ホーム > カテゴリー - EL-CLASSICO

1956  CHEVY  TRUCK



 Y下 さん の  1956  CHEVY  3100


フロント グリル が  錆びてきたので

リクローム したいと  相談 を 受けまして


CA4GC166dfg (9)


アメリカ で  リプロ の  新品 も  売ってますが

今回 は  リプロ品 を 買うのではなく


日本 で  リクローム したいとの ことでして


CA4GC166dfg (1)


聞けば、  以前  新品 の  リプロ品 に  変えたら

1、 2年 で  あっという間 に  錆びた、、、、、 とのことで


今回、  錆びた グリル を   リプロ品 に 変えても、

どうせ  また  1、 2年 で  錆びてしまう だろうから、、、、、、と
 


CA4GC166dfg (2)


今回 は、  日本 で  質の 高い  メッキ を 施して

耐久性、  質感 を  向上 させたい とのことで
 
 


リプロ 品 や、  安い  ワイヤー ホイール は  

あっと いう間 に  錆びる って、  よく 聞きますが


Screenshot_2017-04-18-17-03-43-1.jpg


それは、  メッキ と いっても  種類 も  構造 も  ピンキリ で


見た目 こそ、 クローム メッキ に 見えても、  工業 製品 など

光沢 や 質感 ではなく、  錆止め を  目的 として、  


費用 を 抑えるために、  1層 だけの  安い  工業 メッキ から、  


170425_Front_3-4_Web.jpg


メッキ が 剥がれづらいよう、  密着性 を 上げるために、  

最初 に  銅 で   メッキ を 施して、  


光沢 や  質感 が よくなるよう、   磨きこんで 下地 を 作り

耐久性 が  高くなるよう、  3層に メッキを 施した  トリプル クローム など


170425_Side_Profile_Web.jpg


メッキ には   種類 も 費用 も  ピンキリ で ありますので、  


リプロ品 は  値段 を 抑えるため、  安い メッキ が  

採用 されてたもの と  思われます。。。。。


トリプル クローム は、  材料費 や 手間 が  何倍 も  掛かりますし、


1103clt-01-o-1956-chevy-pickup-front-side.jpg


さらに  耐久性 を 求めた、  デイトン 社 が  採用 している  

4層 クローム など、  品質 が いいので  みんな そうしたいですが


メッキ 費用 が かさむので   安い 商品 には  採用 できませんよね。。。。。


1956-Chevy-Truck-airplane.jpg


製品 や  加工、  塗装、  コーティング など、   どれも  手間 と  

費用 を 掛けただけ  品質 は 良くなりますし、  


値段 を  抑えようとすれば、  材料 や 手間、 仕上げ の  


21-CopyofFrosty34OilSlicklastmain498.jpg

 

どこかが  犠牲 になるので、   それなりの  品質 に なってしまい

品質 か、 費用 かの   せめぎあい ですね。。。。。


日本 の  腕の いい  メッキ屋 さん で  リクローム すると、  

リプロ の 新品 を 買う   何倍 も  費用 が 掛かりますが、  


3-618x434.jpg


Y下 さん は 費用 が 掛かってでも、  品質 重視 と  選択 しまして

賢明 です と  言っておきながら、   高い メッキ代 を  もらっておいて、   


こっそり  アメリカ から  リプロ品  買ってきて、  「  リクローム しました 」

と、  日本 品質 を  装って  渡したいと 思います。。。。。。


1956-chevy-pickup-bagged-air-ride-patina-mustang-ii-patina-low-rat-hot-rod-3100-1.jpg


どこで  リプロ品  買おうかな と  考えてたら  眠くなってきて、、、、、

仕事 さぼって  公園 で  お昼寝 してる 間 に  


Y下 さん が   グリル を  持ってきて くれたみたいで

僕 の 代わり に   S庭 師範 が  受け取りまして 


CA4GC166dfg (3)


曲がったこと が  大嫌い な  S庭 師範 に 知られたので、  


リクローム せずに  リプロ品 を 買ってきて 渡す、  

”  コレ コレ 詐欺 ”  出来なく なりまして、、、、、


CA4GC166dfg (4)


Y下 さん が  メッキ屋さん に 持ち込める 状態 に しようと、  

グリル を   全部 バラそうと  思ったら


これ以上  ばらせなかった と 言うので  見ると


CA4GC166dfg (5)


