FC2ブログ
ホーム > アーカイブ - 2017年12月

良い お年を



 今年 も  1年、  みんな で   よく 頑張り まして


クルマ作り、  車遊び を  通じて   沢山 の  人たち と

新たな  出会い が  ありましたし


Screenshot_2017-12-03-23-48-09-1.jpg


今年 も    沢山   新しい ことにも   挑戦 しましたし

地道 に  積み重ねる  仕事 も、   きちんと   頑張りまして


今年 も   FIT らしい   1年 を  おくれたと  思います 


1512311996049.jpg


知識、  技術、  意識 も  大きく  進化 することが  できました


今年 も よい 仲間、 友達 に 恵まれて、  

本当 に 良い 1年 に  なりまして


1512488892036.jpg


相変わらず  未熟 で、  世間 知らず の  若輩者 連中 ですが


今年 も   皆様 の  お陰 で   

生き延びる ことが  できました


1512488688772.jpg


来年 も、   よく 働き、    よく 遊び、   よく 笑い  

益々  楽しく なるよう、  頑張ります


今年  一年、    どうも  ありがとう ございました


1512428339039.jpg


来年 も、   皆様 に とって   

良い年 で   ありますように 


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!



[ 2017/12/30 22:29 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1964  IMPALA  CONVERTIBLE



 H野 さん の  1964  IMPALA CONVERTIBLE


アメリカ で  フル レストア された  極上車 に

エアサス の  取り付け を  進めて いまして


564656565656] (2)


続いて、  ACCUAIR の  フロント センサー の 

取り付け に  進みまして


ロワー アーム の  ストローク域 が 解る  治具 を 作り


564656565656] (3)


ストローク を  追従 できる  位置 を  導き出したら


型紙 に 合わせて、  鉄板 を 切り出して

センサー を  フレーム に  取り付ける  ブラケット と、  


20171225_070400.jpg


20171225_070216.jpg


ロワー アーム に  センサー ロッド を

取り付ける  ブラケット を  製作。


センサー の  ブラケット を  フレーム に 溶接。
  


564656565656] (4)


一旦  ロワー アーム を  丸ごと 外して

センサー ロッド の  ブラケット も  溶接 したら


フロント に  組まれている  MUSTANG Ⅱ フレーム が


564656565656] (5)


コイル オーバー 仕様 に  作られて いるので


ショック ウェーブ を 取り付ける 場合、  フレーム との  

隙間 が 足りず、  上下 逆組み すること に なります


564656565656] (6)


作動 や  強度的 に  逆組み しても  影響 は ありませんが


エアホース の  フィッティング が  下側 に  来るので

現在 の  ロワー アーム に  付いている  プレート の 


564656565656] (7)


穴 では  フィッティング の  スペース が  足りません


そこで、  穴 を  広げたいのですが

プレート の  面積 が  足りず


564656565656] (10)


切りっ放し に してしまうと、  強度 が 落ちるので


プレート ろ  同じ 厚み の  鉄板 を 切り出し

穴 を 広げた うえで、 補強 する  プレート を  製作


564656565656] (8)


既存 の プレート に  溶接 して  延長 加工 し


穴 を 広げても  強度 を 保つように 

加工 した  プレート が  組み戻されまして


564656565656] (9)


スウェイバー も   これまで  付いていた

ロワー アーム の  内側 には


エアバック が 近くて、  取り付け できなく なるので


564656565656] (11)


移設 して  ストローク を  追従 出来る 位置 を  検証 し


下側 の  取り付け ブラケット を  製作 して

ロワー アーム の  前側 に  取り付け されました


564656565656] (46)


車高 が 下がるように なると、  アッパー ボール ジョイント と  

スピンドル の  上側 も  干渉 するように なるので、 


スピンドル の  角 を  丸めて  逃がす 加工 も 行いましたら


564656565656] (18)


564656565656] (19)


ACCU AIR の  ライド ハイト センサー の

本組み が  完了 したら


ショック ウェーブ に  組み換えて  スペース が 無くなった


1969-ford-f-100-sway-bar-attatched-lower-control-arm.jpg


スウェイバー の  移設 加工 に  進みます


これまでは  写真 の ように、  ロワー アーム に

スウェイバー が  取り付け されてましたが


564656565656] (23)


ショック ウェーブ に  変更 すると、  


今まで の  コイル オーバー よりも  

直径 が  太くなって、  スウェイバー に 当たります 


564656565656] (22)


検証 した 結果、  スウェイバー 自体 は

今までの モノを  そのまま  流用 し


現在 の  取り付け 位置 から、  


564656565656] (25)


ショック ウェーブ を  避けられる 位置 まで

全体的 に  前 に  移設 することと なりまして


ロワー アーム側 は、  内側 から  前 に ずらして


564656565656] (27)


先ほど、 ブラケット を  溶接 したので


今度 は  前側 の  取り付け 位置 を

前方 に  ズラす  加工 と なりまして


564656565656] (26)


現在、  フレーム が  ボクシング されてて

裏側 に  アクセス 出来ない  構造 なので


フレーム に  鉄板 を  貼って  補強 したのち、  


564656565656] (28)


564656565656] (30)


ナッター を  打ち込み、  マウント ボルト用 の

雌ネジ を  埋め込んで  ありまして


前方 に ずらしたい  寸法 の 分 に 合わせて


564656565656] (31)


564656565656] (32)


フレーム に 溶接 されてる  補強ごと  

切開 して  摘出 したら


前後 を  反転 させて、  溶接 し直しまして


564656565656] (35)


スウェイバー を  組み付けると、  


車高 が 上下 しても  ショック ウェーブ、  

ハイト センサー に  干渉 せず


564656565656] (33)


ステアリング を  切っても、  スピンドル や

タイヤ に  ぶつからない 位置 に


スウェイバー の  移設 加工 が  完了 です


564656565656] (36)


次 は  リア の  エアバック の  ブラケット 製作 と

インストール 作業 に  進みます


VIVA !  S庭 道場 !!! 

     VIVA !   H野 さん !!!!!!!!





[ 2017/12/29 09:00 ] 64 CHEVY IMPALA CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

従業員 募集



 FIT、  従業員 募集 の  お知らせ です


勤務地    埼玉県 南部、  東京 23区内

職務内容   車両、 機械 の  整備 ・ 修理 ・ 検査 等

休 日     日曜、 他  応相談


D.jpg


待 遇    経験・資格 などにより、 優遇

        技術レベル 、勤務状況 などにより、  随時 昇給。


        社会保険  年金、 労働保険、 雇用保険  完備、 

        有休休暇制度、 マイカー通勤 可


Belair-09-e1431969838251.jpg


自動車 整備、  機械 整備、  電気 技師、 溶接、 金属 加工等、   

経験 や、  資格 が ある方は  優遇 しますが
  


資格、  経験 なくても、  やる気 が あるなら  

OK ですので、  遠慮 せずに  連絡 ください


acid-2.jpg


申し込み、  お問い合わせ は、  下記 まで  御連絡 ください

048-933-9703   info@el-classico.com


やりがいの ある 仕事、 よい 職場と  思います。

一緒 に 頑張ってくれる方、  お待ちしております !



[ 2017/12/28 10:33 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

VINTAGE TRAILER



 アメリカ の  SLAMD MAGAZINE誌 の

マイク  アレクサンダー から  譲ってもらった


スラムド  ヴィンテージ  キャンパー トレーラー


1512711599849.jpg


アパ太郎 で  引っ張りまわす ツモリ でしたが  

アパ太郎 は  クルマ だけで、  S原 さん の もとへ


キャンパー トレーラー は、  こちらも  単体 で

A山 さん の ところ へ  嫁ぐこと と なりまして


20171209_120235.jpg


バラバラ には なりましたが、  オーナー それぞれの  

楽しみ方 が  あると 思いますので、  オッケー です
 


A山 さん は、  この  スラムド キャンパー を  

C30  スラムド デューリー で  引っ張るそうで


20171209_120251.jpg


リア を  ゲート化  してあるので、  趣味 の  

サーフィン や  キャンプ、  モトクロス と
  


  
遊び 道具 を  突っ込んで、   息子 さん と  

あちこち  引きずり 回してくれるそうで ナニよりです


20171209_120239.jpg


キャンパー を 取りに  埼玉 に 来る ついでに

FIT の 近くの 人から  個人売買 で 


レース用 の  モトクロス も  買ったので、  

ついでに  取りに いってきたそうで


20171209_121612.jpg


へぇー  って   言いながら   バイク 見たら


うーん、  FIT の  バナー や  ステッカー 

作ってもらってる 友達 の でした。。。。。


いやいや、  世の中  狭いですね、、、、、、 


20171209_121609.jpg


 
A山 さん と  I村 くん が  つながったので   ヨシと しまして


モトクロス  ぶっこんで、  カッコよく  キャンパー  

引きずり 回して くれるのを  期待 しています


VIVA !  S庭 道場 !!  VIVA !  A山 さん



[ 2017/12/27 07:18 ] 68 VINTAGE CAMPER  TRAILER | トラックバック(-) | コメント(-)

1955  CHEVY  210



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


レイク パイプ の  長さ を  170 mm

切り詰める  加工 を  終えまして


54659666 (11)


続いて、  フェンダー スカート を 取り付ける

ブラケット の  加工 に 進みます


フェンダー スカート の  前後 を  固定 する


54659666 (23)


コの字型 の  この クランプ、  定番 パーツ ですが


タイヤ と  フェンダー が  近くて  手 が 入らないし

車高 低くて、  見えないし、 腕 も 届かない、、、、、、


54659666 (22)


狭い、、、、、  見えない、、、、、、  届かない、、、、 の

”  厄介  3拍子 ”  が  揃った、  


死んでほしい パーツ の   代表格 ですので、


54659666 (35)


K上 さん も  メンテナンス の 時など  面倒 で  

困ってると  相談 を  受けまして、


ダイエット するか、  関節 増やすか、  止めないか と


54659666 (34)


丁寧 に  提案 してみましたが、  無視 の あと 

S庭 師範 に  相談 し直して まして、、、、、


1948 サバーバン の  スカート 加工 の 際 に


54659666 (24)


54659666 (25)


裏側 で  死んでくれ 代表 パーツ の

コの字型 の  クランプ で 止めるのではなく


下側 に  固定 ブラケット を  製作 し


54659666 (27)


54659666 (28)


蝶 ナット で   固定 する  構造 に  作ったので、 


車高 が 低くても、  すぐ 触れる ところに 移設 したので、  

寝転んで、  手を  突っ込まなくて  良くなりましたし


54659666 (29)


54659666 (30)


タイヤ や  泥汚れ で、  服 や  手 が

汚れる ことも  無くなりまして


蝶ナット は  手 で 締められるので


54659666 (26)


工具 も  使わず、  汚れず、  時間 も 掛からず で

わずらわしい  作業 とも  おさらば に なったので
 


K上 さん の  55 CHEVY も、  同じような  


54659666 (31)


取り付け 方法 に  改造 してほしい とのことで


55 CHEVY の  ボディ や  スカート の 形状、  

外から  見えづらい 位置 や  形状 を  検証 し 


54659666 (32)


54659666 (33)


原寸 合わせ で  前後 の  ブラケット を  製作。


スカート や  ボディ に  溶接 すると

塗装 が  痛んで しまうので


54659666 (38)


54659666 (37)


溶接 で  取り付ける 構造 ではなく


なるべく  既存 の ボルト や  穴 を  利用 し

塗装 を 傷めることなく、  取り付け できるように  製作  


54659666 (36)


54659666 (39)


55 CHEVY 用 の  ブラケット も  完成 し


簡単、  早い、  清潔、  低コスト で

S庭印 スカート、  最高 です


54659666 (40)


続いて、  昨年 に  製作 した  マフラー の 中 から  

”  カラ カラ ”  と   音 が すると いうので


「  もし もーし !? 」   と  問いかけて みましたら

  

