ホーム > アーカイブ - 2015年11月

1950 MERCURY



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”  プロジェクト、   

全速 前進 で   進めて まして


BASTARDS  で  シート を   縫ってる 間 に  


IMG_2630 - コピー


S庭 道場 では、  S原 さん の  体型 に あうよう

シート レール を  加工  しまして


前後 位置 も、  ちょうど 良く なるよう、  手直し しまして


 
IMG_2633 - コピー


続いて、  シート ヒンジ の  カバー が

プラスチック 製 の  モノ でしたが


1箇所 が  欠品 して  ないのと 


IMG_2698 - コピー


1箇所  割れて、  ボロボロ  なので


カバー が ないと、  ヒンジ が  丸見え で

カッコ悪い ので、  カバー を  探そうと 思いましたが


IMG_2699 - コピー


中古 で  劣化 した、   プラスチック 製 を  買う 位 なら


いっそ、 一 から  作った方が  いい と  なりまして

型紙 を  とったら、  鉄板 に  転写 して


IMG_2704 - コピー


4箇所分、  切り出して  いきます


続いて、  カバー の  側面 部分 が

微妙 に  3D 形状 に  なって いるので


IMG_2707 - コピー


フラット バー を   カバー に  合うよう

シュリンカー と、   ストレッチャー を  使い


きゅ きゅっ と、   曲げて いきまして


IMG_2708 - コピー


それを   カバー に  溶接 し、  

カタチ に  して いきます


製作 した  カバー は


IMG_2727 - コピー


オリジナル と  同じ 大きさ、   形状 で  再生 されまして


金属製 で  作ったので、   もう

割れる 心配 も  なくなりました


IMG_2719 - コピー


シート ヒンジ に  あてがって みると


カタチ も  大きさ も   ぴったり で

問題 ない ことを  確認 したら


IMG_2729 - コピー


IMG_2731 - コピー


BASTARDS の  KAZ くん に  


シート と  同じ  レザー を  

張って もらい、  再生 完了 です


 
20151126_204043.jpg


続いて、  リア シート の  製作 に  掛かりまして


リア シート は、 オリジナル の  シート も

サンダー バード の  リア シート も  ありますが


IMG_2817 - コピー


C ノッチ して、  パラレル  4 リンク 化 したので

リア シート 下 の  フロア が   一段  高く なりまして


そこに  固定 すると、 シート の  取り付け 位置 が  


IMG_2761 - コピー


上 に  持ち上がり、  高く なり過ぎて しまうので


シート の  骨組み を   加工 して  低く するより

一から  作ったほうが、   幅 も  高さ も  合わせられるので


IMG_2831 - コピー


IMG_2832 - コピー


リア シート  の  ベース から   作って いきます


コンパネ や、  木材 で  作る ことが  多いですが

沖縄 の  環境 で、  湿気 や  高温 から


IMG_2756 - コピー


変形 したり、  腐食 したり  しないよう


強度 も  耐久性 も   志 も  高く、   

全て  金属製 で  作ることに  しまして


IMG_2760 - コピー


角パイプ と、   鉄板 を    組み合わせながら


シート と して   仕上げてから、   クルマ に   しっかり 

固定 できて、  取り付け 部分 が  見えないように


IMG_2829 - コピー


設置 できる  構造  で   考えて 作って いきまして


センター 部分 の    背もたれ、  座面 部分 と、  

左右 の  背もたれ を   作って いきまして



IMG_2824 - コピー


IMG_2830 - コピー


まずは  骨組み が  完成 です


写真 だと、  ごっつく  見えますが、、、、、

実物 は  20 x 10 ミリ の  角パイプ なので


IMG_2006 - コピー


大した  重み も なく、   ヘタしたら  木材 で  

作るより  軽いかも  しれませんね


出来あがった  骨組み に   KAZ くん が


IMG_2005 - コピー


薄い  コンパネ を   張った  うえに

ウレタン で  成型 して いきまして


だんだん  カタチ に  なって きました


20151123_214224.jpg


20151124_014124.jpg


リア シート の  背もたれ の   表皮 も  縫い上がり

張り込み も  始まり まして


こちら も  センター に  ブラック の   ライン を  入れて


20151125_041120.jpg


20151125_031336.jpg


アクセント を  付けた  デザイン に  なりまして


サイド まで   がっつり   巻き込む  形状 の

リア シート  背もたれ が  出来て きました


20151124_184208.jpg


20151124_184203.jpg


リア シート の  ヘッド レスト  部分 は


リア トレー に  かぶさる  形状 で

流暢 な  ライン を  演出 しまして


20151124_184219.jpg


古っぽ過ぎず、、、、    新しすぎず、、、、、、


高級感、  エレガントさ を  兼ね備えた

インテリア を  目指して


20151126_204225_LLS.jpg


次 は  リア シート にも   クレスト の  取り付け と

リア トレー、  センター コンソール  製作 に  進みます


VIVA !   BASTARDS !

   VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!




[ 2015/11/29 23:25 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”  プロジェクト、   

全速 前進 で   進めて まして


S庭 道場 での  アッセンブリー 作業 と   並行 して 


20151120_042208.jpg


BASTARDS の  KAZ くん が   

インテリア 製作 を  進めて まして


サンダー バード の   セパレート シート を  


IMG_2741 - コピー


ベース に  使い、  製作 して いきます


表皮 を  剥がしたら、  座面 の  スプリング が

何か所 か  折れて いまして、、、、、、


IMG_2338 - コピー


他 にも  腐食 が  あった 部分 なども


C ノッチ や、  チャネリング の  度 に

”  シート を  作り直す 係り ”  の



IMG_2342 - コピー


RYU くん が、    修正 しまして


錆び止め を  塗って  仕上げたら

いよ いよ、  シート 製作 が  始まりまして


IMG_2693 - コピー


もと の  ウレタン 形状 を   生かして  作ると

サイド 部分 の  幅 が  細くなり


バランス が  悪く なったり、 


IMG_2736 - コピー


へたった  ウレタン の  張り が 悪かったり するので


デザイン 通り の  カタチ に  出来るよう

ウレタン 成型  から  始まりまして


20151118_221000.jpg


シート 形状 も  変わったり、   S原 さん の  座高 に 合わせて、   

高さ や  座り 心地 が   合うように  


ウレタン は  場所 に  よって、  厚み や  固さ を   使い分けまして


IMG_2755 - コピー


ウレタン の  成型 が  終わったら

表皮 の  型取り を  しまして


レザー を  切り出して いきます


20151118_221022.jpg


20151118_220948.jpg


まずは  フロント シート の  デザイン 通り、


パネル ごと に  切り出した   レザー に

薄い ウレタン を  縫い合わせて


20151119_204111.jpg


20151119_204140.jpg


デザイン 通り に   縫い合わせて いきますと


ウレタン の お陰 で、   少し  ふっくら した

パネル が  沢山  出来て きまして


IMG_2734 - コピー


それら を   縫い合わせて いくと

フロント シート の  座面 が  出来て きました


まず は、  座面 が   完成 し


1448312701615.jpg


20151120_042218.jpg


同じ 要領 で、  背もたれ 部分 も  製作 し

フロント シート が  カタチ に  なって きました


この後、  数日 に  分けて   ウレタン を  馴染ませたり


1448312692127.jpg


20151127_093549.jpg


しわ取り を  取ったり しながら、  ビシッと  張って いきまして


シート 背もたれ に  取り付け する

”  クレスト ”  を   出して きまして


IMG_2738 - コピー


本来、  表 から  通して   裏 で  爪 を  曲げて

プレート で   挟み込む  構造 ですが


爪 が  曲がって  戻って しまい、  外れないよう、


IMG_2739 - コピー


また、  表皮 に  しっかり  沈めて、  立体感 を  出したいので


爪 に  穴 を  開けて、   ひも を  通して

後ろ に  ぎゅー っと   引っ張れる 構造 に  変えまして


20151125_041158.jpg


無事、  クレスト の  取り付け も   完了 です。


クレスト とは、  背もたれ の  上 に つく

飾り の  エンブレム みたい な  もので


20151125_041151.jpg


20151125_041206.jpg


レザー の  質感 に   とても   似合いますし

高級感 も  増して、  すごく  カッコいい です


インテリア 製作 も   全速 前進 で  進めて まして


20151125_041220.jpg


ショー まで  残り、  あと  1週間、、、、、、、  

まだ まだ、  やること  山盛り ですが、  みんな で  頑張ります  


VIVA !   BASTARDS !

   VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2015/11/28 11:05 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950  STYLE LINE



 K子 くん の、  50  STYLE  LINE


リア フレーム の   C ノッチ と、  ボディ の 作り直し、

マフラー の  作り直し を  終えまして


1447455174661.jpg


ボディ の  ペイント と、  ショー ボード の  製作 へ。


先日、  K子 くん は   STYLE  LINE  を

「  ベージュ と、  クリーム 色 の  2 トーン で  塗ります 」


って、  言ってましたが、   予定 変更 で


1447455176207 - コピー


“  ブルー メタリック  &  ライト ブルー メタリック ”  

の  2 トーン に  決めたそうで


ショー ボード  も、   Ox Blood の  ショー ボード を  

担当 してくれた  同じ デザイナー さん に  相談 してまして


1447455177760 - コピー


塗る  ボディ カラー を   伝えたら、   写真 を  合成 して 


塗り上がり の   完成 イメージ と、    ショー ボード  数 パターン、

ショー 当日 の   ディスプレー まで 


イメージ し易いように、  画像 を   デジタル 処理  してくれまして


1447455179630 - コピー


これ やって もらえると、  ボディ カラー を  決める 際 に

失敗  しづらい ですし


当日 会場 で   ディスプレー したら、   「  あら !? 」   って、   

想像 と  違った。。。。 なんて こと、  なくて  済むので、  助かりますね 


DmSC_000887.jpg


思い起こせば、  2年前。。。。。。。   フェラーリ を   買いに 行って

ナゼか、   STYLE LINE   買って 帰ってきまして、、、、、、、


納車 直後 の   クルーズ ナイト で、  路上 エンコ し

エンジン 載せ替え、  エアサス 組み付け、

 

IMG_0994 - コピー


フレーム 加工 と、   2年間 で   進化 させて きまして

遂 に、  ボディ の  ペイント も  完了。


この 2年 で、  クルマ の  進化 も  早いですが 

 
1448407689078.jpg


転職 に、   離婚 に、   独立 開業 したと  思ったら、  

新しい 恋人 が  出来て、   同棲  してと、  


本人 は、   クルマ 以上 に   目まぐるしく  進化 してまして


1448407346063.jpg


「  今年 は  節目 なので、  記念 に  エントリー します 」

と、  K子 くん   言って ましたが


もう、  なんの 節目 なんだか   さっぱり  解りません。。。。。。


1448407343875.jpg


クルマ の  ペイント も、  面出し から  塗装 まで

2週間 掛からず   あげて きまして、、、、、、


ショー ボード も、  既 に   完成 して  届いてる そうなので 

あっと いう間 に  準備 完了 まで  もって いった   K子 くん は


1448407610432.jpg


究極 の  有言 実行  オトコ ですね。。。。。。


ショー ボード 製作 の 方は、  後ほど  紹介 させて もらうこと に  しまして

K子 くん の  行動力 を  見習いたいと  思います


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!




