ホーム > 59 CHEVY PARK WOOD * L/S  > 59 WAGON

59 WAGON


 ライフ スタイル  S木さん の   59 WAGON

C ノッチ  作業、  進めてまして


まずは、 フレーム オフ せずに  作業 するため

上 からも  アクセス できるよう、   フロア を  切開 していきます。


DSC_0134 (2)


以前、 PAT の  フレーム 修理 を  したときの

作業 で 得た  経験 も  生かされまして


開けるなら、  でっかく あけよう、  ホトトギス


DSC_0139 (2)


なんて、 簡単 に  書きましたが


切開 しても、 極力  BODY の  

強度 が  落ちないよう

 
DSC_0149 (2)


プレス 形状 や、  箱型 の 角 の 位置 から

どこを 切れば よいか


Cノッチ を 終え、 再び  BODY を  

フタ していく ときに


DSC_0151 (2)


どのように  切っておけば、 

組み戻し し易いのか  まで


緻密 に  計算 しておきまして


DSC_0152 (2)


切る 位置を  決めたら、  室内側 から  

ケガキ を  入れまして


あとは、 迷うことなく   ガンガン  切っていきます


DSC_0153.jpg


で、  パカッ と  御開帳  しまして

切り口 も、 位置 も  完璧 です


C ノッチ して、 デフ が  これまでよりも

上がってくるように なるので


DSC_0155 (3)


BODY の  逃げ 加工 も  必要 に  なるので

今回、 切開 した  室内 の  フロア も


後 に、 高く 加工 して  組み戻しますが


DSC_0156 (3)


すでに  S庭 師範 の 中では、 C ノッチ を 終え

全ての 作業 が  完了 したところまで


シュミレーション が  終わってる そうで


DSC_0158 (3)


フロア も、  どう 切りだして、  どのような 加工を  得て  

組み戻すのか まで、 決めて


それに 基づいて  切りだす 位置 と 

形状 が  決めてある ようです

 
DSC_0162 (2)


キレイ に  切りだされた フロア は

一旦、 保管 されまして


ジオメトリ や、 ボディ に  ズレ や

歪み が  出ないよう


DSC_0163 (2)


フレーム に  治具 を  溶接 したら

いよいよ  リア フレーム を  切断 していきます


これまで、 C ノッチ する時 は


DSC_0164 (2)


先に コイル ポケット、 ショック マウント、 

ボディ マウント などの、 ブラケット を

取り除きまして


綺麗 に  メイン フレーム だけに  してから


DSC_0166.jpg


側面、 上面 に  新しい  フレーム を

溶接 したら


不要 になる、 オリジナル フレーム を

切断 して、 最後に 下から  フタ  してました


DSC_0165 (2)


しかし、 今回 S庭 師範 が  使う  工法 では

それらの  先貼り、 後 摘出 方法 ではなく


先 に、 オリジナル フレーム を  全 摘出  するそうで、 


いったい  どんな  C ノッチ フレーム に  なるんでしょうか?


DSC_0168 (3)


また、 入り組んだ  フレーム の  切断 には

工具 が  入る スペース も  限られるので


小さな トーチ の  プラズマ 切断機 を  使いますが


DSC_0170 (2)


特に 今回は  フレーム オフ も  しないので

フロア を  切開 したとは いえ


BODY が  乗ってる分、 スペース が  狭く

プラズマ でも、 厳しそうだな と  思ってましたら


DSC_0169 (3)


「 全部、 ディスク サンダー で  切ります 」   

だ、 そうで、、、、、


でも、 どうやっても  サンダー  入らないとこ  

あるじゃ ないですか、、、、、


DSC_0175 (2)


「 はい。 もちろん  サンダー 入らない ところ も あります。

  でも、 全部 サンダー で  切ります。 」 


と、 言ってまして、   東大卒 の  僕 には  良く 解りませんので

ライス を  チャージ して  戻って 来ましたら


DSC_0176 (2)


かぶとガニ、 2匹  捕獲 。。。。。。  ではなく、


えー、、、、、  そう 切りますか !?   という カタチ で

フレーム に  ブラケット や  マウント を  付けたまま


丸ごと、 抜き取って  ありまして


20140113_195642.jpg


うーん、、、、  時間 短縮 の ため ? 


ブラケット  などを   取り除くのが  面倒 だから  

一気 に  切りとって しまおう  という 作戦 でしょうか !?


ムムム、、、、  どうやら、 これが  S庭 師範 の  考えてる

新しい 工法 の  カギ を  握っている ようです


VIVA !  S木さん & S庭 道場 & RYU !!!!!!!








 

[ 2014/01/20 07:00 ] 59 CHEVY PARK WOOD * L/S  | トラックバック(-) | コメント(-)