ホーム > 40 CADILLAC LA SALLE > 40 LA SALLE

40 LA SALLE



 40  LA SALLE


BODY カスタム に  着手 する 前に

まずは  総 剥離  から  始まりまして


DSC_0872n.jpg


塗装 も、 パテ も   全部  剥がして


BODY の  コンディション を

よく 確認 するのと


DSC_0873n.jpg


フロント も、  リア も  フェンダー は

BODY と  つながって、 パテ埋め  されてまして


ランニング ボード、 グリル 周り も 

同様 に  一体化  されてるので


DSC_0874n.jpg


フェンダー の  ワイド 化 や、  ピーク 加工 などの  加工 の 際、  

フェンダー を  外して  板金 する  必要が あるので


一体化 されているのを、  分解 しないと  いけません


DSC_0875n.jpg


その為、 総 剥離 は  避けては  通れない  道 でして、、、、


分厚く  盛られているであろう、 パテ を  削り取る

と、 いうよりも  ハツリ で  あろう

とても、 大変な  作業 に  進みます


DSC_0876n.jpg


バンパー、  外装 の トリム を 外したら


削った、 塗膜 と  パテ が  舞って、 

ガレージ内が  汚れるので、  外に 出しまして


DSC_0877n.jpg


エア ツール と、  カップ ブラシ を  使って

ガンガン  剥離 していきます


塗装 と  パテ を  剥がしていくと、 色々  解ってきまして


DSC_0878n.jpg


ボディ と  一体化 されている、  フェンダー は

つなぎ目 は、   しっかり  全周 溶接 されてまして


調べてみると、 カスタム して  つなげたのではなく


DSC_0883n.jpg


オリジナル も  溶接 で  つなげて あるようです


左右、  どちらも  しっかり  溶接 で

つながって いまして、


恐るべし、  40  LA SALLE


DSC_0884n.jpg


フェンダー の  ワイド 化 や、  ピーク 加工 などの  加工 の 際は、  

溶接 されている 部分 を  切断 して


フェンダー を  摘出 しないと  いけなく なりそうです、、、、


DSC_0885.jpg


FORD の  ヘッド ライト が  移植 されてますが


ヘッドライト ハウジング と、  ベゼル、  ランプ だけの  移植ではなく

ライト と  周辺 の  フェンダー を  パネル ごと、  

移植 して あることも   解りまして


DSC_0886n.jpg


こちらも  しっかり  溶接 されており


ご覧のように、 メタル ワーク の  段階 で

しっかり  BODY 形状 が  作られて いるので

 
DSC_0881n.jpg


パテ が  とても  薄くしか  入って いませんでして


前回の カスタム時 も、  総 剥離 しているようで

塗装 も、  現在 の  緑 1層 しか  ありませんでした


DSC_0880n.jpg


後ろ の  フェンダー の  前側  ボトム に   ごく 小さな  腐食 と、 

事故 などの  修復跡 は、  右前 に  1箇所  あるだけで


とても、 コンディション の  良い BODY と  解ってきまして


20140306_013012.jpg


パテ が  とても 薄かった ことも あり

剥離 作業 は  順調 に  進んで いまして

もう 一息 で、 総 剥離。


VIVA !  S庭 道場 & RYU !!!!!!!






[ 2014/03/13 00:00 ] 40 CADILLAC LA SALLE | トラックバック(-) | コメント(-)