[ 2015/11/26 11:21 ] 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”  プロジェクト、   

全速 前進 で   進めて まして


S庭 道場 での  アッセンブリー 作業 と   並行 して 


20151114_072501.jpg


BASTARDS  の   KAZ くん が   インテリア の  

製作 を   進めて いまして


インテリア への、  オーナー  S原 さん からの  要望 は   


20151114_072506.jpg


”  フロント は   セパレート シート に   センター コンソール ”

”  リア シート は、   サイド まで   巻き込む ”   との ことで


セパレート シート に   センター コンソール の  組み合わせ だと


20151113_205438.jpg


ベンチ シート より、   スタイリッシュ な   雰囲気 や、   

高級感 が  出ますし、  Ox Blood の  コンセプト にも    


ピッタリ と   合っている   インテリア に なると  思います


20151114_072404.jpg


シート は   デザイン も  しかり、   ステッチ や、  

縫い方 で   雰囲気 が  まったく  変わって くるので


模様 の  デザイン だけで なく、   ステッチ の   

使い方 にも  こだわって いきたいので  


20151114_073815.jpg


縫い合わせ方 は、   実物 を  見ながら   考えられるように

KAZ くん に  実際 の  生地 を  使い


縫い合わせ  パターン の   サンプル を   作って  もらいまして


20151114_074124.jpg


今回 使用 する、   サンダー バード の   フロント シート を 


クルマ の  コンセプト に   合わせて

古っぽく なく、    新しく  なり過ぎず、、、、、


20151114_074147.jpg


平べったく なく、   スポーティー に  なり過ぎず、、、、、、


と、  ラフ画 を   書きながら  デザイン を  決めて いき

シート 形状 も   少し  作り直して いくこと に  しまして


20151114_072518.jpg


シングル、   ダブル ステッチ、    それぞれの  裏 に  

ウレタン を  入れて  立体感 を  出した パターン  など


デザイン に  合わせて、   使う  ステッチ も  決まったら


20151114_072932.jpg


20151114_073010.jpg


絵心 の ない   僕 では、   シート の 形状 や

立体感 まで   ラフ画 に   表現 できないので


参考 に なる  シート の  写真 を  出力 し


20151114_073018.jpg


20151114_073026.jpg


実際 に  シート を   製作 する   KAZ くん に  


伝えたいこと が   きちんと   伝わるよう、

要望 を  書きこんで   見て もらいながら   


1448312710733 (1)


よく  相談  して、    細かく  内容 を   決めまして    


S原 さん の  了解 を  もらって、   まずは   

フロント シート の   デザイン が  決定 です。  


20151119_055921.jpg


同じ ように、   リア シート や    リア トレイ、

フロア や、  トランク  の   デザイン も   決まったので


KAZ くん は、  シート の   ウレタン 加工 が  始まり


20151119_055910.jpg


O羽 さん は、   S庭 師範 が   製作 した

トランク  パネル への   張り込み を、


S庭 師範 は   フロア や、  ダッシュ に


20151119_095224.jpg


レザー を  張る ための、   下地  製作 を、


RYU くん は   劣化 して、    ボロ ボロ に  

割れている、   シート ヒンジ  カバー の   再生 を、


20151119_095252.jpg


漏れ田 くん は、   ちょっと  余っている、、、、、  

ちんこ の 先 の、   レザー の  手術 へ、、、、、、、


それぞれ が  やるべき  事 を 、   全速 前進 で  進めて いきます。

楽しみです、  50 MERC


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2015/11/25 06:24 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

GRAND NATIONAL ROADSTER SHOW



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”、   


グランド  ナショナル  ロードスター  ショー  へ   出展 の ため  

港 へ 持ち込み、   コンテナ へ  収めて いきます


IMG_2520 - コピー


ボディ が   鏡面 仕上げ なので、  HRCS に  展示 した 際 や


FIT で  撮影 してる 間 に、  ボディ に  ついた  ほこり を

毛はたき で   さっと  吹いただけで


ボディ には  拭き傷 が  付いて  しまうので


IMG_2521 - コピー


GNRS に   完璧 な  状態 で  持って いきたいと


港 へ 持ち込む  前日 に  オート コネクション さん に 預けて

1日 掛けて、  ボディ を  磨き直して もらいまして


拭き傷 も  綺麗 に  なくなり、  再び  鏡面 ボディ に  なりまして

 

IMG_2523 - コピー


IMG_2529 - コピー


翌日 に   磨き上がった、  Ox Blood を   引き取り に 行き


ボディ に  触れると   傷 が  付いて しまうので

触れないよう、  積載車 に  積み込み しまして


IMG_2546 - コピー


その足 で、  横浜 本牧 の   MOON EYES へ  行きまして


今回 の   GNRS 遠征 の   アレンジ を  担当 してくれた

”  KID  ”  こと、  M井 くん  と   合流 したら


IMG_2556 - コピー


IMG_2559 - コピー


M井 くん の  運転 する、   黄色い ハイラックス デューリー  に

誘導 されながら、    本牧 埠頭 へ   向かいます


港 に  着いたら、   積み込む  コンテナ の  近く で


IMG_2569 - コピー


Ox Blood を  降ろして、   輸出 する  手続き を  する

税関 の  職員 の  方 に  立ち会って もらいながら


通関 手続き を   進めて いきます


IMG_2571 - コピー


Ox Blood を  降ろしたら、  税関 職員 の  方たち が

輸出 の  申請 を  している  内容 と


相違 が  ないか    照合 しながら、   検査 が  始まりまして  


IMG_2632 - コピー


輸出 や、  通関 の  アレンジ も   担当 してくれた

心配 そうに  見守る   M井 くん を  よそに   


検査官達 が   食い入る ように   エンジン ルーム  を  見てるので

「  カッコイイ ですねー 」   とでも、   言って くれるのかと  思ったら
  


IMG_2588 - コピー


「  車両 の  VIN ナンバー が   ”  OX BLOOD ”   って なってるけど ? 」

って、  チャン  カワイ  みたいな   職員 が  言うので、、、、、、   


「  そうです。    Ox Blood   ですけど、  ナニか !? 」  

って、  胸張って  答えましたら


IMG_2585 - コピー


「  輸出 申請 の  番号 と  違うので、  アウト です  」   って、  言われまして、、、、、


がびーん、、、、、、、   うーん、  そういえば   M井 くん に   

ナンか  言われた  記憶 が  あるのですが、、、、、、  


3歩 歩いたら   忘れて しまい、  ハッキリ  思い出せず、、、、、、


IMG_2586 - コピー


うーん、、、、、   確か、   「  ちんこ、   定規 で   測っといてね 」  

って、  言われた  記憶 が  あったので   ちゃんと  測りましたが、、、、、、  


正しく は、  「  ちゃんと、  正規 の   プレート  付けといてね 」

の  間違い だった ようです、、、、、、、


23163759443_70027a8c8e_k.jpg




で、 どうしても   輸出 許可 が  下りないので、   チャン カワイ さんに、   


「  今から  正しい  プレート 持ってきて   貼り直します 」   と  お願い してみましたが

「  もう  間に合いません、  アウト です 」   と  却下 されまして、、、、、、


予想外 の  トラブル に、  M井 くん も   真っ青 です、、、、


IMG_2571 - コピー


結局、    漏れ田 くん の   お粗末 の  お陰で   無駄足 に  なりまして


「  はい、  お帰り は  あちら 」   と、  Ox Blood は   積載車 に  積み直し、  

あえなく  ご帰還 と  なりまして、、、  うーん、  困りました、、、、、  


こうなったら、  知り合い の   マフィア に  頼んで   密輸 するしか ないですね。。。。。


IMG_2584 - コピー


で、  某 茨城県 の   ”  下半身 が  指定 暴力団 ”  の、  ゴッド ファーザー 


”  狂犬風  ちわわ ”  に    頼んで、  不法 入国用 の  

難民船 を  手配 して もらいまして
 


イスラム国 と、  北朝鮮 経由 で、  カリフォルニア を  目指します


VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!


[ 2015/11/25 05:00 ] Grand national roadster show 2016 | トラックバック(-) | コメント(-)

Oxblood



 50 MERC   ”  Ox blood ”  プロジェクト、   


ショー ボード の  製作 も   デザイナー さん に

進めて もらってまして


20151111_211359.jpg


製作 する  ショー ボード の   大きさ が   決まったので


候補 で  挙げてもらっている、   数種類 の  パターン から  

どれが  いいかを  選ぶのに


20151111_211405.jpg


試験的 に  全種類 を  製作 して みて


実際 に  色合い や、  雰囲気 を 見て

決めましょう と  なりまして


20151111_211410.jpg


実寸 通り の  大きさ で、  仮 印刷 して  もらいまして


ステンレス 板 で  製作 したら   どうかと

ステンレス の  ヘアライン 調 や


20151111_211446.jpg


20151111_211438.jpg


高級感 を  出すため、    黒い  マット 紙  の

質感 で   作って みたり


インテリア に  使っている、   ボルドー の


20151111_211426.jpg


レザー を  張った   ボード も  いいね と


Ox blood の  ロゴ を   浮き出るような

書き方 を   した 場合  や


20151111_211417.jpg


レザー に  型押し して、   逆 に  凹ませて

沈んで 見えるような   書き方 などを   


試験的 に  作って もらいまして


20151109_044923.jpg


既 に  登録 して、  ナンバー プレート が  付いている

クルマ ですが、   ショー の  時 に   


クルマ の   前後 に  ナンバー プレート が  付いてると


20151109_044913.jpg


雰囲気 が  崩れて しまうので、、、、、、


ショー 時 に   取り付ける、   カッコいい 

ナンバー プレート の   製作 も  お願い しまして


20151111_230023.jpg


こちらも   ステンレス の  ヘア ライン、


ブラック の  マット 紙  に

ブラック の   レザー 張り、


20151111_230026.jpg


ショー ボード  同様 に、   インテリア で  使用 する  

レザー を  張った もの を   試作 して もらいましたが


実際 に  クルマ に  照らし合わせて みると  


20151111_230030.jpg


艶 の ある   ボディ には、   マット な  感じ は  合わない

と   なりまして、   光沢 の ある   ブラック にと  なりました。


想像  しきれない もの や、   他 が 良い  可能性 の  あるもの は 


20151111_230033.jpg


やっぱり、   実際 に  やってみないと  解りませんね


これまでに 見てきた、   カッコいい モノ や、  

失敗 の ない 物 を   安易 に  選択 せず、  


20151114_200620.jpg


失敗 を  恐れず、   自分達  らしい こと、  自分達 が  

良いと  思うこと に   根拠 の 無い 自信 を   貫きまして


今回 も   ” 破壊  と  創造 ”  で、  ナニより です。。。。。


20151114_200702.jpg


素人 感覚 で   「  こうしたい 」   とか、   

「  この方が  いい 」   とか   言ってるのを


デザイナー さん に   こうした方が  よくなる とか


20151114_200945.jpg


ここは、  こう しちゃいけない  とか、

プロ の 意見 で   補正 してもらい ながら


理想 を、    現実 の  カタチ に  できまして


IMG_2573 - コピー


 
これも、  アイデア の  発想力 も、  技術力 も  一流 で

優秀 な  デザイナーさん の  お陰 ですね


ナンバー プレート や、  ショー ボード 用 の  パネル は、     


20151114_201703.jpg


プロ 用 の  印刷機 で  出力 してもらい、   

エチレン ボード に  貼り付け しまして、  


使用 したい  サイズ に   切り出しまして


IMG_2582 - コピー


裏 や、  エチレン ボード の  切断面 の   外周 にも、  

ブラック の  テープ を   貼って、  仕上げまして


まずは、  ショー ボード  と、  プレート が   完成。


IMG_2589 - コピー


続いて、  S庭 師範 が  出来あがった  

ショー ボード を   展示 する 際 に  使う


ボード スタンド を  製作 して いきます


IMG_2584 - コピー


ショー ボード と  同じ サイズ の  型紙 を  作り


それに  合わせて、  ステンレス の  板 と、  

C型 の  チャンネル を  切り出し


IMG_2593 - コピー


ショー ボード を   はめ込む、   下側 の  チャンネル、

ボード を  立てかけて  保持 する  クランプ 部分、


ボード を  立てる、  脚 部分  を    作りまして、


 
IMG_2591 - コピー


ステンレス を  鏡面 仕上げ に  ポリッシュ  したら

ショー ボード スタンド が  完成


溶接 構造 に  して しまうと、  持ち運び の 際 に


IMG_2594 - コピー


大きくて  かさばるので、   組み立て式 で   作りまして


ショー 会場 まで   コンパクト に  運べて

現地 で  簡単 に  組み立て できます  


IMG_2592 - コピー


Ox Blood  プロジェクト、  ロッド ショー に   向けて

着々 と  準備 が  進んで まして、  楽しみ です

 

このような、  ショー ボード や、 パネル の デザイン、 製作 を

お考え の 方 も、  是非  御相談 ください


VIVA !  S庭 道場 &  S美 ちゃん !!!!!!!





