FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - EL-CLASSICO

出張作業



 先日、沖縄に出張作業に行ってた様子を引き続きで


3日目も朝からY澤さんのガレージにお邪魔し

1966 LINCOLNのアライメント煮詰め作業


trwwyu456uw465uyrt4 (51)


調整しては走ってを繰り返し、煮詰めたり

ACCUAIRの作動チェックを進め


正月にお邪魔したときに、スラムドトレーラーの


trwwyu456uw465uyrt4 (44)


バッテリーが劣化していたのと、充電用の

充電器の取扱いが面倒そうなので


新しいバッテリーと充電器を送ってありましたが 

時間ができたので、それらの交換作業も進めまして


trwwyu456uw465uyrt4 (43)


スラムドトレーラーのエアサスを動かす

電源は大きなバッテリーを搭載していますが


トレーラーでエンジンがなく、オルタネーターも

ないので、バッテリーの充電は外部の充電器を使用


trwwyu456uw465uyrt4 (5)


これまでの充電器はスイッチや切り替えが解りづらいので


コンセントにさすだけで、充電の開始も終了も

全自動のCTEKに変更し、バッテリーも交換


trwwyu456uw465uyrt4 (6)


CTEKはコンセントにさしておけば、バッテリーの

コンディションをみて、必要があれば自動で充電を開始し、


満充電になれば勝手に電源が落ちるので

乗らない時はいつもつないでおけば、全自動で楽ちん


trwwyu456uw465uyrt4 (16)


バッテリーのターミナルにCTEKのアタッチメントを

固定しておけば、アタッチメントのコネクターに


CTEKのコードをつなぐだけで接続がOKなので、


trwwyu456uw465uyrt4 (23)


複数のクルマで共有もできるので、1966 LINCOLN

スラムドトレーラー、C10と、どれでも使えるよう


アタッチメントを用意してきて、全車に取り付けまして


trwwyu456uw465uyrt4 (17)


C10は正月にお邪魔した時に、スターターが

回らないときがあると伺ったので


新品のスターターを送ってあったので、


trwwyu456uw465uyrt4 (18)


時間が出来たので、こちらも交換しちゃおうと

作業を進めましたが、エンジンを始動したら


ピ二オンギアと、リングギアが近くて僅かに干渉。。。。


trwwyu456uw465uyrt4 (22)


スターター交換をする準備をしてきていなかったので


クリアランス調整で、シムが必要になることも

想定しておらず、シムを持ってきていないので


trwwyu456uw465uyrt4 (54)


この場で調整作業ができず、後日部品を用意して

車検時の整備の際に交換することにしまして、、、


スターターを交換したのち、試運転に行こうとしたら


trwwyu456uw465uyrt4 (24)


およよ!? スターターを新品に交換したのに

またスターターが回らない時がでるので


調べたら、スターターの信号線に6Vしかきておらず


trwwyu456uw465uyrt4 (46)


スターターのマグネットスイッチを動かす回路が

電圧ドロップしているのが原因と判明


ニュートラルセーフティースイッチなどを調べるも問題なく


trwwyu456uw465uyrt4 (47)


エンジンアースの不良が考えられるので


またまたオーディオ屋さんのドットワンさんにお願いして

太いアースケーブルを2本作ってもらい


trwwyu456uw465uyrt4 (45)


ヘッドからと、エンジンブロックからフレームにアースを追加し、

その後は症状が出なくなったので、様子を見たいと思います。


試運転に出て走らせたら、ベルトのスリップ音が出るので


trwwyu456uw465uyrt4 (29)


調べたら、ガイドプーリーのベアリングが不良で

プーリーの溝もベルトのゴムが詰まってまして


ベルトとプーリーを取り寄せて、後日交換へ、、、


trwwyu456uw465uyrt4 (30)


走っていると、ステアリングの遊びが大きいので


調べたら、ラックアンドピ二オンのギアボックスを

固定する部分のブッシュが劣化してしまい、


trwwyu456uw465uyrt4 (31)


