ホーム > 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 * > 57 nomad

57 nomad



 57 nomad


ガラス、 エンジン、 外装 全部  組戻しまして

クルマ も、 ジャッキ スタンド から  降ろして

接地 させまして


DSC_0190n.jpg


エンジン 掛かるよう、 組戻したら

少し 走らせて、 ボディ パネル を

馴染ませまして


DSC_0191n.jpg


エンジン 載って、 重さが 掛かった フレーム、

接地 して、 走行状態 と 同じように

過重 が 掛かった  状態 に しましたら


DSC_0192n.jpg


いよいよ、 最終的な  チリ合わせ に

かかります。


ドア や、 フェンダー、 フード の  チリ を

あわせまして


DSC_0193n.jpg


それぞれに 付く、 モール や、 トリム を

組んだあとに、 トリム類 との  

チリ も  調整 しまして


DSC_0194n.jpg


合いづらい ところ、 こじったり しないと

合わないところ は、 


ペイント や、 リクローム後 には

絶対 に  こじって  取り付け できないので


DSC_0195n.jpg


今のうちに、 無理 しなくても

合わせられるよう、 全部 加工 

し直して、 おきまして


DSC_0276n.jpg


ドア の 隙間、 フェンダー と、 フード の 隙間

リアゲート の  隙間 など、  


全て、メーカー の 基準値 が  指定 されているので


DSC_0277n.jpg


それに 合わせて、 調整 しまして


合わせてみたものの、 それでは  見栄え が  よくない、、、、

気に入らない、、、、、  と、 

s庭 師範 が  気に入らない  部分は


DSC_0279.jpg


s庭 師範 規準 で  調製 しまして

どこも  ピタ ッと あった、 

クルマ に  仕上がりました


DSC_0280n.jpg


この 状態 で、 一度  下地 作り 名人 の

ところ に  持って行きまして


モール や、 トリム、 ガラス が 付いた 

完成形 の  状態 を  みせまして


DSC_0281n.jpg


それに 合わせて、 下地 作り を  していきます


その後、 モール や、 トリム の  へりなどを  作業 する時に

全部  外しに 行きまして、 ドンガラ の  状態 に して

引き続き、 下地作り を  進めて もらいます


DSC_0294n.jpg


今回、 nomad は、 クルマ の 性能、 クォリティ、 自分達 の 技術力 を

どこまで  向上  出来るかの  挑戦 を していまして


作業 は、 それぞれ 得意分野 の プロフェッショナル が、 文旦 して  

妥協 なしで  進める ことに  しまして



DSC_0372n.jpg


エンジン、 トランスミッション、 エアサス などの  

機関系 は、 daichi


body や、 フレーム、  金属 加工 全般 を 

s庭 師範 & ryu 君


DSC_0374n.jpg


塗装前 の  下地 作り は、  クルマ遊び 仲間 の

56 ベルエア乗り の  k田くん 勤務先 の、  


超大手 自動車会社 の、 板金 部門 に  いるという

面出し 仙人 を  紹介 してもらいまして  


DSC_0992 (2)


s庭 師範 が、 パテ を 極力 使わなくてよい  状況 まで  煮詰めた body を

さらに  ストレート  に  なるよう、 パテ研ぎ作業 を  仙人 に 依頼 しまして    


面出し から 戻ってきたら、 あの 名手 に  ペイント を  託します。


昨年 の cal flavor で、 デビュー した

57 nomad、 僅か 2ヶ月 で  全バラ に  なりまして


DSC_0987 (2)


新たな プロジェクト に  取り組むこと、 10ヶ月。。。。。

みんなの 期待 と、 苦労 を  背負って

いよいよ  大詰め に  なってきました


楽しみです


viva ! s庭 道場 & ryu & daichi !!!!!!!!!












[ 2013/11/20 00:04 ] 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 * | トラックバック(-) | コメント(-)