[ 2015/11/24 05:07 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

HAMAII JUICY



 日曜日 は、  茨城 那珂 で   CAR SHOW

”  HAMAII JUICY ”  が   開催 されてまして


参加 した 方 の    写真 を  見てると


12274320_902278896515588_3844171119121592991_n.jpg


12246828_902279003182244_3884252785126896152_n.jpg


LOW RIDER、  トラッキング、  USDM  と

沢山 の  クルマ が  エントリー していた ようで


有名 な  クルマ も  沢山  いますね


12243286_902278889848922_7761517025980807735_n.jpg


12239977_902278849848926_1574014562362537488_n.jpg


FIT の  昨年 の  プロジェクト カー、


チャネリング  &  カスタム フレーム  & 

LS-1  搭載、   W松 さん の


12246833_902278766515601_5824225034094339154_n.jpg


”  SPARKLE  56 ”  も   エントリー してまして


綺麗 に  維持 して  頂いているのも

乗りまわして  頂いてるのも、  嬉しいですね


  
12239755_902278809848930_2688156967695469953_n.jpg


来週 は、  MOPONA SWAP MEET でも    会えるでしょうか


モポナ では、   DAYTON の  ブース を  出して

T シャツ や、  ワーク シャツ  なんか も  


11224524_902278773182267_2784681081162072991_n.jpg


販売 する 予定 ですので、  見掛けたら 

是非  お立ち寄り ください


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!




  
[ 2015/11/23 09:21 ] CAR SHOW | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”  プロジェクト、   

全速 前進 で   進めて まして


ダッシュ & ゲージ の  組み換え  を  進めます


IMG_2417 - コピー


これまでの  ゲージ も、  リビルト してあるので  

じゅうぶん  綺麗 ですが


リクローム した   ベゼル と  比べて しまうと

雲泥 の  差 が  ありますので


IMG_2414 - コピー


新しい  ベゼル を  使い、  さらに  綺麗 に  なるよう、  

仕上げて いきます


今回、  Ox Blood  プロジェクト では、  ダッシュ、

ゲージ は  オリジナル を  生かす ことに なり


20151114_225340.jpg


オリジナル の  ゲージ を  きちんと  作動 させて


アンチ で    ごく  小さな ブツ が  あった  ダッシュ ベゼル や  

スイッチ の  ノブ や、   スイッチ ベゼル も


20151115_024929.jpg


ショー カー として   ふさわしい  クォリティー で

コンディション の  良い モノ に  変えるためには


リプロ 品 が なく、  オリジナル 品 を  探すしか  ないので


20151115_024939.jpg


アメリカ で、  合計  3台分 の   ダッシュ を  集めてきて、、、、、


その中 から、  コンディション の 良い パーツ を   選び出して

リクローム して、  組み立てて  いきます


20151105_155356_LLS.jpg


20151112_204553.jpg


ゲージ や、   スイッチ 類 も、    長年  掛けて 集めてきた

NOS や   新品 を   惜しみなく  投入 しまして


NOS の  ゲージ は、  よく  潤滑 して おきます


20151115_015408.jpg


20151115_023857.jpg


これまで  使っていた   ダッシュ からも   

コンディション の  良い パーツ は  移植 と なり


3台分 を  分解 しながら、  移植 & 組み立て していきます


20151115_015248.jpg


20151115_015259.jpg


スピード メーター も、   NOS で   走行 距離 も

0 Km  の モノ が   投入 されまして


今回 の  プロジェクト で   生まれ変わる   50 MERC は


20151112_204656.jpg


20151115_015254.jpg


Ox Blood として、   メーター も   0 km から   新しい  

ストーリー が   始まるのも   気持ち が いいですね


ゲージ パネル は、   リプロ 品 の   新品 が


20151115_020256.jpg


クォリティー が   イマイチ だったので、、、、、  


これまでの モノ を   綺麗 に   リフレッシュ  して 

新しい  ベゼル に   組み換えて いき


20151115_023853.jpg


ゲージ、  スイッチ、  照明 も   新品 に  組み変えて

NEW  ダッシュ  が   組み立て 完了。


ダッシュ の  両端 に  取り付ける、  


20151115_075010.jpg


20151115_075015.jpg


ドア を  開けると   足元 を  照らす  照明 も

オリジナル を  忠実 に  復元 し


配線 も、  バルブ も  新品 で   再生 しまして


IMG_2777 - コピー


遊び に 来ていた、   50   STYLE  LINE  の   

K子 くん と、   月光 仮面 が   


キャンディー  チェリー ブラック に  塗り直した   ダッシュ ボード へ


IMG_2776 - コピー


20151118_221033.jpg


組み立て  してくれる 事 に  なりまして


まずは  組み付ける 際、   傷 が  付かないよう

ダッシュ ボード、  ベゼル に  よく  養生 して


20151118_221027.jpg


20151118_221431.jpg


いよ いよ、  合体 と  なりましたら


途中、    浅はか な   漏れ田 くん が   先 に   

ベゼル に  組み付けた   アレ や  コレ が  当たって  


20151119_003147.jpg


入らねぇ、、、、、  とか、   当たるじゃ ねぇか  とか   

みなさま に   終始   怒られながら、


組み上がっていた  ベゼル は、   ほぼ  全バラ に  なり、、、、、


20151119_023155.jpg


「  1歩  進んで、   5歩  下がる   とは   まさに  この 事 ですね。。。。。。  」   

と、   K子 くん に   コケ に されながら


なんとか  みなさま の  お陰 で、   無事   組み立て が  完了。。。。。


 
20151119_023144.jpg


ショー カー らしく、   ビカ ビカ に  仕上がり    最高 です!


引き続き、   全速 前進 で  進めて いきます

楽しみです、  50 MERC


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2015/11/22 08:00 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY



 50 MERC  ” Ox blood ”  プロジェクト、   

全速 前進 で   進めて まして


先日、 オーナー の  S原 さん が   遊びに 来た際 に  


IMG_2540 - コピー


S原 さん の   好み の   マフラー チップ  形状 と

マフラー 位置 を   聞きまして


その 通り に  なるよう、  加工 を  進めて いきます


IMG_2571 - コピー


排気音 は  静かな 方が  いいので、   チェリー ボム の

エクストラ ロング という、  長い  タイコ  を  使い、


マフラー は   バンパー 後ろ まで  引かないと  


IMG_2568 - コピー
  


腹下 で   排気音 が  地面 を  叩いたり 

反響 したりして、   やっぱり  うるさいので


デュアル マフラー を    電動 ブレーキ を  避けるよう

全部   助手席側 で    取り回した うえに


IMG_2547 - コピー


C ノッチ フレーム、   パラレル 4 リンク に   エア バック、

リア スウェイバー も  付いている、  スペース の ない  


デフ 周辺 を   針 の 穴 を  通すように   取りまわして   




IMG_2548 - コピー


きっちり   リア バンパー 下 まで  ひいて ありまして


仕上げ は、  チタン カラー で   セラミック コーティング 済み

 
そんな、  超  手間 暇  掛かった、   マフラー は


IMG_2550 - コピー


車高 が  下がって、  グランド スラム しても   地面 に  

当たらないよう、  フレーム より   上 の 位置 に  取り回してあり


通常 より、  高い 位置 を   這わす ために

ブラケット や、  マフラー ゴム も  工夫 してあり  


IMG_2552 - コピー


リア の  バンパー 下 に    出てくる  部分 も   通常 は、  

バンパー フィラー パネル の 下 を   通って いますが


マフラー 位置 を  上げる ため、   バンパー フィラー パネル に   

マフラー を  通す ために   アーチ 状 の  切り欠き を  入れ


IMG_2480 - コピー


トンネル を  作って、  取りまわしてある   逸品 です


バンパー と  ボディ の  隙間 部分 の  パイプ は、   

横から 見ると   見える 部分 なので、 


IMG_2484 - コピー


最後 の  バンパー 下 までは、  ステンレス パイプ を  

加工 して、   ステン マフラー チップ  を  製作 します。


ステンレス パイプ の   端 に、  ステンレス の


IMG_2544 - コピー


棒 を  一周  巻いて    溶接 しまして

溶接 部分 を  仕上げて、   ポリッシュ。


マフラー パイプ を    ボディ の  奥 で  切断 し、


IMG_2565 - コピー


IMG_2566 - コピー


製作 した  ステンレス チップ へ   差し替えて


見える 部分 は、   全て  鏡面 仕上げ の  

ステンレス チップ  で   仕上げまして


 
IMG_2582.jpg


出口 の  位置 も、  S原 さん の  希望 の  

位置 に  取りまわし、   


マフラー の  仕上げ も    完了 です


IMG_2581.jpg


次 は  ダッシュ & ゲージ の  組み換え を

引き続き、   全速 前進 で  進めて いきます


楽しみです、  50 MERC


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2015/11/21 08:54 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERC



 50 MERC  ” Oxblood ”  プロジェクト、   

全速 前進 で   進めて まして


天井 にも   断熱材 を   施工中。    


IMG_2540 - コピー


天井 は、  ヘッド ライナー を  張る 際 に  


厚み の ある   断熱材 を  張ると

邪魔 に  なって   張れないとの ことで  


20151029_012445.jpg


床 や ファイヤー ウォ―ル に  敷き詰めた   断熱材 は  

使用 せず、   ACID 57 でも  使用 した 


NASA が   スペース シャトル に  使用 している 

とても  軽量 で、  薄い  断熱材 を    使いまして


20151029_052753.jpg


S庭 師範 が   叩き出した、  天井 パネル を

取り付ける  ガイド に  沿って、  張り込みまして


天井 を   レザー 張り に  したい、、、、  

と、 勝手 な こと を  言ったら


20151029_063859.jpg


レザー だと  天張り材 の  ように  伸縮性 が ないので   

ヘッド ライナー を  張る、  針金 の ような  ボウ では  張れないのと


CHOP TOP して、  天井 が  低くなると、    頭 と  天井 が  近く

圧迫感  が  半端 じゃなく なりますので


IMG_2491 - コピー


ボウ 構造 で   天井 を 張ると、  天井 から  5 cm くらいの

スペース を  使いますが、  快適 な   空間 に  したい、、、、と、    


天井 から   わずか  10mm の 位置 に  天井 を  張れるよう


20151111_043829.jpg


S庭 師範 が  アルミ パネル を   叩き出して

成型 してくれた、  ルーフ パネル に


BASTARDS の  KAZ くん が、   ウレタン 巻いて

レザー を  張って くれたら


IMG_2529 - コピー


下町 育ち、  江戸っ子 の  DAICHI  と


ブルーシート 育ち、   河川敷っ子 の  月光 仮面  が  

「  せいや 」   と、  神輿 の  ように  担いで


IMG_2530 - コピー


わっしょい、  わっしょい   と、   リア ガラス から

室内 に  運び込みまして


ルーフ パネル は、   フロント か、  リア ガラス 部分 から


IMG_2531 - コピー


室内 に  滑り込ませる 構造 で   製作 してあり

窓 の  サイズ に  合わせて


センター、  サイド が   分割式 に  なって いまして


IMG_2533 - コピー


分割式 な  構造 なのは、  もう ひとつ

理由 が  ありますが


それは  後ほど に  説明 すると  しまして


IMG_2534 - コピー


室内 に  滑り込ませた   ルーフ パネル は


3人 掛かり で   固定用 の  骨材 に

カチャ っと  ハメ込み まして


IMG_2538 - コピー


両端 部分 を   ビス で   固定 して いきまして


まずは、  ルーフ パネル  の  センター ピース の

取り付け が   完了。


20151111_211154.jpg


センター の  両脇 の、  サイド ピース を  付ける 前 に


ルーフ パネル が    センター と  サイド と

別体式 の  理由 の   もう ひとつ の  理由、  


IMG_2668 - コピー


エアコン 吹き出し口 の   取り付け に  進みます


鉄板 を   切り出して、    作りたい  サイズ の  鋼管 に  

くるっと  巻きつけて、   ロール 状 に  しまして 


IMG_2669 - コピー


IMG_2670 - コピー


続いて、  鉄板 を   バナナ の ような  形 に  切り出し

鋼管 に  巻きつけながら、  すり鉢状 に  成型 しまして


先ほど  製作 した   リング と  合体 させ


IMG_2672 - コピー


太さ を  変換 する   ”  レデューサー ”  を   製作。


仮付け して、   太さ や  高さ に  

問題 が   ないことを  確認 したら


IMG_2674 - コピー


中 を  流れる  モノ が   漏れないよう

しっかり、  全周 溶接 で、  本溶接 しまして


使用 する   ダクト  を   取り付けすると


IMG_2677 - コピー


こんな 感じ で、  太い  ダクト を   途中 から

細くする、  レデューサー に  なりました


製作 して いたのは、   クーラー の  風 を  送る 

”  送風 ダクト ”  でして、


IMG_2675 - コピー


マーキュリー は、  ダッシュ ボード の  奥行き が   とても 浅く


 
ダッシュ 裏 に  取り付ける  エアコン ユニット を  使おうと すると

小さい サイズ の   エバボレーター ユニット しか  付けられないので


 
IMG_2678 - コピー


東京 の  夏  どころか、   真夏 の  沖縄 では

まったく  太刀打ち できないので


沖縄 に  嫁ぐ   Ox Blood では、  性能 重視 で


IMG_2686 - コピー


冬 も  ヒーター を  使うほど、  寒くない  という  沖縄 に  合わせ


ビンテージ エア 製 の   超 特大  エバボ ユニット を  有する

リア クーラー  KIT、  ”  モンスター クール ”   

