ホーム > 53 CHEVY BEL-AIR > 53 GRENADE

53 GRENADE



 53 CHEVY

全速 前進中。


エンジン マウント ブラケット位置 を  変更 しようと すると

エンジン を  降ろして、 マウント を  作り直し に  なりますが


DSC_1029a.jpg


エンジン 脱着 の  時間 を  省くため、

載せたまま  加工 していくそうで、、、、、


エンジン 位置 を  レーザー 飛ばして、 計測 しまして

あらためて  センター 出し直して  位置決め しまして


DSC_1040a.jpg


エンジン を  持ち上げて、 マフラー も  外さずに

隙間から、 ブラケット を 切断、、、、、


そして、 位置が 上がるように  ブラケット を  延長 して  

溶接 し直しまして


さすが に  狭い スペース での  加工 を   HELP していた  RYU君 も

「 えっ !?  その 姿勢 で  溶接 するんですか ? 」

と、 心配 していましたが


DSC_1041a.jpg


「 はい、  仕方ないです。   これで  なんとか  やらないと  できません 」

と、 ミラクル な  技 を  見せた   S庭 師範 でして


いったい、 どれほどの  狭い スペース で、  どんな  姿勢 で  

溶接 していたのか は、   皆様 の  御想像 に  お任せします。


きっと、 思い浮かんだのは、  カウパー氏 の  ブリッジ オナニー の  姿 

と  思いますので、、、、、  心から  御悔やみ 申し上げます。。。。。


DSC_1042a.jpg


で、 無事 に  エンジン 位置が  上がりまして

クランク プーリー と、  ギア ボックス の  干渉 が  解決。


MUSTANG Ⅱ フレーム KIT に  付属 してる  マウント を 

説明書 通り の  位置 に  組むと  干渉 する、、、、、

という、 誰が 悪いのか  知りませんが

これを  作ってた 人は、  気付かなかったのか、、、、、

気付いたけど、 どうにも  出来なかったのか、、、、


どちらにせよ、 ひとつ  前進 しまして


$T2eC16J,!)UE9s3wBn,0BQtRtk)W-w~~60_12


続いて、 K下さん が  持ってた  パワーブレーキ KIT の  取り付け へ。


すでに  オリジナル の  シングル マスター シリンダー から

タンデム マスター シリンダー に  交換済 でして

ブレーキ ライン も  引き直して  ありましたが


K下さん が  せっかく  49- 54年 シボレー用 の

パワー ブレーキ化 の  ボルトオン KIT を  持ってるから  使って とのことで

 
DSC_1074a.jpg


こちらを  取り付け していきます。


パワー ブースター が  付くので、 ブースター の  ブラケット と

オリジナル とは  ペダル を  踏んだ時 に  動く

リンク の  方向 が  逆に なるので


変換用 の  ブレーキ ペダル も  付属 していまして

フレーム に 空いてる  穴 を  使って、 簡単 に  

コンバージョン  できるそうです。


DSC_1078a.jpg


それなら、 MOPONA に  間に合うだろう と  スケジュール に

盛り込んで もらいましたら、  


「 まったく、 取り付け位置 も、 形状も   合ってません。    

  しかも、 ミッション メンバー に   ブースター が  当たるので

  取り付ける  スペース が  ありません 」  と、 言われまして     


MOPONA まで  残り 5日を 切ってるので、   

美味しい ご飯 も   のどを  通らなく なってきました。。。。。



VIVA !  S庭 道場 !!!!!




[ 2013/05/24 00:00 ] 53 CHEVY BEL-AIR | トラックバック(-) | コメント(-)