ACID 57




 ACID 57

BLOG に 書ききれていなかった

部分 を  少々


DmSC_0931.jpg


今回、 スーパー ファイン フィニッシュ だった

CANDY PAINT を  引き立てた


ピッカ ピカ の  モール や、 トリム類 は


DmSC_0922.jpg


全て、 オリジナル の  USED 品  でして


傷 や、 凹み、 曲がり も 沢山 ありましたが

全て  S庭 師範 と、 RYU君 によって

再生、 フル ポリッシュ  されました


DmSC_0921.jpg


0,6mm という、 超 薄い  

ステンレス モール を  


溶接 したり、 板金 したりと なると  

大変な 技術 と、 労力、 時間 が  掛かるので


DmSC_0920.jpg


諦めて、 リプロ品 を  使いたく なりますが


リプロ品の 製造 精度 が 低く

BODY との マッチング が  悪くて

たて付けが  悪くなる場合が あるのを 嫌いまして


DSC_0893 (2)


膨大 な 数の モール 全ての 

曲がり、 凹み を  地道に  修正 しまして


大量 な モール を、 残り 少ない 時間 で

ポリッシュ 作業 を  終えなければ いけないので

  
DSC_0897 (2)


2人 で  同時に  作業が できるように

ポリッシャー台 を  作りまして


2人 で ひたすら  磨き、 磨き、 磨き。。。。。


DmSC_0942.jpg


凹み や、 曲がり を  修正 したら、 荒研ぎ へ。


荒研ぎ で  ヤスリ や、 サンダーの 目を  消したら

中研ぎ へ  進みまして 


この段階で、 すでに  リプロ品 の  新品 や

キレイな  モール よりも  光っていますが

 
DmSC_0934 (2)


S庭 道場 の  クォリティーは、 遥か  上 を  目指していまして

手間を 惜しまず、  まだまだ  磨き は  続きまして、 


中研ぎ を  終えたら、 いよいよ  ” 本 鏡面 ” へ。


本鏡面 仕上げ に  なった  モール は

 
DmSC_0943.jpg


手で 触ったり、 マイクロ ファイバー で  拭くだけでも

傷が 付くから、 触らないで !  と、怒られるほどの、 

まさに、 鏡 の ような  ミラー フィニッシュ に  なりました。


ミラー フィニッシュ に  なると、  モール や  トリム の

歪みや 凹み が  より 鮮明 に  浮き出てきて しまうので


DmSC_0947.jpg


歪み や、 傷 が  残っていれば いるほど

写りこみが  歪んで、 きれいな はずなのに

よれよれに  見えてしまいます、、、、、


今回、 ACID 57 の  現車 や、 写真を

雑誌などで  見て頂いた 方には


DmSC_0946.jpg


いかに この クルマ の  モール や、 トリムが

ストレート で、 ミラー フィニッシュ だったか


モール類 が  キレイだと、 どれほど クルマが

ビシッと して 見えるか、 感じて 頂けたかと 思います


DmSC_0952.jpg


「 ショー に 出す クルマ は、 そこは 絶対 に  手は 抜かない 」

と、 時間 が  なくても、  S庭 師範 が  絶対 に 譲りませんで


0,6mm という、 超 薄物 を  歪ませない

巣穴 を  まったく  作らない  溶接 技術、


どんな 小さな 凹み や、 曲がりも  見落とさず

完全 な ストレート を  出す、 丁寧な 板金 処理、


DmSC_0954.jpg


熱 で  歪みが 出ないように  磨く  技術、


磨いたら、 CAL TREND に  持って行き

塗装中 の クルマに あてがい、 建て付けを 再確認。


必要なところは、 再度 修正し、 磨き直し続けて

2人掛かりで  10日以上 掛けて

写真の ように 膨大な 数を  仕上げて くれました

 
DmSC_0955.jpg


モール の 板金 や、 本 鏡面 までの

ポリッシュ 作業 を  経験 したことが なかった

RYU君 は、 この 10日間 で  

S庭 師範 の  技術を  どんどん  吸収 しまして


DSmC_0338.jpg


以前、 S庭 師範 は  

「 モール の 修正 や、 加工 は  本当に  難しいので

  誰かに 手伝って ほしいですけど、 

  
  自分は 25年 やってきて、 身に着けた  技術なので

  教えて すぐ 出来るように なるものでは  ありません。」


DSmC_0346.jpg


と、言ってまして、  誰も  手伝えないので

みんな、 歯がゆさを 感じていましたが


今回、 S庭師範 の 技術が  RYU君 に  受け継がれたようで


やる気がある、 弟子 と、 惜しまず  教える  師匠。。。。。

こうやって、 技術は  継承されて いくんですね、

見ていて、 とても 嬉しく、 うらやましく  感じます。


DSmC_0332 (2)


PAINT を  終えた、 ACID 57 を

SHOW 2日前に  引き上げて きまして、、、、


インテリア の  トリム類 は、 高級感 が 出るように

計算して、 場所 に よって、 メッキ と、 PAINT と

使い分けまして


DSCm_0341.jpg


みんなで  傷 を  付けないよう、 バタバタと  アッセンブリー しまして


時間 ないし、 寝てないし、 記憶ないし で

写真 は  ほとんど  ありません。。。。


みんな 忙しそうで、  それは それは  お疲れの ようでしたが、、、、、、  

僕は  その横で  せっせと、  50 MERC の  修理 してるか、、、、、、


DmSC_0967 (2)


遊びに 来てくれた、 K藤 師範 と、  MERCURY 談義 に 花 を 咲かせてまして

いつも通り  戦力外 でして、   どうも 皆様  お疲れ様でした。。。。。


そんな こんなで、 楽しかったね !  ACID 57  プロジェクト。


さて、 今年は  ナニ 作ってくんでしょうか。

もうすぐ、  今年の  BIG プロジェクト も  始動 するようで

今年も みんなで  頑張ります!


VIVA ! S庭 道場 & RYU & DAICHI !





[ 2014/01/08 17:13 ] 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 * | トラックバック(-) | コメント(-)