54659666 (41)


返事 が ないので、  「  大丈夫 だと 思います。。。。。 」


と、  伝えましたら、  僕 を  無視 の あと 

再び  S庭 師範 に  相談 し直して まして、、、、


54659666 (44)


チェリー ボム マフラー の  内部 で

グラス パック の  ナニかが


溶接 が 剥がれて  脱落 してるようで


54659666 (43)


前後 パイプ を  切って、  中 を 覗いても

縦 に して  振ってみても  


音 の  原因 は  出てこないので

 

54659666 (45)


ナニが  起こってるのか、  把握 できません でしたが


いつまでも  追ってても  仕方 ないので

マフラー 丸ごと、  交換 と しまして


54659666 (46)


前後 の パイプ に  フランジ を 付けて、  

ジョイント 式 に   作って あるので


パイプ は  再利用 して、  タイコ だけ  交換。

 

54659666 (47)


無事、  カラ カラ 音 も   解消 されて ナニよりです  


続いて、  ホーン リング の  反応 が 悪い との事で

別 に  トグル スイッチ 付けるか、   


54659666 (53)


チェーンステ に 変えるかと、  丁寧 に  提案 してみましたが、  


やっぱり  僕 を  無視 した あと 

S庭 師範 に  相談 し直して まして、、、、、


54659666 (48)


54659666 (49)


ステアリング を  塗った 際 に、 ホーン の

アース 部分 にも  塗料 が 乗ってしまってるのと


ホーン コンタクト の  絶縁 カラー が なくて


54659666 (51)


54659666 (52)


ホーン リング の 裏 で  バチ バチ と  

ショート してた  跡 の ようなのも  あったので


絶縁 カラー を  簡易的 に  製作 し、  取り付け


Screenshot_2017-12-26-05-47-03-1.jpg


ホーン の  反応 も   ビン ビン に なりまして

今回 の 作業 が   一通り  完了 です。


その後 は、  K上 さん 得意 の  パトロール に


Screenshot_2017-12-26-05-46-39-1.jpg


Screenshot_2017-12-26-05-46-47-1.jpg


あちこち  出掛けてるようで   ナニより です


55 CHEVY、  次 は  どんな 進化、  

カスタム するのか、  楽しみです


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  VIVA! K上 さん!!!!!!! 




[ 2017/12/26 06:54 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)

MERRY X’MAS



 昨日 は、  朝 まで  H野 さん の  64 CONV の

エアサス セット アップ を  進めまして


龍君 が  メッチャ  波 いいから、 海 行こうよ と 言うので  


20171224_113130.jpg


寝ずに  海 行ったら、  波 イマイチ で   超 寒い。。。。。。  


今シーズン の  海 は、  もう  乗り収め にして

来週 から  群馬 に  スノボ だね なんて  話 してたら


20171224_113142.jpg


うーん、  逆 に  群馬 から  波乗り に 来てる 人 が、、、、、、


オーナー の  Tお くん、  この日 は  NEW ボード が  

出来あがったと  嬉しそうに  波乗り してまして  


  
20171224_090845.jpg


群馬 から   PATINA  VW タイプⅡ で、  


ボード と  犬 と、  「  隙間風 で  超 寒いよ 」  と   

ストーブ 焚きながら  爆走 してきてまして


20171224_111100.jpg


20171224_090820.jpg


寒い。。。。。 と  2時間 で  海 から  上がってる

フヌケ どもで、  どうも  すみません。。。。


海 に 入ってる 間、  車内 で  犬 が 寝てるので


20171224_090941.jpg


「  寒くて  死なないように 」  と  ストーブ  焚いたまま に  してまして、  

一酸化 中毒 に ならないの !?  って、  心配 してたら


クルマ の 隙間 が  あちこち   スゴイから、  


20171224_091116.jpg


大きい 隙間 には   テープ 貼ったりして  調整 すれば


いい 具合 に  換気 されて ちょうど  

適温 に なるんだそうで、  ナニより です、、、、、、、


20171224_114954.jpg


ヒロくん の  エコノライン は、  クラッチ を  OH するとか


スピード メーター が  動かない とか、  ランプ が  

点かなく なったとか、  シート  貼り直したい とか 


20171224_115003.jpg
 


20171224_115000.jpg


色々  やりたいこと  あるみたいですが


それよりも、  ヒーター が 効かない から

まずは  寒くて  乗れない みたいなので


20171224_115326.jpg


20171224_113400.jpg


まずは  ストーブ を 積んで、 隙間風 の 

黄金比 を 導き出す ところから ですね。。。。


ONE WORLD には、  TJ BRAND  と  MOSS の

パウダー ボード が  入荷 してまして 


GHM,T,,U (4)


GHM,T,,U


僕 も 今年 は  TJ の  パウダー ボード を  GET して

今、 龍君 に  チューニング してもらってるので  楽しみ。


僕らも、  いよいよ  今週 から   冬山  シーズン イン


GHM,T,,U (5)


クルマ 遊び に、  バイク に、  波乗り、  スノーボード を  はじめ


BMX やら、  自転車 に  釣り と、  他 にも   みなさま  

趣味 が 沢山 あるようで、  忙しく 楽しんでまして  ナニより です。


GHM,T,,U (3)
  


クリスマス で  パーティー やら、  大掃除  しないと だったり、  

年賀状 も  書かないとで、 ナニかと  時間 が 足りない 年末 ですが


やることは   ちゃんと やって、  遊びますので  ご心配 なく 


20171224_121910.jpg


新しい  サングラス、  楽しみ。   バック カントリー も  楽しみ

来週  アメリカ から  到着 する  クルマ も  楽しみ。


うーん、、、、、、、  やっぱり、  時間 が  足りない。。。。。。。。


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!



[ 2017/12/25 11:48 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1951  MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


デソート グリル の  取り付け と、  バンパー の

ブラケット 製作 を   終えまして


IMG_04gjdktyk27 (4)


純正 オーバー ライダー の  セクショニング &

バレット化 加工 に、  ウインカー 埋め込み の


カスタム 加工 も  終わり、  メッキ 加工 へ


IMG_sdafgqae0396 (13)


ghrghgjetyj (20)


先日、  クローム 処理 から  戻ってきまして


日本 トップクォリティー の  メッキ屋 だけあって、  

S庭 師範 も、  完璧 な 仕上がり と  ご満悦


465656565656 (4)


465656565656 (5)


組み付け が  始まり、  オーバー ライダー の

バレット 先端  に  埋め込む  ウインカー は、  


普段 は  クローム、  光ると  アンバー の バルブ を  使用


465656565656 (6)


ウインカー が  クリア レンズ  で

透明 の  ガラス なので


クローム バルブ なら  色 が 馴染みます


465656565656 (7)


ウインカー を  仕込んだら、  バンパー に

組み付け しまして


オーバー ライダー は、  バンパー を  外さずに


465656565656 (8)


後から  簡単 に  脱着 できるように  作って おいたので


取り付け も、  ウインカー の 球 が 切れて

交換 するのも、  簡単 に  作業 できます


 
465656565656 (12)


裏側 から  ウインカー の 配線 を  接続。


裏側 を 見てみると、  重さ の ある  デソート グリル は

走行中 に  揺れて、 破損 したり  音 が 出ないよう


465656565656 (11)


防振 ゴム を  介して  対策 しながら、  


強度 の ある  バンパー ブラケット で  

しっかり  支えられて いるのが  見てとれます


465656565656 (9)


465656565656 (10)


ウインカー の  埋め込み も、  さりげなく 収まりまして


点灯 させると、  こんな 感じ で  アンバー に  

光るので、  認識 しやすいかと  思います


465656565656 (15)


465656565656 (16)


バンパー ガード の 加工、  取り付け も  終わり


いよいよ、  納車 も  近づいて きたのに 合わせて

M本 さん の 管轄、   岡山 ナンバー も  付きまして


465656565656 (13)


次 は  ハブキャップ の  加工 と、  マスター シリンダー を

WILWOOD製 への  交換 し、 アライメント 調整 に  進みます


VIVA !  S庭 道場、  VIVA !  M本 さん !!!!!!




[ 2017/12/24 04:21 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1964 IMPALA CONV



 H野 さん の  1964  IMPALA CONVERTIBLE


アメリカ で  フル レストア された  極上車 に

エアサス の  取り付け が  始まりまして


5626565598_9 (2)


ボディ は  ブラック で、  歪み なしの  ストレート。


ブラック で 塗ると、  少し の 歪み や  ヨレ も

浮き出て  余計 に  目立って しまうので、    


5626565598_9 (3)


本当 に  面出し の うまい 人 でないと

ここまで  ストレート に  仕上がらないので、  


相当  うまい 人が  仕上げてる クルマ の ようです


5626565598_9 (13)


IMPALA では  珍しく、  フロント の 足回り が

MUSTANG Ⅱ に  なってまして  


サスペンション も  前後 ノー ハイドロ の  コイル オーバー。  


5626565598_9 (12)


ブレーキ も  ペダル タッチ も よく、  効き も 抜群 なので


見た目 は  オリジナルっぽく   レストア されて いながら

しっかり  乗れる  クルマ に  作られてまして


dcvefvf.jpg


細部 の 仕上げ や、  作り も  かなり  丁寧 なので

ちゃんとした  人 が  作った  車 と 解ります


今回、  前後  コイル オーバー の サスペンション を


5626565598_9 (14)


フロント に  RIDE TECH製 の  ショック 内蔵型 の  

エアバック   “  SHOCK WAVE ”  に、


リア は  FIRE STONE 製 の  エアバック を 使い、


5626565598_9 (15)


エアー マネジメント は、  いつも 通り  ACCUAIR で  

セット アップ を  進めて いきます


フロント の  ショック ウェーブ を  仮組み すると


5626565598_9 (16)


FATMAN の  フレーム に  エアバック が  当たりまして


元々  コイル オーバー用 の  STUB なので

コイル オーバー よりも  直径 が  太くなると  


5626565598_9 (19)


5626565598_9 (18)


ロワー アーム の  動き に よって、  エアバック が

フレーム に  干渉 するように なります


FATMAN に  限らず、  エアバック を  組むと

フレーム に  当たるのは   いつもの 事で、、、、


5626565598_9 (17)

  

このまま 組んでしまうと、  ゴム の  エアバック は

フレーム に 擦れて、  削れてしまい  


あっと いう間 に   パンク して  走れなく なるので


  
5626565598_9 (21)


フレーム を  エアバック から   逃がす 加工 を  しまして


ショック ウェーブ に  変更 すると、  コイル オーバー より 

直径 が  太くなるので、  もう 1点  干渉 するように なるのが  


5626565598_9 (20)


フロント の  スウェイバー でして、  


こちらも  エアバック から  離しても、 

サスペンション の  ストローク を  


5626565598_9 (35)


きちんと   追従 できる 位置 を  検証 し

スウェイバー の 位置 を  リロケート します


位置 出し は  終わったので、  ステンレス製 の  


20171223_065532_LLS.jpg


ロワー アーム に 合わせて、  ステンレス の

厚板 を  切り出して、  タブ を  作りまして 


後ほど、  取り付け していきます


20171223_065525_LLS.jpg


リア サスペンション は、  オリジナル の  バナナ バー、

ラテラル ロッド の  3 リンク 構造 だと


エアサス を  組んで  車高 が  下がると


5626565598_9 (27)


デフ が  横ズレ してしまい、  デフ が  進行 方向 に

真っすぐ ではなく、  斜めに なってしまうので


直進 安定性 が  著しく  低下 するのと


5626565598_9 (28)


デフ が  横 に  ずれるので、  リア タイヤ が  

フェンダー スカート に  当たるように なるので


車高 が 下がっても、  横ずれ しないよう、 


5626565598_9 (29)


3 リンク 構造 を  やめて、  アッパー アーム を

58  IMPALA と  同じ  構造 に  変更 しまして


底突き 近くまで  車高 が  下がるように なるので


5626565598_9 (24)


バンプ ストップ も  追加 し、  ホーシング を  保護。


リア の  3 リンク を  変更 して、  ライド ハイト で

デフ の  角度 が  良い 状態 に なるよう


  
5626565598_9 (32)


アッパー アーム の  ハイムス ジョイント で  調整 したら


それに 合わせた  形状 に、  ロワー アーム に  取り付ける、

エアバック の  ブラケット を  作りまして


5626565598_9 (31)


ロワー アーム の  裏側 に  貼ってある

補強 プレート に  サービス ホール を  作り


ブラケット を  取り付けできるよう、  処理 しまして


5626565598_9 (30)


次 は  ACCU AIR の  エアサス ユニット を

トランク に  取り付ける  マウント 製作 に  進みます


VIVA !  S庭 道場 !!! 