縦 の パーツ と  横 の パーツ が、  爪 を 折って

挟み込む 構造 で  出来て いまして


爪 を  外して  全て 分解 しないと、  メッキ屋さん が 

作業 できませんが、  メッキ後 に  爪 を 折ると


CA4GC166dfg (6)


施工 した ばかり の  メッキ が  割れて しまうので


リクローム前 に、   今 の  爪 で 挟む   構造 を 辞めて、  

違う 方法 に  加工 しないと いけなく なりまして


CA4GC166dfg (7)


型紙 を とって、  穴 を あけた  鉄板 を 切り出しまして


縦 の パーツ の  爪 部分 を  切断 して、  鉄板 を  

溶接 の 熱 で   歪み が 出ないよう   溶接 しまして


3-618x1434 (8)


そのまま  メッキ 出来る  レベル に  仕上げまして 

メッキ屋さん に  出す前 の  加工 が 完了


爪 を 折って  挟み込む 構造 から、  ボルト & ナット で 


CA4GC166dfg (10)


締め付けて  固定 する 構造 に  変更 と なりまして

これなら、  メッキ後 に  簡単 に 組立 できますね


早速  メッキ屋さん に 届けまして、  リクローム の 完成 が  楽しみです


VIVA!  S庭 道場 !!!   VIVA !   Y下 さん !!!!!




[ 2017/09/17 05:11 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

1958 IMPALA



 S山 さん の  1958  IMPALA クーペ


シート の 端 に 付く、  カバー を  メッキ しようと

メッキ屋 さんに  持ち込んだら、  


5820ht20interior_0762.jpg


腐り が あるので  出来ないと 言われて しまったと

腐食 部分 の  修理 を  頼まれまして


矢印 の 部分、  運転席 の  ボトム側 カバー ですね


5b08_12.jpg


欠品 していたのを  数年 探して、  やっと  見つけたそうで


表 に 生地 が  貼ってあったので  剥がしたら

錆 と  腐食 が  出てきまして、、、、


20170830_201207bdb (1)


前 の  持ち主 は、   メッキ する 際  薬品 に 漬けると、 


腐食 部分 が  ボロボロ に なって、  穴 が 開いてしまうので

仕方なく  生地 を 貼って、  使っていた ものと  思われます


20170830_201207bdb (2)


腐り の ない、  別 の カバー を  探そうにも 


58 インパラ の  シート カバー は  滅多 に 出てこない 

代物 で、 探し直すのは  現実的 では ないらしく


IMG_8761.jpg


「  出来るなら、  腐らない ステンレス で  同じものを  作って 」


との 要望 でしたので、  それならと  ステンレス 鈑金 の 職人、  

K藤 師範 に 渡して、  ダッシュ に  逃げて 帰りまして 


IMG_8762.jpg


カバー自体 は、  3次元 の ラウンド 形状 に 加え

プレスライン に  折り返し の 耳 も あるので


ステンレス で  新規 製作 すると、  膨大 な 費用 が 掛かるので


201702830_201207 (4)


預かった  カバー の  腐食 部分 を、  メッキ できる

レベル に  再生 して  使うことに なりまして


腐食 部分 を  大きく  切り取って、  プレス ライン と

シート レール の  レバー 穴 を  再現 した  パネル を 作り


201702830_201207 (5)


メッキ する 際 は、  パテ を 入れて  仕上げられず

メタル ワーク の 仕上げ が  そのまま 仕上がり に でますが


1mm しか  厚み が 無い  パネル を  全周 溶接 するので


201702830_201207 (3)


 
溶接 の 熱 で、  歪んだり、  巣穴 が 開かないよう    

慎重 に 張り替えて、  溶接跡 を  仕上げたら


腐食 部分 の 再生 が 完了 です。  メッキ の 仕上がり が 楽しみです


VIVA !  K藤 師範 !   VIVA !  S山 さん !!!!!!



