ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood > 50 MERC 

50 MERC 



50 MERC 


エアサス セットアップ  始めまして

必要になる、 部材 を  用意。


今回は、 作動 スピード を  求める クルマ では ないので

壊れづらい、  メンテナンス性が 良い、  緊急時 に 対応 し易い

を、  重視 して  セット アップ していきます。


mDSC_0727.jpg


今回、 エアバックは  フロント は  大きい  2段式、

リア は、 大きい 3段式 を  使いまして


バルブ は、 ソレノイド式 電磁弁、 

圧力も 標準 な 圧で 組んでいくので


mDSC_0728.jpg


配管 は、 スタンダート な  ナイロン チューブ

フィッティング も、 プッシュイン タイプ を  使います。


エアタンク も、 高圧 だと  強度面 から

スチール製 でないと  いけませんが


mDSC_0729.jpg


スチール タンク は、 圧縮 空気 を  貯めておくので

管理 が  悪いと、 内部 が  湿気 で  錆びまして


エアー ライン に、 錆 が  回って  

故障 の 原因 に  つながります
  

mDSC_0730.jpg


今回  175 PSI 程度で  セット アップ 予定 なので

エアー タンク の  耐圧的 には

アルミ か、 ステンレス製 で  じゅうぶん  でして、


安い アルミ タンク を  探していたら、  高価 な  

MADE IN JAPAN の  ステンレス タンク を  

安く 買えたので、 それを 使用 すること に  しまして


mDSC_0731.jpg


ソレノイド バルブ は、 これまでの 経験上

” JAPAN MADE が  絶対 ” でして


安い 外国製 の  バルブ は  魅力的 ですが、、、、

故障、 作動 不良、 耐久性 を  考えると


日本の  SMC製 が、 造り、 精度 ともに  安心 です


mDSC_0732.jpg


57 NOMAD では、 SMC へ  オーダー して

コンパクト に 収まるよう、  マニフォールド を   製作 しましたが


50 MERC では、 通常 の  バルブ 単品 を

購入 し、  組み立てて いきます

 
mDSC_0733.jpg


12V で  作動 し、  耐圧 や、 使用 する  フィッティング の 

サイズ に  合う タイプ を  用意 しまして


接地 スペース、 作動 方法 に  合わせて  配置 していきます


なるべく、 エアバック の  近く に  接地 するほうが

ソレノイド から、 チューブ の  長さ が  短くなるので 


mDSC_0734.jpg


作動 させる時の、 流量 が  少なくなり、 動きが  クイック に  なりますが

今回は  メンテナンス性 を  重視 するので


1箇所 に  まとめて  接地 しまして、  エアサス系統 の  故障時 や

緊急時 は   路上でも  潜ったりせず、  すぐに  修理 できるように  

配置 するように  作っていきます



[ 2013/07/01 13:02 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)