ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood > 50 MERC

50 MERC



 50 MERC

左 テール ランプ下  補修中



歪んでいた、 トランク キャッチ ベース が   

板金 して   取り付け  されたので


DSC_0020n.jpg


その パネル を  基準 にして   

左側 の  クォーター パネル  最終 部分 の

腐り を  修理 していきます。


DSmC_1501.jpg


まずは、 テール ランプ 下 に   腐って 開いた  

穴 の 周辺 の  鉄板 の  状況 を  チェック しまして


テール ランプ 下 の  外板 と、 トランク の  床 が

穴 の  周辺 が  腐ってまして、


DSC_0069sd.jpg


これは、  雨 などが、 トランク の  

ラバー に  沿って 流れますが


ラバー が  傷んでいたり、 ボディ の  

チリ が  合っていなかったり で

トランク 内 に   水 が  入ってきますが、  


DSC_0070sd.jpg


60年前 の  ウェザー ストリップ の  品質 や、 

ボディ の  プレス 技術 では、  


現代 の 車 の ように、  完全 に  水の 浸入を 防ぐのは 

不可能 なので、  水が 入ってしまうのは  

当時 メーカー も  想定 済 


DSC_0071sd.jpg


なので、 中に 入ってしまった   水 が  ” 抜ける  穴 ” が

空いて いるのですが、  ゴミ が  詰まったり、 埋めてしまったりすると   

水 が  抜けずに、   乾燥 できないと、  鉄板が  腐ります。 


50 MERC も、  トランク 後ろ に  水溜り が  出来てたようで


DSC_0072sd.jpg


トランク パネル の  後ろ端 の 床、

そこから  立ち上がる、  外板 が   腐ってまして
 

腐り が  進行 していない  部分 まで   バッサリ

切り取りまして、 新しい 鉄板 に  貼り替えて いきます

 
DSC_0073sd.jpg


腐った 部分 の  鉄板 を  切り取ったら、

1,6mm という、 厚め の  鉄板 を

切り取った 部分 と  同じ 大きさ に  切り出しまして 


仮り で、 溶接 していきまして


DSC_0076sd.jpg


本来、 テール ランプ が  付いている  クォーター パネル と

トランク キャッチ の  付いている、  パネル は、  別体 ですが


マーキュリー では  よく、 ボディ パネル どうしを   つないで  

プレス ライン を  埋めて、 スムース な  BODY に する

カスタム が  多く、 取り入れられてまして

  
DSC_0083sd.jpg


それは それで  カッコいい ので、この 50 MERC でも

是非 やりたいと  思いますが


パテ で  隙間 を  埋めるのではなく、  これまで 通り

トラディショナル な  技法 に ならい、  ” はんだ ” で

埋めていきます

  
DSC_0091sd.jpg


はんだ は、 固まったあとも  柔らかさ と、 粘り が  残るので

パテ のように  割れて こないのが   特徴 ですが


薄くしか  のせられないのと、  処理 が  難しく  

技術が  必要ですが、、、、  


DSC_0085sd.jpg


S庭さん が  元の 形の、 極限まで  鉄板を  修正する

RYU君 が  はんだ 処理  する


の、 完璧 な  流れで  進んでまして

僕は、 いつも通り、  食べて 待ちます。。。。。


DSC_0088sd.jpg


1,6mm という、 厚め の  鉄板 を  切り出しまして

切り取った 部分 と  貼り替えまして


ラウンド 具合、 R形状 を  基準 の  トランク キャッチ パネル に

合わせながら  整形 しまして

最終的 には、 全周 溶接 して、  ビート 処理 を  したら  


DSC_0093sd.jpg


ご覧の 通り、  はんだ も   超 薄くて  済むように

パーフェクト な  板金 で  あがって きまして
 
さようなら、 腐食。 ありがとう、 S庭さん。


この後、  RYU君の  はんだ 処理 を  おかず に

あひるさん と、 ライス 食べたいと  思います


VIVA !  S庭 道場 !!!!!


[ 2013/04/30 10:27 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)