FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 61 CHEVY CORVETTE

1961 CHEVY CORVETTE



 Mさんの 1961 CHEVY CORVETTE


クルマを沖縄に輸送し、DOT ONEさんで

オーディオのリメイクを進めてまして


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (17)@


C1コルベットは車格が小さめで車内も狭いのと

ボディがファイバーボディなので


どのようにオーディオシステムを組むか検証中


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (6)


ファイバーボディなので、防振処理や

機器の固定方法も通常とは異なり


スポーツカーで狭い室内は、スピーカーや


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (5)


ウーファー、アンプなどの設置場所なども

困りの種だそうで、大変そうでナニヨリです。。。。


クルマの状況やオーナーさんの要望を踏まえ


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (4)


どんなシステムを組んでくれるのか

楽しみにしておきまして


以前、シフトノブの中央にあるプッシュボタンが


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (16)


操作したのち、戻ってこない時があるとの事で


原因を調べたら、オリジナルは黒いレザーが

巻いてありますが、Mりさんのコルベットは


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (13)


内装がタンのレザーで仕上げてあるので


シフトノブ、シフトブーツも、タンのレザーで

張り直して、コーディネートしたようです


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (12)


シフトノブのレザーを張り替える際に

同じデザインで、色だけ変えたようで


オリジナルは縫い目がプッシュボタンの

穴に掛かるデザインですが、


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (11)


縫い目が出っ張らないようにうまく作ってありまして


タンに張り替えてあるシフトノブは、縫い目が

プッシュボタンが動く穴にはみ出てしまっているので


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (10)


プッシュボタンが縫い目に当たってしまい

スムーズに動かなかったようです


なので、オリジナルのプッシュボタンだと


hdgfhsdhggfhryhwてrへ1 い(18)@


縫い目に当たり、動きが悪くなるのでと、


プッシュボタンを小さくして付けたようですが

それでも縫い目に当たるので動きが悪かったようで


hdgfhsdhggfhryhwてrへ1 い(19)@


縫い目にプッシュボタンが当たらないオリジナルの

シフトノブに組み換えて動きを検証すると、問題ないので


タンに張り替えたシフトノブが原因と判明


hdgfhsdhggfhryhwてrへ1 い(20)@


今の出っ張っている縫い目を凹ませることは

方法がなくて出来ないので


オリジナルに変えたいけど、色は黒しか設定がなく


hdgfhsdhggfhryhwてrへ1 い(21)@


タンカラーのインテリアにノブだけ黒はカッコ悪いので、

タンで縫い目が出っ張らないようにするよりも


どうせなら、縫い目とのクリアランスが微妙なら

縫い目が穴に来ないデザインの方がいいので


hdgfhsdhggfhryhwてrへ1 い(22)@


縫い目の位置を変えるデザインの変更としまして


アメリカのコルベットパーツ屋さんが

特注デザイン、指定カラーでのシフトノブの


張替えサービスをやっているとのことなので


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (15)


デザイン変更、タンと黒の2トーンカラーで注文したら

届いたのが先の写真5枚のノブ、、、、、、


全然タン色じゃないし、、、形は歪んでるし 


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (8)


縫い目はシワがよって、縫いムラも、歪みも酷く

よくこれでお金とれるなという仕上がりでして。。。。


注文するとき、なんだか嫌な予感がしたので、、、、、


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (7)


保険を掛けて、VISION CORPORATIONさんにも

同じシフトノブの張替えをお願いしていまして


背景が赤い、下の写真3枚がVISION CORPさんが


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (9)


張り替えてくれたノブでして、形も縫い目も綺麗で、

ちゃんと色も内装と同じタン色で仕上がってまして


やっぱり日本の職人さんにお願いするのが一番です


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (2)


アメリカで張り替えた、イケてないシフトノブは、

粗ういちろうの1959ビュイックに進呈するとしてまして


ミラーの加工屋さんに預けてあったサイドミラーが


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (3)


左右とも加工を終えて戻ってきまして


以前1955 F100でもやりましたが

クラシックカー特有の暗くて見づらいミラーを


hdgfhsdhggfhryhwてrへ (1)


ミラーの色を明るいものに変更して、見易くしつつ


平面ミラーから広角のカーブミラーに変更し

新しいミラーを上貼りするのではなく


hdgfhsdhggfhryhwてrへ い(17)@


ミラーを入れ替える加工をお願いしたので

収まりも見た目も、綺麗に仕上がってナニヨリです


VIVA!Mりさん! VIVA! VISION CORPORATION!