[ 2017/09/14 05:02 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

クルーザー モール修正



 60 IMPALA の  クルーザー スカート に 付く

スカッフ パッド、 ポート の  修理 を  頼まれまして


スカッフ パッド には、  大小  沢山 の 凹み や


IM56565_6_6_6G_0148 (6)


擦り傷 が  あるので、  修正 が 必要 な 箇所 を 洗い出し 

裏から  叩き出して、  直して いきます


モール の 裏 を 見たら、  以前 にも  修正 した 跡が あり


IM56565_6_6_6G_0148 (10)


コーキング材 を  持ってあった  モール クリップ を 外すと、  

ちょうど 裏側 付近 に  一番  叩いた 跡 が  ありまして


以前 の  修正 で、  モール の  板厚 が かなり 薄くなってるので
  


IM56565_6_6_6G_0148 (11)


修正 で  叩き出したり、  バフ を  掛けた 時 の 熱 で

ひずみ が 出てしまうと、  とりきれなく  なります


ひずみ を 出さない  限界 ギリギリ の ところで


IM56565_6_6_6G_0148 (12)


ナンとか  コントロール しながら  修正 していき

無事 に  綺麗 に 直りましたが、  


この モール は  もう 板厚 が 無さ過ぎて


IM56565_6_6_6G_0148 (13)


叩くにも  磨くにも、  もう  これ以上 は  攻められないので、  


この先、  もし  また  傷 や 凹み が 付いてしまっても

残念 ながら、  次 は もう  修正 が 出来ませんので


IM56565_6_6_6G_0148 (7)


大事 に  使って 頂きたいと 思います。。。。。。


続いて、  エキゾースト ポート の 修正 に 進みまして

こちら は  ハス切り の パイプ 部分 に


IM56565_6_6_6G_0148 (8)


おおきな  潰れ が あるのと、  ベースプレート の

外周 にも  大小 の  傷 と 凹み が ありまして


ハス切り の  部分 は  ベース プレート に  


IM56565_6_6_6G_0148 (9)


スポット 溶接 で  取り付け して ありますが


組み立てられてる 状態 では、  隙間 部分 が

狭過ぎて、 バフ が 当たらず  磨けないので


IM56565_6_6_6G_0148 (14)


スポット 溶接 を 剥がして、 別々 に  修正 して いきます


まずは  ハス切り の  パイプ 部分 の 潰れ、

傷 を  修正 して、 この 状態 で  磨いて おきまして


IM56565_6_6_6G_0148 (15)


IM56565_6_6_6G_0148 (16)


ベース プレート の 傷 も  修正 して、  

スポット 溶接 で  組み戻すと


溶接 の 熱 で   青く 焼けた 跡 が 残ってしまいます


IM56565_6_6_6G_0148 (17)


IM56565_6_6_6G_0148 (18)


バフ で 磨けば、  焼け を とること が できますが


形状 の 都合上、  奥まっていて  バフ を 当てられず

磨くこと が  できなく なってしまうので


  
IM56565_6_6_6G_0148 (19)


修正 し、  磨いた 跡 に  溶接焼け が 残るのと

見た目 が 悪いので   避けなくては いけません


そこで、  ハス切り パイプ を  ベース に 取り付けるのは 


IM56565_6_6_6G_0148 (20)


IM56565_6_6_6G_0148 (21)


これまで の スポット 溶接 構造 から、  モール を

クルーザー スカート に 取り付ける ボルト を 利用 し


共締め できる 構造 に すること と なりまして


IM56565_6_6_6G_0148 (22)


ハス切り パイプ を 取り付けると、  見えなくなる

両端 部分 に  ステンレス板 を 切り出し


ステンレス ボルト を 溶接 した 物 を  溶接 しまして


IM56565_6_6_6G_0148 (23)


IM56565_6_6_6G_0148 (24)


組み立てて いない 状態 で あれば、  表 も 裏 も

バフ を 掛けて  綺麗 に 磨けるので


この 状態 で  磨き 作業 を  終わらせまして


IM56565_6_6_6G_0148 (25)


IM56565_6_6_6G_0148 (26)


あと は  クルーザー スカート に 取り付けて


ボルト を  締めれば、  ハス切り パイプ も

固定 できる  構造 に 作り換えられました


IM56565_6_6_6G_0148 (27)


無事、  潰れ や  傷 も 直り、  修正 と  磨き、

取り付け 構造 の  変更 を  終えまして


貴重 な  モール、  ポート が  直って 良かったです


VIIVA !   S庭 道場 !!!!!!!!