     VIVA !   H野 さん !!!!!!!!




[ 2017/12/23 10:44 ] 64 CHEVY IMPALA CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1955  CHEVY  210



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


HRCS に  出展 を  終えたので、  クルマ を  

預かって、  少し リメイク 作業 を することに。


Screenshot_2017-12-21-03-27-14-1.jpg


昨年、  レイク パイプ を 取り付ける とき

長さ を  K上 さん の 好み に 合わせ


延長 する 加工 を 施して、  取り付けましたが


54659666 (2)


今年、  リア フレーム に  さらに  車高 が 

下がるように  追加 加工 したので


車高 が 低くなった 分、  高く 上がらなく なったので


54659666 (3)  


駐車場 に  入る 際 など、   大きな  段差 を  

乗り越える 時 などに、  レイク パイプ の  


一番 後ろ が  擦る 時が あるのと


54659666 (1)


フェンダー スカート を  固定 している  クリップ を  外すのに


手 を  入れる  スペース が  なくなって、

作業 が  タイヘン との ことで


20171212_174756.jpg


K上 さん の  理想 の 位置 に  合わせて

レイクパイプ を  切り詰める ことに。


K上 さん の  理想 の 位置 を  聞いたら


54659666 (4)


レイク パイプ を  取り外して


前側 の  中 へ 入っていく 部分で  

170 mm、  切り詰めまして


54659666 (5)


皆さま、  あれ !?  切り詰めるなら


パイプ が  真っ直ぐ の  部分 どうし で   

スパッ と  切り詰めた 方が  楽じゃないの !?


54659666 (6)


と、  思われるかも  しれません


もちろん、  作業的 には  まっすぐ の とこで

切り詰めて  突き合わせるほうが  楽なのですが


54659666 (9)


溶接 して  繋ぎ合わせた 部分 を  仕上げると、  


溶接 や、  バフ作業 で  生まれる  熱 で

微妙 な 歪み が 出てしまい、  


54659666 (10)


パッと見 では 解らないかも しれませんが、  よく  目を 凝らすと、  


まっすぐ に なっていけないと  いけない 部分 に

波打ったり、  ヨレて  見えるように  なってしまいます


54659666 (11)


そこで、  カーブ する 部分 で  切断 して

つなぎ合わせるように すると


カーブ してる 部分 は、  真っ直ぐ の 部分 より


54659666 (12)


パイプ 自体 が  固くて、  強度 が あるので


溶接 や  バフ 作業 で   熱 が  入っても

真っ直ぐ の 部分 より、  ひずみ が  出づらく


54659666 (13)


バフ を 掛けて、  綺麗 に 仕上げても

元々  カーブ している 形状 から


歪み が 見えづらい という  特性 が あるので


54659666 (14)


綺麗 に 仕上げる  パイプ の  繋ぎ合わせ は、

ベンド 部分 で 行う  というのが  基本


パイプ に 限らず、  板 や 角材 でも  同様 ですね
   


20171212_174750.jpg


K上 さん の  レイク パイプ は、  ベンド 部分 で

一旦  切断 したら、  前後 位置 を  仮決め して


中 に 入り込む 部分 の  角度 を  合わせたら


54659666 (15)


54659666 (16)


本溶接 し、  溶接跡 を  綺麗 に  処理 し

まずは  荒削り から  始まり


中研ぎ、  仕上げ と  進めて いきまして


20171212_174748.jpg


パイプ の 長さ を  切り詰めた 分


取り付け ブラケット の  位置 も 合わなくなるので

元 の ブラケット を  切り取って


54659666 (7)


54659666 (8)


新しい 位置 に  ブラケット を  製作。


ブラケット を 溶接 した 部分 も

綺麗 に  磨いて  仕上げまして


54659666 (17)


レイク パイプ の  切り詰め と  

ブラケット 位置 の  変更、


ポリッシュ 作業 が  完了 です


54659666 (18)


54659666 (19)


加工 を  終えた  レイク パイプ を

クルマ に  取り付けまして


綺麗 に 仕上がって、  ナニより です


54659666 (20)


54659666 (21)


次 は  フェンダー スカート の  脱着 を 


今 の クリップ 構造 よりも、  簡単 に 出来る  

ブラケット の 製作 に  進みます


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  VIVA! K上 さん!!!!!!! 






[ 2017/12/21 07:19 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)

1963   C-10  ” SPIKEY ”



 Y室 さん の  1963  C-10  “  SPIKEY ”


こちらも  BLOG が  全然  追いついて ませんで

既 に  全て の  作業 を  終えて、  


20171129_022131_LLS4 (39)


HRCS まで  1週間 を  残して、  全て の 作業 を 終え

あとは  ショー に  展示 するのみ。  


早く 終われて 良かったです。。。。。  と、  思った 矢先

また アイツ が  やってくれまして、、、、、、、


20171129_022131_LLS4 (47)


そう、、、、  まいど どうも  の   漏れ田 くん でして。。。。。。。。


SPIKEY の  試乗 から   戻ってきて

バック で  ガレージ に  入れようと したら


20171129_022131_LLS4 (46)


バンパー の  左後ろ を   車庫 の  基礎 に  ぶつけまして、、、、、

基礎 が 押されて、  車庫 の 柱 が  曲がりまして


相変わらず  戦力外  どころか、  やること なすこと  マイナス でして、、、、


20171129_022131_LLS4 (45)


SPIKEY は、  バンパー が  ちょこっと  潰れまして、、、、

でも、  ごつい  バンパー で  良かったです。。。。  


ナニ やってんのー !  と、   車庫 を 建てた  

龍くん が  キャンパー の  作業 に 来てて


20171129_022131_LLS4 (42)


ちょうど  目撃 されて、  怒られまして、、、、、


「  猿 も 木 から  落ちる 」  ですね と  言ったら

お前 は  いつも  落ちる と  怒られまして、、、、、


20171129_022131_LLS4 (41)


おっしゃる 通り で  ナニより です。。。。。。。


猿 の  反省 ポーズ で  うなだれてたら

 
この日は、  山 仲間 の  Mっちゃん が、  


 
20171129_022131_LLS4 (48)


谷川岳 で  天然水 を  汲んできたから と、  みんなに 

美味しい  コーヒー を  入れに 来てくれてたので


反省 も そこそこに、  コーヒー に  舌鼓  打っていましたら


20171129_022131_LLS4 (49)


Mっちゃん が   SPIKEY に  興味 深々 の ようで、   


車高 や  塗装、  キャンパー シェル など  雰囲気 抜群 の  

SPIKEY は   どこに 行っても  人気者 なので


20171129_022131_LLS4 (53)


初めて 見た人 は   みんな 大喜び ですよね


「  かっこいいなー   でかいし、  フェンダー も  すげー

 ワイド で  迫力 あるね 」  と、  えらく 感心 してまして 


20171129_022131_LLS4 (50)


そうなんです、   カッコいいんです、  SPIKEY。


んっ !?   SPIKEY は   FLEET SIDE  ベット なので

そんなに 言うほど、  ワイド フェンダー でも ないですけどね、、、、、、  


20171129_022131_LLS4 (51)


おおげさ ですねー、  Mっちゃん は、、、、、、 って、  

Mっちゃん  が  感心 してる  リア フェンダー を 見たら


キャー !!   暗くて  気付きませんでしたが、、、、、

フェンダー が  べろべろ に なってるじゃ  ありませんか !?


20171129_022131_LLS4 (54)


まるで  ブリスター フェンダー の ように  膨らんでしまい

超 ワイド ボディー に  なってまして、、、、、


反対側 と  比べると、   うーん、  超 やばいっす。。。。。。。。


20171129_022131_LLS4 (44)


ロッドショー の 搬入日 まで、  あと  5日 という  月曜日 に

まさか の  事故 で、   緊急 事態  発生。。。。。


悲鳴 を  聞きつけた、  S庭 師範 も  やって来て


20171129_022131_LLS4 (43)


「  ショー 前 に  ナニ やってんですか !?

  うわー、  これは  酷い。。。。。  ヤバいな、、、、 」


と、  さすが の  S庭 師範 も  絶句、、、、、、、
  


20171129_022131_LLS4 (1)


急遽、  翌日 から  S庭 師範 の  鈑金 が 始まりまして


見た目 が  PATINA なので、  ラット な 外観 に あやかって

修理 も  さささー っと   いけちゃうかと 思いますが


20171129_022131_LLS4 (3)


錆 や  くすんだ  塗装 の  質感 を  崩すことなく  


パテ も  使えず、 塗装 も できないのに  加え、 

鉄板 の  延びてしまってて、  実際 は  超 難儀 でして、、、、、


20171129_022131_LLS4 (4)


やれた  塗装 が 痛まないように、  打痕 も 残らない様に

ひたすら  ハンマリング で  鈑金 あるのみ、、、、、


伸びた  鉄板 も、  ハンマリング で  絞って 直していき

ハンマー と  当て石 だけで  修理 するという、


20171129_022131_LLS4 (5)


S庭 マジック で   無事  ブリスター フェンダー から  復帰。  


べろべろ に なってたとは、 言われても  全く 解らないどころか、  

元以上 に  綺麗 に なってるので、  


「  Y室 さん には  ぶつけたのは  黙っとこ 」  と  言ってる  


20171129_022131_LLS4 (2)


 
漏れ田 くん の  歪んだ  根性 も、   S庭 師範 の  

愛 の  ハンマリング で  叩き直してもらいまして、  


ショー にも  影響 でなくて  良かったです。。。。


  
VIVA !   S庭 道場  &  Y室 さん !!!!!!!