ステアリングを切ると、ギアボックス自体が動いてしまうので

こちらもブッシュを取り寄せて、後日交換へ


ボルトが緩んでたり、ナットが無くなってるところがあったり 

エンジンのシール部から、オイル漏れも起きてたので


trwwyu456uw465uyrt4 (33)


まだまだやっていきたい事、点検したい部分が

沢山沢山ありましたが、時間や道具が足りず


もっとよくシュミレーションして、部品や道具を

準備してきて、時間ももっと多く作ってくればと


trwwyu456uw465uyrt4 (34)


満足な対処が出来なかったことも沢山。。。。。


後悔や反省が尽きませんので、今回の経験や

データーを今後に生かしていかないとですね


trwwyu456uw465uyrt4 (49)


壊れたと連絡が来ないと、問題なく走っているものだと

勝手に解釈して、何もサポートしてきませんでしたが


こんなもんか!? と、思って乗ってもらってたり

異常に気付かずに乗ってもらってる事もあると思いますので


trwwyu456uw465uyrt4 (50)


「不具合が出た」 と連絡をもらってから動くのではなく、


遠方だろうが定期的に点検にお邪魔させてもらって

問題が起きてないか、チェックして対処していくのは 


クルマを作っている以上、果たさないといけない僕たちの責任


fhsjfgjsdfg;j (24)


カッコいいクルマを作って、オーナーさんに喜んでもらうのと

同じくらい、納車した後もしっかりケアし続けていくことも


オーナーさんにとって重要なことだと、今さらながら

気付かされた3日間で、どうもすみません


fhsjfgjsdfgj (23)


今後はいつでも安心して乗ってもらえるように

アフターサポートにも力を入れていきます


僕たちのために時間を割いてくれたり、御協力頂いた

沖縄の皆さま、本当にありがとうございました!




[ 2022/04/01 21:40 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

出張作業



 先々週は沖縄に出張作業に行ってまして

その時の様子を引き続きで


M本さんのOXBLOODが昨年の末頃から


fdygsdtysdtyste (10)


走行中に段差などで、リアのラテラルロッドと

ペラシャフトが擦るようになったと連絡をうけ


原因になりそうなところをM本さんに点検してもらい


trwwyu456uw465uyrt4 (38)


細かく写真を撮ってもらって、見せてもらうも

見る限り、どこも問題がなさそうで、、、、、


未だ、原因が掴めず、症状も消えないので


shdtyhetyety (1)


クルマをフィットに送って、点検&処置しましょうと

話をしていた矢先に、沖縄に行くことになったので


まずは状況の確認と、処置が出来るならと


shdtyhetyety (2)


M本さんのガレージにお邪魔させて頂きまして


以前、伺ったときから、ガレージを改装して

敷地が広くなってたり、リフトが設置されてたり


trwwyu456uw465uyrt4 (36)


バーカウンターも設置されてたりと、まさに憧れの

ガレージライフ全開でして、カッコいいガレージ羨ましい。。。。。


M本さんは色々と作業も楽しんでいるようで


yueryueryuw6u (1)


工具やチェストも充実してるので、、全部お借りして

僕たちは照明だけで、どうもすみません。


M本さんはこの日は娘さんの卒業式だったそうで


shdtyhetyety (3)


その後、家族で食事に行ってる最中に

「 今夜行ってもいいですか!? 」 と連絡し


帰宅時間に合わせて、H城さんも誘って訪問しまして


trwwyu456uw465uyrt4 (52)


みんなで、、、、、というより、M本さんとH城さんが

ジャッキアップしてくれたら、、、、、下に潜って、点検


ラテラルロッドとペラが擦れるとなると


trwwyu456uw465uyrt4 (53)


原因はミッションマウントが玉砕して、

ペラ位置が下がってしまったか


何らかの原因でデフが前漕ぎになって


trwwyu456uw465uyrt4 (39)


ペラとラテラルロッドが近くなってるか

などを想定していましたが、点検したら


パラレル4リンクの前側のブラケットを

フレームに溶接したところにクラックが、、、、、


trwwyu456uw465uyrt4 (40)


左右ともに大きなクラックが入って、めくれてしまい

デフが前漕ぎになったのが原因と判明


こうなると、フィットに輸送して修理と対策が

必要になるので、お持ち帰りが決定


yueryueryduw6u (7)


