ホーム > カテゴリー - EL-CLASSICO

FIT AIR



 ACCU AIR の   E-LEVEL KIT、


エアサス の  システム に、  機械的 な

センサー を  追加 して  検出 することで


accuair_elevel_touchpad_248.jpg


クルマ の 状態 を  コンピューター が 認識 して


ボタン ひとつ で  全輪 の 車高 を 変えたり 

自動 で  車高 を 補正 してくれる 装置 です


Accuair-eLevel-System-3.jpg


上 の  写真 左上 の  センサー に、  短い 

センサー アーム、  長い  センサー ロッド で  


構成 されている  センサー 一式 を  サスペンション の


p@@p@yutg (3)


全 ストローク に  合わせて   取り付け します


その際、  ACCU AIR社 の  インストール マニュアル に

記載 されている 通り の  センサー 可動域 で  取り付けますが


d542373d9e1df3199160f2429e0905dd---impala-low-low.jpg


これまで  ACCU AIR を  取り付けてきた  クルマ の 中 でも


リア サスペンション が  トライアングル  4 リンク 式 の

クルマ だけが、   サイド トゥ サイド 状態 に なると

  

accuair20arm20for20sensor_0.jpg


瞬間的 に  センサー値 が  エラー に なったり、  


上 の 写真 の  センサー アーム が  よく 折れるので、  

折れない様に  プラスチック製 を  金属製 に  変えると  


ACCUAIR20ARM20COLORS.jpg


次 に 弱い、  プラスチック製 の  センサー が  割れたり

ロッド が  引きちぎれる 事例 が  起こります


センサー は  車種別 で 設定 されている ワケではなく、   


IMG_0vnxbgdf235 (20)


あくまでも  取り付ける  クルマ に 合うように

取り付け方 や、  取り付け 場所 を  探して


ロッド の 長さ 調整 など、  全て 取り付ける 人 が


IMG_0vnxbgdf235 (7)


自分 で 判断 して  取り付ける  汎用品 なので、


取り付け に  ナニか  不具合 が なかったのか  

検証 してみましたが、  解明 できず


IMG_0vnxbgdf235 (8)


道路 から  駐車場 に  入る 際 などに


大きな  段差 を  斜めに 入って  乗り越えたりすると、  

どうしても  車 が  サイド トゥ 状態 に なってしまい


IMG_0vnxbgdf235 (9)


トライアングル 構造 だと、   車重 も 掛かってなのか


サスペンション の  ストローク エンド を  

瞬間的 に  超えてしまう 状態 に なるようです


IMG_0vnxbgdf235 (10)


センサー の  精度 を  最大限 に  生かせるよう


ACCU AIR の  インストール マニュアル 通り

ロッド長 を  100 mm で  取り付けると


IMG_0vnxbgdf235 (11)


どうしても、  サスペンション の  可動域 以上 に

瞬発的 に  行ってしまう 状況 で  破損 するので


瞬発的 に  ストローク エンド を  超えてしまう  領域 でも


IMG_0vnxbgdf235 (12)


センサー が  破損 しない 位置 に  取り付けたり

センサー ロッド の  長さ を  短くしてしまうと、  


検出  精度 が  低くなって しまうので


 
IMG_0vnxbgdf235 (13)


サイド トゥ サイド  しない ワケ にも  いかないので、、、、、


センサー が  瞬間的 に  引っ張られても  壊れない

対策品 を  作るしかないと  なりまして


IMG_0vnxbgdf235 (14)


構造 を 設計 し、  熟練 旋盤工 A田 くん に  


精巧 に  パーツ を  削り出してもらい、  組み立てて いくと

こんな 感じ の  センサー ロッド に なりまして


IMG_0vnxbgdf235 (15)


内蔵 スプリング の  テンション で、  普段 は  

ACCU AIR の  センサー ロッド と  変わりませんが


車体 が   サイド トゥ サイド 状態 に  なってしまい

センサー に  引っ張る  力 が  働くと


IMG_0vnxbgdf235 (16)


ロッド が  テレスコ ピック 構造 で  伸びるので

センサー や  アーム が 破損 しないよう、  保護 します


サイド トゥ サイド の   状態 が  解消 されると


IMG_0vnxbgdf235 (17)


スプリング の 作用 で、  元の  長さ に 戻る  仕組みで

これで  もう  破損 の  心配 も  なくなりまして


アイデア、  技術力 で   イノベーション され、  ナニよりです


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!!



