ホーム > カテゴリー - EL-CLASSICO

カイザー ガード 加工



 K藤 さん の  53 CHEVY、  リア バンパー 用 の

カイザー  バンパー ガード を  加工中


左右 バレット の  中央 に  マフラー を  通すので


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (11)


センター ピース、 左右 バレット、  バンパー、

バンパー ブラケット を  まとめて  共締めする


固定 方法 自体 が   変更 されまして


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (12)


続いて、  カイザー の バンパー より、  奥行 が  薄い

53 シェビー の  バンパー に  付けようと すると


横から 見た  断面 は、  奥行 が  まったく 違うので


20170420_053100.jpg


斜線 を  ひいた  部分 を   作って いきます


カイザー ガード が  付いていた  バンパー ごと

53 CHEVY に  移植 するのであれば  問題 ありませんが


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (16)


元々、 メーカー も  年式 も  形状 も、  全く  

異なる物 どうしを、  ぴったり  付けようと してるので、


すんなり  付くはずは なく、、、、、、、  型紙 を  とったら


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (17)


2,3 mm の  鉄板 を  切り出して、

まずは  3本 ロール で  曲げたら


イングリッシュ ウィール で  丸くして いきまして


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (21)


バレット 部分 は、  砲弾型 の  形状 なので


円すい、  球面 で  構成 されている

超 3D な  構造 でして、、、、、、 


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (18)


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (20)


球面 の  鈑金 は、  とても  複雑 で

難儀 を  極めます。。。。。。


左右 バレット の  足りない 面  左右 で  計 4 ピース を  

  

IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (28)


イングリッシュ ウィール を  使い、 丸くして いきまして


ぴったり の  形 に なるまで、  溶接 は せずに

形 を  合わせて いきます


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (24)


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (25)


ぴたり と 合ったら、  余計 な 部分 は

コンター マシン で  切断 しまして


足りない 面積 を  埋める  ピース が  完成


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (22)


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (23)


写真 を  見ると、  ただの  カーブ させた 

鉄板 に  見えるかと  思いますが


この ピース を  作るのが、 いかに 難しいか

普通 は  想像 できないと  思いますので


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (29)


代わり に  カウパー氏 が   ブリッジ して  

オナニー している 姿 を  御想像 頂ければと  思います。。。。。。


形 を 合わせた  鉄板 を  バレット に  仮溶接 したら


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (31)


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (32)


次 は、  いよいよ  53 CHEVY の  バンパー に  

合わせて  いくこと と  なりまして


現時点 の  形状 では、  まだ  バンパー に  寄せきれないので


  
IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (30)


バンパー の  断面 の  型紙 を  とって  

バレット を 擦り合わせて いくように  なります


バンパー の  断面 の  型紙 を  とるのも


20170412_211307.jpg


バンパー 自体 も   ラウンド、  カーブ が  

複合 した  3D 形状 なので、  


断面 の 型紙 を  とって、  これまた  3D 形状 の  


20170412_211316.jpg


バレット に  書き写した ところで  


平面 の 型紙 と、  3D の  構造物 では、  

理論値 にしか なりませんので 


20170412_211321.jpg


型紙 から   ケガキ を  入れた ライン は

あくまでも  予測 の ライン と なり


あとは  現物 合わせ で   擦り合わせて

  

20170412_211445.jpg


ぴったり  形があう ところ まで  もっていくように なります
 


また  ナニを  言ってるのか、  解らねぇよ!  って 言われそうですが

うまく  伝わるように  説明 する 文章 が  思い浮かばないので、、、、、


20170412_211552.jpg


代わり に  TSU-くん が  よつんばい で  

飼い犬 に  肛門 を  なめられている 姿 を


御想像 頂ければと  思います。。。。。。


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (33)


熟練 の  鈑金 職人 である  S庭 師範 が

慎重 に  作った  型紙 に 基づいた  ケガキ ですが


いきなり  攻めすぎると、  球面 から  作り直しになるので


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (34)


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (35)


カイザー ガード 用 の  治具、  バンパー用 の  治具 を 作り、


”  少し 削ったら  合わせてみて  ”  の  作業 を  やり易くして

少しづつ  擦り合わせ を  繰り返して いきまして

  

IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (36)


ぴったり と  合うところ まで  擦り合わたら、


仮溶接 だった、  バレット 部分 を  

本溶接 して いきまして 


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (37)


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (38)


表 だけでなく、  裏側 まで  しっかり  

全周 溶接 して いきまして


接合 する  構造 を  変えた、  センター ピース の  


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (43)


両端 も、  ボルト穴 を 開けた  プレート を

仮溶接 状態 から、  本溶接 していきまして


こちらも  プレート 部分 を  見ると


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (39)


球体 の  バレット に  接合 する 面 なので


センター ピース 両端 の 裏側 も、  3D の  曲面 で  

ラウンド させてあるのが  お解り 頂けると 思います


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (40)


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (41)


カイザー ガード と  53  CHEVY  バンパー の

フィッティング 作業 が  終わり、 


次 は  取り付け ブラケット 作り に  進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!