クルマは重傷でしたが、この後、M本さんとH城さんと

ご飯を食べに行き、楽しい時間を過ごしまして


翌朝もY澤さんのガレージに行き、作業を進めます


[ 2022/03/31 08:01 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

出張作業



 ブログの更新が滞っており、すみません


先々週は沖縄に出張作業に行ってまして

先日納車したばかりの車に不具合らしき症状が発覚し


trwwyu456uw465uyrt4 (50)


1966LINCOLNが、ハンドルが左に取られるとの事で

原因調査と対応にお邪魔しまして、


アライメントが狂ったかか、ACCUAIRの②の設定が

変わってしまったのかと想定していましたが


trwwyu456uw465uyrt4 (9)


診断の結果から、ACCUAIRのECU不良の疑いが、、、、


診断中にエアコンプレッサーの作動不良も発見し、

リレーとカプラーも交換が必要となりましたが


trwwyu456uw465uyrt4 (10)


ACCUAIRの設定し直しは想定していましたが、

ECUが壊れている可能性までは想定しておらず


部品を用意してきていなかったので、ECUも

コンプレッサーリレーも持ってきてませんけど。。。。。。


trwwyu456uw465uyrt4 (11)


沖縄でACCUAIRのECUを在庫してるところもなく

こんな時に頼れるのは、あの方々しかいません。。。。


ACCUAIRを装着している、OXBLOODのM本さんと

1964 F100のH城さんに連絡して


trwwyu456uw465uyrt4 (27)


「すみません、 ACCUAIRのECU、貸してください。。。。」


M本さんは娘さんの卒業式、H城さんは仕事中に関わらず

「 いいですよ!」 と、快諾して頂き、感謝感激雨あられ


trwwyu456uw465uyrt4 (28)


「 困ったときはお互い様です 」 と、仕事から戻って


夜な夜な自分のF100をジャッキアップし、荷台の

下に組んであるACCUAIRユニットから、ECUと


念のため、タッチパッドもと外して準備してくれまして


trwwyu456uw465uyrt4 (32)


翌朝、仕事に行く前のH城さんの御自宅に突撃し

ECUとタッチパッドをお借りしまして


リレーは沖縄のホームセンターやアストロプロダクツ、

オートバックスを回るも手に入らずで、


trwwyu456uw465uyrt4 (48)


C1コルベットのオーディオを担当してくれた

ドットワンさんに相談してみたら


30Aのリレーとコネクターなら在庫あるよとのことで


trwwyu456uw465uyrt4 (3)


ドットワンさんにも早い時間からお店を開けてもらい、

リレーを譲ってもらったら、Y澤さんのガレージへ


正月にウィニーに引き続き、沖縄の皆さまに迷惑掛けて

今回も皆様のお陰です状態に突入です。。。。。。


trwwyu456uw465uyrt4 (4)


念のためリレーを交換する前にコンプレッサーの

負荷電流を計測したら、起動時は瞬間的に34A、、、、


これでは容量不足で30Aの新品リレーに変えても、

短命に終わるのは必至なので、


trwwyu456uw465uyrt4 (35)


またしても、40Aリレーが必要になりまして、


昨晩、ドットワンさんが知り合いのお店に在庫を

持ってないか聞いてくれてて、


trwwyu456uw465uyrt4 (42)


40Aのリレーを持っているお店を教えてくれてたので


すぐにそこに買いに走って、リレーとカプラー、配線の

修理が完了できまして、コンプレッサーの作動不良が解決


trwwyu456uw465uyrt4 (13)


ACCUAIRのECUも組み換えし、メモリーした車高に

ならない症状も消えて、無事修理完了しまして


これでステアリングを左に取られる症状が消えたか

確認で試運転に出ましたら


trwwyu456uw465uyrt4 (12)


あれれ、まだ若干左に取られるのと、ステアリングの取り付け部分に

ガタと、ウインカーを出したあとに消えない時がある事が発覚、、、、


ステアリングのガタと、ウインカーの作動不良の原因を調べたら 


trwwyu456uw465uyrt4 (43)


