  S庭 師範 に 

「 早く  切られた ままの  ボディ の  仕上げ を  やったほうが  いいですよ 」

の、 コトバ の  意味 が  痛く  解るように  なって しまいまして、、、、、、


DSC_1n037.jpg


遂に、  楽しい  ボディ カスタム プラン を   一旦  保留 に  してでも

ボディ 補強 を  優先 する  決断 を  してもらいまして


最初 に  きちっと  やって おかないと、  お金 が  掛かる 割り には

見た目 は  何も 変わらないので、  どうしても、 先送り に  なりがち ですが


DSC_1n034.jpg


切りっ放し や、 ボディ マウント を  リロケート しない ままだと


ボディ 剛性 が  落ちて、  ヨレ ヨレ に  なったり、、、、

ドア と、 ボディ が  当たったり、  きしみ音 が  酷かったり


DSC_1n033.jpg


走るたび に  チリ が  ずれて いったり

ドア が  開きづらく  なってきたり

走行中 に  ガラス が  割れたり、、、、    


と、  きちんと  走る クルマ として  


DSC_1n038.jpg


機能 しなく なることが、  身を 持って   解った  K下さん は

急いで  切りっ放し の  ボディ を  仕上げて  いくことに  なりました


” 仕上げる ”  と、  いっても、  開いてる 部分 に

フタ を  していく だけ   では  なく


DSC_1n039.jpg


” 本来 の  ボディ 構造 通り に  作り直さないと、  強度 は  保てない ”

と、 いう ことでして


C ノッチ に  伴い、 トンネル や  フロア を  上げたので

鉄板 で  しっかり  カバー を  作っても


DSC_1n040.jpg


C ノッチ して、 タイヤ が  上がって くるように なったので、  

かわすように  インナー フェンダー を  切ったので


鉄板 で  カバー を  作って  付けたとしても

” 切りっ放し より は、 マシ ”  程度  に しか  なりません。。。。。


DSC_1n042.jpg


ボディ は  ルーフ や、  ドア、  ボンネット などの  目に 見える 部分 と


フロア や  ファイヤー ウォール、  シート バック など

普段 は  内装 などに  隠れて  見えない 部分 が  ありまして


DSC_1n044.jpg


見える 部分 の  ボディ は、  表 の  外板 と、  

内側 に  補強 の  内板 の  ” 袋 状 ”  に  なって


2枚 構成 に  なって、  強度 を  出しているので


DSC_1n043.jpg


CHOP や、 BODY カスタム した 際 に

外側 の 板だけ を  作り直しても、  内側 と つながっていないと

強度 は  まったく  無くなって しまい、、、、、


DSC_1n045.jpg


見えない 部分 の  ボディ は、  薄い  鉄板  1枚 で  作るために

プレス で  リブ を  入れたり、  角 を  付けたり 

裏側 から、 ブレス を  付けたり することで  強度 を  出して いまして  


DSC_0n021.jpg


ボディ マウント として、  フレーム と  連結 する 部分 は、  


ボディ の  フロア の  下側 に、  さらに   袋状 や、 箱状 に して

強度 を  持たせた、  ブレス を   付けて  フレーム に  乗せています


DSC_0n019.jpg


フロア の  強度 は、  この ブレス が   大きな  鍵を  握って まして


ペラペラ の  フロア の  鉄板 を  しっかり  固定 したり

ボディ の  左右 に  渡って、  横 方向 への  強度 を 出したり しています


DSC_0020.jpg


なので、 ただ  切った フロア に  鉄板 を  貼るだけ では

ただの  ペラペラ の フタ に  なってしまい、  強度 が  出ないので


必ず、 切った ブレス を  再生 して いかないと いけません


DSC_0n044.jpg


そして、 ボディ の  各所 に  かかる 荷重 や、  必要な 強度 に 基づいて

クルマ には  通常、 10 ~ 14 箇所 程度 の  ボディ マウント が  

設置 されて いますが、 


DSC_0n042.jpg


移設 する 作業 が  大変 だったり、  技術的 に  困難 だったり と
  
2箇所 くらい  無くなっても  問題 ないだろう と  されがち  でして


実際 に、  僕たちも  必要性 を  理解 するまでは   省いて ましたが、、、、、、


DSC_0n043.jpg


やはり、 そこを  怠ると、  大幅 な  強度 低下 に   つながります。


きちん と した  構造 で、   きちんと  つながって こそ、 

はじめて  強度 が 出るのが  クルマ の  BODY なので、


DSC_0n045.jpg


ボディ が  腐って、   ファイヤー ウォール や、   ロッカー パネル

ピラー や、   ポスト 下 が   腐って  無くなってる、、、、、、  

と いうのも、  どれだけ 致命傷 か。。。。。。  

ということも  少しでも、 理解 して 頂けたでしょうか


DSC_0n047.jpg


俺のは  C ノッチ したところ に、  ちゃんと  カバー 付いてるから、  大丈夫 だぜ 

と、  喜んでいた 方、、、、、、


俺 の クルマ は  C ノッチ  してないから  関係ないぜ!  と、 安心 している 方、、、


下 に  潜って、  裏側 から  きちんと  見てから   安心 しましょう 


DSC_0n040.jpg


ナゼ、 K下さん が  楽しみ に  していた  BODY カスタム を  諦め

その 予算 を  回してまで  補修 する 決断 を  したのか、、、、、、
 

それは、 ACID 57 や、  50 MERC、 PAT なども、  

同じように  大変 な  手間 を  掛けて、  補修 した 結果 


DSC_0n041.jpg


どう  良くなったか  を、  K下さん は   一緒 に  走って  

よく 見てきた のも  あると、 思います。


前置き が  長く なりましたが、  鉄板 を 切ったり、 溶接 したり

削ったり と、  室内 で  金属 加工 作業 が  続くので


DSC_0n034.jpg


シート や、 内装 などを  全部  外して、 降ろしまして

外せない  ガラス や、  ダッシュ などを  しっかり  養生 しときます


そして、 フロア に  貼られていた、   高額 な  ダイナ マット は

作業 の  邪魔 に  なるので、  剥がしたら


DSC_0n035.jpg


実 は  いい加減 な  処置 を  隠すため に  貼っただけ ?

かと  思える、  悲惨 な  フロア が  あらわに なりまして、、、、、、


トランク スペース に  設置 されてる、  エアサス ユニット や

ガソリン タンク  も  全部  降ろしまして


DSC_0n036.jpg


切りっ放し の  部分 と、 ブレス の 形状 を  よく  確認 したら

まずは、 切られて なくなったまま の、  ブレス から  再生 して いきます


切られた 部分 を  普通 に  つなぐだけでは

ペラ や、 リンク に  当たって しまうので


DSC_0n037.jpg


ブレス 自体 も、  ノッチ した  形状 に、  鉄板 を  貼り合わせて   作りまして


これらを 使って、 切られた  ブレス を  連結 させて いきます


さて、 切り刻まれた  この BODY、  どこまで  再生 されて いくんでしょうか、、、、、、


VIVA !  S庭 道場 & K下さん !!!!!!!!!!




[ 2014/04/04 06:02 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)