[ 2017/12/20 06:39 ] 63 CHEVY C-10  * SPIKEY * | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  APACHE



 1959 アパッチ、   アパ太郎


BLOG の  更新 が 追いついて いないので

既 に  完成 し、  HRCS に  出展済 ですが


20171126_11011433 (5)


まだ 書ききれて いない 部分 を  

更新 していきたいと 思います


S庭印 の  カスタム フレーム に 


20171126_11011433 (9)


キャンパー を  牽引 できるよう

ヒッチ メンバー を 製作 し 


スラムド トレーラー を  ドッキング
  


20171126_11011433 (28)


これが  ずっと  やりたかった、  スタイル。


ヤバい、  超 かっこいい と  惚れ惚れ しながら

これで  キャンプ 行って、  BBQ して  


20171126_11011433 (29)


青カン して、 と  妄想 するのも  束の間


ガレージ の 表 では、  48 SUBURBAN の

納車 準備 や、  63 SPIKEY の  作業中 


20171126_11011433 (30)


HRCS に  出展 を  終えた  アパ太郎 も


オーナー の  S原 さん の もとへ

輸送 アレンジ と  なりまして


11248 (8)


室内 や、  エンジン カバー の  塗装 に

傷 が 付いたとき用 に  タッチアップ ペン や


オーナーズ マニュアル の 製作 も  進めまして


11248 (9)


HRCS 前 の  火曜 に、 48 SUBURBUN が  Hら さん の もとへ


HRCS 前日 に  63 SPIKEY を  Y室 さん に、  

HRCS 後 の  金曜 に  アパ太郎 が  S原 さん に


20171126_034349.jpg


アパ太郎 を  送り出す  翌日 には  

ヴィンテージ キャンパー が  A山 さん に


その 翌週 には、  51 MERCURY も  M本 さん の もとへ


20171126_034514.jpg


と、  納車 が 続くので、  それぞれ の  

納車 準備 や  マニュアル 作り も  進めまして


クルマ の  取扱い や  操作 方法、  


20171126_034544.jpg


メンテナンス の 仕方 や、  ナニか  トラブル が

起きた 時にも、   仕組み や  構造 が 解るように


加工時 の 資料 や、  使用 した  パーツ の 資料、


20171126_034629.jpg


20171126_034636.jpg


配線図 や  エアコン、  エアサス の  回路図 など

細かく  記載 して  ファイル しておきまして


自分 で  メンテ したり、  ナニか  追加 したり


20171126_034642.jpg


11248 (7)


カスタム する時 にも  役立ち ますし


マニュアル を 見ても   解らないときは

まったく  同じ マニュアル を  2冊 作って


11248 (6)

  
11248 (5)


1冊 を  オーナー に、  もう 1冊 は

FIT で 保管 しているので


電話 を もらえれば、  同じ マニュアル を 見ながら


11248 (4)


11248 (3)


「  ここの ページ を  開いて もらうと、  


  こうなって、  こういう 造りに なってるので

  そこを  こうしてみて ください  」  


11248 (2)


11248 (1)


と、  解り易く  説明 できるように してまして


それでも  自分 で 手に 負えない 内容 の 時 は、  

近く の  クルマ屋 さん に  持ち込んで もらえれば 


20171126_034952.jpg


20171126_035028.jpg


「  こんな クルマ、  仕組み が  解らないから  診れないよ 」

と  普通 なら  言われて しまうかも しれませんが


この  オーナーズ マニュアル が あれば、  作った 人 でなくても    


20171126_035050.jpg


メカニック の 人なら   理解 できるように

資料 を  ファイル  してあるので、


スムーズ に  修理 が  出来るように なります


20171126_035100.jpg


マニュアル は  クルマ や、  カスタム の 内容 に よって

資料 の 量 も  変わってきますが


アパ太郎 の ような、  フル オリジナル から


20171126_035134.jpg


フル カスタム した  車両 は、  ファイル の 厚み も

カスタム の 内容 なり に  厚く なりまして、、、、


マニュアル を 作るだけでも、  数日 を  要しますが

これは 重要 な モノなので、 仕方 ないですね 。。。。。
  


20171208_120834.jpg


マニュアル 作り を  終えたら、  アパ太郎 は

船 に 載せて  輸送 するので


輸送 業者 さん が  移動 させる 時 に


20171208_120812_LLS.jpg


20171208_120846.jpg


内装 が  汚れないよう、  養生 して おきまして


助手席 の  足元 に、  オーナーズ アニュアル、

タッチアップ 塗料、  一緒 に 届ける  パーツ を 積んだら


20171208_112444.jpg


20171208_112451.jpg


船 に 積み込みする  運転手 さん や


到着 した  港 で、  船 から 降ろす

運転手 さん に   操作 方法 が 伝わるよう


20171208_112225.jpg


20171208_112230.jpg


スイッチ や  ハンドル 類 の  説明 を 

書いて  貼って おきまして


アパ太郎 の  内装 を  担当 してくれた


20171208_112239.jpg


Mっちゃん に、  オーナー に  一緒 に  渡したいので  

作って ほしい と  お願いしてた  EL-CLASSICO の


エンブレム 型、  レザー クラフト  キーホルダー を  


20171206_205157.jpg


HRCS の 時 に  作ってきて くれたので


アパ太郎 の  内装 と  同じ 仕様 の  キーホルダー を  

キー、 合鍵  と、  それぞれ に  取り付けまして

 

20171206_210101.jpg


レザー キーホルダー は、  数色  作って もらったのと

追加 で  赤、 白 も  今 お願いしてるので  


これからは  オーナー の  要望 の 色 の ものを


20171206_210815_LLS.jpg


納車 の 時 に、 一緒 に 付けて 渡すように したいと 思います


キーホルダー の  準備 も 終えたら  港 に  届けまして

いよいよ、  新しい  オーナー、  S原さん の もとへ  


20171208_112246.jpg


あー、、、、、 超 楽しかったなー、  アパ太郎。。。。。。


みんな で 作って、  色々 な 所 に  乗っていって、  

色々 な 人達 と  出会って  


20171208_130949.jpg


想い出 が  いっぱい の クルマ です  


新しい  オーナー の もとでも、  色々 な 出会い

楽しい  想い出 を  作ってくれたらと 思います


20171208_132158.jpg


VIVA!  S原 さん ! 

   VIVA!  O羽 さん &  Mっちゃん!!!!


      VIVA !   S庭 道場 !!!!!!



[ 2017/12/19 03:22 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)

OG  ZENITH WIRE



 OG  ZENITH  CAMPBELL  CALIFORNIA


今は亡き、  ワイヤー ホイール ブランド

” ZENITH ”  WIRE WHEELS


20141120_083846.jpg


リム、  ハブ、  ノックオフ に  エングレービング を  入れた  

セット を  以前  販売 させて 頂きましたが


水洗い した あとに、   スポーク を   通してる 穴 に


20141120_083900.jpg


薄い 錆 が  出るとのことで   連絡 を もらったので


アメリカ で  この ホイール を  レストア してもらった

ホイール ショップ に  クレーム を  伝えましたら


20170620_031337.jpg


「  ちゃんと  エアー ブロー しないからだよ


  
  ワイヤー ホイール クリーナー で  掃除 して

  エアー ブロー すれば  とれるよ 」   


20170620_030927.jpg


との  回答 が  来まして、、、、、、  流石  アメリカ  

ウェッサイ な 人達 らしい  対応 で ナニより です。。。。。  


もう  彼ら は あてに  しないことに しまして    


20170620_030959.jpg


ステンレス製 の  スポーク や、  ニップル にも

薄い 錆 が  うっすら  付いているので、  


ステンレス の 素材 が  悪い 可能性 が ないか

調べて もらいましたら、  それは 問題 ないそうで


20170801_1611291 (4)


それでは  クローム の 質 が イマイチ なのかと、


いつも  クローム を  お願い している

超 有名  メッキ屋さん に  持ち込みまして


20170801_1611291 (5)


メッキ の  具合 や  質 を  見てもらったら

質 自体 は  問題 ないようですが


ハブ や  リム の  スポーク を 通す 穴 の


20170801_1611291 (6)


中 の 部分 への  クローム の 乗り が  

イマイチ なのだろうと いう  見解 でして


穴 の 中 は、  バフ も  あてられず

どうしても  クローム の 乗り も  悪くなるので


20170801_022901_LLS.jpg


リクローム を 試みたとしても、  その  メッキ屋さん も

穴 の 内側 に  うまく  クローム が のるかは  


やってみないと  解らない とのこと でして


20170803_212852_11LLS (2)


エングレービング も 入っているので、  リクローム する 際

バフ を 掛けると  エングレービング の  彫り が 薄くなったり


  
消えて しまう 可能性 が あり、  リスク が  高く、、、、


20170803_212852_11LLS (4)


バフ 作業 で  研磨材 が  彫り の 溝に  詰まって しまい

作業 も  大変 なので、  これは やりたくないと  言われまして、、、、

 

日本 の 一流 の  メッキ屋 さん が  難しいと 言うものを


20170809_4164117 (1)


アメリカ に  送って、  リクローム を  させても  

ちゃんと  やってくれるか、  不安 が あります。。。。。


淡い  希望 を 抱いて  アメリカ で  リクローム してみて

お客さま に 収めた 後に、  また  同じように  錆 が 出たら、  


20170824_180531.jpg


掛けた  手間 も  時間 も  お金 も  全部  無駄 に なりますし

信用 も  無くなりますので、  リスク 高過ぎますね、、、、、


そんな  アメリカ の 事情 を  メッキ屋 さん に 話したら 


Screenshot_2017-11-29-09-34-39-1.jpg


ホイール を  分解 して、 スポーク を  抜いた  穴 を 見て

クローム の 状態 を  見てみたい と 言われまして


後日  スポーク、  ニップル 分解 して、  持ち込みましたら


Screenshot_2017-11-29-09-34-45-1.jpg


やはり  穴の 中の  クローム の 乗り が 悪いとの ことで


嫌がる  メッキ屋さん を  拝み倒して、  ハブ と  リム を  

1個 づつ 預けて、  うまく  リクローム できるか  


挑戦 して もらえる ことに  なりまして


Screenshot_2017-11-29-09-34-47-1.jpg


ナンとか  エングレービング にも  影響 を ださずに

うまく  リクローム できた とのことで   良かったです


残り の  3本 も  分解 して  持ち込みまして  

日本 の トップ クォリティー で  クローム やり直し が 完了


Screenshot_2017-11-29-09-34-53-1.jpg


日本 で  リクローム を 終えた   リム と ハブ を   


アメリカ の  レストア ショップ に 送り、  新品 の  

ステンレス スポーク &  ニップル で  組み直しまして


無事、  修理 完了。   うまく いって、  良かった~。。。。。



[ 2017/12/18 02:25 ] ZENITH WIRE  WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)

CAMPING TRAILER



 アメリカ の  SLAMD MAGAZINE誌 の

マイク  アレクサンダー から  譲ってもらった


スラムド  ヴィンテージ  キャンパー トレーラー


20171123_060311_LLS.jpg


フロント フレーム も  スラムド に 合わせて

Z - ING  して ありまして


着地 させるには、  色々 タイヘンね と 思ってたら


20171126_11011433 (10)


  
ヒッチ メンバー 部分 の  ジャッキ こそ 

生きてますが、 キャスター が  壊れてたので  


再生 することに  なりまして


20171126_11011433 (11)


今 の  ジャッキ の  先端 には

キャスター を  付けると


高さ が 出て、  着地 出来なく なるので


20171126_11011433 (13)


ジャッキ を  取り付ける  フレーム 部分 も

チャネリング すること に なりまして


シマ板 と  鉄パイプ を  切り出して


20171126_11011433 (15)


真ん中 に   ジャッキ を  通す 穴 を 開け

溶接 して  組み立てて いきまして


PATINA スタイル に  雰囲気 を  合わせるため


20171126_11011433 (16)


フロント フレーム は  やれた  感じ を 出したいので


ビート や、  溶接 の 熱 で  焼けた 感じ を

溶接 は  TIG ではなく、  アーク 溶接 で  演出。


20171126_11011433 (17)


キャスター も  綺麗 な ままだと  合わないので

わざと  汚して、  エイジング 加工。


チャネリング フレーム も  溶接 されまして


20171126_11011433 (18)


周り の フレーム のように、  錆びて  馴染むよう

あえて  錆び止め を  塗らずに おきまして


ゾンビー 感  たっぷり で、  いい 感じ です。


20171126_11011433 (19)


チャネリング した  フレーム の  後ろ側 には

エアサス を  作動 させる  動力源 として


バッテリー を  搭載 すること に なるので

  

20171126_11011433 (20)


L型 の  アングル材 を  切り出して

フレーム に 溶接 して、  


バッテリー を  載せる  ガイド を 作りまして


20171126_11011433 (21)


続いて、  ゾンビー感 に  合わせる 為


鉄筋棒 を  切り出して、  両端 に  

ナット を  溶接 し、  ”  押さえ ”  を  製作


20171126_11011433 (22)


もう  2本、  鉄筋棒 を  切り出して、  ネジ山 を 作り

ナット で  固定 できるように  しまして


バッテリー の  押さえ が  完成 したら


20171126_11011433 (23)


アパ太郎 の  ベッド フロア を  チャネリング したとき

不要 に なって、  摘出 した    背板 の


リブ が 入っている 部分 を  切り出して


20171126_11011433 (24)