ステアリングを取り付けているボスの固定ボルトが

全部ゆるゆるで、締まっておらず、、、、、


ウインカーを出した後に、解除するキャンセルカムの

取り付け位置もずれて付いていたので


trwwyu456uw465uyrt4 (44)


左右でステアリングを回したあとにウインカーを

キャンセル位置が違っていたので


分解して正しい位置に組み直し、ボルト類は

緩み止め対策を施して組み付けしまして


trwwyu456uw465uyrt4 (1)


ステアリングが左にとられる原因を調査したら

足回りに目視や触診での異常は見受けられず


アライメントを測定してみたら、以前にフィットで


trwwyu456uw465uyrt4 (2)


設定した数値とズレているので、ナゼ狂ったのか

調べるも、原因が見当たらず特定に至りませんで


船積みした際、ラッシングベルトを掛けた位置が悪く

アライメントが狂っってしまったんでしょうか。。。。


trwwyu456uw465uyrt4 (14)


持参したレーザーやキャスターゲージを使って

狂ったアライメントを直す作業を進めまして


センターコンソールに埋め込んだIPADで

ACCUAIRが使えるように設定し、


trwwyu456uw465uyrt4 (15)


引っ張ったら外れてしまったという、ボンネットを開ける

リリースハンドルのノブを外れないように組み直し


内装のドアパネルが外れてしまっている

ところがあったので、組み直しまして


trwwyu456uw465uyrt4 (20)


Y澤さんから、ETC車載器を付けてほしいと頼まれていたので、


車載器をドットワンさんでセットアップまで終わらせてもらい

それを受け取って、取り付けも進めまして


trwwyu456uw465uyrt4 (21)


アンテナ分離タイプで、アンテナはフロントガラスの

下側に目立たないよう取り付けし


本体はグローブボックス内に設置し、作動チェック


trwwyu456uw465uyrt4 (33)


2日目は夕方までY澤さんのガレージにお邪魔し

1966 LINCOLNの作業をさせて頂きまして


この後、M本さんのOXBLOODの点検に向かいます


[ 2022/03/30 08:48 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

出張作業



 先週は沖縄に出張作業に行ってまして


沖縄でオーディオを組んでもらっていたクルマが

オーナーさんが長期の海外出張に出ることが決まり 


fhsjfgjsdfgj (23)


出張に出る前にガレージに戻すよう要請があったので

時間短縮でオーディオ作業後、フィットに戻さず


そのまま大阪のオーナーさんに納車と変更しまして


fhsjfgjsdfgj (1)


フィットに戻ってからやる予定をしていた作業を

沖縄に行って済ませる必要が出たのと


先日納車したばかりの車に不具合らしき症状が発覚し、


fhsjfgjsdfgj (13)


フレームを加工してカスタムしてあったり

エアサスやACCUAIRを組んでる車なこともあって


そのような車は、組んだ人でないと何が正しくて

どうなっているのが不具合なのか、判断しづらいので


fhsjfgjsdfgj (14)


現地の車屋さんにお願いして、診てもらうのは現実的でなく 

自分達が行って、しっかり確認、対応するべき。


みんな忙しいので、漏れ田が行っきます!としたいけど、


fhsjfgjsdfgj (3)


技術も気合も、老眼で視力もないのも戦力外。。。。

作業も手締めか応援しか出来ませんし、、、、


なにより、痔で飛行機は1時間が限界なので、

往路の途中リタイヤ必至。。。。ということで


fhsjfgjsdfgj (5)


やむえず、DAICHIが一緒に行くことになり


M本さんのOXBLOODも、今年に入ってから


「 走ってると、ペラとラテラルロッドが

  擦る時が出るようになった 」 と連絡があり、


fhsjfgjsdfgj (4)


M本さんが自身で原因を調査してくれていましたが

不安を抱えたまま乗るのは気持ちよくないと思いますし


早く点検、対処しておきたいので、沖縄に行くことになったので

滞在中にその点検もやらせてもらおうという事になりまして


fhsjfgjsdfgj (2)


