ホーム > 53 CHEVY BEL-AIR > 歯槽 膿漏

歯槽 膿漏


 K下さん の、 53 CHEVY


BODY 補強 が  終わり、  続いて

パワー ウインド 修理 へ


DSC_0n929.jpg


以前、 サイド ガラス が  付いて 無かったので

CHOP TOP に  合わせて   作り直しまして


「 ついで に  パワー ウインド 化  しといて !  よろしくっ ! 」


DSC_0n930.jpg


と、 K下さん から  パワー ウインド キット  預かりまして

取り付け しましたが、


53 は、 ハードトップ で  ドア サッシ が  無い  車なので

窓 を  閉めたときの  ストッパー が  


DSC_0n928.jpg


三角窓 の  フレーム に  ちょこっと  付いて いますが


手動 の  くるくる ハンドル  で  閉めれば

そこに  ガラス が  当たって   ガラス が  あがらなく なるので


DSC_0n927.jpg


あー、  もう  全部  閉まったな。。。。。。 と、  

それ 以上  閉めるのを  辞めますが


汎用 の  パワー ウインド  キット を  そのまま  組むと


DSC_0n925.jpg


閉め の  方向 に  スイッチ を  入れてれば

ずっと、 閉める 方向に  動き続けて しまいます



もう、 閉まったな  と  いう ところを  見計らって、  


DSC_0n926.jpg


” 閉め 操作 ” を  やめる  という、  使い方 なんですね。。。。  

と、 話して いましたが


やたらと パワフル な、  パワー ウインド モーター が  付いてるので


DSC_0n931.jpg


つい、  閉めまっているのに、  閉め 操作 を  続けて しまってたり すると
   

ドア サッシ の 無い   53 シェビー は、  小さな  ストッパー  1点 で

パワー ウインド  モーター の  力を  受け止める ことに なるので
 

DSC_0n932.jpg


結果、 三角窓 フレーム が  ぼきっ と  折れまして、、、、、、


” アルミ テープ の  刑 ”  に、  なりました


勃起 は  カウパー氏 だけで  十分 ですが

鉄 の  フレーム が  折れるなんて、 パワフル だなー と  


DSC_0n933.jpg


感心 して、  フレーム を  直した ところで、  このまま では

また  同じ ことが  再発 してしまうので、  どう するか  悩みまして


パワフル な、 USA モーター に  負けないよう


DSC_0n934.jpg


3角窓 フレーム を  レイン フォース し、 フルラップ して  対抗 する。。。。。。。


しかし、 そうすると  サイド ガラス の  サッシ との  バランス や

チリ が   合わなく  なってくるので
 

DSC_0nn194.jpg


USA モーター から、  マブチ  ミニ 四駆用  モーター に  換える。。。。。。


すると、  当時 を 思い出して   つい  ブラック モーター や

スリック タイヤ も  付けたく なってしまうので


DSC_0nn193.jpg


現行車 の ように、  閉まった 部分 を  センサー で  感知 させ

強制的 に  モーター を  停止 させる 構造 に  変更 することに しまして


ついでに  全開  開けた ときも  感知 して  制御 させる ことに


DSC_0nn195.jpg


そのような、  センサー を  配置 し  意図的 に   制御 したり

モジュール を  組み込んで、   複雑な  作動 を  

コントロール  するような  設計 や、  加工 は、   


DSC_0895.jpg


東大 工学部卒 の   僕 の   大 の  得意 な  ところ なので

ちょちょい  と、  やって しまおうと  思いますが


昨日 あたり から、 ちんちん の  先 が   ただれて きまして、、、、、


DSC_0n969.jpg


これは  ちんこ の  歯槽 膿漏  でしょうか !?

それとも、  H野 の  呪い  でしょうか !?


心配 なので、  吉原 病院 に  行って、  診察 と

あかちん  塗ってもらいに  行くことに  しまして


DSC_0n970.jpg


パワー ウインド は、   S庭 師範 と  RYU君 に   任せたいと 思います


だいたい、 こんな 感じ で、 こんな 構造 で  と  伝えまして

僕は  急いで  病院 に  向かいまして


DSC_0n971.jpg


で、  使う センサー を  選んだら、  適切 な  センサー の  位置 出し しまして、  

取り付け ブラケット 作って、  電気 回路 も  作って もらいまして


吉原 病院 の   隣に  温泉 が  あったので、 治癒力 を  あげようと

ちょっと、  寄ったり  してましたら、 少し、 長湯 だったから でしょうか。。。。。。


DSC_0n972.jpg


僕が  病院 から  戻った頃 には、  きっちり  対策 作業 が  終わっていました

僕が 提案 した 構造 とは、  まったく  違う 構造 で。。。。。。。


チョップ して  ルーフ が  全体的に  前に  ずれたので

窓 の 上 の  フラップ が  短くなって しまったので


DSC_1n023.jpg


ステンレス板 を  切り出して、 溶接 して  延長 するそうです


今度こそ、 手伝えよって  空気感 が  半端 無いですが、、、、

携帯 電話 を、  病院 に  忘れてきた みたいなので

急いで  取りに  行ってきます。。。。。。


VIVA !  S庭 道場 & K下さん !!!!!!!!!!


















  
[ 2014/04/27 10:28 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)