ホーム > 59 CHEVY PARK WOOD * L/S  > 59 WAGON

59 WAGON



 ライフ スタイル S木さん、 59 WAGON


リア エアバック ブラケット を

現車 合わせ で  作りまして


mmDSC_0440.jpg


市販品とは  だいぶ  違う  カタチ に  なりました


C ノッチ して、 エアバック を  マウント する

ロワー アーム が  本来 よりも  高くまで  上がるようになり


mmDSC_0437.jpg


エアバック の  アッパー マウント の  位置は


よい バック 形状 を   維持 するために

前方 へ  ずらす 事に なりまして


mmDSC_0439.jpg


市販品 は、 コイル ポケット に  収めますが


C ノッチ した、 カブトガニ フレーム では

コイルポケット では  後ろ過ぎて しまうので


mmDSC_0438.jpg


エアバック と、 ブラケット を  かなり  オフセット させまして


なおかつ、 コイル ポケット にも  収められないので

コイルポケット の  前側 に、 ブラケット を  固定する

サブ フレーム を  作りまして


mmDSC_0436.jpg


フロント、 リア エアバック  ブラケット が  完成。


大きな エアバック を  使って、  乗り心地 を  向上させ

干渉 もなく、 伸縮 形状 にも  気を 使って

一番 いい 組み方が  出来るように  作ったので、  安心 です


MDSC_0421.jpg


続いて、 大きく  切開 した  BODY フロア を

フタ して、いきます


今回、 車両 が  WAGON なので、  リア シート が  倒れて

荷室 と  つながって、 フル フラット に  なります


MDSC_0422.jpg


しかし、 C ノッチ して、  フレーム が  

4 インチ  上がったので、  


フロア に 食い込んでしまい、 フロア 自体 も

上げなければ いけなく なりまして

 
MDSC_0432.jpg


フロア が  上がると、  シート を  倒しても

フラット に  ならなく なるので


高くなる  フロア ですが、  それでも

いかに  使い易い  荷室 に  出来るか、、、 と


DSC_02mm88.jpg


通常時 は  シート 裏に  折りたたまれて いますが、

シート を  倒したときに、  


倒れた シート と  フロア の 隙間 を  埋めて  

フラット に する、  芸の 細かい  パネル が  付属 していまして


MDSC_0431.jpg


その  パネル が  きちんと  機能 して、  

埋めた 開口部 とも   ピタッと  フィット して

建て付けよく  収まるように  加工 が  必要 でして


MDSC_0430.jpg


デフ が  これまでより  上がってくるので

ペラ も  一緒に  上がってくるので


センター トンネル も  ペラを かわすように

上げてやる 必要が  ありまして


MDSC_0429.jpg


フロア の、  センター トンネル を  上げて やると

フロア の  形状 が  変わってしまい


リア シート が  付かなく なるので

シート の  裏側 の  形状 を  変更 しないと  いけなくなるのと


MDSC_0428.jpg


BODY の  強度 を  落とさないように

開口部 を  しっかり  補強 してやるのと


オリジナル と BODY マウント 位置 が  大幅 に  変わりましたが

省かず、 しっかり  移設 して、 マウント するのと


MDSC_0425.jpg


やることも、 考えなくては いけないことも

盛りだくさん でして


センター トンネル を  上げてしまう前に

リア シート を  載せて、 


MDSC_0427.jpg


シート と、 パネル の  可倒 具合 の  検証 を  しまして


立ち上げる  フロア を、 どの 高さ で  どこから  立ち上げれば

シート や  パネル と、 うまく  機能 できるか  考えまして


MDSC_0423.jpg


フロア と、 センター トンネル を   どこまで  上げたら

弊害 が  でるのかを  導き出します


フロア を  上げれば、 荷室 が フラット でなくなり

使いづらく、 見た目も  悪く なりますし


MMDSC_0583.jpg


センター トンネル も、  立ち上げるのを  低く 抑えられれば

シート 加工 も  少なく 済むので


全て  ギリギリ の  ラインで  進めまして


MMDSC_0577.jpg


オリジナル の フロア と、 オリジナル の  フレーム の  隙間 が

2インチ あったので、  そこを  ギリギリ まで  詰めまして


フレーム は  4 インチ  上げましたが、  フロア は  

2 インチ  上げるに  とどめまして


MMDSC_0585.jpg


切開 するとき、  再利用 するので  加工 し易く  切り出して ありまして


フロア との 間に、 持ちあげる  2 インチ 分 

鉄板 を  切り出して、  入れまして


MMDSC_0586.jpg


BODY にも、  ACID 57 や、 50 MERC の ように

鉄骨 で  ひな壇 を  作り、   補強 を 入れたのち  


BODY マウント も  しっかり  固定 し、 

オリジナル 構造 通り の  マウント に  なりました。


MMDSC_0587.jpg


続いて、 センター トンネル を  立ちあげて いきますが

切開 して、 新しい  トンネル を  貼るのではなく


真ん中 に  切り込み を  入れたら、 


MMDSC_0599.jpg


ペラ を かわす  高さ に  起こしまして


できた 隙間 に  鉄板 を  切りだして

貼って  埋めて いきまして


MMDSC_0602.jpg


MMDSC_0605.jpg



MMDSC_0609.jpg


フロア 埋戻し、  センター トンネル 立ち上げ  ともに

だいたい の   形 に  なってきまして


この後、 臭い や、 水 が  入ってこないよう  

全周 溶接 し、  仕上げ に  進みます


VIVA !  S木さん & S庭 道場 & RYU !!!!!!!



[ 2014/02/12 06:27 ] 59 CHEVY PARK WOOD * L/S  | トラックバック(-) | コメント(-)