ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood > 油圧 ファン

油圧 ファン



 50 MERC、  油圧 ファン 化   進めて まして


シーマ の 純正 油圧ファン を  使って みたいと 思います


DSC_0225 (2)


DSC_0226 (2)


シュラウド も、   ほぼ ぴったり サイズ だったので


そのまま  丸ごと  付けて しまえば  楽ちんこ  だと

横着 な  僕は  ほくそ笑みまして


DSC_0227 (2)


DSC_0228 (2)


両面 テープ と、  こういちろう お勧め の  ゴムのり と

少し の  ご飯粒 を  用意 して  


秒札 してやろうと しましたら


DSC_0229 (2)


DSC_0231 (2)


S庭 師範 に  瞬殺 されまして


ゼロ から、 50 MERC 用 の  シュラウド を

鉄板 切りだして  作ってくれる ことに  なりまして


DSC_m0233.jpg


DSC_m0234.jpg


温かく、 吉原 から  見守ろうと  思います


ラジエーター と、 エンジン の  隙間 が

以外 に  無かったので


DSC_m0235.jpg


DSC_m0236.jpg


ラジエーター を  コアサポート の

前側 に  設置 できるように


リビルト する 際に、 S協 ラジエーター さん に

ブラケット 位置 を  リロケート してもらいまして


DSC_m0238.jpg


DSC_m0263.jpg


ラジエーター を  約 50mm  前方に  ずらして、 

少し、 スペース を  確保。


それでも、 プーリー と  ラジエーター の  隙間 は

狭いので、  マツコ デラックス 級 の  あひるさん が


DSC_m0264.jpg


DSC_0274 (2)


挟まる  余裕 も  無さそうで  ナニより です。


エンジン と、 ラジエーター の  センター 位置 は

高さ が  ずれてるので、


DSC_0275 (2)


DSC_0276 (2)


シュラウド を  作って、  ラジエーター の

センター に  油圧 ファン を  設置 すると


少し、 ウォーター ポンプ プーリー と  ズレますが


DSC_0277 (2)


一番 冷却 効率 の  良い 位置に  ファン が 来て

エンジン と  干渉 しないよう

じゅうぶん な  クリアランス を  確保 できる 


DSC_0278 (2)


DSC_0280 (2)


位置 を  探りながら、 設計 してもらいまして


それでも  出来る  隙間 は  

僅か に  15 ~ 20 mm  でして


DSC_0281 (2)


DSC_0296 (2)


現物 合わせ の  ワンオフ だからこそ

できる、 完璧 な  専用 設計 で

進めて もらいます


DSC_m0297.jpg


DSC_0298 (2)


1枚 の  鉄板 から、  設計図 通り に  切りだして、

箱状 に  組立てて いきまして


点付 した、 仮 組み を  完成 させ

実車 に  付けて、 確認 しまして


DSC_0299 (2)


DSC_m0300.jpg


パーフェクト な  立て付け を  確認 したら

全周 溶接 に  進みます


厚さ 1,6mm という、  薄い 鉄板 を  
 

DSC_0301.jpg


全周 溶接 しても  歪み を  出さないよう 

S庭 師範 の、 高度 な 技術 で、  全周 溶接 しまして


溶接 ビート も、  キレイに  仕上げて もらって


DSC_m0302.jpg


まずは  スペシャル シュラウド が  完成 !


続いて、 油圧 モーター を  マウント する

部分 を  作っていきます


DSC_m0303.jpg


シュラウド の  中心 に、 モーター を マウント するため

4本 の パイプ で  ブラケット を  作っていきます


角 パイプ の ように  見えますが


DSC_0304 (2)


風の 流れ の  抵抗 に ならないよう


角パイプ ではなく、  L型 アングル に  

フラット バー を  貼りまして


DSC_0305 (2)


断面 は、 3角形 にした  アングル を  作って  

モーター マウント ブラケット を  製作。


シュラウド に  ブラケット不 を  仮 溶接 したら


20131221_070200.jpg


ファン と、 モーター も  仮組み し

再び、 実車 に  装着 しまして


干渉 する 部分 が なく、 


DSC_0306 (2)


作動 に 問題 ないこと を  確認 したら

本 溶接 しまして


スペシャル ファン シュラウド と、  油圧 ファン が  完成 !


DSC_0307 (2)


次は  いよいよ  油圧ライン を 接続し

作動 テスト に  進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!





[ 2014/02/23 03:30 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)