を   使用 すること に  しまして


IMG_2691 - コピー


通常、  モンスター クール は   リア トレー に   設置 し

吹き出し口 は  リア トレー に   1箇所 だけで


ブロワー モーター 2機 搭載 で、  大風量 の  ユニット で

室内 を  一気 に  冷やす   仕組み  ですが


20151113_222016.jpg


やはり   本当 に   暑い 時 は、  自分 に   直接  

冷風 が  当たらないと    涼しく 感じないので


リア トレイ から、   ルーフ の  サイド パネル の  中 に   


20151113_222021(0).jpg


送風 ダクト を  通して、  前 まで   冷風 を  持っていき


運転席 と、  助手席 の   前後  設置 する

吹き出し口 から  送風 できる  構造 に  しまして


IMG_2407.jpg


リア トレー からだけ、   吹き出す ための   太い  ダクト は  

レデューサー を  製作 し、   途中 から  細くしまして


流速 を  上げることで、   吹き出し口 からの  送風量 を

増やせるように  計算 して   作られました


   
IMG_2408.jpg


アルミ パネル を  叩きだした、  サイド ピース も

ウレタン を  巻いて、   レザー を  張りまして


ダクト を  設置 した  部分 に  取り付け  して いきます 


IMG_2685 - コピー


サイド ピース は、  取り付けた あとに


固定用 の  ビス や、  穴 が 見えないように

取付 方法 を  考えた  作りに  なって いまして


IMG_2683 - コピー


通常 の  天井 の ような、  骨材 が  浮き出ることも なく


センター、  サイド ピース  ともに   固定 器具 も  見えない、  

すっきり と した  構造 で   仕上げて もらいまして


20151113_222042.jpg


S庭 師範 の   設計、  製作 の   巧妙さ が  よく 解ります


サイド ピース の   取り付けを  終えたら、   

沢山   取り寄せた  吹き出し口 の  中 から、     


IMG_2598 - コピー


大きさ、   奥行き、  送風 する  向き など、 


全て の  条件 を  クリア する   吹き出し口 を  

選び出しまして、   取り付け しまして


20151117_205428.jpg


レザー 張り  天井 パネル の   取り付け、  

エアコン ダクト  &  吹き出し口 設置 が  完了 です


大きな 面積 でも、  レザー で   ビシーっと  張ってもらい


IMG_2715 - コピー


高性能  エアコン に、  吹き出し口 まで  付いて   最高 です!


引き続き、   全速 前進 で  進めて いきます

楽しみです、  50 MERC


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2015/11/20 07:48 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 STYLE LINE



 K子 くん の、  50  STYLE  LINE


切られて  無くなっていた   フード 先端 の   再生、   

兼、  K子 くん の  好み の  形 で   成型 しまして


IMG_0696 - コピー


続いて、  フード 先端  の、   両サイド を   再生、  

成型 して いきます


こちらは  ボンネット の  先端 の  ように  


IMG_0703 - コピー


IMG_0704 - コピー


オールズ モービル の  グリル が  付くよう、

切断 して あるのでは  なく、  


取り付け する  ボルト 穴 が  開けてある  程度 なので
 


IMG_0711 - コピー


IMG_0709 - コピー


使わない 穴 は   埋める くらい で  済みそうですね

なんて、  喜んで  いたのも    束の間、、、、、、、


ボンネット の  先端 の  再生作業 の   鈑金中 に


IMG_0712 - コピー


IMG_0713 - コピー


ハンマリング の  衝撃 で、   パテ が

ぽろっ と   剥がれ 落ちまして、、、、、


いつも、  歯 の 隙間 に   マン毛 が  挟まってる

TSU- くん  の  ように、  


IMG_0702 - コピー


K子 くん の   50  STYLE LINE  も

グリル に  マン毛 が  挟まってるのかと  思ったら


ボディ が  腐食 して、  穴 が  開いている 状態 に


IMG_0703 - コピー


IMG_0704 - コピー


パテ を  盛って、  埋めてあった ようで、、、、、


ボディ が   歯槽 膿漏  状態  でしたので、   

やっぱり、  TSU- くん  と   一緒 ですね。。。。。


IMG_0705 - コピー


歯槽 膿漏 の  部分 は、  型紙 を  とって

鉄板 を  切り出したら


叩いて、  カーブ や  膨らみ 具合 を  合わせまして

新しい  再生用  パッチ を    製作。


IMG_0797 - コピー


膿んでる  部分 を   切開 し、   張り替えまして

グリル 変更 で  不要 に なった、  ボルト穴 も  埋めました


TSU- くん の   歯槽 膿漏 は   再生 不能 で、、、、

高額を   払って、  インプラント に  なった そうですが


IMG_0722 - コピー


K子 くん の   50  STYLE  LINE  は

S庭 道場 の   手 に よって


両側 とも   新しい  鉄板 で  再生 されまして

 

IMG_0715 - コピー


IMG_0716 - コピー


しっかり   全周  溶接 して あるので、   これでもう


固い モノ を   噛んでも、    H野 キャプテン が  作った   

しけった   お煎餅  食べても   大丈夫 ですね


IMG_0717 - コピー


全周  溶接 したので、   溶接 の  際 の

熱 歪み も   修正 され、


ボンネット 先端  と   ライン や、  カーブ も

ぴったり と  合いまして


IMG_0721 - コピー


最後 に   溶接跡 を  キレイ に  仕上げたら


エクステンション  され、 フード の  先端 の

位置 が  変わったので


IMG_0727 - コピー


ボンネット を  閉めた とき の   キャッチ 部分 と


ボンネット を  開ける 際 に  操作 する

リリース ハンドル 部分 も  作り直しまして、   


IMG_0724 - コピー


ボンネット の  先端 と、   ボンネット 先端 の  

両サイド の  再生、  成型 が   完了 です


これで   FIT での   作業 を  終え、  

K子 くん に   引き渡し させて  もらいまして、  


IMG_0723 - コピー


HRCS まで、   残り  約 3週間、、、、、、  

はたして、   オールペン   間 に 合うのでしょうか


楽しみ です、  STYLE  LINE


VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!



[ 2015/11/19 04:00 ] 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERC



 50 MERC  ” Oxblood ”  プロジェクト、   

全速 前進 で   進めて まして


TSUー くん は   山 へ    家出 少女 さらい  に、

カウパー氏 も   川 へ   オナニー に   出掛けまして


IMG_2462 - コピー


漏れ田 くん も、   吉原 へ   行ったきり、  

戻って きませんが、、、、
  


山 へ  向かった   カウパー氏 は


IMG_2314 - コピー


電車賃 が  なくて、   駅 の  改札口 で  

ブリッジ オナニー していた ところ を


K藤 師範 に  見つかり、   連れ戻されまして


IMG_2422 - コピー


下回り  掃除 の  刑 に   なりました、、、、、、


吉原 の  待合室 で、   嬉しそうに   エロ本 を   読んで

順番 が  来るのを   待っていた   漏れ田 くん は、  


IMG_2336 - コピー


ちょうど  店 で  はちあわせた、   某   富山県 の  

某   エイト パワー の、    某  清水 さん に


捕獲 され、   連れ戻されまして


IMG_2489 - コピー


配線 きれいに   やり直し の   刑 に  なりまして、、、、、、 


TSU- くん は、  幼女 誘拐 で   

逮捕 されたって   噂 です。。。。。。


20151111_043810.jpg


そんな  戦力外組 を  しりめ に、    S庭 師範 と  

RYU くん は   ガン ガン、  外装 の  組み立て を


DAICHI は  エアコン の   配管 作業 に


IMG_2450 - コピー


粗ういちろう は、  室内 の  断熱材 の

施工 を   頑張って いまして


制振、  防振 には   ダイナ マット が  最適 ですが、


IMG_2474 - コピー


IMG_2452 - コピー


床 や   天井、   ファイヤー ウォール の  断熱 は、  


ダイナ マット だけでは   不十分 なので

日本製 で、  性能 が   間違いなく  1番 という


20151112_060138.jpg


20151112_060127.jpg


厚さ 12mm の   超 高級  断熱材 を   

床 や   ファイヤー ウォール に  敷き詰め まして


夏 の  沖縄 でも、  エアコン  ビン ビン に


  
20151112_060055.jpg


効くように、  できるだけの  対策 を  しておきます


INGLESE 製  の、  フューエル  インジェクション システム を

取り付け した  都合上、   モジュール が  増え


20151112_060102.jpg


配線 の 量 も   とても  増えたので、


エンジン ルーム 内 の  配線 を  

すっきり  取り回し できるよう


20151112_060111.jpg


ミッション カバー に   配線 を  通せるように  加工 し、


エンジン ハーネス の  大半 を、  ミッション 付近 から   

見えないように  取回すように   加工 されまして


 
IMG_2211.jpg


続いて、  S庭 師範 は  これまで  ホース だった

ラジエーター ホース の   パイプ化 も  進めて まして


ステンレス の  パイプ を  太さ 違い を  組み合わせて
  


IMG_2225.jpg


IMG_2224.jpg


ホース の  差し込み 部分 を  作り


一番  キレイ に  取回せる  ところ に くるよう

ベンド 管 や、  ストレート を   細切れ に して


IMG_2226.jpg


つなぎ合わせながら、  取回して いきまして


アッパー、  ロワー とも、  まずは  点付け で

仮組み  して いきまして


IMG_2231.jpg


IMG_2232.jpg


問題 ないことを   確認 したら

全周、  しっかり  本溶接 していきます


3D で、  複雑 な  形状 してますね


IMG_2234.jpg


IMG_2235.jpg


本溶接 が  終わったら、  溶接 ビート を  

キレイ に  仕上げて いきまして


今回 は、  ステンレス パイプ ですが


IMG_2236.jpg


鏡面 ポリッシュ 仕上げ  には   せず

ヘア ライン 状態 で   仕上げ を  終えまして


マット 仕上げ で、   大人 な  感じ ですが


IMG_2241.jpg


IMG_2242.jpg


この 状態 で   三協 ラジエーター さん に   送って


エンジン ルーム の  ディティール に  合うよう

8 STACK の   ファンネル や  


20151110_191535.jpg


20151110_191549.jpg


プーリー や、  ブラケット、  ウォーター ネック などと  同じ、  


7分艶 の  ブラック の   パウダー コート で  

仕上げて もらい、  フィニッシュ させまして


20151110_191556.jpg


ラジエーター の  リザーブ タンク も、  ブラケット を   

かっこよく  製作 したら


同じく  ブラック パウダー で  コーディネート しまして


20151110_191719.jpg


引き続き、   全速 前進 で  進めて いきます

楽しみです、  50 MERC


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!





