53


 53 CHEVY


ダッシュ の  穴埋め や、 べゼル 埋め込み などの

金属 加工 を  終え


DSC_0294 (m2)


エマージェンシー ブレーキ 取り付け に  進みます。


53 は、 リア を  C ノッチ し、

オリジナル の  リーフ スプリング から


トライアングル 4 リンク に  変更 されまして


DSC_0303m.jpg


違う 車種 の  デフ を  移植 されてますが


エマージェンシー ブレーキ 

( パーキング ブレーキ の ことを、   アメリカ では  そう 呼びます )


は、 組んで なかったので、 取り付け していきたいと 思います


DSC_0305 (m2)


53 純正 を  用意 しても、  デフ が  違うので

ブレーキ 部分 の  接続 が  合わなく なりまして


C ノッチ して、   オリジナル よりも

デフ が  動くので、  


DSC_0307 (m2)


ケーブル の  長さ が  足りなく なるのと

固定 位置 も  デフの 動き を  見ながら


突っ張ったり、 引っ掛かったり  せずに

動き が  良さそうな 位置 を  

探して やらないと  いけません


DSC_0309 (m2)


アメリカ では、 デフ の  移植 や

サスペンション システム の  変更  など

よく やる ことなので、


そんな 時に  使い易い、 ブレーキ パーツ が

沢山  売られています


DSC_0310mm.jpg


今回、 53 には  ” LOKAR ” の

足踏み式 で  エマージェンシー ブレーキ の  

ON - OFF 操作 を おこなう、  ペダル KIT


アンダー フロア に  設置 する、

イコライザー、 


DSC_0325 (m2)


ペダル から  イコライザー までの

フロント ケーブル KIT


イコライザー から、 リア ブレーキ までの

リア ケーブル KIT


を  使って、  取り付け していきます


DSC_0327 (m2)


まずは  アンダー ダッシュ に  取り付ける

ペダル KIT の  設置場所 探し から

始まりまして


運転 や、 乗り降り、  室内の 装備品 の 

邪魔 に  ならず


DSC_0392 (m2)


ファイヤー ウォール を  貫通 し、 床下 に  接地 する

” イコライザー KIT ”  まで、   ケーブル が  スムーズ に  引けて


パワー ブレーキ KIT などに  干渉 せず

マフラー や、  フロア シフター の   リンケージ にも

干渉 しない  という、  贅沢 な  場所 を  探しまして

  

DSC_0368 (m2)


ここしか  ありません、、、、、 という、 

ピンポイント を  見つけましたが


ペダル KIT を  あてがっても、   

固定 できる モノ が  

ナニも ありませんで


DSC_0367 (m2)


無いのなら、 作ります。。。。。。  と、 いうことで

強度、  脱着、 整備性 も  考えて  

ブラケット 作りまして


がっちり、  溶接 で  固定 したら、 

マウント に  ペダル を  取り付けまして


DSC_0371 (m2)


次は イコライザー の  取り付け に  進みます。


ペダル 裏 から、 1本 の  ケーブル が

イコライザー まで  行きまして


イコライザー から  後ろ は、   2本 に  別れ 

左右 の  リア ブレーキ に  接続 します。
 

DSC_0369 (m2)


アンダー ダッシュ の  ペダル を  踏むと、 

ケーブル が  引かれ、 最終的 には

2本 の  ケーブル を  引きますが


1本 から、 2本 に  変換 する、 イコライザー の  

設置 場所 も、  ピンポイント に  絞られまして


DSC_0370 (m2)


ガッチリ  取り付けできる、  フレーム などの  

固い 構造 の モノが  無い  位置 でして


狭い  アンダー フロア で  干渉 や、  熱害 も なく  

スムーズ に  ケーブル を  動かせる  

ブラケット を  製作 して、  取り付け しまして
 

DSC_0393 (m2)


ペダル までの、 フロント ケーブル、

リア ブレーキ までの  リア ケーブル も


スムーズ に 動くよう、 引いて いきまして

引きしろ を  アジャスト したら


DSC_0394 (m2)


作動 確認 しまして、  パーフェクト。


やはり、 汎用品 は  クルマ に 合わせて  きちんと  機能する

取り付け位置、 方法 の 選定 と、 のちのち の  整備性 も 考慮 した 

ブラケット 作り が  難しい と、  痛感 しまして、  次の 作業 に  進みます  


VIVA !  S庭 道場 & RYU !!!!!!





[ 2013/08/28 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)