[ 2021/08/17 20:28 ] 61 CHEVY CORVETTE | トラックバック(-) | コメント(-)

1961 CHEVY CORVETTE



 Mさんの 1961 CHEVY CORVETTE


ゲージ交換、ブレーキの修理を終え、続いて

オーディオのリメイクに進みまして


fhjgfhfgxdgbzdbfd (4)g


これまでもオーディオは組まれていましたが


Bluetoothに対応していなかったり

バックモニターを追加したかったりで


fhjgfhfgxdgbzdbfd (3)g


今のオーディオを一新し、Mりさんの要望に合わせ

システムを変更していくこととなりまして


以前に1937 ZEPHYR SEDANのオーディオもお願いした


fhjgfhfgxdgbzdbfd (2)g


沖縄のDOT.ONE CUSTOMさんに今回も作業を依頼し


クルマを東京港まで乗っていき、パレットに載せて

沖縄行きの船に積んで、沖縄に送りまして


fhjgfhfgxdgbzdbfd (6)


オーディオは、組みあがってしまえば、スピーカーと

ヘッドユニットしか、乗り手には見えなくなりますが


オーナーさんから要望があった好みの音楽、聴き方を、


fhjgfhfgxdgbzdbfd (5)


コルベットで再現できるように、最適なシステム構成を

プランニングできる知識と、経験を持ってて


組みあがったら全部見えなくなってしまうけど、


fhjgfhfgxdgbzdbfd (4)


妥協せず、いい仕事してくれる人に頼みたいですね


見えないところの仕事も、安心して任せられて

何も言わなくたって、一番良いようにやっといてくれる人で


fhjgfhfgxdgbzdbfd (2)


人柄も大好きな、K橋川さんに頼みたいですと


沖縄に持って行っていいですか? と、Mりさんに言ったら、 

「ほな、頼んまっせ 」 と、今回も快諾して頂きまして


fhjgfhfgxdgbzdbfd (1)g


近くて安いところに依頼して、納得のいかない

仕上がりになってしまった時の事を考えると、


沖縄往復の輸送費くらい、ぜんぜん安いもんです


fhjgfhfgxdgbzdbfd (3)g1


フェリーの手配や、那覇港に着いてからの引き上げ、

輸送も、沖縄の皆さまの御協力のお陰で


スムーズに進み、車は無事にドットワンに到着、楽しみです


VIVA!Mりさん! VIVA! DOT ONE!


[ 2021/07/28 03:53 ] 61 CHEVY CORVETTE | トラックバック(-) | コメント(-)

1961 CHEVY CORVETTE



 Mさんの 1961 CHEVY CORVETTE


ゲージ交換、ブレーキの修理を終え

続いて、シフターの作動不良に進みまして


hjrywりゅwryつw (241⒥1) (7)


エンジンがLS3、ミッションは4L60Eの

オートマが搭載されおり、


シフターはC4コルベットのモノが組まれていまして


hjrywりゅwryつw (2)


Mりさんから、シフトレバーを操作するときに


安全装置のプッシュボタンを押して

シフトレバーを操作した後に


hjrywりゅwryつw (7)


プッシュボタンが戻ってこない時があるとの事で


戻ってこないと、誤ってシフトレバーに

触ってしまったり、何かが当たってしまうと、


hjrywりゅwryつw (8)


走行中にバックやパーキングにも

ギアが入ってしまうので、


ミッションが壊れたり、タイヤがロックしたり


hjrywりゅwryつw (9)


事故や全損、死亡事故にも繋がりかねない

とても危険な状態で走ってる事になります


プッシュボタンを操作すると、数回に一度の頻度で


hjrywりゅwryつw (4)


プッシュボタンが戻ってこない時があり


まずはナゼ、そのような事が起きるのか

原因の解明を進めていきますが


hjrywりゅwryつw (1)


室内側からシフター付近を分解してみると


リンケージ式ではなく、ワイヤー式で

構造も複雑に見えるのと


hjrywりゅwryつw (17)


C4コルベットのシフターを整備したことも

触った事もないので、仕組みが解りませんで


シフトノブやプッシュボタンを分解するのも


hjrywりゅwryつw (11)