20171126_11011433 (25)


バッテリー の  カバー を  製作 しまして


エアサス の  スイッチ を  設置 し、

フロント フレーム 部分 が  完成


fgasrgeag (22)


内装 を  龍君 が  進めて いる間


ドア サッシ  の  建て付け が 悪くて

開け閉め が  スムーズ でないとの ことで、  


fgasrgeag (21)


そちら の 修理 も  進めて いきます


ドア を 外して、  サッシ の  歪み を 直して  

取り付け し直しまして  


fgasrgeag (23)


fgasrgeag (24)


ドア の  下側 も、  歪んだ  サッシ に

ドア が 当たって  壊れてた ようで  


枠 が 壊れ、  木 が  ベロベロ に なってるので、


fgasrgeag (12)


ドア と  枠 を  直して、   ドア の 修理 も  完了

開閉 も  とても  スムーズ に なりました


龍君 が  内装 の  仕上げ を  進めて まして


20171201_052722.jpg


壁材 を  貼ったり、  窓枠 の  モール を  作ったり

幅木 の  取り付け も  進めて まして


エアサス ユニット の  メンテナンス 時 は、  


1512711613851.jpg


階段 横 の  スペース が、  開閉 できる 構造 に したり


エアバック の 交換時 は  タイヤ ハウス の

側面 が  開いて、  アクセス できるように したり


1512711711622.jpg


テール や  ウインカー の、  配線 に 

簡単 に  アクセス できる  


サービス ホール を  設置 したり と


1512711708245.jpg


見た目 も  大切 ですが、  リアル に  使ってれば

必ず  メンテナンス も  必要 に なるので


そこまで  見据えて  作って もらいまして  


1512711725850.jpg


リア ゲート の  裏側 まで  

綺麗 に  仕上げて もらいました


壁 は  薄い ベニヤ板 を  切り出して 
  


1512711616142.jpg


角 を  落としたら、  1枚 づつ  色 を  塗りまして


貼ってから  塗るより、  1枚づつ  塗ったのを

バラ バラ に  貼っていくほうが  


1512711590984.jpg


色味 が  ばらけて、  ムラ が 出るので


より、  古っぽい 雰囲気 が  

演出 されるんだ そうです


1512711599849.jpg


床材 は、  同じ サイズ で  規則 正しく  貼ると   

フローリング のように なってしまうので


こちらも  あえて  バラバラ に して  貼ってくことで


1512711623612.jpg


自然 な  感じ に 仕上がるんだ そうです


HRCS まで  時間 が  無かったので

龍君、  Yたか くん、  Oたき くん


1512711579968.jpg


他、  沢山 の 人達 が   連日  連夜

作業 を  進めて くれまして


無事、  トレーラー も  完成 と  なりまして


1512711588952.jpg


今回 も   皆様 の  お陰 です

どうも  どうも、  お疲れさま でした


結局、  自分達 らしい  トレーラー に するには


20171126_11011433 (28)


フレーム 作り直し に  始まり、  エアサス も、  総 やり直し

リア を  ゲート 化  したり


内装 も  骨 から  作り直して、   仕上げ と  なりまして


20171126_11011433 (30)


20171126_11011433 (29)


 
こんな ことなら、  全部  自分達 で  設計 して 


ゼロ から  作った 方が、   早かったんじゃね !?

って、  みんな  言ってまして、、、、、


1512488742635.jpg


多分  その通り でしたね、  勉強 に  なりました。。。。。


でも、  みんな が  頑張った  トレーラー は

構想 以上 に  カッコよく  仕上がって


1512488686479.jpg


1512488885187.jpg


アパ太郎 に  接続 したら、  こんな 感じ で  超 COOL


スラムド トラック で、   スラムド  トレーラー を  

引くという  プロジェクト が  遂に  完成 しまして


1512347156635.jpg


HRCS でも  アパ太郎 と  セット で  展示。


 
キャンピング カー として  仕上げない方が

使い勝手 の  幅 も  広がりますね


1512428339039.jpg


カッコいいな、  ヴィンテージ トレーラー !

みんな で  楽しかったなー、 


VIVA !  S庭 道場 !  

       VIVA !  CUSTOM WORKS !!!!


[ 2017/12/15 09:00 ] 68 VINTAGE CAMPER  TRAILER | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


フロント の  ハイト センサー の  取り付け が 終わり

トランク の  エアサス ユニット と  配線 したら


IMG_0vnxbgdf235 (4)


リア の  ハイト センサー 取付 に 進みます


まずは  ハイト センサー を 取り付けるに あたり

リア サスペンション の  可動域 に 合わせて


IMG_0vnxbgdf235 (2)


スラムド 状態 に  デフ の  位置 を  合わせたら


車高 を  一番 上げた 状態 の 位置 に

鋼材 で  治具 を  組んで、  


IMG_0vnxbgdf235 (1)


車高 を 上げた 時 の  ロワー アーム 位置 を  再現


この 治具 を 作ること に よって、  デフ を  上げ下げ しながら、  

可動域 を  確認 する 作業 を  省けます

 

IMG_0vnxbgdf235 (3)

 

続いて、  センサー の 可動域 と、  検出 の

理想 の  ロッド 長 に  基づいて

 

鉄板 に  センサー の 配置図 を 書いた  定番 を 作り


IMG_0vnxbgdf235 (6)


定番 を  ロワー アーム に  あてがうと


どこに  ハイト センサー の  本体 を 取り付けて、  

どこに  ロッド を  取り付ける  ブラケット を  


IMG_0vnxbgdf235 (5)


取り付ければ いいのかが  一目 瞭然 で  解る 仕組み。


定番 を あてがって  導き出した 位置 に

センサー、  ブラケット を  取り付け しまして


IMG_0vnxbgdf235 (18)


IMG_0vnxbgdf235 (19)


リア の  センサー ロッド は、  以前  S庭 師範 と

A田 くん で  設計 して、  ワンオフ した


”  伸縮式  テレスコープ  ロッド ”  を  採用 しまして


IMG_0vnxbgdf235 (17)


ステンレス板 を  切り出して、  ハイト センサー の

破損 を  防止 する、  ストッパー も  製作。


ストッパー を  組み合わせて、  センサー を  取り付けし


IMG_0vnxbgdf235 (21)


IMG_0vnxbgdf235 (22)


ロッド も  組み付けまして、  リア の 

ハイト センサー の  取り付け が  完了。


スイッチパッド 2番 の  ライド ハイト  状態 だと


IMG_0vnxbgdf235 (25)


パラレル リンク の  ロッド 角度 が  水平 に なり

サスペンション が  最 も  ニュートラル の 時


ハイト センサー も   水平 に なるよう  


IMG_0vnxbgdf235 (27)


設計 して、  取り付け してあるので


センサー の  原点 も、  同様 に  2番 の 

位置 に  来るので、 理想 の  状態 に なります


gfbgbsrgb (1)


ACCU AIR の  ハイト センサー を 付けたことが

ある 人 以外、  何の こっちゃ !?  と 思いますので


カウパー氏 が  ブリッジ しながら   オナニー してる 

姿 を  御想像 ください。。。。。。。


gfbgbsrgb (2)


ACCU AIR 組んで、  きちんと  性能 を  発揮 させるには


ハイト センサー 取り付け が   キモ ですので

よく 考えて  組まないと いけませんね  


gndfhnfhnm (1)


以前、  ACCU AIR の  ECU を  電磁弁 と

一緒 に  マウント する  プレート を 作りましたが


アース の 落ちが  イマイチ だったので


gndfhnfhnm (2)


新たに  マウント を  作り直しまして


最後 に  S庭 道場 で  ACCU AIR を  組んだ  

皆さま に、  必ず  コレも  作ってくれ と  言われる  


gdghfjdhkj (24)


gdghfjdhkj (25)


”  スイッチ パッド  ホルダー ”  の  製作 へ


ステンレス 板 を  切り出して、  

角度 を  合わせて  曲げたら、  


gdghfjdhkj (26)


gdghfjdhkj (27)


今度 は  薄い ステンレス板 を  切り出し

こちら も 曲げて、 溶接 したら


ホルダー に  スイッチ パッド を  はめ込むと  


gdghfjdhkj (28)


パチっ と  程よい  テンション で  はまる  

板ばね の  ガイド を   製作 しまして  


ダッシュ に  取り付ける  ブラケット も  製作。


gdghfjdhkj (29)


gdghfjdhkj (31)


スイッチ パッド の  背面 に  接続 する

コネクター を 通す  穴 を  あけまして


板ばね を  溶接 したら、  ポリッシュ して


gdghfjdhkj (32)


溶接 で  焼けた 跡 も  消えるまで  磨き上げたら

タッチ パッド ホルダー も  完成 です


ダッシュ下 の  操作 し易い  位置 に 取付。


gdghfjdhkj (34)


gdghfjdhkj (33)


次 は  ブレーキ の  マスター シリンダー を

CPP製 から、  WILWOOD製 に  交換 していきます


VIVA !  S庭 道場、  VIVA !  M本 さん !!!!!!




[ 2017/12/14 03:45 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1963 C-10



 Y室 さん の  1963  C-10  “  SPIKEY ”


こちらも  BLOG が  全然  追いついて ませんで

既 に  全て の  作業 を  終えて、  


20171128_074519.jpg


HRCS に  出展後、   広島 まで  800 km

爆走 して   帰って頂いて ますが


まだ  書けていない 部分 を  更新 していきたいと 思います


20171128_074524.jpg


Y室 さん から   「  どこからか  解らんのやけど

”  キコ キコ ”  ”  キシ キシ ”   


音 が  酷くなってきて、  マジで ウザいけー 」


20171128_075430.jpg


ということで  あちこち  グリス さしたり、  緩み を

点検 したり しましたが   解消 せず


クルマ を  揺らしてもらいながら、  音 の 出所 を  追ったら 


20171128_085436.jpg


どうも  フロント の  アッパー アーム ブッシュ の ようで


ロワー アーム の  ブッシュ には  グリス ニップル が 付いてますが

アッパー アーム には  グリス ニップル が 無く


20171128_080205.jpg


グリス が させない 作り に  なってるので

グリス 切れ で  音 が  出てるようです


アッパー アーム を 分解 し、  ブッシュ を  外したら


20171128_081813.jpg


ブッシュ には  グリス が  入る  溝 が ありましたので


アッパー アーム に  ブッシュ の  溝 に 合わせて 

グリス ニップル を  取り付け しまして


20171128_105050.jpg


給脂 できるように したら、  音 も 消えて   解決。


アッパー アーム を  ばらしてた 時 に、  

エアバック に  傷 が  あるのを  発見 しまして


20171129_171648_LLS.jpg


Y室 さん に  伝えたら、  「  そうなんじゃけー、  

SCN 鈴鹿 の 時 に  傷 あるのを  見つけたから


アロン アルファ で  付けてみたんじゃけー、  ダメやったのー 」


20171129_230516.jpg


と、 確信犯 だった ようなので、、、、、、 新品 の エアバック に  交換
 


「  夜  乗ってて  ライト が  暗くて  困るんじゃけ、 

   明るく ならんかのー 」   と いうことで


20171129_142344.jpg


現在  使用中 の  シールド ビーム から

H4 の  ハロゲン バルブ に  変更 と なりまして


H4 が  入る、  最近 の  ライト に  変えると


20171129_142358.jpg


20171129_142431_LLS.jpg


クラシック カー  特有 の、  バブル レンズ では

無くなって しまい、  残念 なので


当時物 の  バブル レンズ の  ライト を  用意 し


20171129_142716.jpg


新しい  H4 バルブ を  組込んで  取り付けまして


見た目 は  古い ライト の まま、  ワット 数 が  

大きい  バルブ を  組めるように なったので、  


20171129_183759.jpg


だいぶ  明るく なりました 


が、  そのまま 使うと  電流値 が  高くなった 分

 
ライト スイッチ や、  ディマー スイッチ が  焼けるので


20171129_183755.jpg


ハイ ビーム、  ロー ビーム ともに、  

ライト リレー の  回路 を  作って  


スイッチ に  負担 が 掛からないように しときます


20171130_003946.jpg


先日、  腹下 で  終わっていた  マフラー を

後ろ まで  伸ばしたので


排気 の 匂い は  室内 に  入ってこなくなり


20171129_022131_LLS4 (6)