[ 2015/11/18 04:03 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1960 CHEVY IMPALA CONV



 I部 くん  の   60  IMPALA CONV   


オーディオ や  エアコン の  修理 を  終え、  

配線類 の  引き直し も  終わりまして
   

IMG_0888 - コピー


S庭 師範 の   59  EL-CAMINO で  使っていた



ステンレス製 の  ⅰ- Phone ホルダー を  見て、  

「  それ、  俺 も  欲しい、、、、 」  と  言われ


IMG_0890 - コピー


S庭 師範 が  市販品 では   カッコよくて、  使い易い モノが

無かったからと、  ハンド メイド で   作った ホルダー なので

 
同じ モノを  I部 くん にも   1個  作る ことに  なりまして


IMG_0881 - コピー


IMG_0882 - コピー


「  RYU くん、  同じように  作って おいて ください 」

と、  別 の 作業 で  忙しい  S庭 師範 に


RYU くん が   製作 を  命じられまして


IMG_0885 - コピー


IMG_0886 - コピー


シガー ライター に   ぴったり の 径 の   ステンレス 製

パイプ を  切り出して、  続いて   大きさ を  合わせた  


ステンレス の  板 を   溶接 しまして


IMG_0921 - コピー


IMG_0922 - コピー


小さな  ステンレス 板 を  切り出して、   折り曲げたら

囲い 部分 の   側面 が   完成。


それを  溶接 して、  ポリッシュ  したら


IMG_0903 - コピー


IMG_0904 - コピー


シガー ライター に   ブスッ と  挿して   固定 する

”  ⅰ- Phone  ホルダー ”   が   完成。


ステンレス ポリッシュ で、   ピカ ピカ  なので


IMG_0902 - コピー


ロー ライダー らしくて、  カッコいい ですね


ホルダー 製作 も  終わり、   バラバラ に していた

インテリア も  組み立て られまして


IMG_0891 - コピー


IMG_0917 - コピー


分解 して  作業 していた、  外装 も

全て  組み戻し  しまして


一通り の  作業 が  完了 しまして

 

IMG_0918 - コピー


無題 - コピー


全て の  内外装 を  組み立て 終えて、  


ステンレス パイプ 化 した   エンジン ルーム や、  

コア サポート カバー など   ビカビカ な  クルマ を  見てると


IMG_0817 - コピー


IMG_0818 - コピー


IMG_0819 - コピー


「  こんな  ぴかぴか な  クルマ なのに

   ワイパー が  くすんで  ますね

  
   ショー カー なのに   勿体ないですね、、、、、 」


って、  話 に  なりまして、、、、、


IMG_0820 - コピー


IMG_0821 - コピー


IMG_0824 - コピー


最後 に   ワイパー の   ポリッシュ 作業 を

行う ことに  なりまして


クルマ から  取り外した  ワイパー は  粉々 に  分解 し


IMG_0825 - コピー


IMG_0826 - コピー


IMG_0827 - コピー


バフ と、  ポリッシャー、  リューター を  

駆使 して、  裏 の  細かい 部分 まで   


ピカ ピカ に  磨き込みまして



IMG_0828 - コピー


IMG_0829 - コピー


IMG_0831 - コピー


ワイパー も  ステンレス 製 なので、

磨けば  キレイ に  なりますね


磨いた モノ と、  磨いて いない モノ を  比べると


IMG_0833 - コピー


IMG_0835 - コピー


IMG_0836 - コピー


IMG_0837 - コピー


光り 具合 は、   雲泥 の  差 ですね


光りモノ には   しっかり  拘る という、   S庭 師範 の  

ロー ライダー 魂 で   ワイパー も  仕上がりまして


IMG_0859 - コピー


クルマ に  装着 すると、  益々  光り具合 が  際立ちます


これで   エンジン ルーム の  ホース の

ステンレス  パイプ 化、


IMG_0960 - コピー


来月 から   エンジン を  降ろして

ファイヤー ウォ―ル を  スムージング する ための


エアコン ユニット の   移設、 取り付け


IMG_0962 - コピー


コア サポート 上 に  取り付ける、

ステンレス カバー の  製作、


ペイント ディバイダ- モール の  製作


IMG_0961 - コピー


スピード マインダー の  加工、  取り付け、

エレクトリック アイ の  加工、  取り付け、


エアコン や、  オーディオ の  修理 に


IMG_0963 - コピー


ハーネス 引き直し に、  プラーク スタンド の  加工

ワイパー の  ポリッシュ など


沢山 の  作業 を  手伝い させて  もらいまして


IMG_0964 - コピー


無事、  すべて の  作業 が  完了 です


クルマ に  貼ってあった、  養生 フィルム も

剥がして、  傷 が  付いて いないか  確認  しまして


IMG_0965 - コピー


無事、  I部 くん に   引き渡し 完了 と  なりました


NEXT CAR SHOW に  出展後、  すぐに  フレーム オフ し

ペイント を  やり直す そうで、  さらなる 進化 が  楽しみ です


VIVA !  S庭 道場 &  I部 くん !!!!!!!!!



[ 2015/11/16 17:00 ] 60 CHEVY IMPALA CONV *ADCT | トラックバック(-) | コメント(-)

Ox blood


 50 MERC  プロジェクト、   進めてまして


現在、  敏腕 デザイナー さん に    ショー ボード や

ディスプレー の  アレンジ を    依頼 してまして


o0630041911342149714.jpg


プラス、  今回  もう  ひとつ   どうしても   作りたい と  

お願い してるのが、   ”  メダリオン ”   でして


メダリオン とは、  日本車 では  あまり  見かけませんが


9571739A20130817W00103.jpg


フェラーリ や、  ランボルギーニ、   ポルシェ など

欧州車 には   多く 見かける   ”  エンブレム  ”  でして


日本車 や、  アメリカ 車 では、   ボンネット 先端 や  トランク に  

クローム の  抜き型  エンブレム が  付いて いますが、  


13a41f46f33a30d8a1d8947c489356af.jpg


高級車 メーカー の   欧州車 などには


ボンネット や、  フェンダー などに   陶磁器 などの

”  エンブレム ”  が   ついて いまして


a0051152_16502734.jpg


その メーカー の   ルーツ や、  コンセプト が  

込められた  デザイン が  施されていて


たかが  エンブレム ですが、  とてもより   お洒落 ですし

より、  高級感 を  引き立てます。


   
e115d2f6.jpg


最近 では、  アメリカ の   有名  カスタム ショップ  でも

自社 の  エンブレム を  製作 して


自分 の  SHOP で   製作 した  車両 に

取り付ける  ところ が  出てきまして


p1.jpg


製作 する  クルマ の  プランニング から  始めて、   


外装、  内装 の  デザイン、   その  SHOP の

独自性 や、  コンセプト に  合わせて


img_7257.jpg


フル カスタム を  施した   カスタム 車両 を   製作 してるので


自動車 メーカー と  生産 する  台数 こそ  違いますが

やってる ことは、  さほど  変わりません


OZpasso_20-vi.jpg


アメリカ の  有名 ショップ では、   デザイン 力 も、  技術力 も、  

まさに  コーチ ビルド メーカー  さながら なので


自社 メダリオン を  製作 して、   製作 した  車両 に


SacramentoSMDSC_719-vi.jpg


取り付け するのは、   クルマ 1台  を   デザイン から   

施工  まで    一貫 して  行える  


プロデュース 力  と   技術 を  持っている


0807rc_03_z+2008_sacramento_autorama+.jpg


その SHOP の  自信 と、  プライド の   現れ の ように  思います


僕ら も   いつかは   そうゆう  レベル まで

到達 したい という   志 を  持って   取り組んで きまして、


PICT0036.jpg


まだ まだ   中身 が  伴って いないかも  しれませんが、、、


フル カスタム の  プロジェクト カー を    プランニング から   

施工 までを、   毎年  必ず   1台 の  ペース で  


作る ことが   出来るように  なってきたので   


11038710.jpg


FIT でも、   少しだけ、、、、   カスタム カー 製作 への

自信 と  プライド を  持てるように  なって きました。。。。。


その 意志 を  込めて、  オリジナル の   メダリオン を  製作 して


1660-1.jpg


HRCS に   出展 する、  50 MERC を  はじめ


FIT で   製作 した   車両 に のみ

取り付け するように  したいと  思いまして  


new_shippo.jpg


デザイナー さん に、   デザイン から   製作 までを   

お願い して、  製作 が  始まりました


自社 オリジナル の  メダリオン を   取り付ける ように なると


new_epo.jpg


オーナー には、   クルマ を   オーダー して もらって、   


FIT の メダリオン が   付いた  クルマ を  

所有 することが   誇らしい と  思って もらえるように   


1446953937429.jpg


これからは、  益々  頑張って いきたいと  思います


メダリオン とは、  こんな  感じです。。。。 という ところ から

サンプル 画像 を   デザイナー さん に   送り


1446953942318.jpg


こんな 感じ に  したい、、、、、 みたいな   イメージ を  伝えたら


あとは  デザイナー さん が    それを  参考 にして 

色々 な  デザイン を   起こして くれまして
  


1446953943456.jpg


「   こんな 感じですか ? 」   と    届く  提案 の  イラスト も

クォリティー 高い ですし、    イメージ し易い ですね


色々、  かっこいい  デザイン、   高級感 ある  デザイン が
   


1446953939992.jpg


出来上がって きまして、   Ox bolld の  ショー ボード では 
  


“  高級 時計 や、  高級 貴金属 メーカー の   ロゴ ” と

デザイン の   コンセプト を  伝えて いたので


1446953931856.jpg


メダリオン の  デザイン でも、   高級感 を  追及 して くれましたが


B、 C、 D 案  だと、  ちょっと   デザイン 的 に

クラシック カー には  合わせずらいので と


1446953929143.jpg


A 案 から    発展 させて いく ことに  なりまして


EL-CLASSICO、   FIT-KUSTOMS の  名前、  

アメリカ  文化 を  リスぺクト して、   アメリカ 国旗 と  


1446953883582.jpg


モノ作り 大国、   日本 の プライド を   込めて、   日本 国旗、


カッコいい   クラウン と、   アイアン クロス を  

入れた   デザイン に  決まりまして


1446953923976.jpg


この  デザイン を  もと に、    日本 の  伝統 工芸

”  七宝 焼き ”  の  技術 で   製作 して もらいます


”  七宝 焼き ”   は、  デイトン チップ の  ような  仕上がり で

出したい  色調 や、   デザイン も   とても  細かいので


1446953925472.jpg


色 の  付いた  薬液 を  のせて   窯 で  焼くと

焼き上がると、  表面 が  ガラス みたいな  仕上がり に なり


身近 な モノ だと、   社章 などで   よく  使われて ます


1446953917025.jpg


ガラス なので、  紫外線 でも  色褪せ  せず

強度 も あるので、  メダリオン には  最適 ですが


今回、  とても  細かい  デザイン なのと、   使用 する  色数、 

出したい  色味 が  とても  複雑 な   デザイン なので


1446953918792.jpg


デザイナー さん が   出したい 色味 を   現実 に  するため


色 の  指定 を  始め、   彫り の  深さ や、  

下地 の  仕上げ方 まで   詳細 に  設計 して くれて


製造 業者 さん に   細かい  指示 を  出して くれてまして


1446953921786.jpg


僕ら では、  デザイン 力 は  もとより、   こんな  知識 も   

経験 も  ないので、   絶対  ここまで   煮詰め られませんので、、、、、


出来あがっても、  「  あぁ、  こんな もんか。。。。。 」

と、  意気込んで   製作 した ものの


1446953934688.jpg


仕上がってきた  チープ な  メダリオン を  見て

残念 な  空気感 を  かもしだして   終わって ますね。。。。。。


今回、  こちらの  複雑 な デザイン と 色 を、   要望 通り に   

製作 できる   業者 選定 が   難航 した ようですが


1446953890958.jpg


デザイナー さん が  諦めずに   探してくれたので


無事、  HRCS には  間に合うよう、  発注 できたそうで

今から  仕上がり が  楽しみ で  なりません


1446953883582.jpg


また ひとつ、   ずっと  やりたかった 事 が  実現 できまして

これから、  さらに  カスタム カー 製作 が  楽しく なりそうです


HRCS では、  ショー ボード、  メダリオン にも  ご注目 ください


VIVA !   S原 さん  &  Sみ ちゃん  !!!!!!!





