ホーム > 50 MERCURY * Ox Blood > 50 MERC

50 MERC


 50 MERC


リア フレーム に   マーキング してある

ホイール ベース 位置 を



C フレーム に マーキング した

位置 を  合わせまして


P8070233.jpg


ほう ほう、、、、  いい 感じ です。


と、 思うのは  僕だけで、、、、

おいおい、 オリジナル フレーム に 開いてる

穴 に  かぶってるよ


と、 いう事 に  気付きまして。。。。


P8070238.jpg


アナル とか、  皮 かぶってる  とか

そんなのは、 カウパー氏 だけで  

じゅうぶん でして


穴  見つけると、 すぐ 

「 俺 が  ブッこんで やるよっ!! 」 


P8090257.jpg


と、  いきり立つ  彼 に  見つかる 前に、  

さっさ と  埋め戻します。


穴 に  かぶる 部分 は、   そのまま だと

溶接面 が 少なく、  強度 が  出ないので


P8090258.jpg


シート メタル  から   プラズマ カッター で 

切り出しまして


ぴったり  穴 に  はまるよう

削って  形 を   合わせていきます


P8090259.jpg


C フレーム を  溶接 する際 に

かぶってしまう  穴 を

埋めて いきます。


これで、 しっかり  溶接 できる

部分 が  できました


P8090260.jpg


後ろ  2箇所、

前  2箇所  埋めまして、


C フレーム  被るので

ビート は  削って  平 に  慣らしまして

穴 が  あった のも   解らないほど

きれい に  埋まりました


P8090264.jpg


フレーム には、  前側 から  

穴 が  沢山  空いていますが


ここの 面  全部  レイン 張って

補強 しようと  思いましたが


「 その 必要は、  ありませんね。

  プレス構造 の  オリジナル フレーム は、 

  ひじょうに よく 考えられて  出来てますよ。 」


P8090265.jpg


 「 重くならないように  薄い 素材 でも 

   強度 も  じゅうぶん もたせるため に

   理 に  かなった   形 で  造られてますね。」

   
 「 BOX状 に なっていない、 コの字型 の

   部分だって、 じゅうぶんな  強度が でるような

   形で プレス されてるので、 BOXING や

   補強 も、   必要 ありません。 」


P8100275.jpg


  「 しっかり 4面 BOX に  なってる  構造 が  

    強いと 思うかも 知れないけど、   そうじゃ ないですよ。


    角 が  無いほうが、  力 が かかった時 の 

    逃げ方の    性質上、 全然 強いんです。」
   
 
P8100276.jpg


  「 だから、 フレーム も  今回 みたい に  

    角 だらけに するより  オリジナル の ように  作って 

    角 が ない、  アール を つけた  構造 のほうが

    強いんですよ。 」


P8090256.jpg

  
  「 補強 入れるより、   スウェイバー や、 

    パンハード バー を  組んで、 

    足回り の  構造 を  しっかり させて

    アライメント も  きっちり とるほうが

    大切 ですね。 」


    
 と、 いう事で  今日 も  ” S庭 道場 ”

 たいへん  勉強 させて  頂きました





[ 2012/08/17 00:00 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)