排気音 も  幾分  静かに なりましたが

それでも  まだまだ  うるさいの  やや 不快、、、、、、、


うるさい  原因 は、  エキマニ から  75mm の


20171129_022131_LLS4 (7)


太い  パイプ で  取り回し してあるのと

スポーツ タイプ の  タイコ が


寿命 が きて、  消音 の  機能 を  果たしてませんで   


20171129_022131_LLS4 (8)


Y室 さん から、  家族 で  よく 出掛けるので、  


出来る限り  静か に なるように 

全部  引き直して しまってくれ とのことで


20171129_022131_LLS4 (9)


後ろ まで  伸ばした  ばかり ですが、  タイコ は  

静かな  チェリー ボム の  マキシマム ロング を 使い


改めて  全部  作り直し すること と なりまして


20171129_022131_LLS4 (10)


これまで  付いていた  1体 モノ の  マフラー は


ミッション マウント、  ミッション メンバー、 

クロス メンバー、  センター サポート、  ペラ と、


20171129_022131_LLS4 (11)


全部 外さないと  摘出 できず、  一苦労。。。。


古い マフラー を  摘出 したら、  どう 取り回すか 検証 し、  

部材 の  パイプ を、  角度 を 合わせて  切り出しまして
  


20171129_022131_LLS4 (12)


20171129_022131_LLS4 (13)


エキマニ の 下 の、  集合 部分 に  接続 する

”  コレクター ”  は、  これまでの  75 mm から


50 mm の  パイプ に  変更 するので


20171129_022131_LLS4 (14)


鉄板 から、  ガスケット の 形状 に 合わせて

小判型 に  切り出し、  穴 を 開けたら


パイプ を  差し込んで、  ガスケット の  ガイド を 製作


20171129_022131_LLS4 (15)


20171129_022131_LLS4 (16)


そこに   50 mm の  マフラー パイプ の  端 を    

治具 に 当てて   プレス して  広げた


50 mm から  60 mm への  変換 パイプ を 作り

 

20171129_022131_LLS4 (17)


20171129_022131_LLS4 (18)


フランジ に  接続 し、  全周  溶接 しまして


LS エンジン の  インジェクション 仕様 なので

左右 バンク に  O2 センサー も   取り付け。 


20171129_022131_LLS4 (19)


先 の  コレクター パイプ と  同様 に


フランジ に  パイプ を  差し込んで 

溶接 した モノ を  4個  製作 しておき


20171129_022131_LLS4 (20)


マフラー を  前 から  後ろ まで  引いていく

途中 に、   ジョイント を  設け


分割式 にして、  整備性 を  向上 させます


20171129_022131_LLS4 (21)


20171129_022131_LLS4 (22)


続いて、  180度 の   U パイプ を  切断 し


マフラー の  一番 後ろ に   取り付けたら

下向き に  排気 する、  スラッシュ チップ も  製作。
 


20171129_022131_LLS4 (24)


SPIKEY は  スラムド フレーム なので、


着地 しても   地面 に 当たらない 位置 で

50 mm の  パイプ で  取り回して いきまして


20171129_022131_LLS4 (26)


仮溶接 で   後ろまでの  形状 を  決めて いったら


最後 は  クルマ から  取り外して、  

外 の 広い 所で  本溶接 しまして、 


20171129_022131_LLS4 (27)
 


20171129_022131_LLS4 (28)


溶接 部分、  パイプ の  シーム 部分 が  

錆びて こないよう、  耐熱 スプレー を  塗りまして


新しい、  50 mm の  デュアル マフラー が   完成


20171129_022131_LLS4 (35)


20171129_022131_LLS4 (34)


塗装 が  乾いたら、  取り付け していきまして


これまでの  1体 モノ とは  違い、  エキマニ 下 から   

タイコ までの  フロント パイプ に


20171129_022131_LLS4 (36)


20171129_022131_LLS4 (33)


タイコ は  劣化 して、  消音 効果 が  無くなったら


タイコ だけ  簡単 に 交換 できるように

製作 した  フランジ ジョイント を  付けて あるので


20171129_022131_LLS4 (37)


20171129_022131_LLS4 (32)


ゆくゆく の  メンテナンス性 も  考慮 し、  製作 されまして


タイコ から   後ろ までの  リア パイプ で

合計  6 ピース に  分割 して  構成 してあるので

   

20171129_022131_LLS4 (31)


今度 は  メンバー やら  マウント など  ナニも  外さなくても、  


そのまま  マフラー だけ   簡単 に  脱着 できるように 

作られて いるので、  整備性、  作業性 も   優秀 です


20171129_022131_LLS4 (25)


マフラー バンド で  吊る 構造 ではなく


防振 ゴム を  用いて、   マフラー を 

受け止める 構造 に  マウント も  作って


20171129_022131_LLS4 (29)


防振性 も  しっかり 持たせて  取り付け されまして


結果 が  楽しみな  音量 は、  アイドリング も

高速 走行 も、  ともに  各段 に  静か に なり 


20171129_022131_LLS4 (30)


音質 も  いつもの  S庭印 の  音 に なりました


静か な  排気音、  綺麗 な 取り回し、  取り付け も

どこも 無理 してない  マフラー、  気持ち いいですね


20171129_022131_LLS4 (38)


HRCS まで  1週間 を  残して、  全て の 作業 を 終え

あとは  ショー に  展示 するのみ。  


早く 終われて 良かったです。。。。。







と、  思った 矢先、  また アイツ が  やってくれました。。。。。。。。


VIVA !   S庭 道場  &  Y室 さん !!!!!!!


 
[ 2017/12/13 04:15 ] 63 CHEVY C-10  * SPIKEY * | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 APACHE



 1959 アパッチ、   アパ太郎


BLOG の  更新 が 追いついて いないので

既 に  完成 し、  HRCS に  出展済 ですが


m,;kjhguofyihi;o (7)


まだ 書ききれて いない 部分 を  

更新 していきたいと 思います


アパ太郎 の  フレーム は、  FATMAN製 の


m,;kjhguofyihi;o (8)


MUSTANG Ⅱ クリップ を  ベース に 使い


22 インチ で  グランド スラム しつつ

少しでも  ステアリング が  切れるように


m,;kjhguofyihi;o (9)


S庭 師範 が  設計 した  S庭印 フレーム なので


FATMAN の KIT に 付いてきた  スウェイバー は

寸法 が 合わなくなって、  使えませんで


m,;kjhguofyihi;o (10)


S庭印 フレーム の  サイズ に  近いモノ で


フレーム、  エアバック、  ACCUAIR センサー に 干渉 せずに

ロワ アーム 部分 と  接続 できる  リンク の 形状 で 

 

m,;kjhguofyihi;o (11)


スラムド の  ストローク を  追従 するには

スウェイバー ブッシュ タイプ では  不可能 なので


カンチ レバー式 の  リンク 構造 の モノ を 探して


m,;kjhguofyihi;o (12)


RIDE TECH 製 の  カンチ レバー式  マッスルバー を

3種類  アメリカ から  取り寄せまして


その中 で  ファイヤー バード の  リア用 が


m,;kjhguofyihi;o (13)


加工 すれば  理想 の 動き で  使えそう との事で


まずは  スウェイバー の 幅 が  合わないので

センター で  2つ に  切断 したら
 


m,;kjhguofyihi;o (1)


A田 くん に  2つ に 切った   スウェイバー に  

差し込んで  延長 する  ロッド を  


旋盤 で  削り出して もらいまして


m,;kjhguofyihi;o (2)


ロール したときには、  かなり の 荷重 が 掛かるので


差し込み 深さ、  被り厚 を  しっかり 計算 し

がっちり  溶接 したら、  塗装 しておきます

 

m,;kjhguofyihi;o (3)


続いて、  ロワー アーム に  接続 する  ブラケット は


タイヤ が  22 インチ と  外径 が ひじょうに 大きく

幅 も  265 と  極太 サイズ なので


m,;kjhguofyihi;o (17)


ステアリング を  切り過ぎると、  フェンダー に  タイヤ が  

当たって しまい、  フェンダー が  めくれて しまうので


ステアリング を  切り過ぎないよう、  ストッパー も  製作  


m,;kjhguofyihi;o (18)


スウェイバー を  ロワー アーム に  接続 する ブラケット は


ファイヤー バード の  リア とは、  まったく  カタチ が  違うので、  

付属 の ブラケット を  流用 し、  カタチ を 変えまして


m,;kjhguofyihi;o (19)


ロワー アーム に  溶接 し、  塗装 が  乾いたら

スウェイバー を  組み付けて、  S庭印 スウェイバー も  完成


エアサス を 組んで、  取りつける  スペース が 無くなったり


20171121_230544.jpg


ストローク を  追従 できないのでと  スウェイバー を  

付けていない クルマ も 多いですが


走行中 の  フラツキ を 抑えたり、  ロール時 の  


20171121_230547.jpg


制動 を 向上 させるので、  S庭 道場 では

カスタム フレーム を  製作 しても


必ず  スウェイバー は  取り付け しています


20171126_11011433 (26)


続いて、  先日  シート を  作ってもらった 際、  


ウレタン の  整形 を  盛り過ぎて、  背もたれ が

ドア の アームレスト に  当たって しまったので


20171126_11011433 (27)


アンコ を  少し 抜いて  成型 し直して もらいまして


従って、  背もたれ の  表皮 も  作り直し に なり

内装屋 さん から  HRCS の  数日前 に  戻って きまして


20171127_202248_LLS.jpg


座面 部分 も   一旦 取り外して、  シート レール を

スムーズ に  スライド するよう、  グリス アップ したら


座面、  背もたれ を  取り付けまして、  今度 は  いい 感じ。
  


Screenshot_2017-12-01-08-07-36-1.jpg


室内 を  塗装 して、  内装 を  仕上げる までは

やれた 感じ に  合わせて、  


シフト ノブ も  古びた 感じ の モノ を  付けて いましたが


Screenshot_2017-12-01-08-07-45-1.jpg


室内 が  ピカピカ に  仕上がって きたので

逆 に  シフト ノブ が  汚く 見えて しまうので


バドワイザー の  ヴィンテージ サーバー ノブ の

今 は  入手 困難 な、  7 インチ タイプ  で


20171130_205424.jpg


アパ太郎 の  カラー に  合わせた  ターコイズ を  

アメリカ で  探して きまして


30年 くらい  前 の モノ で、  傷 が  沢山 あるので


20171130_230040.jpg


粗ういちろう に  傷 を 消して、  ポリッシュ してもらいまして


バドワイザー の ロゴ は  あえて  再生 せず

クリスタル 感 を  生かして、  そのまま  取り付け


20171130_230106.jpg


全面 ガラス 貼り の  アパ太郎 の  キャビン は

4方 から  陽 が  さんさん と  差し込むので


太陽 の 日差し で、  綺麗 な  ターコイズ カラー が

クリスタル 調 に  光って、  素敵 です


20171201_070151.jpg


これで  アパ太郎、  全て の 作業 を  終えまして

次回 は  新しい  オーナー、  S原さん の もとへ  旅立ちます


VIVA!  S原 さん !  VIVA!  O羽 さん &  Mっちゃん!!!!