手順や要領も解らないので、勘で進めてみたら

傷付けたり、壊したりしたらタイヘンなので、、、、


ヤフオクで中古品を購入して、取り寄せし


hjrywりゅwryつw (12)


それを見てら構造を理解し、プッシュボタンの

戻りが悪くなる要因や、分解手順を確認しまして


プッシュボタンの外し方や、ノブの外し方が解ったので、


hjrywりゅwryつw (13)


分解しはじめたらシフターのすぐ横の灰皿に、


新品のプッシュボタンが、袋に入ったまま

突っ込まれているのに気づきまして


hjrywりゅwryつw (14)


何故、新品が灰皿に入ってるのか解りませんが


プッシュボタンの、シフトノブを分解したら

うーん、、、、、、C4の純正シフトノブですが


hjrywりゅwryつw (15)


プッシュボタンは純正とカタチが違うようで、、、、


裏側を見ると同じようなカタチですが

表側は窪んでいて、大きさも一回り小さく


hjrywりゅwryつw (16)


新品とよく見比べたら、どうやらプッシュボタンは

表側と裏側の2ピース構造のようですが


それらが接着されているのを剥がして分離し


hjrywりゅwryつw (18)


裏側だけを使って、組付けてあったようで


なんでそんな事したのか、考えてみると

C4コルベットの純正シフトノブは


hjrywりゅwryつw (19)


黒いレザーが巻いてありますが、Mりさんの

コルベットはタンのレザーが巻いてありまして


インテリアがタンのレザーで仕上げてあるので


hjrywりゅwryつw (24⒥1) (6)


シフトノブ、シフトブーツも、タンのレザーで

張り直して、コーディネートしたようです


シフトノブのレザーを張り替える際に、


hjrywりゅwryつw (22)


デザインに合わせつつ、色だけ変えたようで


オリジナルは縫い目がプッシュボタンの

穴に掛かるデザインですが、


hjrywりゅwryつw (24⒥1) (4)


縫い目が出っ張らないようにうまく作ってありまして


タンに張り替えてあるシフトノブは、縫い目が

プッシュボタンが動く穴にはみ出てしまっているので


hjrywりゅwryつw (24⒥1) (3)


プッシュボタンが縫い目に当たってしまい

スムーズに動かなかったようです


なので、オリジナルのプッシュボタンだと


hjrywりゅwryつw (24⒥) (1)


縫い目に当たり、動きが悪くなるのでと、


プッシュボタンを小さくして付けたようですが

それでも縫い目に当たるので動きが悪かったようです


hjrywりゅwryつw (24⒥1) (5)


縫い目にプッシュボタンが当たらない

オリジナルのシフトノブに組み換えて


動きを検証すると、問題なく動くので


IMG_3883.jpg


タンに張り替えたシフトノブが原因と判明


今の出っ張っている縫い目を凹ませることは

方法がなくて出来ないので


IMG_3884.jpg


オリジナルに変えたいけど、色は黒しか設定がなく「


タンカラーのインテリアにノブだけ黒はカッコ悪いので、

タンで縫い目が出っ張らないように、内装屋さに依頼し


hjrywりゅwryつw (21)


どうせなら、縫い目とのクリアランスが微妙なら

縫い目が穴に来ないデザインの方がいいので


縫い目の位置を変えるデザインの変更もお願いしまして


hjrywりゅwryつw (6)


他にプッシュボタンの戻りが悪くなる要因がないか

点検していたら、リターン用のスプリングが


伸びてしまって、張力が弱くなっていたので


hjrywりゅwryつw (5)


当たらしいモノに交換し、シフターの可動部分と

ケーブルをよく潤滑しておきまして


より動きもよくなり、あとはシフトノブの完成を待ちます


VIVA! Mさん & VIVA! S庭道場!!!!!!!!!!