急いで飛行機とホテルの予約を済ませ、

みんなで不具合の原因をシュミレーション。


可能性のある原因と、リフトや設備がない環境で


fhsjfgjsdfgj (12)


手荷物で持っていける工具や計測器にも

限界があるので、それらの限られた環境下で


どうやって点検し、判断、対処するのが良いのか、


fhsjfgjsdfgj (6)


それぞれの点検や作業に必要になる工具、

部品などを洗い出して準備したら、


宅急便で送ってる時間がないので、手荷物にして

早朝の飛行機に乗り込み、沖縄に飛びまして


fhsjfgjsdfgj (7)


まずはC1コルベットがオーディオ作業が完了し

預かっている間に車検が切れたので、


沖縄の車屋さんにお願いして、車検を通して頂き

船積みする日までの間、保管して頂いているので


fhsjfgjsdfgj (11)


そこにお邪魔して、オーディオ作業を担当してくれた

ドットワンのK橋川さんも合流してくれたので


セットアップしてもらったオーディオ、バックモニター、

アラウンドビュー機能の取り扱い説明を受け


fhsjfgjsdfgj (10)


オーナーに質問されても説明できるように勉強


漏れ田くんは3歩あるくと忘れますが、K橋川さんは

いつも取扱説明書や配線図などをオーナー用と


FIT用の2冊作ってくれるので助かります


fhsjfgjsdfgj (8)


ゲージをオリジナルからダコタデジタルのRTXに変更したり


センターコンソールを作り変えて、エアコンの操作パネルを

ビンテージエアの旧式の物から新しい物に変更したので、


オーナー向けにスイッチや操作方法の説明書を作り


fhsjfgjsdfgj (9)


ステアリング位置、ウインカーのキャンセルカムの調整と

LSエンジンのコンピューターセッティング、データ収集


エアコン、ヒーター、ダコタデジタルの作動をチェックし作業完了


fhsjfgjsdfg;j (24)


コルベットの作業をさせて頂いた車屋さんは

店内にキッチンと業務用冷蔵庫があり、、、、、


車屋さんですが、超料理上手。手作りの超美味しい

沖縄ソバをみんなに振る舞ってくれまして


fhsjfgjsdfgj (15)


今まで食べてきたお店の沖縄ソバより、こちらで

御馳走になった沖縄ソバがダントツ美味しかったです


その後、先日1966 LINCOLNを納車させて頂いた

Y澤さんのガレージにお邪魔させて頂きまして


fhsjfgjsdfgj (16)


Y澤さんは、1966 LINCOLN SUISIDEの他に

スラムドトレーラーや、PATINA 63 C10も


購入して所有してくれてまして


fhsjfgjsdfgj (2s2) (4)


1966 LINCOLNは、2019年のHRCSに出展後に

フィットで足回りや機関系を一通り整備、手直しして


絶好調でしたが、内装などのカスタムをしたのち

先日納車したら、ハンドルが左に取られるとの事で


fhsjfgjsdfgj (2s2) (2)


原因調査と対応にお邪魔しまして、アライメントが

狂っていないか、足回りを点検しても目視では異常無し


ACCUAIRは②を押して、ライドハイト位置に合わせようとすると

なぜか、最後に左前が下がって停止するので、、、、


fhsjfgjsdfgj (2s2) (3)


ACCUAIRの②のメモリーが狂ってしまったのかと思い

メモリーし直すも、必ず左前が下がって停止するので


うーん、これはACCUAIRのECU不良の疑いが、、、、


fhsjfgjsdfgj (17)


さらに、エンジンを始動し、エアサスを動かしていると

エアを溜める時間が遅いので調べたら


コンプレッサーが2機あるうち、1機が動いたり動かなかったり、、、、、


fhsjfgjsdfgj (18)


調べたら、コンプレッサーの電源リレーがはりついたのか

配線が熱を持って、カプラーも溶けてまして、、、、


どちらも想定外で部品を準備してこなかったので

さて、どう対処するべきか、、、、、続きはまた後日!