[ 2017/10/11 14:39 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

CRUISE & CAMP



 昨年  初めて  開催 された、  ENDRESS SUMMER。


「  すごく  楽しかったので、  毎月 やって 」   と  頼んだら

独り で やってろ と  却下 されまして、、、、


1477373776937.jpg


毎日  BBQ は  出来ませんが、  毎日  股間 に  

テント は  張って、  キャンプ ファイヤー しております


そうこう してる  うちに、   今年 も  エンドレス サマー な  

時期 が  近づいて 来たそうで


14733210_591941470991363_477355764927692800_n.jpg


第2回 の  開催 が 決まった そうで、  ナニより です


みんな で  クルーズ  していって、  故障 して、、、、、、

BBQ では  ウェルダン 待ってたら  品切れ に なり      


1477214409999.jpg


波乗り して、  みんな と  楽しい  お酒 を 飲んで、  

キッズ 達 と  SK8 したら、  捻挫 して、、、、、


キャンプ ファイヤー したら   服 焦げて、、、、、、  


1477262349621.jpg


S美 ちゃん の  ファイヤー  ダンス 見て  勃起 して


Kおり ちゃん の  テント に  忍び込んだら

K子 くん に  ボコられて、、、、、、


1477262286535.jpg


仕方なく  H野 キャプテン と 寝たら

歯ぎしり の 音 で  寝れなくて、、、、、  


朝 起きたら  おねしょ してた。。。。。。

という 流れ で  楽しみたいと 思います


1477262326978.jpg


日程 は、  10 月 14 日 (土) ~  15 日 (日)

会場 は  千葉県 の  九十九里 


首都高 湾岸線、  湾岸幕張 PA に  8時半 集合

アメ車 や バイク で   BBQ 行って、  キャンプ する。  最高 ですね


1503301614466.jpg


海沿い の  キャンプ場 なので  波乗る するも  ヨシ、  

釣り するも  ヨシ、  時間 の 過ごし方 は 自由 です


どなたさま も  遠慮 なく、  お気軽 に 御参加 ください


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!






[ 2017/10/09 14:19 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  CHEVY  TRUCK



 Y下 さん の  1956  CHEVY  3100


フロント グリル が  錆びてきたので

リクローム したいと  相談 を 受けまして


CA4GC166dfg (9)


アメリカ で  リプロ の  新品 も  売ってますが

今回 は  リプロ品 を 買うのではなく


日本 で  リクローム したいとの ことでして


CA4GC166dfg (1)


聞けば、  以前  新品 の  リプロ品 に  変えたら

1、 2年 で  あっという間 に  錆びた、、、、、 とのことで


今回、  錆びた グリル を   リプロ品 に 変えても、

どうせ  また  1、 2年 で  錆びてしまう だろうから、、、、、、と
 


CA4GC166dfg (2)


今回 は、  日本 で  質の 高い  メッキ を 施して

耐久性、  質感 を  向上 させたい とのことで
 
 


リプロ 品 や、  安い  ワイヤー ホイール は  

あっと いう間 に  錆びる って、  よく 聞きますが


Screenshot_2017-04-18-17-03-43-1.jpg


それは、  メッキ と いっても  種類 も  構造 も  ピンキリ で


見た目 こそ、 クローム メッキ に 見えても、  工業 製品 など

光沢 や 質感 ではなく、  錆止め を  目的 として、  


費用 を 抑えるために、  1層 だけの  安い  工業 メッキ から、  


170425_Front_3-4_Web.jpg


メッキ が 剥がれづらいよう、  密着性 を 上げるために、  

最初 に  銅 で   メッキ を 施して、  


光沢 や  質感 が よくなるよう、   磨きこんで 下地 を 作り

耐久性 が  高くなるよう、  3層に メッキを 施した  トリプル クローム など


170425_Side_Profile_Web.jpg


メッキ には   種類 も 費用 も  ピンキリ で ありますので、  


リプロ品 は  値段 を 抑えるため、  安い メッキ が  

採用 されてたもの と  思われます。。。。。


トリプル クローム は、  材料費 や 手間 が  何倍 も  掛かりますし、


1103clt-01-o-1956-chevy-pickup-front-side.jpg


さらに  耐久性 を 求めた、  デイトン 社 が  採用 している  

4層 クローム など、  品質 が いいので  みんな そうしたいですが


メッキ 費用 が かさむので   安い 商品 には  採用 できませんよね。。。。。


1956-Chevy-Truck-airplane.jpg


製品 や  加工、  塗装、  コーティング など、   どれも  手間 と  

費用 を 掛けただけ  品質 は 良くなりますし、  


値段 を  抑えようとすれば、  材料 や 手間、 仕上げ の  


21-CopyofFrosty34OilSlicklastmain498.jpg

 

どこかが  犠牲 になるので、   それなりの  品質 に なってしまい

品質 か、 費用 かの   せめぎあい ですね。。。。。


日本 の  腕の いい  メッキ屋 さん で  リクローム すると、  

リプロ の 新品 を 買う   何倍 も  費用 が 掛かりますが、  


3-618x434.jpg


Y下 さん は 費用 が 掛かってでも、  品質 重視 と  選択 しまして

賢明 です と  言っておきながら、   高い メッキ代 を  もらっておいて、   


こっそり  アメリカ から  リプロ品  買ってきて、  「  リクローム しました 」

と、  日本 品質 を  装って  渡したいと 思います。。。。。。


1956-chevy-pickup-bagged-air-ride-patina-mustang-ii-patina-low-rat-hot-rod-3100-1.jpg