[ 2015/11/15 18:05 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 CADILLAC




 先月 に、  来年 から  始まる    U田 さん の  プロジェクト カー


” 59  CADILLAC  DEVILLE ”  が   アメリカ から   到着 し、  

サニー トーク さん での    予備検 を   終えたので 


20151113_225219_LLS.jpg


大阪 の  陸運局 に   登録 に  行きまして


”  U田 さん の   大阪 の  自宅 まで   陸送 ”   では なく、

管轄 の  陸運局 で   登録 し、   FIT に   持ち帰る という  


コース なので、  陸送 業者 には   頼めませんで、、、、、


20151113_225629_LLS.jpg


 
朝 から  夕方 まで、   通常 通り に   仕事 した   DAICHI が

夕方 に   積載車 に  乗り換えて


夜、   サニートーク さん で   クルマ を  積み込んだら

夜通し、    大阪 の  陸運局 まで   走りまして


20151113_230142.jpg


横浜 から  大阪 まで、   休憩 無し の   片道  8時間、、、、、、


堺 で  登録 済ませたら、    再び   東京  目指して

ノンストップ で  8 時間  走り、    夜中 に   戻って きまして、、、、、


今朝 も  8時 から、  普通 に  仕事 して おります、  DAICHI。。。。。。


20151113_230154.jpg


「  楽勝 だよ 」  って   言ってる、    タフ な  男   DAICHI と

過酷 な  強制 労働 を  強いる、   ブラック 企業    FIT です。。。。。


来年 の  U田 さん の  プロジェクト、    楽しみ です


VIVA !  DAICHI  &  U田 さん !!!!!!!!!!!




 
[ 2015/11/14 09:02 ] 59 CADILLAC  DEVILLE | トラックバック(-) | コメント(-)

Oxblood 



 50 MERC  プロジェクト、   進めてまして


クルマ の  製作 作業 以外 にも、   ショー に  出展 するに あたり

ショーネーム や、   ディスプレー、  ショー ボード 製作 など


14179634779110.jpg


色々 決めたり、  作っていく  時期 が  来まして


50 MERC でも、   昨年 の   “  SPARKLE 56 ”  でも

ショー ボード 製作 を  お願いした   デザイナー さん に   


今回 も  依頼 して、   9月 頭 から   本格的 に  進めて おります


20141207_1306370.jpg


HRCS や、   CLASSIC LEGENDS への  ブース 出展 は


” DAYTON WIRE  WHEEL 社 ”  の  

オフィシャル ブース として   出展 することに なってたので、


間もなく、  創業 100年 を 迎える  歴史 の ある

一流 メーカー に   相応しい   ブース の  展開 を  しようと


20150308_1403250.jpg


SPARKLE  56 の  ショー ボード の  製作 も、   

カチッと した  モノ に したいと  考えまして


アーティスト などに  依頼 して、  アート感 の 強い 

モノ を  書いて もらうよりは


20150311044402a380.jpg


スリー エム や、  ボーイング などの、  工業系 メーカー の

ショー ルーム に  展示 されているような、  


製品  の  説明 パネル の  イメージ で  考えて、  
 


20141202_031303.jpg


それならば、、、、、 と、  工業 製品 の  プロダクト デザイナー で


グッド デザイン賞 を  受賞 するほど の  実力 を 持つ

優秀 な  デザイナー さん に   白羽 の 矢を  立てまして 


アタマ の 中に ある、   コトバ にも  出来ない  イメージ を  伝えたら


20141202_0312130.jpg


デザイナー さん の  沢山 の  提案 の  お陰 で

求めていた モノ 以上 の  モノ に  なりまして


一流 メーカー の  オフィシャル ブース に   展示 する、  

デモカー の  ショー ボード に  相応しい ものが  できました


20141202_0313160.jpg


ショー ネーム 次第 で、  クルマ の  イメージ は   

大きく  変わると 思いますし


ショー ボード  は、  実際 に  ショー で   製作 した  クルマ を    

見るだけでは  伝えきれない 部分 を   解り易く  伝えたり と、  
  


20141202_0313230.jpg


ショー で   クルマ の 魅力 を   最大限 に 引き出す   

演出 の、  重要 な   要素 だと  思います


ですので、  演出 の 仕方 も、   クルマ の  製作 同様 に   

しっかり  プランニング して、  的を  得た モノ に  ならないと 


20151106_2157531.jpg


クルマ が  どんなに  よくても、    勿体 無い ことに  なってしまうので


S庭 道場 や、  オーナー の   気持ち を  台無し に  しないよう

デザイナー さん に  協力 してもらって


良いもの に  して いきたいと  思います


 
20151105_161913.jpg


50 MERC は、  トラディショナル な   KUSTOM CAR に


オーナー の  スタイル に  合わせて、   最新 の  トレンド や

走り を  重視 した  パーツ  を  投入 して  作りこんだ


20151026_1654211.jpg


”  ストリート ロッダー ”  の  要素 が   色濃く、    

優雅 で、  高級感 の ある  作り で   製作 してるので


ショーネーム の  選定 に あたり、    ”  高級感 ”、 


14459669885131.jpg


オーナー の  S原 さん が  沖縄 の  人なので   

”  沖縄 ”  に  関連 する  モノ、


ボディ カラー の   ”  キャンディー チェリー ブラック ”  

を、  キーワード に   検討 してきまして


1446953993729.jpg


50  MERC の   ショー ネーム は   デザイナー さん の  提案 の もと


無事、  オーナー  S原 さん の  承諾 も  もらい

”  Oxblood   オックス ブラッド ”   に  決まりました


1447318562118.jpg


Oxblood とは、   元 は   「  雄牛 の 血 」  という

赤黒い 色 の  名前 が  由来 で


沖縄 で 取れる、   血赤 サンゴ の  最高 グレード を  示す  

色 でも  あり、  赤黒い ほど、  高級 と  言われている そうです。


1446953996796.jpg


”  沖縄 の  サンゴ ”、   “  赤黒い “   という   キーワード に


50 MERC の   ボディ カラー は、   近くで 見ても   ブラック ですが

光り が 当たると、   赤黒く  光る  ”  キャンディ チェリー 色 ”  で


1446953910098.jpg


50 MERC では、   インテリア を   ”  ボルドー “  という

赤黒い  カラー で   製作 してる ことも あり


 
3つ の  キーワード に  なぞらえた、  ぴったり な  

名前 に  なったと  思います  


1446953988729.jpg


また、  高級感 を  演出 する ために、   あえて  アメリカン な

イメージ を  連想 させない   ネーミング を   起用  しまして


”  高級 腕時計 や、  高級 貴金属 メーカー のような   ロゴ ” 

を、  コンセプト に、  ロゴ の   デザイン を  進めて もらいまして


1446953990421.jpg


MERCURY の   サイド の  ボディ プレス ライン、

グランド ライン を   ガイド ライン で  表現 して


洗練 された  高級感 と、  大人 な  イメージ の

ロゴ を  作って もらいました

 

1446953898251.jpg


その 製作 した  ロゴ を  もとに、   ショー ボード は

昨年 の   SPARKLE 56 の   ショーボード とは  真逆 の


最も  50 MERC の  イメージ に  合ってて

コンセプト が  伝えられるような、  デザイン に なり  


1446953903849.jpg


デザイナー さん の   センス と  経験 から  導き出された

形状、  大きさ に    設計 されまして


大人っぽくて   最高 に  かっこよく  できたと  思います


1446953902113.jpg
  


次 は   ショー ボード  の  製作  と、  

メダリオン の  企画、  製作 に  進みます


VIVA !   S原 さん  &  Sみ ちゃん  !!!!!!!



[ 2015/11/12 19:08 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950  STYLE LINE



 K子 くん の、  50  STYLE  LINE


リア フレーム の   C ノッチ と、  ボディ の 作り直し、

マフラー の  作り直し を  終えまして


IMG_0630 - コピー


かっこよく  なりました、  50  STYLE LINE。


グランド スラム で   HRCS に  持ってけるな と

ホッ と してたら、  そうでした、、、、、、  あの人、、、、、


IMG_0634 - コピー


「  HRCS には、  オールペン も   終わらせる 」

って、   言ってましたね。。。。。。


実際、  SHOW までは   1ヵ月  切ってまして、、、、


DmSC_000887.jpg


K子 くん の   50 STYLE LINE は、  購入 当初


オールズ モービル の  グリル を  加工 して  付いてたので

グリル 開口 部分、  ボンネット の  先端 を  


76412385_zP5pD0Fv_GG72loDSC_9646.jpg


オールズ グリル の  形 に  合わせて、  大きく 切って ありまして


本人 が   オールズ グリル を   辞めて  違う グリル を  入れたいと

好みの  スタイル を   模索 しながら   カスタム 中 なので


1950-chevrolet-business-coupe.jpg


オールペン するにも   ボンネット の  先端 や  グリル 周り が   

アンフィニッシュ の まま   塗ってしまうのは、  


仕上がり的 にも、  塗装 費用的 にも   これでは

勿体無いんじゃ  ないでしょうか、、、、、、  と、  言ったら


1009_lrmp_06_z-1954_chevrolet_delray_coupe_210-front_view.jpg


「  はい、   大丈夫 です。   自分 で  54 グリル  付けましたし

   新品 の   フード リップ の  モール も    買って あります  」


って、  モール  持ってきて くれましたけど、  うーん、、、、、 

モール と  クルマ の  形 が  全然 合いません。。。。。。


1204-lrmp-01-o-1954-chevrolet-210-passenger-side-front-view.jpg


「  そうなんです。。。。。   自分 は   54 CHEVY の    顔 が  好きで

   54 の  グリル を  付けたので、   フード リップ モール も


   54 CHEVY のを  付けたいと  思って  買って きました。   

   付けといて もらって、  いいですか。。。。。。  」


1002sr_01_o+1954_chevy_custom_bel_air+headlights.jpg


って、  嬉しそうに  おっしゃって ますが、   うーん、、、、  


幅 も  形 も  まったく 違いますし、   クローム 掛かってるので、  

切った 貼った で   付くようにしても、    せっかくの  クローム も


IMG_0675 - コピー


全部  駄目 に  なりますし、   リクローム に  出してると   

HRCS に、  間に 合わない 可能性 が   出てきます。。。。。


そこで、  S庭 師範 と  相談 し、   K子 くん が  装着 した


IMG_0674 - コピー


54 グリル の  形状、   ラウンド 具合 に   合うように


大きく  切られて  無くなっている、  ボンネット 先端 を  造形 して、  

その フード に 合うよう、  グリル周り も  作り直す こと に なり


IMG_0676 - コピー


オールペン して  HRCS に  間に合うように

急いで、  作業 を  進める ことに  なりまして


まずは  現在 の  ボンネット 先端 の  形状 と


IMG_0680 - コピー


グリル の  カーブ 具合 を   転写 した、   テンプレート を  作りまして


フラット バー と、  L チャンネル を   グリル に  合わせて  

自然 な  ライン の  カーブ に  曲げていき、


  
IMG_0682 - コピー


IMG_0684 - コピー


フード 先端 を  作り直す 際 の、   強度 を  出すため の

”  耳 部分 ”  を   作りまして


続いて、  鉄板 を  切り出して、   先ほど  作った  

 

IMG_0685 - コピー


”  耳 部分 ”  を    ベース に   鉄板 を  貼って


上下、  左右 ともに  箱状 に して   強度 を  持たせた

フード 先端 の   ”  エクステンション ”  を  作りまして


   
IMG_0686 - コピー


オリジナル の、  先端 部分 が   切り取られた

ボンネット の  先端 に   溶接 が  出来るように、  


塗装 と  パテ を  剥がしまして


IMG_0690 - コピー


製作 した、  ”  フード エクステンション ”  を   

溶接 して、  接合 して いきまして


グリル と  バンパー  の  形状、  間隔 に  合わせて
 


IMG_0694 - コピー


IMG_0696 - コピー


エクステンション は   製作 してあるので


出っ張り 具合 や、  センター の  ラウンド 具合、

バンパー や、  グリル と   違和感 の ない


IMG_0697 - コピー


クリアランス に  なりまして、  

自然 な 感じ で  なにより です
  


その後、  接合面 は   しっかり  と


IMG_0701 - コピー


全周  溶接 し、  溶接 の  熱 で   

歪んだ 部分 を  よく  確認 して


歪み を  修正 しまして


IMG_0699 - コピー


まずは   切られて  無くなっていた   フード 先端 の   

再生、   兼、  K子 くん の  好み の  形 で   


成型 が  終わりまして


IMG_0701 - コピー


IMG_0702 - コピー


次 は、  フード 先端 の  両サイド の   成型 に  進みます


HRCS、  間に合うんで しょうか、  STYLE LINE。


VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!




