ホーム > 53 CHEVY BEL-AIR > デソート グリル 

デソート グリル 



 K下さん の、  53 CHEVY


ヘッド ライト の  フレンチング を  行う  予定 でしたが

K下さん が  買ってきた KIT を  開けてみたら


DSC_0n888.jpg


好みの  フレンチング 形状 と  違う  KIT だった、、、、、 

との ことで、  急遽  買い直し に  なりまして


一旦、 フレンチング は  中断 し、  

何も 付いていなかった  グリル 部分 に


DSC_0n889.jpg


デソート グリル の  装着 を  行うことに  なりまして


K下さん は、  どんな  グリル を  入れようかと

かれこれ、 半年位  妄想 してたでしょうか


DSC_0n915.jpg


どうやら、 イメージ が  固まったようで、 


「 デソート グリル に  したよ !  持ってくね! 」

と、 連絡 が  ありまして


DSC_0n916.jpg


あれっ !?  あそこに  置いてある、   デソート グリル は

K下さん のじゃ なかったっけ !?


この クルマ を  買ったときに、 トランク に  載っていた

デソート グリル が  保管 して ありまして


DSC_0n917.jpg


それを  付けるのか と   思ってましたら、


「 こっちの ほうが、  俺好み  なんだよね ! 」

と、 少し  形状 の 違う   デソート グリル を  買ってきまして


DSC_0n918.jpg


S庭 師範 や、 RYU君 と、 


「 この位の  高さ にさっ !   この位の  出具合 でさっ ! 」 

と、  楽しそうに  相談 してまして


DSC_0n923.jpg


僕には  違い が  よく  解りませんが、、、、


K下さん に  とっては、  全然  違うようで、、、、

修行 が  足りて ないので、  反省 しまして。。。。。  


DSC_0n924.jpg


僕が  吉原 に  修行 に  行ってる 間 に

S庭 道場 で  取り付け を  進めて もらいます


まずは  クルマ の  グリル 開口 の  内側 に  ついている

  
DSC_0n935.jpg


フィラー パネル が  そのまま だと、


グリル に 当たって、 収まらないので、 

一旦、 全部  取り外しまして


DSC_0n936.jpg


デソート グリル は、  奥行 も  かなり あるので


フード の  ロック & キャッチ の  ブレス に  当たってしまい、 

このまま では  奥まで  入らないので、、、、、


DSC_0n937.jpg


オリジナル の  キャッチ ブレス を  外して

デソート グリル を  かわすように


新しく、  ブレス を  製作 しまして

希望 の  出具合 の  位置 に  収まりました


DSC_0n945.jpg


続いて、 固定する  高さ を  合せて いきますが

K下さん の  希望 の  位置 に  合わせようと すると


今 の  位置 では、  少し  高いので

下 に  下げようと  思いますが


DSC_0n938.jpg


グリル の 開口 に、  デソート グリル の 両側 に  付いている

おおきな  ティース 部分 の  下側 が  当たって、  


これ以上  下がらないので


DSC_0n939.jpg


ティース 部分 の  下側 部分 を

グリル の 開口 に  合せて  逃げるように、


削って、 逃げ を  作りまして


DSC_0n941.jpg


無事、 デソート グリル 全体 が   沈みまして

K下さん の  理想 の  高さ、  奥行 に  収まりました


まずは、  グリル と、  開口 に  少し  手を 加えまして

  
DSC_0n942.jpg


まったく  違う  年式、  車種 の  グリル ですが

K下さん の  希望 の 位置 に  収まる  グリル に  なったので


次は グリル の  固定 に  進みます


DSC_0n943.jpg


まずは  デソート グリル を、  全部  分解 しまして


ティース を  取り付ける、 ベース 部分 に

マウント ブラケット を  付けて いきます


DSC_0n946.jpg


DSC_0n947.jpg


この デソート グリル は、   重さ が  

10kg くらい  ありまして


ゴム のり や、  米粒 では   不安 が  残るので


DSC_0n948.jpg


厚み も ある、  しっかりとした   ブラケット を  製作 しまして

ナット も  埋め込んで  溶接 して おきます。  


グリル を  組立てると、 ティース が  いっぱい 並んでいて、


DSC_0n949.jpg


ナット を  締めようにも、  手 が 入る  隙間 も  なくなるので、、、、


ナット を  溶接 しておいて、  裏から  ボルト を  締めれば 

容易 に  脱着 作業 が  し易い  構造 に  したようです


DSC_0n950.jpg


無事、 取り付け ブラケット も    完成 しまして

グリル が  取り付けされた  と   連絡 を  うけまして


花びら 大回転 を、   あと  1回転 残した  状態 でしたが

しく しく  泣きながら、  急いで  修行 から  戻りまして



DSC_0n951.jpg


無事、 K下さん の   理想 の  グリル が

理想 通り に  装着 されまして、  ナニより です


さっそく、 写真 を  撮って、 H野 キャプテン からの  

エロ画像 に  添付 したら


DSC_0n952.jpg


K下さん に  メール を  送ろうと  しましたら


「 まだ これで  終わりでは  ありません。  もう ひと加工  残っています 」

と、 言われまして、、、、、


DSC_0n944.jpg


僕 も  花びら 大回転 の  途中 でしたけど、、、、、 


うーん、  あと  ナニ を   加工 するんでしょうか !?

今から  吉原 に  戻ったら、  続き  できるんでしょうか !? 


VIVA !  S庭 道場 & K下さん !!!!!!!!







[ 2014/03/27 06:10 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)