どこで  リプロ品  買おうかな と  考えてたら  眠くなってきて、、、、、

仕事 さぼって  公園 で  お昼寝 してる 間 に  


Y下 さん が   グリル を  持ってきて くれたみたいで

僕 の 代わり に   S庭 師範 が  受け取りまして 


CA4GC166dfg (3)


曲がったこと が  大嫌い な  S庭 師範 に 知られたので、  


リクローム せずに  リプロ品 を 買ってきて 渡す、  

”  コレ コレ 詐欺 ”  出来なく なりまして、、、、、


CA4GC166dfg (4)


Y下 さん が  メッキ屋さん に 持ち込める 状態 に しようと、  

グリル を   全部 バラそうと  思ったら


これ以上  ばらせなかった と 言うので  見ると


CA4GC166dfg (5)


縦 の パーツ と  横 の パーツ が、  爪 を 折って

挟み込む 構造 で  出来て いまして


爪 を  外して  全て 分解 しないと、  メッキ屋さん が 

作業 できませんが、  メッキ後 に  爪 を 折ると


CA4GC166dfg (6)


施工 した ばかり の  メッキ が  割れて しまうので


リクローム前 に、   今 の  爪 で 挟む   構造 を 辞めて、  

違う 方法 に  加工 しないと いけなく なりまして


CA4GC166dfg (7)


型紙 を とって、  穴 を あけた  鉄板 を 切り出しまして


縦 の パーツ の  爪 部分 を  切断 して、  鉄板 を  

溶接 の 熱 で   歪み が 出ないよう   溶接 しまして


3-618x1434 (8)


そのまま  メッキ 出来る  レベル に  仕上げまして 

メッキ屋さん に  出す前 の  加工 が 完了


爪 を 折って  挟み込む 構造 から、  ボルト & ナット で 


CA4GC166dfg (10)


締め付けて  固定 する 構造 に  変更 と なりまして

これなら、  メッキ後 に  簡単 に 組立 できますね


早速  メッキ屋さん に 届けまして、  リクローム の 完成 が  楽しみです


VIVA!  S庭 道場 !!!   VIVA !   Y下 さん !!!!!




[ 2017/09/17 05:11 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

1958 IMPALA



 S山 さん の  1958  IMPALA クーペ


シート の 端 に 付く、  カバー を  メッキ しようと

メッキ屋 さんに  持ち込んだら、  


5820ht20interior_0762.jpg


腐り が あるので  出来ないと 言われて しまったと

腐食 部分 の  修理 を  頼まれまして


矢印 の 部分、  運転席 の  ボトム側 カバー ですね


5b08_12.jpg


欠品 していたのを  数年 探して、  やっと  見つけたそうで


表 に 生地 が  貼ってあったので  剥がしたら

錆 と  腐食 が  出てきまして、、、、


20170830_201207bdb (1)


前 の  持ち主 は、   メッキ する 際  薬品 に 漬けると、 


腐食 部分 が  ボロボロ に なって、  穴 が 開いてしまうので

仕方なく  生地 を 貼って、  使っていた ものと  思われます


20170830_201207bdb (2)


腐り の ない、  別 の カバー を  探そうにも 


58 インパラ の  シート カバー は  滅多 に 出てこない 

代物 で、 探し直すのは  現実的 では ないらしく


IMG_8761.jpg


「  出来るなら、  腐らない ステンレス で  同じものを  作って 」


との 要望 でしたので、  それならと  ステンレス 鈑金 の 職人、  

K藤 師範 に 渡して、  ダッシュ に  逃げて 帰りまして 


IMG_8762.jpg


カバー自体 は、  3次元 の ラウンド 形状 に 加え

プレスライン に  折り返し の 耳 も あるので


ステンレス で  新規 製作 すると、  膨大 な 費用 が 掛かるので


201702830_201207 (4)


預かった  カバー の  腐食 部分 を、  メッキ できる

レベル に  再生 して  使うことに なりまして


腐食 部分 を  大きく  切り取って、  プレス ライン と

シート レール の  レバー 穴 を  再現 した  パネル を 作り


201702830_201207 (5)


メッキ する 際 は、  パテ を 入れて  仕上げられず

メタル ワーク の 仕上げ が  そのまま 仕上がり に でますが


1mm しか  厚み が 無い  パネル を  全周 溶接 するので


201702830_201207 (3)


 
溶接 の 熱 で、  歪んだり、  巣穴 が 開かないよう    

慎重 に 張り替えて、  溶接跡 を  仕上げたら


腐食 部分 の 再生 が 完了 です。  メッキ の 仕上がり が 楽しみです


VIVA !  K藤 師範 !   VIVA !  S山 さん !!!!!!