[ 2017/12/12 04:58 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)

HRCS 2017



 HRCS 2017、  FIT-KUSTOMS


無事  終わりまして、  どうも  お疲れさまでした

最後 に、  片付け の 様子 を


1512300561601.jpg


片付け前 に、  みんな で  記念 撮影。


今回、  アメリカ から  ゲスト カー で 来ていた

エコノライン、  ”  VAN GO ”  と   2 SHOT。       




1512490230571.jpg




1512490232269.jpg




1512490234469.jpg




1512490188376.jpg




1512490209090.jpg


1512490246587.jpg

1512490251511.jpg



1512490192951.jpg




1512490199038.jpg




1512490197488.jpg




1512490272283.jpg




1512490204311.jpg




1512490200837.jpg




1512490277485.jpg





1512490273936.jpg





1512490202993.jpg





1512490207422.jpg





1512490206039.jpg





1512490280656.jpg






1512490285157.jpg





1512347173463.jpg





1512347177690.jpg






1512490270719.jpg






1512490267519.jpg





1512490265748.jpg





1512490264472.jpg





1512490281939.jpg





1512490293712.jpg





1512490290774.jpg





1512490286712.jpg





1512490307207.jpg





1512490308965.jpg





1512490237679.jpg





1512490238918.jpg





1512490240968.jpg





1512490247930.jpg






1512490305630.jpg





1512490301283.jpg





1512490299583.jpg





1512490254786.jpg





1512490295329.jpg





1512490310530.jpg





1512490312147.jpg





1512490321808.jpg





1512490325244.jpg





1512490330967.jpg





1512490329610.jpg





1512490337318.jpg





1512490335766.jpg





1512490334423.jpg





1512490332569.jpg





1512490320127.jpg





1512490343008.jpg





1512490339753.jpg





1512490317462.jpg





1512490326595.jpg





1512490328176.jpg





1512490260944.jpg





1512490344508.jpg





1512490348627.jpg





1512490352200.jpg





1512347179627.jpg





1512347187841.jpg





1512490355644.jpg





1512490359209.jpg





1512490369193.jpg




1512490363758.jpg





1512490366296.jpg





1512490367982.jpg





1512347199569.jpg





1512490258789.jpg



でっかい  ブース だったので、  片付け も  大変 でしたが

みんな で やれば、  どうにか  なるもんですね


それも  楽しい  思い出 に  なりました



1512490357125.jpg


今回  一緒 に  ブース を  展開 した


ONE WORLD  SURF SHOP

SABOTEN MISSILE、  ELECTRIC  




1512347194006.jpg


サポート して頂いた、 クルー の 皆さま

超 楽しかったです、  どうも  お疲れ様でした


これからも  どんどん 面白いこと、  挑戦 していきたいですね



1512488586149.jpg



よく  働き、  よく  遊び、  よく  笑う。


クルマ も  バイク も   ガシガシ  乗り回して
 

みんな で  楽しんで いきたいと 思います


1512490288495.jpg


さて、  来年 は  どんな  カッコいい  クルマ  持っていけるかなー

SEE  YOU  NEXT  YEAR !!!


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!



[ 2017/12/11 01:46 ] CAR SHOW | トラックバック(-) | コメント(-)

HRCS 2017



 HRCS 2017、  FIT-KUSTOMS


ONE WORLD  SURF SHOP

SABOTEN MISSILE、  ELECTRIC  


1512428366419.jpg




20171202_16-50-19_DSC00005_preview.jpg




20171202_17-24-12_DSC00034_preview.jpg




20171202_16-48-13_DSC09997_preview.jpg




20171203_07-08-03_DSC00202_preview.jpg




20171203_07-07-39_DSC00200_preview.jpg




20171203_07-06-58_DSC00197_preview.jpg




20171203_07-07-10_DSC00198_preview.jpg




20171202_17-23-35_DSC00033_preview.jpg




1512593762580.jpg




1512593763857.jpg




1512490142139.jpg




1512347153726.jpg




1512347151828.jpg




1512347145874.jpg




1512347143804.jpg




1512347141880.jpg




1512347140086.jpg




1512347137720.jpg




1512347156635.jpg





1512376912859.jpg




1512376922838.jpg




1512490129477.jpg




1512490126255.jpg




1512490121694.jpg




1512490119040.jpg




1512490116576.jpg




1512488812063.jpg




1512488728481.jpg




1512490153317.jpg




1512490155104.jpg




1512490161478.jpg




1512490147417.jpg




1512490168902.jpg




1512490174447.jpg




1512490177300.jpg




1512490179040.jpg




1512490182577.jpg




1512376876211.jpg



FUNK  STA  4  LIFE !!!!!





[ 2017/12/10 01:38 ] CAR SHOW | トラックバック(-) | コメント(-)

HRCS 2017




 HRCS 2017、  FIT-KUSTOMS


ONE WORLD  SURF SHOP

SABOTEN MISSILE、  ELECTRIC  




1512376912859.jpg




1512490133987.jpg




1512490135606.jpg




1512488748366.jpg




1512488749613.jpg




1512488760900.jpg




1512428326847.jpg




1512490257108.jpg




1512428329844.jpg




1512488567336.jpg




1512488642528.jpg




1512488895052.jpg




1512490174447.jpg




1512490168902.jpg




1512490177300.jpg




1512488570694.jpg




1512488572088.jpg




1512488721333.jpg




1512488705487.jpg




1512488702695.jpg




1512490129477.jpg




1512488757226.jpg




1512490121694.jpg




1512488758392.jpg




1512490126255.jpg




1512490119040.jpg




1512490116576.jpg




1512490155104.jpg




1512490153317.jpg




1512490149553.jpg




1512428375178.jpg




1512428371496.jpg




1512428381817.jpg




1512428392333.jpg




1512428386899.jpg




1512428384589.jpg



1512381122530.jpg




1512488875627.jpg




1512428399392.jpg




[ 2017/12/08 05:20 ] CAR SHOW | トラックバック(-) | コメント(-)

HRCS 2017



 HRCS 2017、  FIT-KUSTOMS


ONE WORLD  SURF SHOP

SABOTEN MISSILE、  ELECTRIC  


 
1512488665207.jpg



カッコいい クルマ、  カッコいい  バイク、  最高 ですが


カッコいい 仲間 と、   楽しい  時間、   心地良い 空気感、  

あったら、  もっと  楽しく なりますね



1512488663577.jpg




1512488696089.jpg




1512488729832.jpg




1512488556806.jpg




1512488560379.jpg




1512488690579.jpg




1512488735838.jpg




1512488840097.jpg




1512488841574.jpg




1512490223990.jpg




1512490218226.jpg




1512488844099.jpg




1512488786428.jpg




1512488847473.jpg




1512488688772.jpg




1512488777648.jpg




1512488697493.jpg




1512488734525.jpg




1512311992698.jpg




1512488739021.jpg




1512488817527.jpg




1512488883227.jpg




1512488885187.jpg




1512490213284.jpg




1512490219481.jpg




1512488686479.jpg




1512490292275.jpg




1512343484433.jpg




1512343488356.jpg




1512490195595.jpg




1512488889257.jpg




1512428350392.jpg




1512428342332.jpg




1512428339039.jpg




1512428323894.jpg




1512488836567.jpg




1512488838018.jpg




1512428352297.jpg




1512488768170.jpg




1512490210878.jpg




1512428348264.jpg




1512381154578.jpg




1512488765404.jpg




1512311996049.jpg




1512488752368.jpg




1512488692424.jpg




1512488744200.jpg




1512428334251.jpg




1512488780056.jpg




1512488778990.jpg




1512488892036.jpg




1512428319838.jpg




1512488769651.jpg




1512488770979.jpg




1512490215879.jpg




Screenshot_2017-12-03-23-48-09-1.jpg




Screenshot_2017-12-03-23-48-02-1.jpg




1512488814880.jpg



クルマ を  売ったり、  カスタム させて もらったら

なるべく  それで  終わり ではなく


その後 も、  同じ  価値観 で  集まった  



1512428336843.jpg



沢山 の  良い 仲間達 を   紹介 して、 


みんな が  つながって  もらえたら、  

2倍 も、  3倍 も   楽しくなると 思いますし



1512488903824.jpg



クルマ を  売る、  カスタム する という  以上 の   

モノ を  提供 していけたらと 思います


毎日、  楽しくって、  どうも すみません  



1512488783261.jpg



カッコいい  仲間達 で、  どうも  すみません


写真、  いっぱい  あって、  まとめるの タイヘン、、、、、  

ここまでが  ブース の  セット アップ で、



1512488775788.jpg



明日 は  H野 キャプテン の  EL-NINO、 

K上 さん の  55 CHEVY、   当日 の 写真 へ


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!

 



[ 2017/12/07 05:55 ] CAR SHOW | トラックバック(-) | コメント(-)

HRCS 2017



 行ってきました、  HRCS 2017


ご協力 頂いた 皆様、  お立ち寄り 頂いた 皆様、 

どうも ありがとう ございました!


1512428249111.jpg


今年 の  FIT ブース は、  FIT-KUSTOMS から


1959  APACHE   アパ太郎  と、  VINTAGE  TRAILER 

Y室 さん の  1963  C10  ”  SPIKEY ”
  