[ 2022/03/25 10:11 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)



 今年からメタルワークの匠、GAKUくんが

FITに来てくれて、S庭師範と


モリモリ作業を進めてくれてまして


rgqwertwrtq (2)


GAKUくんの作業スペースを作って

工場内もだいぶレイアウト変更しまして


以前より作業し易いようになりましたが


tyuruertkuir6oliluoy (1)


作業スペースを作るために、これまでは

倉庫スペースとして使っていたところを


よく使うものと、滅多に使わないモノを選別し


tyuruertkuir6oliluoy (3)


普段使わないモノは作業スペースにあると

邪魔になるので、奥に追いやりますが


倉庫スペースもいっぱいになって足りず、


tyuruertkuir6oliluoy (4)


tyuruertkuir6oliluoy (6)


イザ使いたい時に取り出すのもタイヘンだったり


数年に1回しか使わないイベント用品やテント、

カーショーの時に使うカーペットも大きな面積分が


tyuruertkuir6oliluoy (7)


数色分あったりと、かなりの物量がありまして


FITのガレージにある、作業待ちのクルマや

それに使う為に準備しているパーツなども


tyuruertkuir6oliluoy (11)


tyuruertkuir6oliluoy (28)


かなりの保管スペースを占めるので

外にガレージを建てて、その中で保管するも


作業中のクルマを分解して外したフェンダーや


tyuruertkuir6oliluoy (10)


ボンネットなどの外装パーツの保管に

これまた大きなスペースを必要とするので


それらを傷をつけずに、作業や来客の邪魔に


tyuruertkuir6oliluoy (9)


ならない場所で保管しようとすると

外に建てたガレージの中で保管が都合がよく、


ガレージで保管してクルマは、スペースが


tyuruertkuir6oliluoy (16)


tyuruertkuir6oliluoy (17)


足りなくなって、近くに月極のガレージを

数台分、借りて保管したりしてましたが


あちこちに置き場が別れて、管理がタイヘンなので


tyuruertkuir6oliluoy (18)


それらを一箇所でまとめて保管できる

大きな倉庫を借りて、輸送する作業中


ウィニーも大きくて邪魔になるので、予備検で


tyuruertkuir6oliluoy (14)


陸運局に持ち込む時まで倉庫で一時保管とし

ウィニーは高速テストを兼ねて自走で輸送


他のクルマや、ロードスターフレームは

積載車に積んで輸送しまして


tyuruertkuir6oliluoy (19)


クルマやフレーム以外は、2tロングの箱車で

2ピストン分、この後に作業するクルマの部品や


イベント用品などを輸送し、保管となりまして


tyuruertkuir6oliluoy (21)


倉庫には部品用の保管スペースを作り、


イベント用品やカーペット、ショーケース、

発電機などを保管するスペースや


tyuruertkuir6oliluoy (20)


クレートモーター2機、オートマ1機、デフにZEPHYRの

スペアミッションなどの機関系パーツは


フォークリフトで積み下ろしできるスペースを

作って保管としまして


tyuruertkuir6oliluoy (22)


METALUNIONで作ってもらった、1937 ZEPHYRの

外板パーツは、壁に立てかけて保管し


新品のガラスが入っている大きな木箱や 


tyuruertkuir6oliluoy (12)


tyuruertkuir6oliluoy (13)


特注で作ってもらった22インチのビレットホイール


アメリカから届いた、箱に入っているパーツは

かなりの物量があるので、スチール棚を組んだ


tyuruertkuir6oliluoy (15)


スペースでクルマごとに分けて保管しまして


パーツの出し入れも、周囲のクルマが邪魔に

なることもなく、台車も通れるスペースを確保


tyuruertkuir6oliluoy (25)


tyuruertkuir6oliluoy (26)


イベントでカーペットやショーケース、テントを

使いたくなっても、クルマやパーツ倉庫に関係なく


すぐに出し入れできるようになりましたし


tyuruertkuir6oliluoy (24)


作業中以外のクルマやパーツを全て輸送し、


フィットの工場内は広く使えるようになり

一個所で管理できるようになったので


dhjryjtkuyt.jpg


作業も管理も効率化して、さらなる

レベルアップを目指したいと思います


FUNK STA 4 LIFE!!!!!!



[ 2022/03/05 13:02 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)