ホーム > 53 CHEVY BEL-AIR > デソート グリル

デソート グリル



 K下さん の、  53 CHEVY

デソート グリル の  取り付け 進めてまして


グリル 本体 の  加工 と、  ブラケット の 製作 も  終わり

 
DSC_0n953.jpg


無事、 取り付け されましたが、  ” これで  終わり ”  

では、  無いようで、、、、、  引き続き、 作業 を  進めます


グリル 自体 の  高さ を  理想 の 位置に  合わせるため


DSC_0n954.jpg


グリル の 開口部 と、  両サイド に つく、 

一際  大きな  ティース の  ボトム側 を  削り


うまく 逃げ を 作って、  収まりましたが


DSC_0n956.jpg


出っ張っている、 ティース と  バンパー の  

位置 との  バランス が  


S庭 師範 には   納得 が  いかない ようで、、、、、、


DSC_0n957.jpg


ティース と、 バンパー フィラー の  クリアランス が

大きい のも  また、  気に 入らない  ようです、、、、、


僕には  まったく 気に なりませんし、  今すぐ  吉原 に  戻れば


DSC_0n955.jpg


中断 して  出てきた、   花びら 大回転 の  続き を、、、、 

いえ、、、、  修行 の  続き を  やらせて もらえるかも  しれないので


「 カウパー氏 の  顔 みたいで、  いいじゃないですか。。。。。

  ちょうどいい、  間抜け 具合 だと、 思います 」

  
DSC_0n958.jpg


と、 提案 して みましたが、  


僕 の  話 には、   まったく  

聞く 耳 も  持って もらえませんで、、、、、


DSC_0n959.jpg


カウパー氏 の   間抜け 顔 も、  

完全 否定  され、   ナニより です。。。。。



結局、 バンパー や、 フィラー と  ティース との

隙間 を  埋める、  加工 を  していくようで

  
DSC_0n960.jpg


ティース の  ボトム側 の  形状 を

作り変える  加工 に  進みます


まずは、 隙間 を 埋めるための   型紙 を  とりまして


DSC_0n961.jpg


シート メタル を  切りだしたら

再び、 デソート グリル を  分解 しまして


ティース の  ボトム側 に  溶接 して  延長 しまして


DSC_0n973.jpg


グリル 開口 の  内側 に 付いていた  フィラー パネル も、 

デソート グリル を  埋め込む  作業 の  邪魔 に なるので


一旦、 外して ありましたが 


DSC_0n974.jpg


この  フィラー は、  グリル内 の  化粧 パネル と


走行中 に  ラジエーター への  空気 を  取り入れる 際の

整流板 も  兼ねるので


DSC_0nn189.jpg


外した ままだと、 ラジエーター への 送風 効率 が  下がり

オーバー ヒート  したら、


「 なんでだよぅ、、、、、  多分、  ラジエーター が  悪いに 違いないね ! 」

と、  僕 が  テキトー な  ことを  言うので


DSC_0nn187.jpg


この クルマ の   ラジエーター を  リビルト した

S協 ラジエーター の   T山さん が  オーバー ヒート して


名古屋 に 行った 時に、  もう  エロい ところ に  

連れて 行って くれなくなる   恐れ が あるので


DSC_0nn188.jpg


スポット 溶接 を  剥がして、 フィラー を 分解 したら 


グリル の  取り付け ブラケット を   かわすよう

切断 して、  逃げ を   作りましたら


きちん と  整流板 としての   フィラー も  組み戻しまして


DSC_0nn186.jpg


ティース と、  バンパー、  バンパー フィラー との   隙間 も  無くなり、  

いつも 通り、   あたかも  ” 元から、 こうだった ” 加工 で  しめくくりまして


デソート グリル、 インストール  完了 です


VIVA !  S庭 道場 & K下さん !!!!!!!!





[ 2014/03/29 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)