1512428251313.jpg


H野 キャプテン の  ナックル に、  EL-NINO


ONE WORLD SURF SHOP の  63  エコノライン、  

SAMS の  MOTOR CYCLE を  3台、


1512428256507.jpg


SABOTEN MISSILE さん には  サボテン などを 使った  

ディスプレー と   ブース を 作ってもらい 


CHARLIE TRADING から、  展開 している ”  ELECTRIC ” が


1512428258935.jpg


スポンサード している  CYCLE ZOMBIES  が


MOON EYES の  招待 ゲスト として  来日 するのに 合わせ、  

ELECTRIC の  ブース を  出展  と なりまして、


1512428261492.jpg


僕 の 周り には、  波乗り、  スケート、  スノーボード、

アウトドア、  ファッション、  写真、  クルマ、  バイク など


大人 に なっても、  沢山 の  趣味 を  持ち続けて


1512428271589.jpg


楽しんでいる、  カッコいい  仲間達 が  沢山 いまして


一流 の 世界 で   活躍 してたり、  周り に  影響 や  

刺激 を  与えてたり と、  突き抜けてる 人達 が 多く


1512428268576.jpg


みんな  古い クルマ や、 バイク も、  リアル に 乗り回してて  
 

波乗り も、  家族 との  遠出 も   ナンのその


古い クルマ や バイク、  沢山 の  趣味 を  持ち続けるには


1512428283446.jpg


1512488577610.jpg


沢山 の 時間、  お金、  仲間、  家族 や 恋人 の  

理解 が  必要 なのは  当然 なので、


しっかり  働いて、  稼がないと いけませんし


1512428311882.jpg


仕事 や  家族、  恋人 との 時間 を  割いて  

やりたいこと やってるのは、  カッコよく ありませんので


仕事 も  人一倍  頑張って、  忙しい 日常 から


1512488574156.jpg


1512428281406.jpg


自分 の 時間 を  作る 努力 が  できて、


疲れてても、  遊びに 行く  行動力 が  あって

あいつ に 会いたいな とか、  遊びたいな と


  
1512488607651.jpg


1512428300076.jpg


思われるような  魅力 ある  人柄 の  持ち主達 で 

あるのが  まず  スゴイ ところ でして
 


古い クルマ や  バイク を、  いつも  調子 よく  乗るには


1512488603949.jpg


1512488590601.jpg


腕 の いい  ビルダー や、  SHOP との  出会い、  

関係 が  ナニより  重要 と 思いますので、  


それも  そう 簡単 な ことじゃ ないと  思いますので


1512428294994.jpg


1512488588680.jpg


そんな ことも  全部  克服 して、  バイク も  クルマ も、  

沢山 の  趣味 も、  楽しめてる 人達 は  すごいと 思います


そんな 人達 は、  同じ 感覚、  同じ 匂い に  吸い寄せられるようで 


1512488592225.jpg


1512428292683.jpg


集まった  そんな  彼らの  リアル な   “  ライフ スタイル “  は


凄い  ショー カー、  ショー バイク に  匹敵 するくらい

カッコいいんじゃ ないのか  と  思います


1512428302552.jpg


1512428288719.jpg


彼らとの  普段 を、   パシフィコ に  持ってこれたら

カッコいい だろうね  という ハナシ から  始まった  


今回 の  HRCS の  ブース 構想。


1512488609318.jpg


なので、  今回  出展 した  クルマ、  バイクは、  

全部  オーナー が  普段 から  乗り回してる  モノで


ナンバー プレート も 付いたモノ だけで  展示 しまして


1512488597006.jpg


大きな  ブース なので、  沢山 の 仲間 に  サポート してもらい  

間違いなく  カッコいい  ブース に なると 思うので


搬入 から  撤収 までを   沢山  写真 に  収めて


1512428304794.jpg


1512188300060.jpg


ストーリー 仕立て で   お見せ 出来たらと  思いまして


”  オレンジ の アレ ”  こと   S井 さん に 頼んで、  

専属 カメラマン として  同行 してもらいまして


1512488563064.jpg


1512428273694.jpg


2日間 で  800枚  撮ってくれてる そうなので、  

編集 が 終わったら、  お披露目 したいと 思います


BLOG にと、  取り急ぎ  写真 を 送って もらったので


1512488565526.jpg


数回 に 分けて、  HRCS 2017 を  お伝え したいと 思います


携わって 頂いた  みんな の、  今回 展開 する  ブース に 込めた  

想い が 伝わればと、  前置き が  長く なりましたが、   


1512428275388.jpg


FIT ガレージ で  Y室 さん、  S庭 師範、  

S美 ちゃん、  DAICHI、 


H野 キャプテン、  Sたろう くん、  Tや くん、


1512488628824.jpg


1512428309305.jpg


M田 さん、  Oたき くん、  漏れ田 くん で  出発 しまして


55 CHEVY の  K上 さん、  Mり さん、  

ONE WORLD SURF SHOP、  


1512488630282.jpg


サボテン ミサイル さん たちと   みなとみらい で  合流。


朝 7時 ~ 9時 に  搬入 の タイム スケジュール なので

みんな  早朝 から  お疲れ様でした 

  

1512488632631.jpg


1512488646222.jpg


会場 に 入ったら、  まずは  人工芝 の  施工 から 始まりまして


20m 巻 の  ロール を   6本  伸ばしたら

綺麗 に 並べて  両面 テープ で  固定 して いきまして


1512488636403.jpg


1512488637890.jpg


1辺 が  20m と  長いので、  使った   両面 テープ も

合計  24巻 と、  過去 最高。。。。。。


人工芝 は  ロール に 巻かれてたので、  芝 が 寝て  癖 が ついてるので


1512428314590.jpg


1512428316851.jpg


デッキ ブラシ で  擦って、  全面  起こして いきまして

膨大 な  面積 なので、  その 作業 だけでも  重労働、、、、、


芝 の 施工 が  終わったら、  レイアウト の 確認 を して


1512488742635.jpg


1512488619451.jpg


アパッチ  を  搬入 して、  位置 を  合わせたら


DAICHI の  トライアンフ を   エキスプレス バン から 降ろし

アパッチ の  荷台 に 載せて、  展示 しまして


1512488648365.jpg


1512428321976.jpg


ヴィンテージ トレーラー も  搬入 し、  アパッチ に  連結。


続いて、  エコノライン に  カッコいい  サーフボード を

鬼積み して、   いい 位置 に  搬入 したら


1512488650013.jpg


1512488665207.jpg


Y室 さん の  SPIKEY も   その間 を  縫うように

入れていき、   かっこいい 配置 に なるよう  相談。


これだけ の 大きな  スペース を  使うので


1512488651661.jpg

  

設営 には  時間 も 掛かりますので、  配置 など

事前 に  決めてあるかと 思いきや、  ほぼ  ノー プラン、、、、、


その場 で、  周り の  空間 や   雰囲気 を  見ながら


1512488653609.jpg


決めないと  カッコよく いかない 時 も  ありますよね。。。。。


おおまかな  クルマ の  配置 を  決めたら

続いて、  ディスプレー に  使う、  サボテン や   


1512488656138.jpg


什器 の  設置 に  進みまして、  サボテン ミサイル さんや

ONE WORLD で  使ってる モノ から


厳選 して、 箱車 に  満載 してきて もらいまして 


1512488667687.jpg


ここまで 来ると、  引っ越し か  夜逃げ の  レベル です、、、、、、


箱車 いっぱい の  サボテン、  什器 を  降ろしても

もう 1台、  ワンボックス に   サボテン  満載 してまして。。。。


1512428323894.jpg


大勢 の  クルー で  降ろして、  サボテン ミサイル の 

千葉 から  横浜 への   移設 が  完了 です


内容 が 濃いので、  今回 は  この辺りまで にして


1512488669332.jpg


続き は  また  明日 !


楽しかったね、  HRCS 2017 !

FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!



[ 2017/12/05 14:45 ] CAR SHOW | トラックバック(-) | コメント(-)

HRCS 2017



 明日 は  HRCS 2017。


会場 への  搬入 が  土曜 の 朝 7時 からなので

金曜 の 夜 に  積み込み を しまして


20171201_213418.jpg


ギリギリ まで  内装 を 作っていた

キャンパー トレーラー は


あと 少しだけ  作業 が 残ってるので


20171201_212617_LLS.jpg


あとは  土曜 に  会場 に いれてから

残り 作業 を  することと しまして


チョッパー  2台 は、  MOON EYES から 


20171201_212626_LLS.jpg


自走 で こないで くれと  釘 を 刺されたので


アパ太郎 の 塗装 を  やってくれた 

Mり さん が  積載車 を  出してもらい


20171201_220636.jpg


H野 キャプテン の  ナックル と、  ディスプレー用 の 

資材 を 積んだ  キャンパー トレーラー を  積みまして


DAICHI の  エキスプレス に   トラ を  積み込み。


20171201_213452.jpg


55 CHEVY の  K上 さん も  明日 は エントリー してるのに

うちの  積み込み の  手伝い に 来てくれまして


自分 の 準備 で  忙しい ハズなのに、 有難いですね
 

20171201_220644.jpg


預かって 作業 を 進めていた  SPIKEY は

広島 から  Y室 さん も  到着 したので


リメイク された  SPIKEY を  試運転 してもらい


20171201_222858_LLS.jpg


良くなったと  喜んでもらい、  ホテル に 送り届けまして


只今、  夜中 の 3時。。。。。。今度 は  H野 キャプテン が  

エルカミ で  やってきて、  モール を  磨き中。。。。。。


20171202_023319.jpg


5時半 に  FIT クルー が 集合 し、  会場 を  目指し

7時 に  現地 集合 の  クルー と  合流 します


楽しみです、  HRCS 2017 !

FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!



 
[ 2017/12/02 03:03 ] CAR SHOW | トラックバック(-) | コメント(-)

CAMPING TRAILER



 アメリカ の  SLAMD MAGAZINE誌 の

マイク  アレクサンダー から  譲ってもらった


スラムド  ヴィンテージ  キャンパー トレーラー


20171123_060330_LLS.jpg


龍君 が  内装 作業 を  進めて くれてる 間 に


スラムド フレーム の  手直し と

リア ゲート 化 を  進めて まして


20170917_103802.jpg


真っ直ぐ の  フラット バー を  

はてな マーク の 様に  曲げて 作った


ワンオフ  カスタム ヒンジ は


1511384732839.jpg


1511384737730.jpg


トレーラー の  開口部 に  補強 で いれた

鋼材 に  取付する  ブラケット を  製作。


錆び止め を 塗って、  取り付けすると


20171126_11011433 (1)


こんな 感じ に  なりまして


開閉 させる 時 に  ストローク、  

リアゲート 自体 の  重さ に 耐える


20171126_11011433 (3)


荷重 を  計算 して、   ガス ダンパー を 準備


ヒンジ と  併用 することで、  リアゲート の  

開閉 を  サポート し、  開けた時 には  保持 します


20171126_11011433 (4)


雨漏り しないように、  開口 の 周囲 には

雨どい シール を  張り巡らせまして


リアゲート を  閉めて、  ペチャっと  スラムド させると


20171123_060357_LLS.jpg


なんだこれ、、、、、、  うーん、   タイムマシン !?


リア ゲート 化 と  並行 して  進んでいた  

龍くん の  内装 作業 に  うつりまして


1511195332875.jpg


まずは  痛んでた  木材、  断熱材 を   全て  撤去 し、


屋根 を  支えているのも、  へっぽこ な  木材 で、  

Oたき くん の  お腹 同様、  たるんで しまっているので


1511195334819.jpg


1511195336272.jpg


「  ダイエット がてら、  運動 しに来い 」   と

龍くん に  呼び出された  Oたき くん は


天井 を  支えている  木材 を  外して
 


1511195340451.jpg


たるんだ  屋根 を、  カウパー氏 の  ちんこ みたいに  

ピン と  張ったら、  その 状態 を  保持 して


S庭 師範 に  鋼材 を  溶接 してもらい、  補強。


fgasrgeag (15)


まだ  Oたき くん の  お腹 は  たるんでますが


屋根 は  ぴしっと したので、  内装材 を 貼る

下地 作り に  進みまして


20171123_033043.jpg


20171123_033051.jpg


壁、  天井 に  仕上げ を するのに

高さ を 合わせるため


下地材 を  入れて いきまして


fgasrgeag (6)


テール、  ウインカー、  マーカー の 配線 を  済ませたら


採寸 に 合わせて、  ベニヤ板 を 切り出して

壁 の 下地 を  作って いきます


fgasrgeag (7)


切り出した  壁の 下地 は、  壁 に 張り巡らせた

ネタ に  打ち付けて、  貼って いきまして


天井、  壁 と  どんどん  貼り付け が  進んで いきます


fgasrgeag (19)


連日  助っ人 が  作業 を 手伝い に 来てくれまして


Oたき くん の ように  お腹 が  たるんで いるので 

運動 がてら の 人 も  いますし


fgasrgeag (9)


楽しそう と   興味 を 持ってきてくれる 人 も いれば


  
挽きたて の  美味しい  珈琲 を  みんな に

入れて あげようと  やって来たら


fgasrgeag (27)


「  あー、  マジ うめぇ !   あっ、  そこ 持ってて 」

と、  ナゼか  手伝い させられてる 人 も いたり、、、、、


皆さま、  毎日  深夜 まで   ご苦労様 です。。。。。


fgasrgeag (2)

  

壁 の  下地 を  貼り終えたら


いよいよ、  仕上げ の 壁材 の

貼り付け に  進みまして


fgasrgeag (10)


材木屋 さん に  サイズ を  指定 して

切り出してもらい、  角 を 落とした 板 に


龍くん が 色 を   いい 感じ に  調色 して


1511977802265.jpg


壁材 を  乾燥 させたら、  


室内 では、 レーザー レベル を 使って、  

板 を 貼る、  墨だし 作業 を 進めまして


1511977804778.jpg


下 から  壁材 の  貼り付け を  進めて いきます


レベル を 合わせて、  龍くん に  教わりながら

超 几帳面 な  Oたき くん が    貼ってまして


1511977798517.jpg


連日  深夜 まで、  真剣 に  作業 を

手伝って もらって、  ありがたい 限りです


御礼 に  もっと  お腹 が たるむように


1511977791996.jpg


深夜 に  高 カロリー を  提供 して


急 ピッチ で   壁、  天井 の  

仕上げ を  進めて もらいまして


1511977828505.jpg


ドア の 下側 が  壊れてるのと、  建て付け が 悪いとの ことで、  

そちら の 修理 も  進めて いきます


VIVA !  S庭 道場 !  

       VIVA !  CUSTOM WORKS !!!!



[ 2017/12/01 04:56 ] 68 VINTAGE CAMPER  TRAILER | トラックバック(-) | コメント(-)