[ 2017/09/14 05:02 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

クルーザー モール修正



 60 IMPALA の  クルーザー スカート に 付く

スカッフ パッド、 ポート の  修理 を  頼まれまして


スカッフ パッド には、  大小  沢山 の 凹み や


IM56565_6_6_6G_0148 (6)


擦り傷 が  あるので、  修正 が 必要 な 箇所 を 洗い出し 

裏から  叩き出して、  直して いきます


モール の 裏 を 見たら、  以前 にも  修正 した 跡が あり


IM56565_6_6_6G_0148 (10)


コーキング材 を  持ってあった  モール クリップ を 外すと、  

ちょうど 裏側 付近 に  一番  叩いた 跡 が  ありまして


以前 の  修正 で、  モール の  板厚 が かなり 薄くなってるので
  


IM56565_6_6_6G_0148 (11)


修正 で  叩き出したり、  バフ を  掛けた 時 の 熱 で

ひずみ が 出てしまうと、  とりきれなく  なります


ひずみ を 出さない  限界 ギリギリ の ところで


IM56565_6_6_6G_0148 (12)


ナンとか  コントロール しながら  修正 していき

無事 に  綺麗 に 直りましたが、  


この モール は  もう 板厚 が 無さ過ぎて


IM56565_6_6_6G_0148 (13)


叩くにも  磨くにも、  もう  これ以上 は  攻められないので、  


この先、  もし  また  傷 や 凹み が 付いてしまっても

残念 ながら、  次 は もう  修正 が 出来ませんので


IM56565_6_6_6G_0148 (7)


大事 に  使って 頂きたいと 思います。。。。。。


続いて、  エキゾースト ポート の 修正 に 進みまして

こちら は  ハス切り の パイプ 部分 に


IM56565_6_6_6G_0148 (8)


おおきな  潰れ が あるのと、  ベースプレート の

外周 にも  大小 の  傷 と 凹み が ありまして


ハス切り の  部分 は  ベース プレート に  


IM56565_6_6_6G_0148 (9)


スポット 溶接 で  取り付け して ありますが


組み立てられてる 状態 では、  隙間 部分 が

狭過ぎて、 バフ が 当たらず  磨けないので


IM56565_6_6_6G_0148 (14)


スポット 溶接 を 剥がして、 別々 に  修正 して いきます


まずは  ハス切り の  パイプ 部分 の 潰れ、

傷 を  修正 して、 この 状態 で  磨いて おきまして


IM56565_6_6_6G_0148 (15)


IM56565_6_6_6G_0148 (16)


ベース プレート の 傷 も  修正 して、  

スポット 溶接 で  組み戻すと


溶接 の 熱 で   青く 焼けた 跡 が 残ってしまいます


IM56565_6_6_6G_0148 (17)


IM56565_6_6_6G_0148 (18)


バフ で 磨けば、  焼け を とること が できますが


形状 の 都合上、  奥まっていて  バフ を 当てられず

磨くこと が  できなく なってしまうので


  
IM56565_6_6_6G_0148 (19)


修正 し、  磨いた 跡 に  溶接焼け が 残るのと

見た目 が 悪いので   避けなくては いけません


そこで、  ハス切り パイプ を  ベース に 取り付けるのは 


IM56565_6_6_6G_0148 (20)


IM56565_6_6_6G_0148 (21)


これまで の スポット 溶接 構造 から、  モール を

クルーザー スカート に 取り付ける ボルト を 利用 し


共締め できる 構造 に すること と なりまして


IM56565_6_6_6G_0148 (22)


ハス切り パイプ を 取り付けると、  見えなくなる

両端 部分 に  ステンレス板 を 切り出し


ステンレス ボルト を 溶接 した 物 を  溶接 しまして


IM56565_6_6_6G_0148 (23)


IM56565_6_6_6G_0148 (24)


組み立てて いない 状態 で あれば、  表 も 裏 も

バフ を 掛けて  綺麗 に 磨けるので


この 状態 で  磨き 作業 を  終わらせまして


IM56565_6_6_6G_0148 (25)


IM56565_6_6_6G_0148 (26)


あと は  クルーザー スカート に 取り付けて


ボルト を  締めれば、  ハス切り パイプ も

固定 できる  構造 に 作り換えられました


IM56565_6_6_6G_0148 (27)


無事、  潰れ や  傷 も 直り、  修正 と  磨き、

取り付け 構造 の  変更 を  終えまして


貴重 な  モール、  ポート が  直って 良かったです


VIIVA !   S庭 道場 !!!!!!!!




[ 2017/08/22 08:00 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)