[ 2015/11/11 10:19 ] 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY



 50 MERC  プロジェクト、   進めてまして


FIT で  作業 が  出来るのは、  スケジュール的 に

残り  3週間、、、、、、  残り 時間 も  少なくなり


20151103_025851.jpg


もう、  余裕 こいて  られませんね。。。。。


日課 で、  横 で  しこしこ  こいてる  カウパー氏 は

ロッドショー までに  東京湾 に  沈める ことと しまして

  

20151105_151930.jpg


50 MERC は、  最終 段階 の   アッセンブリー 作業 を

全速 前進 で   進行中。


傷 や  凹み を   修正 したり、  CHOP の ライン に  


20151105_151926.jpg


形状 を  合わせて  加工 した   モールディング 類 は、 


本気 の  鏡面 仕上げ まで   ポリッシュ され、  

組付け が  始まりまして


20151105_152547.jpg


KUSTOM カー は、   CHOP TOP に  合わせ、  

窓周り や、  モール ディング 類 を、 


どれだけ  形 を  合わせて、  キレイ に  作ってあるかが    

大きな  大きな   ハイライト  なので


20151105_152544.jpg


50 MERC の  モール は、   沢山 の  加工 を  施してるので、

まさに  S庭 道場 の   腕 の  見せ場 ですね


CHOP TOP や、 BODY カスタム  は、  最終的 に

パテ が  入って、  ペイント して しまうと


20151105_154933.jpg


どのように  作ってあるか、    見えなく なりますが


ステンレス の  モールディング や、   クローム の  窓周り は

パテ や、  ペイント で   一切   ごまかし が  きかないので


20151105_161913.jpg


加工 した 人 の  仕上げ が、   そのまま  出るので


まさに  メタル ワーク の  真骨頂、     

技術力  イコール、   クォリティー  で


20151105_161926.jpg


ボディ ワーク 以上 に、    難しい  パート ですね


モール は、  どれだけ   傷 や  凹み を  とって、  キレイ に  

磨いてあるか も  ショーカー としての   重要 な  要素 ですので


20151105_161823_LLS.jpg


みなさま も、   ショー 会場 で   クルマ を  見て 回る 際 には


”  ペイント が  キレイか ”   も  大事 ですが、  ボディ の 面 が   

歪んだり、   波 うったり してないか


20151105_135631.jpg


ドア や  ボンネット の  面 が  ぴったり  あってるか

チリ や、  隙間 が   きれいに  合わせて あるか


モール や、  窓周り の  形、  チリ が   ぴったり  合って


20151105_135649.jpg


息を 飲むような、  レベル まで   磨きこまれて いるか、  

気にして  見るように  してみると 


どれだけ  作り手 が    技術 を   持っているのか

どれだけ  苦労 して   作りこまれて いるか


20151105_135810.jpg


どれだけ   オーナー が  その 重要性 を  理解 しているか   が


見えてきて、  これまでより   もっと  クルマ を  

見るのが  楽しく なると  思います


20151105_140104.jpg


S庭 道場 で   モール の  加工、  修正 などを  

行っている  様子 は、   EL-CLASSICO の  


FB や、  INSTAGRAM などでも   UP してるので


20151106_230614.jpg


アメリカ を  始め、  世界 各国 から   どう  加工 したのか !?  

と  問い合わせ が  くるそうで、  嬉しい かぎり ですね


みなさま も  興味 あれば、  覗いて みてください
     ↓
instagram el-classico


20151106_231424.jpg


クローム は、   めっき 工程 の  途中 の、  バフ 作業 が

うまいか どうかで   仕上がり に   雲泥 の  差が 出るので


他 の  めっき屋 の  1,5倍 くらい の  金額 しますが


20151106_231435.jpg


他 の  メッキ屋 とは   比べ物 に  ならない くらい  クォリティー が  高い


 
日本 バンパー さん に   全て の  リクローム を   依頼 しまして

ダッシュ ベゼル などの、  アンチ物 も  含め


20151106_215753.jpg


最高 の  輝き に  なって、  戻ってきたので

早速、  バンパー の  組み付け も   始まりました


位置 を   ミリ 単位 で  合わせながら   取り付け しまして


20151106_215945.jpg


グリル も、   これまで  使用 していた 物 以外 に


”  箱入り  NOS ”   を    2 SET  用意 し、、、、、
 

コンディション の  良い物 を   選びだして


20151105_141728.jpg


それを   粗ういちろう が   キレイ に  磨いたら

クルマ に  取り付け されまして


顔周り も  少しづつ、  形 に  なってきました


20151106_215801.jpg


残り  3週間、、、、、、、  S庭 道場、   FIT クルー、   内装屋さん で

24時間 体制、   全速 前進 で   進めて いきます ! 


楽しみです、  50 MERC


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!




[ 2015/11/10 09:55 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1960 IMPALA CONV



 I部 くん  の   60  IMPALA CONV   


エンジン ルーム の  ホース 類 の   パイプ化、    

ペイント  ディバイダー モール の   製作、 


IMG_0210 - コピー


スピード マインダー に、  エレクトリック アイ の

取り付け を   終えまして


次 は、  付けたけど   効かない、、、、 という


IMG_0212 - コピー


VINTAGE AIR 製 の  エアコン の  修理 に  進みます


点検 したら、  エアコン の システム 回路内 に

冷媒 ガス が   まったく  入ってませんで、、、、


IMG_0216 - コピー


どこかから   ガス漏れ してると  調べたら


コンデンサー の  接続 部分 に  シール用 の

Oーリング が   入って ませんで、、、、、


 
IMG_0256 - コピー


I部 くん が、  「  コンプレッサー から  ガラガラ  音が する、、、、、 」

と  言ってたので、  ガス漏れ し  コンプレッサー 焼き付き でしょうか。。。。。


ダッシュ 周り は、  スピード マインダー 取り付けで   分解中 だったで、


IMG_0769 - コピー


純正 の  ヒーター コントロール レバー を  流用 できるのが  かっこいい

VINTAGE AIR 製 の  エアコン ユニット ですが


エアコン の  操作 レバー も   点検 してたら、

裏 で  リンケージ が  全部  外れてました、、、、、、


  
IMG_0183 - コピー


スイッチ 裏 を  もう  外れないように   固定 し、  

システム の  初期 設定 を  メモリー しまして

 

冷媒 システム も、   O リング を  入れ直したら、   

 

IMG_0257 - コピー


IMG_0261 - コピー


WAKO'S の  潤滑 オイル を   入れて   潤滑 させたら

冷媒 ガス を   チャージ しまして、   修理 完了。


コンプレッサー も   ガラガラ音 が  消えて、  よく  冷えるので

焼き付いて なくって、  良かったです


IMG_0263 - コピー


IMG_0266 - コピー


I部 くん から、  オーディオ の  ノイズ が  酷い、、、、、 

リバーブ音 の  異常 なども  見てほしいと  言われ


調べて ましたら、   室内 の  配線 の  仕方 に  問題 が あり


IMG_0268 - コピー


IMG_0271 - コピー


電源 の  取り元 の  選定 や、  乱雑 な  たこ足 配線、   


モーター や、  電気 部品 の   近くに  電源線 を  

取りまわしたり  してある 部分 を  やり直しまして


IMG_0272 - コピー


IMG_0278 - コピー


追加 オプション 品 や、  豪華 装備 が   沢山 付いていたり、  


ダコタ デジタル や、  エアコン、  オーディオ に

ウーファー と、  電気 配線 が  とても  多くなってるので


IMG_0376 - コピー


IMG_0377 - コピー


よく よく、   クルマ に ついている  物 の  内容、  

回路 を  分析 して、   対策 を  考えまして


配線 の  太さ や、  電源 を  とる 場所 を  変えたり、    


IMG_0777 - コピー


あちこち に  散らばって   付いている   ヒューズ を  

解り易いように、   一か所 に  まとめたり


必要 な  部分 には、  さらに  ヒューズ を  追加 し、


IMG_0779 - コピー


繋ぎ方 や、  取り回し も、   適切 な ように やり直しまして


ダコタ の  設定 スイッチ も、  操作 し易い ところに

ブラケット を  作って、  リロケート しまして


IMG_0776 - コピー


オーディオ の  ノイズ も   リバーブ も  解決 し、   

ちゃんと   作動 してなかった   ハザード スイッチ や、   


点滅 しなかった、  ウインカー や   テール も

きちんと  作動 するように なり、  ナニより です

  

IMG_0195 - コピー


I部 くん からは、   ウインカー  出して  曲がったあとも、   

ウインカー が  消えないのも   直して と 言われてたので


そちらも  点検 したら、  キャンセリング の  レバー 自体 が

付いてないのと、   リプロ品 の  カム が  悪くて


IMG_0199 - コピー


戻らない ときが  あるので、  レバー を  取り付けて

在庫 で  あった  オリジナル品 の  カム に   交換 し


きちんと  キャンセル されるように  なりまして


IMG_0923 - コピー


他にも。   プラーク を   取り付けると、   角度 が  悪い、、、、

との ことので、  ブラケット を  手直し して


希望 の  角度 で  付けられる ように  したりと


IMG_0927 - コピー


細かい  作業 が  沢山  続いてまして

どん どん、  良い クルマ に  なってきますね


次 は、  携帯 電話 ホルダー の  製作 に  進みます


VIVA !  S庭 道場 &  I部 くん !!!!!!!!!



[ 2015/11/09 10:00 ] 60 CHEVY IMPALA CONV *ADCT | トラックバック(-) | コメント(-)

さんま



 先週  1週間 は、   色々  予定 が 重なって

毎日、  睡眠 2時間 の  日々 が  続きまして


明石家 さんま は、  いつも 2時間 しか  寝ない、、、


201510290102127744.jpg


と、  言って ましたが、    それで  一流 の  仕事 が

ちゃんと  出来る 人は、   超人 ですね。。。。。


59 ELCO の  オファー を  頂いて、  見に来て もらったり

50 MERC の   S原 さん も   マーキュリー  見に 来がてら


20151107_224506.jpg


ショー ネーム や、   ショー ボード、   当日 の  ディスプレー など、 

デザイナー さん を  交えて、   細かく  打ち合わせ したり


50 STYLE LINE の  K子 くん も、  当日 の  ディスプレー や

ショー ボード の  打ち合わせ に  来てくれまして、  ショー が  楽しみ です。


IMG_0992 - コピー


N澤 くん も、   40  ZEPHYR の  フロント 用 の

フェンダー スカート を  作りたい と  相談 したり


来年 は、  FIT ガレージ   2F の  スペース を

リニューアル したいと  思い、 


1446916190478.jpg


今度 が   どんな  空間 に  しようかと   気に なってた  

お店 に  視察 に  行ったり


年末 の   FIT の  忘年会 を、   今年 は  居酒屋 ではなく、  

家族 も  呼んで、    FIT ガレージ での   パーティー に しようと


20151101_154814.jpg


好き勝手 な  計画 を  しまして、  女性 子供 も  楽しめるよう

ビュッフェ スタイル で   やりたいと  思い


どうしたら  面白く  できるかと、  自身 は  料理人 で、   

奥様 が  ケータリング などを   やっている、


20150920_124557.jpg


 
スノボ & クルマ  友達 の  アコード 乗り の  Hル くん に


料理 や、  ドリンク を  含め、  パーティー を  

プロデュ―ス してと   相談 したら


わざわざ、  群馬 から  話 を  聞きに  来て くれまして


1446940388519.jpg


では では   せっかく なので と、   みんな で

渋谷 へ  クルーズ に  行きまして


50 MERC の  作業 に  没頭 しすぎて、  子供 の  学芸会 に

間に 合わなかったり も  しましたが、、、、、、


1446940423631.jpg


なんとも   楽しい  楽しい  1週間  でした。。。。。。


でも、  寝不足 と  疲労 で   いつも  思考 回路 が  ショート してまして

会話 も  うつろ で、   相手 に  申し訳 ないですし、、、、  


やらなければ いけない こと も    沢山  忘れて


1446940414902.jpg


寝ずに   無理 して、   あれこれ  やっても、   逆 に  効率 悪くて  


仕方 ない と  痛感 しまして、、、、   なんとか  なってるのは、   

関わって くれてる、  優秀 な  みなさま の  お陰 ですね。。。。。


ロッド ショー まで   残り  1ヵ月、    怒涛 の  作業 が  続きますので、、、、、、


1446940391009.jpg


あとは   S庭 師範 と、   RYU くん に   頑張って もらって、、、、、

僕 は   ”  よく  食べて、  よく 寝て、  よく 遊ぶ ”  で  


遠くからに  温かく 見守りたいと  思います。。。。。。


渋谷 の  様子 は  コチラ から
       ↓
KALIFORNIA LOOK BLOG


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!  








