ホーム > カテゴリー - EL-CLASSICO





 先週 から  サーバー トラブル で、  E-MAIL や

WEB SITE に  支障 が  出ておりまして、、、、、、


メール で  連絡 や、  問い合わせ を  頂いていた 物が


IMG_1390_9.jpg


正しく 送受信 出来なく なっており、  ご迷惑を お掛けしております。。。。。。


M河 くん の  リモコン バイブ に よる  電波 障害 が

FIT にも  影響 が  出始めた ようで、、、、、


復旧次第、 順次 ご連絡 させて 頂きますので、 今しばらく  お待ちください


1454807492786.jpg
 


今週末 は、  YOKOHAMA HRCS への  出展 に  伴い

搬入日 の  土曜、   ショー 当日 の  日曜、   片付け で  月曜 は、   


SHOP の 方を  臨時 休業 と  させて 頂きます


1454653852367.jpg


HRCS には、  カーショー と  併設 して   EL-CLASSICO の

オリジナル ウェア などを  販売 する  ブース も   出展 しまして


新作 デザイン の  T シャツ を、  当日 から  販売 開始 したり、 


1459418427350.jpg
 


OX BLOOD の  GNRS 遠征 記念 の  ポスター も

ナンと  無料 配布 するそうなので、  是非  お立ちより くださいませ


ポスター は  数量 限定 ですので、  お早目に !


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!


  
[ 2016/11/30 07:13 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)



 FIT KUSTOMS の  BLOG も、   気が付けば  

もうすぐ  閲覧数 も  100万 を  超えるそうで


くだらない BLOG に  お付き合い 頂き、 どうも ありがとうございます


14594184273501.jpg


記念 に  100万人目 の  アクセス と なった 方 には


ジャスト 100万 の  カウンター の 画像 を   写メ で

送ってもらえれば、 記念品 を  送らせて 頂きたいと 思います


Belair-13-e1431970957368.jpg


S庭 師範 を  はじめ、  スタッフ、 友人、 

カスタマー の  みなさま の 技術力 や  センス も  


どんどん 向上 して、  留まることを  知りませんが


Fit-Kustoms-57-Nomad-3-copy-800x533.jpg


カウパー氏 の  抜け毛 と、   TSU-君 の  歯槽 膿漏 も

留まることを  知りません。。。。。


今後 も  さらなる  挑戦 と  探求、  飛躍 を  目指し 


rDSC_8192.jpg


底突き してる  TSU-くん の  人生 も、  V字 回復 を  期待 しまして


今後 も  みんなで  楽しく やりながら  日々 精進 していきますので、  

引き続き  ご愛好  宜しくお願い致します


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!



[ 2016/11/10 05:04 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

SEMA SHOW



14733126_1950125891880978_7336002268409364480_n.jpg

14712108_1152379494838216_9062116897020968960_n.jpg


14726475_1195217153885899_2081124895743279104_n.jpg


[ 2016/11/05 06:37 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

ENDO TANK



  ACCU AIR から、 新しい  エアタンク が  リリース されまして


これまでの  圧力 容器型 の  溶接 構造 ではなく

CNC 削り出し で、   高精度 の  機械 加工品 で


maxresdefault4.jpg


タンク の  両端 が  キャップ 構造 に  なっており 


キャップ 部分 に   エアホース の  フィッティング や

スピード 調整弁、  サイレンサー を  埋め込んで ありまして


 
ENDO-Lead-Photo-770x360.jpg


ナンと、  電磁弁 を  タンク内 に  内臓 してる  

上級 グレード モデル も  あるので


エアタンク に  バルブ、  フィッティング など、

全部  埋め込まれてる  構造 です。。。。。


max;jresdefault


そうすると、  エアバルブ を  設置 して  

タンク と  つなぐ 必要 が  無くなるので


見た目 も、   取り回し も  すっきり  しますし、 


ENDO-VT_End-Cap.jpg


接続 が  大幅 に 減るので、  エア漏れ の 要因 も 減ります。


また、  タンク内 に  バルブ を  収めた ことに より

トラック の ように  ベッド下 に  設置 する 場合 でも


accuair_endo_5_gallon_4_1.jpg


バルブ や  配線 が  雨水 で 濡れて、  

壊れる  心配 も  ありませんし


設置 も、  ひじょう に  すっきり まとめられるように なりますね













カラー リング は  アルミ地 の  LO FINISH と、  


ブラック、  グレー、  カッパー の  

アナダイズ 仕上げ が  あります


accuair-logo.jpg


うまく  使えば  アレンジ が  広がりそうなので、  

早速  注文 して、  取り寄せを  お願い しまして


まだ  到着 してませんが、  現物 を  見るのが  楽しみです


FUNK  STA  4  LIFE  !!