[ 2021/07/15 08:27 ] 61 CHEVY CORVETTE | トラックバック(-) | コメント(-)

1961 CHEVY CORVETTE



 Mさんの 1961 CHEVY CORVETTE


DAKOTADIGITALにキロ表示で作ってもらった、

RTXゲージへの交換作業を終えまして


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (1)


あとは実際に走らせながら、表示内容に

誤差がないように校正作業を進めていきます


Mりさんから、ブレーキを踏んでいても


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (16)


進んでいってしまう、効きはじめが深い


との事で、それらの点検、対策も

頼まれているので、検証へ


jhっl (1)


オリジナルは、パワーブレーキ無しの車ですが


9インチのデュアルブースターが

追加して取り付けられており


j22hっl (6)


パワーブースターを追加した際に


ブレーキのプッシュロッドがオリジナルから

社外品に変わっているくらいで


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (15)


ブースターのブラケットの組み方や

プッシュロッドの調整、押ししろは


問題ないように思われますが


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (14)


ブレーキペダルを離した時に始点に戻す

リターンスプリングがオリジナル品から


長さが合う、汎用品に変えてありましたが


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (11)


スプリングがとても固いものが付いていたので


ブレーキペダルを踏むと、戻す力が強く作用し

ペダルが固く感じるのと、足が疲れるので


IMG_3005_LI.jpg


信号待ちや、停車中にブレーキを

踏んでいても戻されてしまい、


進んでしまうのではないかと思われ


IMG_3006_LI.jpg


スプリングはリターンスプリングとして

適正な硬さのものに変更し


形状も、これまでの引きバネタイプから


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (10)


ブレーキペダルの支点部分に取り付ける

巻バネタイプに変更することに。


1955年から1961年のシボレーの純正で使われている


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (9)


ペダルピボット スプリングを用意して

支点のピン部分に取り付けていきますが


組んでみたら、ブレーキペダルのサポートに


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (8)


スプリングが当たるので、スプリング部分の

サポートに切り込みを入れて


スプリングをかわすように外側に膨らませ


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (6)


切開した側面に鉄板を貼って蓋をして

リターンスプリングの逃がし加工が完了


加工する周辺は塗装を剥がしてしまったので


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (7)


塗装し直したら、ブレーキペダルも

途中で切って、溶接した跡がありますが


溶接と、仕上げがイマイチだったので


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (1ll2) (3)


溶接と、仕上げを綺麗にやり直しまして


プッシュロッドがペダルに片持ちで

取り付けるタイプを使っており


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (2)


ブースターに対しての角度が斜めになってて

真っ直ぐに押していない状態だったので


両持ちでしっかり荷重を受け止められる


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (3)


クレビスを取り付けできるように加工しつつ、

ロッドの角度を真っ直ぐになるようにしまして


またパワーブースターを追加してありますが、


hgjyjtjtyじぇつrついrつい (5)


レバー比がノンパワーブレーキ用のままなので


パワーブレーキ用のレバー比になるよう

変更してしたら、試運転に進みます


VIVA! Mさん & VIVA! S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/07/08 23:59 ] 61 CHEVY CORVETTE | トラックバック(-) | コメント(-)

1961 CHEVY CORVETTE




 Mさんの 1961 CHEVY CORVETTE


DAKOTADIGITALにキロ表示で作ってもらった、

RTXゲージへの交換作業を進めてまして


ghsdghsdghsd (7)


油圧、水温、燃料のセンサーのセットアップと


ミッションにシフトインジケーターの

センサーを取り付けしたら、


ghsdghsdghsd (6)


ダッシュにLED照明用の調光用スイッチと


ダコタデジタルの設定スイッチを

取り付けする場所がないので


ghsdghsdghsd (1)


ブラケットを製作して、ダッシュと同じ色に

塗装して取り付けまして


分解していた、ステアリングコラムや


ghsdghsdghsd (4)


ダコタデジタルのモジュールを設置するのに


作業スペースの確保のために取り外していた

LSエンジンを制御しているECUも組み戻され


ghsdghsdghsd (5)


うーん、確かにモジュールを設置する場所がなく


ECUの裏にブラケットを製作して設置となりましたが

ECUが付くと、手も入らないほどの狭さです。。。。


ghsdghsdghsd (8)


新しいRTXゲージの作動チェックも終えて


後は実際に走らせて、スピードメーターの

校正作業を残すのみです


ghsdghsdghsd (2)


RTXは、メーター内のマルチスクリーンに


現在のシフト位置を表示できるので

運転するとき、確認がし易くてナニヨリ


ghsdghsdghsd (3)


あとは作業がしやすいように外していたステアリング、

内装を組み戻したら、ゲージ交換が完了です


VIVA! Mさん & VIVA! S庭道場!!!!!!!!!!


[ 2021/07/06 05:11 ] 61 CHEVY CORVETTE | トラックバック(-) | コメント(-)