FC2ブログ
ホーム > 65 FORD MUSTANG > 脈拍60

脈拍60

 
 あひるマスタング ようやく エンジン始動しました。

えらい 遠回り して来ました。  289エンジンに 問題なければ 3月には 終わっていたでしょう。

もう 気が付けば 6月。  もうすぐ梅雨入り、 スグに夏です。
暑さに弱く、すぐ汁濁になる あひるさんには キビシイ季節まで 引っ張ってしまいマシタ、、、、、。

mufp_0705_1965_fastback_mustang_1600x1200.jpg

 マスタング、 マズは 仮で エンジンハーネスを 引き直し、 イザ クランキングへ。

いい加減 トラブル続くと、 大したコトでは 驚きません。
なんて、カッコつけて言ってみたものの、 一発目の クランキングだけは 超 緊張。

しかし、 アヒルマスタング レイト302、 心配をよそに 気持ちよく 1発始動でした。

エキマニと、マフラー間に 排気漏れあるも、他には 特に問題も無く 安定し 快調。 一安心デス

TSU-君が 動画撮ってくれてましたが、 アップの仕方解らず 写真も無くて スミマセン。

DSC06913.jpgDSC06912.jpg

 エンジンも 始動し、補記類や 電動ファンなどの 作動も チェック完了。

電動ファンは 水温によって作動させますが、今までの センサーは ラジエーターのコアに 
突き刺す タイプでした。
今回、ウォーターネックに ペインレスの サーミスタ式 水温スイッチを 取り付けし、
そちらで 管理するように 変更。

仮で作った エンジンハーネスを、 キチンと作り直して、 細かいトコの仕上げと 調整中です。


 ハーネス作業も あらかた終わり、 電気系統の チェックへ。

まずは ライト、ターンシグナル、テールランプなど 灯火類の 作動点検。 
続いて、室内の メーター、各ランプ、ブロワーモーターなど。 全部キチンと 作動してます。

DSC06908.jpgDSC06907.jpg

 続いて、ブレーキのマスターシリンダーの 取り外し。

本日、NEWが 届くはずでしたが 来ませんでした、、、、明日には 来るかなと 外しだけ。

オリジナルは シングルマスター、ノンパワーです。 この小さなマスターで
フロント左右、リアと 3系統に分配しています。

 新しいマスターは タンデム。 フロントと リアの 2系統に別かれています。
プロポーションバルブも 付属するタイプをチョイスし、 フロントは左右独立、 リアと 
3系統に 分配し、 圧力バランスも とります。 

現代のクルマでは 当たり前の構造ですが、 45年前のクルマを 安心して いま
乗ろうとしたら やっておきたいトコ。 

DSC06916.jpgDSC06909.jpg39f4_1.jpg

NEWブレーキパイプも 用意してあるので、 マスター付けながら、現車合せで 引き直します。


 ようやく あひるマスタング、 ゴールが 見えてきました。

ほとほと 遠回りしてきましたが、 商売ではない という 特権を 盾に
「意味の解らない PRIDE」 を 貫き通してきたのと、 「妥協を してない」 のが 自慢。

根拠のない、 ナントかなるさ根性も 健在! 残り僅か、 この調子で、 なんとかナルカ?


あー早く NEW WHEEL 履かせたい、、、、、




[ 2009/06/04 05:08 ] 65 FORD MUSTANG | トラックバック(-) | コメント(-)