[ 2015/11/08 10:35 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  EL CAMINO



 59  EL CAMINO、    せっかく なので、、、 と、 


56年間、  ラスベガス の  砂漠 の 中 に  あった

ナンバーズ マッチ の  ワン オーナー カー  ですが 


201510290102127744.jpg


できるだけ、  キレイ に  したいと  はじまった

ボディ の  修理 作業、   進めて まして


フロア に あった、    腐り 部分 は


IMG_0200 - コピー


丸ごと   切り取って、  アメリカ から  取り寄せた


オリジナル を   忠実 に  再現 した

新品 の   フロア パネル を   溶接 し、  


20151104_071733.jpg


フロア は    全席 の  足元 すべて     

キレイ に   張り替え されました


クルマ の  下側 は、   アンダー コート を  塗りまして


20151104_071746.jpg


室内側 は、  50 MERC の   板金 と  塗装 を  お願いした

オート コネクション さん に   勧められた


超 強力 な  錆止め  ”  サビ キラー ”  を   塗って おきまして


20151105_144356.jpg


サビキラー は  銀色 の   塗料 の よう ですが


鉄 に 塗ると、  成分 が  鉄 の  酸化 を  止めようと 

反応 して   紫色 に  変化 しまして


20151104_071752.jpg


新しく  張り替えた  鉄 にも    反応 しますし、  


元 の  ボディ に  塗っても   反応 して  

錆 の  進行 を  止めて くれますので


20151104_071804.jpg


現在、  製作中 の   50 MERC でも

室内 全面 に  施工 しています


皆様 も、  是非  お試し ください


20151104_071812.jpg


59 や、  60 エルカミ は、   ボディ の  後ろ の  

パネル の   下 部分 に  水が  溜まるので


腐って  無くなってる  クルマ しか  みたこと  ありませんが、、、、、


20151104_071759.jpg


この  59 ELCO は、   きれいに  残ってまして


きれい に  ボトム が  残ってる   59 エルカミ は  初めて 見たので

やはり、  ボディ の コンディション が  いいようです


20151104_191239.jpg


サビキラー  を   室内  全面 に  施工 した のち、

サフェーサー を  塗りまして


べろべろ に  穴 が  開いていた  センター トンネル も


20151104_191253.jpg


錆びて  穴 が  開いていた   フロア も   しっかり   補修 され、 

とても  キレイ な  ボディ に  なりました


こちらの  59  エルカミーノ、   只今 オーナー 募集中 ですので  よろちくび。


20151104_191247.jpg


今 なら、  お好きな 色、  お好きな  仕様 で  作れます


お問合せ は  こちらから
      ↓
E-MAIL : info@el-classico.com  FHONE : 048-933-9703


FUNK  STA  4  LIFE  !!!!!



[ 2015/11/06 04:10 ] 59 CHEVY EL-CAMINO * VEGAS | トラックバック(-) | コメント(-)

1950  MERCURY



 50 MERC  プロジェクト、  進めてまして


HOT ROD CUSTOM SHOW まで  あと  1ヶ月、

オート コネクション さん で   進めて 頂いてた


20151026_165421.jpg


ボディ の  仕上げ、  塗装 が   遂 に  終わり


「  いいぞ、  取りに 来いよ 」   と、  

小原さん から   連絡 が 来たので、  


20151026_170034_LLS.jpg


TSU- くん と、   ”  歯 に 挟まる  マン毛  と

”  挟まらない  マン毛  の   違い  ” に ついて   


熱く  論議 を  交わしている    最中 でしたが、、、、


20151026_170124_LLS.jpg



「  今 から、  行きますよ 」  と、   S庭 師範 と  

引き取り に  行くことに  なりまして


マン毛 論議 の  結論 が  出ていないのが  気に なり


20151026_184908.jpg



S庭 師範 は  どう  思いますか ?   と  聞いたら


「  TSU-くん が   歯槽 膿漏  で、  歯 の  隙間 が  

   広いから  挟まる だけです  」


20151026_184854.jpg


と、  冷静 な   見解 で、  ナニより です。。。。。。。


今度 は   マン毛 と   TSU-くん の  ケツ毛、   、、、、、

どちら の 方が   抜けやすいのか が   気 に なりながら


IMG_2172 - コピー


一路、  オート コネクション さん へ   向かいまして


塗り上がった   50 MERC  見たら、  マン毛 も

ケツ毛 も、  もう  どうでも  よく なりましたね


IMG_2174 - コピー


シャキーッン  とした  ボディ は、  鏡面 仕上げ で

歪み や、  ヨレ も  一切 ない、  ストレート。


チリ も   攻めまくった  甲斐 あって、  ビチビチ  です


IMG_2176 - コピー


50 MERC を   積み込みし、   帰路 に  ついた頃、


FIT ガレージ では、   これから  HRCS までの

50 MERC  プロジェクト の  最終 段階 作業 の  ため


IMG_2179 - コピー


ガレージ内 の    レイアウト 変更 が  行われて まして、  


50 MERC の  アッセンブリー 作業 を、   いかに  効率 よく

進められるか を、  練りに  練って の   レイアウト に  変更 し


IMG_2192 - コピー


既に  ペイント前 に   内装 の  下地 作り は  終えて いますが


これから   1ヵ月 で、  インテリア の  仕上げ も

終わらせないと  いけないので


IMG_2193 - コピー


内装屋さん の  作業 効率 も  上げるため、   FIT ガレージ 内 の   


50 MERC 横 で    裁断 や   縫い込み も  出来るように、  

ミシン や、  設備 も  持ち込んで  配置 されました


IMG_2195 - コピー


無事、   FIT ガレージ に   50 MERC が   戻って きまして、


いよいよ、   これから  HRCS まで   残り 1ヵ月、、、、、、   

50 MERC  プロジェクト、    最終 段階 に  突入 し


1445966988513.jpg


S庭 道場 に、    FIT クルー、   内装屋さん  2社 で

24時間 体制、   全速 前進 で   進めて いきます ! 


楽しみです、  50 MERC


VIVA !   オート コネクション  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2015/11/03 16:28 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950  STYLE LINE


 K子 くん の、  50  STYLE  LINE


リア フレーム の   C ノッチ と、  ボディ の 作り直し、

マフラー の  作り直し を  終えまして


20151009_035744 - コピー


預かった  ついでに、    ATF が  漏れている、   


ミッション の   スピード メーター  ケーブル の   

接続 部分 の   修理 を   進めて いきます。


20151009_033859 - コピー


ESE の  K木 師範 に   ATF 漏れ の  修理 を  頼んだら


「  だいたい、  スピード メーター ケーブル の  付け根 から

   ATF が  漏れてる 場合 は  


20151009_033413 - コピー


TSU-くん と 同じ、   歯槽 膿漏 です 」

と  言われたような、  言われて ないか  覚えてませんが


スピード メーター ケーブル を   回転 させる  


20151009_035144 - コピー


ギア の  軸部分 の  シール が  摩耗 しているのが  ほとんど なので


シール 交換 くらい、  自分 で  やれよ と、  シール KIT を  渡され、、、、   

シール を  組む  向き を  間違えるな と   キツク  言われましたが 


20151009_035218 - コピー


3歩  歩くと  忘れますし、   僕 は   細かい 作業 は  苦手 なので

シール 交換 を  した フリ  で  乗り切ります。。。。
   


シール を  打ち込む  向き を、  正しい  向き で  組んだか どうか

まったく  記憶 が  ありませんが、、、、、、、  


20151009_035747 - コピー


とりあえず、  雰囲気 で  交換 し、   アウター チューブ が  

切れて、  そこから  ATF が  漏れていた


スピード メーター ケーブル も   新品 に  交換 しまして


IMG_0956 - コピー


ATF 漏れ の  修理 も   完了 です、   多分。。。。。。。


これで  下周り に  潜る 作業 が    全て 完了し

遂に、   K子くん の   50  STYLE LINE が


IMG_0979 - コピー


IMG_0980 - コピー


ジャッキ スタンド から   降ろされまして


エアサス、  リア サスペンション の  作動 テスト、  

ACCU AIR モジュール の  再設定 が  完了。


IMG_0994 - コピー


IMG_0976 - コピー


車高 を  下げると、   マフラー も   地面 スレ スレ、  

車高 の  低さ を   強調 しますね


これで  無事、  全て の 作業 を  終えまして


IMG_0998 - コピー


K子くん の   1950  STYLE LINE、  

グランド スラム 化 の  作業 が  完了 です


極限 まで  車高 が  下がり、  ここまで  低くないと


IMG_0992 - コピー


出せない  オーラ が   滲み出て きまして

カッコ良く  なりました、  STYLE LINE。


VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!



[ 2015/11/02 16:19 ] 50 CHEVY STYLE-LINE *BUBBLES | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  CADILLAC



 先日、  来年 から  始まる    U田 さん の  プロジェクト カー


” 59  CADILLAC  DEVILLE ”  が   アメリカ から

港 に  到着 したので   引き上げ に  いきまして


20151026_103612.jpg


59  CADILLAC と  いえば、  エルビス プレスリー が  

乗っていた クルマ として  有名 ですが、  


キャディラック 好き には  いつかは の   ドリーム カー ですね


20151026_103603.jpg


59  CADILLAC には、  グレード が   沢山 ありまして


62 シリーズ を  はじめ、  DEVILLE や

最高峰  ELDORADO、  など  様々 で、 


20151026_103725.jpg


59  CADILLAC と いうと、  エルドラド  コンバーチブル で、  

”  BIARRITZ  ”  などは    超 コレクタブル カー ですね


U田 さん にも、  BIARRITZ CONV は?  と、   お勧め しましたが 


10_AA20265-Edit-.jpg


U田 さん は、   もう 1台   1959  IMPALA CONV も  所有 しており


59 CADI は、   自身 の  好み や、  スタイル から

ELDORADO や、  BIARRITZ ではなく


1959-Custom-cadillac-1.jpg


DEVILLE  COUPE で   カスタム  したいそうで


アメリカ の  カスタム ショップ、  ”  Scott's Insane Chops  ”  

みたいな  スタイル で   作りたいんだ そうです


slammed_caddy_side.jpg


SIC と いえば、  写真 の  59 & 60 CADI を  製作 したり

ACCU AIR ディーラー で   GNRS に  出展 してたりする


アリゾナ に ある、  敏腕 カスタム ショップ  でして


20151026_104057.jpg


そうとう、  U田 さん の  五感 を  刺激 してるよう ですので


来年 から   59 CADILLAC、   どんな  スタイル で   

プロジェクト を  進めて いくのか  楽しみ です


20151026_104900.jpg


U田 さん の   59 CADI は、  港 の  置き場 で  

回送車 に  積みこんだら


横浜 の  税関 に  移動 して、  X線 検査 へ


20151026_114421.jpg


税関内 に ある、  クルマ を  積んだまま の  積載車 や、  

コンテナ を 積んだ  トレーラー が  丸ごと  入れる、  


超 巨大 な   レントゲン 検査機 に  通したら


20151026_120411.jpg


検査官 による、  内部 の  検査 に  なりまして


クルマ を  降ろして、  室内 の  全て の  扉内 と

トランク、  エンジン ルーム 内 を   くまなく


20151026_120529.jpg


薬物 や、  違法 な もの が  あると  反応 する、  

特殊 な  器具 で   検査 して


問題 ないことを  確認 したら、  無事  税関 検査 が  終了。


20151026_122439.jpg


まずは  車検 を  取得 してから、  レストア に  進むので


横浜 の  サニー トーク さん に  予備 検査 を  

お願いしに  届けに いきまして


楽しみ です、  59  CADILLAC  プロジェクト

FUNK  STA  4  LIFE  !!!!!!







 
[ 2015/11/01 16:25 ] 59 CADILLAC  DEVILLE | トラックバック(-) | コメント(-)