[ 2016/11/03 05:04 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

ステアリング ホイール 加工



 ステアリング ホイール 加工、  進めてまして


クラシック カー の ステアリング ホイール は

古い  デザイン で   大きくて、  


20161029_065758.jpg


クローム の  ホーン リング も  付く  雰囲気 が  最高 でして、


そんな ステアリング を  握ってると、  運転中 も

クラシック カー だなぁ と  嬉しく なります


20161029_065736.jpg


OG スタイル や、  ローライダー など、  


その クルマ の  オリジナル の  ステアリング が  

似合ってる クルマ は いいんですが


20161029_065751.jpg


KUSTOM CAR だと、  自分 の 好きな デザイン の

まったく  違う メーカー、 車種、 年式 のを


移植 して  装着 するのも   全然 ありですし


20161029_070321.jpg


自分 らしい  カスタム として、  楽しめる  ポイント です 


上 の 写真 の  赤い  ステアリング は、

S原 さん の  ”  Ox Blood ”  に  使用 予定 で   


20161029_070107.jpg
 


上 の  黒っぽいのは、  K藤 さん の

”  1940 ZEPHYR ”  に  使用 予定。


下 の 赤い ステアリング は、  現在 進行中 の

”  1937  ZEPHYR ”  に  使用 するため


20161029_070122.jpg


アメリカ の  ステアリング ホイール を  レストア する

スペシャル ショップ に  頼んで


特注 で  作って もらった、  ステアリング でして


20161029_070602.jpg


よく 見ると、  ステアリング が  透けてますよね

そうなんです、   作ってもらう 際 に 色 を  指定 して、  


クルマ を 仕上げる 色 に 合わせて 作ってまして


20161029_070621.jpg


ステアリング に  キャンディー ペイント するんでは なく

そもそもを  キャンディー カラー で  作ってまして


そうすることで、  フロント ウインド から  入ってくる

日の光 や  照明 が  あたると、 


20161029_070357.jpg


ステアリング 自体 が  スケルトン に 見えるという   ギミック。


K藤 さん の  ZEPHYR には、  ブラック パープル、

Ox Blood と、 1937  ZEPHYR 用 は  ルビー レッド で   


作ってもらいまして、  今から 装着 が 楽しみで なりません


uguij;lj;oghpi (3)


今回、  製作 してもらった  ステアリング は


昔 実際 に 存在 した  車種 の ステアリング の コア と 

デザイン を 生かして、 色 を 変えて 作っていますが
   


uguij;lj;oghpi (8)


違う 車種 に  装着 しようと すると、  


ステアリング コラム の  接続 部分 の  形が  違ったり

差し込み の 深さ が  違ったりして、  付きません。。。。。


uguij;lj;oghpi (9)


そこで、  コラム側 を 改造 することは  出来ないので


ステアリング の 軸部分 を  使う クルマ に 合うよう

接続 部分 を  改造 するように  なりまして


uguij;lj;oghpi (10)


使う  ステアリング コラム の  現物 を  用意 して

ピッタリ  あうように  改造 していきます


ステアリング の  接続 部分 は、  縦溝 の  スプライン に

なっている 物 や、  キー溝 に  なっている 物 など


uguij;lj;oghpi (2)


メーカー や 車種、  年式 で  様々 なので


ステアリング の 接続 部分 を  ホールソー で  くりぬいて

使う コラム に 合う  接続 部分 を   埋め込んで いきます


uguij;lj;oghpi (4)


使う コラム に 合う  接続 部分 は、 ”  部品 取り ” に する

ステアリング を 用意 し、  同様 に  ホールソー で  くりぬきまして


コラム と、 使いたい ステアリング の はまり 具合 を 見ながら


uguij;lj;oghpi (11)


接続 部分 を  埋め込む  深さ を 合わせ、  溶接 していきます


使いたい ステアリング も、  部品取り する  ステアリング も

接続 部分 を  抜き取る 際 に、  まっすぐ 抜き取らないと


uguij;lj;oghpi (12)


ステアリング に 対して、  斜め に  くりぬいて しまいますし

芯 も  しっかり  合わせて  抜かないと


ステアリング を 回した 時 に、 ”  ブレ ”  が 出てしまいますので、

ホールソー で  くり抜く 際 にも、  難しい 技術 が  必要 と されます


uguij;lj;oghpi (14)


また、  ウインカー を きった後、  ステアリング を 戻すと

ウインカー が 消える  ” キャンセリング 機構 ”  が 付いてる コラム は


キャンセリング カム を  取り付ける 穴 を  新設 してあげるように なりますが


uguij;lj;oghpi (13)


コラム の 構造 に 合わせた、  正しい 穴位置 を 導き出して  開けないと、  

ステアリング を 戻しても、  キャンセル されないので  


よく コラム の 構造 を  検証 して、  取り付け 穴 を  開けまして 


uguij;lj;oghpi (1)


接続 部分 を  仮溶接 した  ステアリング を  取り付けて


奥行 具合 と、 ブレなく  回転 して、  正しい 位置 で 

ウインカー が  キャンセル されるのを 確認 したら


uguij;lj;oghpi (6)


全周 溶接 や、  ビート を 引っ張ると、  レジン で  出来ている

ステアリング が  溶接 の 熱 で  歪んで しまうので


強度 を 考慮 した  点付け で  取り付け しまして


uguij;lj;oghpi (7)


ホーン リング で  きちんと  ホーン が  鳴るよう

接点 も  再生 して  組み付けまして


違う 接続 構造 の  ステアリング ホイール を  装着 する

コンバージョン 作業 が  完了 です

  

uguij;lj;oghpi (5)


自分らしい  ステアリング への  カスタマイズ、  楽しいですね !  

皆さま も  是非、  楽しんで みてください


VIVA !  S庭 道場 !!!!!




[ 2016/10/29 08:12 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)