ホーム > 53 CHEVY BEL-AIR > 故障 原因 探究

故障 原因 探究



 K下さん の  53 CHEVY


先日、 デソート グリル の  取り付け を 終え

みんな で  ラズル に  行ってきましたが


エンジン の  調子 が   悪く なってきて

途中、  ステアリング が   ふらつく ように なったり


DSC_0n991.jpg


あげくの 果てには、  フロント の  エアサス を  下げる 操作 を  しても

車高 が  下がらなく  なりまして


調べたら、  MUSTANG Ⅱ クリップ の、  アッパー アーム の

固定 ボルト が  緩んでまして


DSC_0n994.jpg


アッパー アーム が  付け根 から   動いちゃいますけど、  ナニか !?


ナニか !?   じゃ、  ねぇよ って、  話 ですが

アッパー アーム が   動いて しまうので


アライメント が  崩れる どころか、   走行中 も   フラフラ  動いてしまい


DSC_0n995.jpg


ステアリング が   ふらつくのも   ナットク です。。。。。


おまけに、  アッパー アーム が   内側 に   ズレ動いて しまい

ボール ジョイント が  アッパー ブラケット に  引っ掛かりまして


エアバック の  エアー 抜いても、  アーム が  引っ掛かって

上がりません の  刑  に  なりまして


DSC_0n989.jpg


車高 が  下がらない  原因 も、  そこ に   ありました


エンジン が  止まったり、   掛かり が  悪く なったり してるのは

インマニ ボルト が  指 で  回るほどに  緩んでまして、、、、


取付 ボルト が  緩んで、 ヘッド と インマニ に  隙間 が  出来てしまい

2次 エアー を   吸って いたようです、、、、、


DSC_0n990.jpg


「 エンジン 組直して  少し 走ったら、  インマニ ボルト が  緩んでないか

  点検 したほうが  いいよ。  少し 乗ると、 緩みが 出る 場合が   よく あるから 」


と、  そういえば、  以前  ESE の K木 師範 に、 言われて ました。

  
あいにく、  K下さん の  53 CHEVY と  同じ頃 に  乗り出した、 

僕 の 50 MERC には、  緩み は  出ませんでしたが


DSC_0n987.jpg


いたる ところ からの   ” 漏れ ”  が   多発 してまして、、、、、


緩んで ないし、  いくら  増し締め しても、  漏れ は  止まらないので

直すのが  面倒くさくて、  そのまま  乗ってたら


いつも、  どこかで、  ナニか が   漏れてる、、、、、、 と、

お陰で  ” 漏田くん ”  と、  馬鹿に されるまでに   なりまして


DSC_0n988.jpg


余計 な  お世話って  モン です。。。。。。。


53 CHEVY は、 インマニ ボルト、 デスビ の  クランプ ボルト、

オルタ や、 エアコン の  ブラケット の ボルト が  緩んで まして、、、、

エンジン 不調、  ベルト スリップ してまして、、、、、


出来るところ には、 緩み止め 処置 を。  全て の  ボルト を  増し締め。


sp_washers1-625x287.jpg



MUSTANG Ⅱ の  アーム ボルト & ナット は   専用 形状 なので、

付属品 を  そのまま 使ってましたが、  緩んで しまったし


インパラ などでも、 オリジナル の  サスペンション ボルト キット を  使っていても  

よく 緩むので、  ボルト の 緩み 点検 と、  増し締め は   大切 です。。。。。 


以前、 東名 高速 を  走行中 に、  アッパー アーム が  外れそうに  なってから、、、、


NL_washer-e1336384554307-625x287.jpg


僕 は  自分 の  クルマ の、  緩みやすい、、、、、  と、 いうか

緩んだら  いけない 部分 には、  ノルト ワッシャー を    使ってまして


それからは、  緩み が  発生 することは  無くなりました。


金額 が 高いので、、、、、  全部 には  使うのは  難しいですが、  

ボルト が  緩んで 困ってる 方、   シモ が  緩くて  困ってる方


laser-marking_traceability-625x287.jpg


財布 の ひも が  緩くて、  借金 に  困ってる 方達 には   

是非、 お勧め します


気に なる方は、  こちらから  どうぞ

     ↓

ノルトロック


DSCm_1122m.jpg


エンジン の  調子 も、 始動性 も  よく  なりましたが

オイル 上がるのは、  残念 ながら  オーバー ホール しない 限り   直りません、、、、、


足周り の  点検 を  していたら、  フロント の  ブレーキ が

引きずって いるのに  気付きまして、、、、、


DSC_1096mm.jpg


以前 から、  ブレーキ ペダル の  戻り が  悪くて

補助 スプリング を   付けたり  していましたが


調べた 結果、  マスター シリンダー 内 の、  スプール の  動き が  

渋く なってまして、 フロント に  圧 が  掛かったまま に  なってまして


DSC_1n002.jpg


マスター シリンダー を  分解 して、  シリンダー 内 や

スプール、 シール類 を  点検 しても


目視 で 解るような、 引っ掛かり の  原因 は  見当たりませんが

いくら 組み直しても、 動き が  渋いのは  直らないので


DSC_1n006.jpg


この マスター シリンダー は、  カウパー氏 に  オナ ホール  として  

使ってもらうよう、  進呈  しまして


53 CHEVY の  マスター シリンダー は、  新しい もの に  交換 していきます


早速、   新品 の  マスター シリンダー に  交換 しまして、 

動き を  確認 しまして、  さすが  NEW オナ ホール。  スムース に  動きます


DSC_1n007.jpg


さっさ と、 エア抜き して、  次 の  作業 に  進もうと しましたら

あれれ、、、、 ナゼか  リア に  ブレーキ フルード  来なく なりまして


途中 で  ブレーキ パイプ が  潰れたり、  どこかで  抜けて いないか

調べましたが、  原因 に なりそうな  部分 は  見当たりません


DSC_1n003.jpg


新品 マスター シリンダー を  勝手 に  使ったので

再び、 ” H野 の  呪い ”  が、  降りかかったの でしょうか。。。。


原因 は、   新品 マスター シリンダー の  シール が   めくれて まして、、、、、
 
CPP の  マスター シリンダー の  製造 不良。。。。。


CPP の  新品 マスター に   不具合 が  あったのは

これが  初めて  では  ありませんで、、、、、、、、


DSC_1n004.jpg


「 この クルマ は、 付いている ところ が  狭いので、   マスター シリンダー の  

  交換 が  とても  大変 です。    すごく、 時間 を  無駄 に  しました


  もう、 CPP の  製品 は  買わないで ください。  」


と、 S庭 師範 に   僕 が  怒られまして、、、、、


DSC_1n005.jpg


困るんだよ !  H野くん !  こんな  不良品 を   置いて おかれたら !


横 で、 ” もう 1個   オナ ホール が  貰えるのか !? ”  と、  嬉しそうな

顔 を している、   カウパー氏  に   ムカつきまして


シール を  交換 して  組み戻しまして、  ブレーキ 引きずり  修理 も  完了。。。。。  


VIVA !  S庭 道場 & K下さん !!!!!!!!




[ 2014/03/31 16:52 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)