51



 K子くん の   51  STYLE LINE


ファイヤー ウォール を  V8 を  載せられるよう

干渉 する  部分 を  凹ませまして
 

DSCm_0718.jpg


エンジン マウント も  完成 したので

いよいよ、 エンジン 搭載 に  進みます


「 まだ、 愛着  湧く 前 ですから。。。。。 」  

の、 名言 を  残した  K子くん でして


DSCm_0714.jpg


予算 を  少しでも  抑えようと


先日、 283 から  350 エンジン に  載せ替えした

S木さん の  59 WAGON から  降ろした、 

283 エンジン を  譲って もらいまして


DSCm_0716.jpg


もっと  愛着 無くならないように


オイル漏れ してる 部分 の   シール を 換えて

ウォーター ポンプ と、 オイル ポンプ、  サーモスタッド  だけ、 

新品 に  組み換えたら、  黒く  塗り直しまして

 
DSCm_0719.jpg


ドッキング したら、  付属品 を  

組み付けて いきましたら


およ !?    およよ !?????


DSCm_0715.jpg


H野 の  呪い  でしょうか、、、、、


フレーム に、  燃料 ポンプ が  干渉 し

取り付け できませんで、、、、、、


DSCm_0713.jpg


電動 ポンプ に  すると、  

お金 掛かるので


なんとか、メカ ポンプ 使いたいと


DSCm_0720.jpg


フレーム を  切って、  凹ませる ことに。


マーキング したら、 サンダー で  切開 しまして

切り取った  フレーム の  破片 を


DSCm_0721.jpg


そのまま   ひっくり返して、 取り付けると


燃料 ポンプ を かわすように

凹んだ 形状 に なりまして


DSCm_0722.jpg


空いてしまう、 側面 は  鉄板 を 切りだして

ガッチリ  溶接 しまして


無事、 強度 も 落とさず、 フレーム 加工  完了


DSCm_0723.jpg


今回、 K子くん の  スタイル ライン は

RYU君 が  作業 を  担当 しているようで


大変 だろうと、  僕 も  手伝おうと しますが


DSCm_0728.jpg


「 いいです。  漏れると  困るんで  」

と、  戦力外 通告 されまして 


どうも、  僕 が  触った 部分 は、  詰めが 甘くて 

どこも  漏れると  思ってる ようですが


DSCm_0729.jpg


その 通り ですけど、 ナニか !?


オイル、 クーラント は  絶対 に  漏らせる  自信 が  ありますが、 

期待 に  お応えして、  エア漏れ と、  ATF も


DSCm_0732.jpg


さらに、  ご要望 が  あれば、  ブレーキ フルード  と

ガソリン も  漏らせて みせますので、  


恐怖 体験  されたい 方は、  遠慮なく 申し付け ください


DSCm_0734.jpg


結局、 この スタイル ライン は  

僕は  全然  触らせて もらって ませんので


” 安心 ”  の、  お墨付き で  進んでまして

とっても  残念 で  なりません


DSCm_0735.jpg


フレーム 加工 を  終え、  無事 に

燃料 ポンプ も 組み付け しまして


エンジン 搭載  完了。


DSCm_0736.jpg


次は  マフラー 引き直し に  進むようです


必ず 漏れる、  僕 は  立派 ですが

よい 作業 を  している、 RYU君 も  立派です。


VIVA !  K子くん & RYU !!!!!!!!



[ 2014/03/02 00:00 ] 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES | トラックバック(-) | コメント(-)