FC2ブログ
ホーム > 57 CHEVY NOMAD *ACID 57* > 耐 震 補 強

耐 震 補 強

 
 NOMAD の 前足 部品を PAINTしてます、、、、、。

と、言っても マダ下地までですが。


アッパー、ロワーアームは 新品を組みますが、 各アームの 取り付けシャフトは 再利用。

よく 汚れや 錆を 落として、 強力な 錆止め 「 エスコ 」 を 塗ります。
エスコは 船や、潮風にさらされる 橋桁などの 塗装の下地に 使われているモノ。

レストアなどでも、錆止めとして よく使用されるそうです。 


 今まで、足回りばらして サンディング、 サフ、 PAINTと やり直したクルマは
全て、 1~2年で また 錆が 浮いてきてしまいます。 

ブラスト、エスコSETか、 パウダーコートでないと キレイな 足は 維持できないようです。

なので 今回、 うちでも エスコを 初めて 使ってみました。

DSC00165.jpg

 エスコと、専用の 硬化剤を混ぜ、 シンナーでは割らずに 使うそう。

実際に ガンで吹いてみると、 ボソボソで すぐガンが 詰まる・・・・・・

それならば、 シンナーで希釈してみようとすると、、、、、、、分離して 混ざらない。

塗料用シンナーと言われる、 建築塗装などで使う シンナーでないと 駄目らしい・・・・・

こないだまで うちにも 塗シン ありましたが、 あひるマスタングの PAINTで
汚れたモノを 掃除するのに 使ってしましました、、、、、

詰まったガンを 掃除するのも、 塗シンでないと 分離して 使えません。
タイヘンな思いをして、 ガンを掃除してるうちに 日は沈み もう 夜に、、、、。
周りは 住宅地なので、 夕方以降にも ガンで塗装してると クセーと 苦情が来ます。

今日は、エスコまで 終わらせておきたい DAICHI は   最終手段に、、、、
 
DSC00167.jpgDSC00166.jpg

 はけ塗り、、、、、。 ぺたぺたと よく 重ね塗りし 乾かします。

明日に 耐防腐性の強い 塗料で ブラックに。 また1日 良く乾かしたら
フラットベース 入れたクリアのせて、 艶消し ブラックに 仕上げます。

 
 PAINT 終わったら、 アームに ブッシュ圧入して 組み込んで、 イザ 前足 仮組みへ。

今まで、ブッシュや ピストンピンなど プレスを使って 圧入する作業の時は
プレスがある お得意様の 工場で、 借りて 作業してました。

いい加減 買おうぜと、 数年前から イッテル DAICHI。
お得意先で 作業するのも 肩身狭いんだぞと ボヤッキー。 
遊びのモノ 持ち込んでれば ナオサラです、、、、。 

ナノデ、 今回 ようやく プレスを 導入しました。
パイプ曲げて トランスマウント作ったり 今後も イロイロ使うだろうと パイプベンダー 兼用型。 
仕事では きっと 使うことは ないでしょう、、、、。 使いたいヒトは 御気軽に ドーゾ 

DSC00168.jpg

 わりと コンパクトな プレスではありますが、 モノが溢れてきて 置く場所が      無い・・・・・

なのに、次の 話題は 2柱リフトへ、、、、、。 

やっぱ 無いと駄目だと 盛り上がり、 ドコに設置するか  みんなで 真剣に 相談。 

欲しいけど、 超高額。 リフトこそ、 仕事での必要性 ZERO、 まさに 遊びの為 だけデス。

でも チョー欲しい、、、、、。 決断する勇気も お金も アリマセン。


しかし、 貧弱な 構造の FITガレージ。  デカイ地震が 来たら ひとたまりも アリマセン。

耐震補強工事 してくれよ、  デモ スゲー金掛るだろうし、、、、、、
それなら 崩れてきたとき、 突っ張る リフト、 設置してくれれば イーよ。 出来れば 2機ね。

と、いうシナリオで 梅雨明け前の 導入目指して、  大家さん ユスッテキマス。

200_0.jpg


しかし、 しまいには ヤッパ狭いし、夜中も 作業できるトコへ 移転話まで 噴出し・・・・・
もう 収拾 ツキマセン



梅雨に入って、ジメジメですが  FITは一層 楽しくなってきました。


 LET’S  ENJOY!



[ 2009/06/26 00:09 ] 57 CHEVY NOMAD *ACID 57* | トラックバック(-) | コメント(-)