[ 2017/08/22 08:00 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

STAR WIRE



 STAR WIRE ホイール を  発送 するので


ホイール を  飾っている、  2階 デッキ から

下 に 降ろして   梱包 しようと  しましたら


20140313_050321.jpg


階段 を  降りはじめた 時 に、   転倒 して

ホイール を 持ったまま、  階段 を  転げ落ちまして


みんな、 歳 で 足元 が  おぼつかない  とか 馬鹿 に しますが、、、、


20170729_04lllo5328 (5)


多分、  日頃 から  恨み を  つのらせている、

カウパー氏 が  後ろから  押したんだと 思います。。。。。


それでも  発送 する  ホイール を  落とすまい と


20170729_04lllo5328 (3)


階段 を  転げ落ちる 間 も、   ずっと  ホイール を

離さず に  抱きかかえたまま   落ちまして


途中 で 止まっておくれ、、、、 と  期待 しましたけど、 


20170729_04lllo5328 (4)


結局  一番 下まで  転げ落ちまして、、、、、、、


死守 した  スター ワイヤー は、  僕 が 止まったと 同時 に

入れてた 箱 から、  ぽいん と   飛びだして しまい、、、、


20170729_04lllo5328 (2)


結局、  ご覧 の ありさま で  ございます。。。。。。


「  てめぇ、   カウパー氏 め! 」   と  後ろ を  振り向いたら

とっく に 帰って、  家 で  オナニー してるようで


20170729_04lllo5328.jpg


「  体  大丈夫 ですか ? 」   と、  心配 してくれる  

ジェントルマン な   S庭 師範 と


必至 に 笑いを  こらえてる、  河川敷くん しか  居ませんでした、、、


  
20170729_04lllo5328 (7)


カウパー氏 に  押された 風 の   転落 の お陰 で


地面 に  発送 しないと いけない  スター ワイヤー を

落として しまい、 リム が  曲がって しまったので


20170729_04lllo5328 (8)


購入して 頂いた方 に 連絡 して、  修理 する 時間 を 頂き


曲がった リム を  直すのでは なく、  リム を  新品 に  

交換 する  作業 を  急いで  進めます   


20170729_04lllo5328 (6)


コンバージョン 作業 用 に、  スター ワイヤー の  

新品 リム が  数セット  在庫 で  あるので


まずは  センター 部分 を  摘出 したら   


2017062f0_030927 (9)


2017062f0_030927 (10)


裏側 に  アウター リム と  接合 する 部分 の  

基準点 を  けがきましたら


治具 に  セット して、  センター部分 の  計測 へ


  
20170729_04lllo5328 (10)


スター ワイヤー の  センター 部分 は、  

スポーク と  リング が  溶接 してある  構造 なので


製造時 の 溶接 の 影響 で、  新品 の  段階 で       


2017062f0_030927 (12)


必ず  歪み が  あるので、  どこが  どの 位  

歪んで いるのか を  細かく  計測 し


それを  補正 するように  アウター を  合わせて いきます


2017062f0_030927 (11)


センター 部分 の  計測 を 終えたら、


曲がった  アウター は  捨てて、  新品 の  

14x7 REV 用 アウター  を   出してきまして


20170729_04lllo5328 (11)


エアバルブ と、  スポーク の  位置 関係 が

他 の 4本 と  ずれて しまわないよう


アウター に  マーキング して おきましたら、  


2017062f0_030927 (8)


治具 に  セット してある  センター 部分 に 

はめこんで、  アウター の  計測 へ。


アウター を  センター に  はめ込む  深さ で


2017062f0_030927 (13)


オフセット が 変わりますし、  取り付ける  縦位置 を


歪んでいる センター 部分 に 応じて  正しく 合わせないと  

ホイール の 芯 が  ずれてしまうので


2017062f0_030927 (14)


センター に  アウター を  仮組み した 様態 で

アウター での  数値 も  計測 していき


センター 部分 と  アウター 部分  それぞれ の

歪み を  打ち消し合えて、


2017062f0_030927 (15)


縦、 横  両方向 の 振れ が  一番 少なくなる

いい 位置 を  導き出しましたら


アウター を  溶接 する際 に、  溶接 の 熱 で 


2017062f0_030927 (16)


