57 NOMAD


 57 NOMAD


次から 次へと、 対策 が  必要 だった

フロント 周り の  加工 も、 無事  終えまして

 
P3088734ss.jpg


フレーム 着地 し、 最高 です。


頑張った  みんな で、  喜び を  満喫 しまして

戦力外 通告 を  受けた  僕も、  一緒に  混ざって

喜んで みまして、、、、、、 


嫌な 顔 されなくて、 良かった です


P3088733ss.jpg


ワールドクラス の、 グランド スラム している

トライ シェビー を  間近 に   しまして


あらためて、 タイヘン だっと  思い返しまして

S庭さん と、 RYU君 は  さぞ  

タイヘン  だった  ことでしょう


m.jpg


なんて、 戦力外 でしたが、  感慨 に  ふけっていましたら

さっさ と、 また リジット ラック に   載せられて しまいまして


ワールド クラス の   低さ を  写真 に  収める 間も  なく

次の 作業に  突入 してまして、、、、、、


mDSC_0279.jpg


リア フレーム を、 C ノッチ  しましたが

フレーム の 上 付近 の  BODY は、  

立ち上がった  フレーム が 当たるため

大きく  切開 してありまして 


mDSC_0280.jpg


鉄板 曲げて、 カバーを  作って  ありましたが

ただ フロア に  ビス止め  してるだけの

ただの  化粧 カバー  でして


パラレル 4 リンク の  付け根 に  重なるので

切り取って、 移植 しなかった  BODY マウント も

そのまま  でして


mDSC_0281.jpg


やはり BODY マウント を  取っ払ったまま だったり

BODY を 大きく 切ったり、 インナー フェンダー を

切り離したまま に  すると、  強度 に なるのは  間違いないようで


お陰で、 57 NOMAD は、  合わせても  合わせても、  

走るたびに、 リア ゲート の  チリ が  ずれまして


mDSC_0282.jpg


EL-NINO では、 走行中 は BODY が  しなりまして

キャビン と  ベット の 間の、  塗装 が   割れてきます。


PAT も、 走行中に  ギシ ギシ  うるさくて、

BODY の  よれる 感じ も  酷いので


mDSC_0283.jpg


ボディ マウント と、 インナー フェンダー は

きったままでは  いけないと、  散々  経験 してきまして


57 NOMAD も、 きちんと  リア BODY を  補強 し

BODY マウント も  リロケート して  付け直すことに。


mDSC_0287.jpg


50 MERC  同様、 切開した  リア ボディ に

各パイプ で   ひな壇  組みまして、


最終的 には、 ボディ の  フロア、  インナー フェンダー に

全周 溶接 しまして、 ボディ マウント に  つながります

 
mDSC_0290.jpg


C ノッチ して、 上まで  上がって来るように  なった

デフ、 デュアル で  引いた、 2インチ の マフラー、

リア エアバック、  エアサス の  タンク、 燃料 タンク  

エアサス の  マニフォールド と  狭い中 に

ひしめき合って いますが


mDSC_0297.jpg


整備性 の  向上 と、 マフラー も  近く、  

熱害 を  受けづらいように


エアサス の  マニ は  別の 場所に  リロケート

することに  しまして


mDSC_0298.jpg


まずは ひな壇  完成。


これで  ヨレ ヨレ を   卒業 しまして

カッチリ 組 の  仲間入り  出来そうです。


この後、 ボディ マウント 取り付け に  進みます。

VIVA !  S庭 道場 & RYU !!!!!!!!!




[ 2013/07/11 00:00 ] 57 CHEVY NOMAD * ACID 57 * | トラックバック(-) | コメント(-)