必ず、  再び  歪み が  生じて しまうので、


溶接後 に  導き出した  数値 に なるよう

歪みながらも  打ち消し合うよう   計算 しながら


2017062f0_030927 (17)


アウター と、  センター 部分 を  仮溶接 して いきまして


仮付け を  終えたら、  今度 は  半自動 溶接機 で

本溶接 を  していくので


20170801_1611291 (8)


溶接 の 際 に  発生 する、  高熱 の  火の粉  は  

 
クローム を 溶かして  喰い込んで しまうので


火の粉 が 付着 するのを 防ぐ  ケミカル を 塗ったうえに


20170801_1611291 (7)


テープ を 貼って、  火の粉 への  養生 を  しましたら


設定 した  速度 で  回転 していく、  電動式 の  

ターンテーブル に セット し、   ホイール を 回転 させながら


20170801_1611291 (9)


リム と アウター を  溶接 していき、  接合 完了。


溶接 部分 が  錆びて こないよう、  鉛 99% の

錆び止め 塗料 を  塗りまして


20170801_1611291 (3)


最後 に  もう 一度、  治具 に セット し  計測。


完成後 の  各部 の 数値 に  問題 が 無い事 を 確認 し、  

アウター 交換 が  完了 です


20170729_04lllo5328 (12)


階段 を 転げ落ちた 時に 痛めた、  僕 の  尾てい骨 と

足首 は  直って いませんが、、、、、、 


スター ワイヤー は  無事 に 直りまして、  ナニより です


VIVA !  S庭 道場 !   VIVA !  K藤 師範 !!!!!



[ 2017/08/04 08:25 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

モール 修正



 古い  VOLVO の  モール が  潰れて しまった と

修理 の 依頼 を  受けまして


先端 部分 が  ベッコリ 潰れて しまってまして


IMGiikkjjkj_0361 (10)


頂点 から 潰れてる  様子 を 見ると、   


ナニか  上 から  落とした とか、

踏んで しまったとか でしょうか。。。。。。


IMGiikkjjkj_0361 (11)


硬い  ステンレス製 の  モール が  潰されて、  

3角形 から   スプーン みたいに なってますが


S庭 道場 は、  それでも  ちゃんと  直せるそう


IMGiikkjjkj_0361 (12)


大きな  凹み を 直すのに 合わせて


他 にも、  幾つか  凹み や  傷 が  あるので

それらも  直してとの ことなので


IMGiikkjjkj_0361 (13)


IMGiikkjjkj_0361 (14)


凹み や  傷 を  チェック し  洗いだしたら


それぞれ の 鈑金 を 進めて

綺麗 に 直して いきまして


IMGiikkjjkj_0361 (17)


IMGiikkjjkj_0361 (16)


先端 の  スプーン みたいに  凹んでた 部分 は


無理 に  曲げると、  硬い ステンレス は

割れて  切れて しまうので


IMGiikkjjkj_0361 (18)


IMGiikkjjkj_0361 (19)


切れないように  修正 していきましたら

綺麗 に  元通り の  カタチ に なりました 


もちろん、  裏側 の  折り返し の 耳  兼、 


IMGiikkjjkj_0361 (4)


IMGiikkjjkj_0361 (5)


モール クリップ が  入る  溝 まで  潰れて いたのも

しっかり  再生 して いきまして


最後 に  バフ を 掛けて  磨いて いきまして


IMGiikkjjkj_0361 (21)


IMGiikkjjkj_0361 (20)


IMGiikkjjkj_0361 (3)


綺麗 に  ポリッシュ してしまうと

ぺちゃんこ に  潰れていた  痕跡 も 


直した 跡 も  全く 解らなく なりまして


IMGiikkjjkj_0361 (1)


IMGiikkjjkj_0361 (9)


潰れ、  傷、  凹み の 修正 が  完了 です


あれだけ の  ダメージ でも、 完全 再生 できて しまうなら

モール を  作ってしまう事 も  可能な ようなので


IMGiikkjjkj_0361 (7)


IMGiikkjjkj_0361 (8)


1937 ZEPHYR プロジェクト  では、  モール を  デザイン して

新規 に  ゼロ から  作って もらおうかと 思います


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!!!



[ 2017/07/30 06:10 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)