[ 2017/04/20 07:10 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

カイザー ガード 加工



 K藤 さん の  53 CHEVY、  リア バンパー を

新品 に 交換 するのに  合わせてに


カイザー の  バンパー ガード を  付けたいとのことで


201708415_000952 (12)


なおかつ、  カイザー ガード の  左右 の  バレット 部分 に

穴 を あけて、  マフラー チップ を   通したい とのことで


それらの  加工 を  進めて いきたいと 思います


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (2)


リア バンパー は  新品 を  アメリカ から  取り寄せし


カイザー ガード は、  FIT に 在庫 が あるもの を

切った 貼った の  メタル ワーク に なるので


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (1)


メッキ が  残っていると、  溶接 作業 の  妨げ に なるので


まずは  それを   メッキ屋さん に  持ち込んで

薬品 に 漬けて、  古い メッキ を 剥がして もらいまして


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (3)


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (4)


左右  正確 な  寸法 で  加工 するため


定盤 の 上 に  53 CHEVY の  バンパー の

位置 に 合う  治具 を  作ります


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (7)


オリジナル の  カイザー ガード は   センター と

左右 の  バレット の、  計 3 ピース 構造 で、


バレット 先端 の  裏側 に 溶接 されている、  


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (8)


ブラケット から  長い ボルト を  通して、


センター バー の 端、  バレット、  バンパー ブラケット の

3つ を  ひとまとめ に   固定 する 構造 でして


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (6)


53 CHEVY の  バンパー に  装着 するには

バンパー ブラケット の 位置 や  形状 が 違いますし、


取り付ける ブラケット が バレット の 先端 裏側 に  あると、 


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (5)


マフラー チップ を  通すことも  出来ません


そこで、  まずは  バレット裏 から  バンパー ブラケット に  固定 する  

固定 方法 自体  を   変更 しないと いけないので


  
IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (13)


バレット の 先端 は   マフラー チップ を  通せるよう 

指定 の 内径 に なるよう  切開 しまして、


裏側 に  溶接 されていた  ブラケット も  剥がされまして


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (14)


センター バー との  接合 部分 は、  ”  共締め  ”  から

ボルト & ナット式 に  変更 するため


53 バンパー の 位置 に 合わせて  治具 を  組んである


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (11)


センター ピース 部分 に  バレット を あてがって

切断 する  高さ を 確認 したら、  


センター ピース の  両端 を  切断 しまして


20170414040006fs525.jpg


センター ピース 両端 の  切断面、  そこに  接合 したい

バレット 上型 の  開口部 の  型紙 を  とったら、  


それぞれ の  切り欠き 部分 を 埋める  鉄板 を  切り出し


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (9)


これからは  ボルト止め 構造 に なるので、  

ボルト用 の 穴 を   2箇所 と、


接合 部分 が  下り勾配 なので、  一番 下 の 部分 に


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (15)


雨水 や 水 が  溜まって  腐らない様、 

水抜き穴 を  事前 に  開けておき


センター ピース の 両派時 の 切断面 と


IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (11)


バレット 上面 に  溶接 していきまして
 


まずは、  バレット 先端 に   マフラー チップ を  

通せるように するための、  バンパーブラケット まで  


 
IMG_guhijpjphhpihuoghuo0001 (12)


共締め する 構造 から、 ボルト ナット式 へ  変更 が  

完了 し、  裏側 に  マフラー スペース が 確保 されました


次 は、  53 バンパー への  フィッティング を  進めます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!



  
[ 2017/04/17 12:15 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)





 先週 から  サーバー トラブル で、  E-MAIL や

WEB SITE に  支障 が  出ておりまして、、、、、、


メール で  連絡 や、  問い合わせ を  頂いていた 物が


IMG_1390_9.jpg


正しく 送受信 出来なく なっており、  ご迷惑を お掛けしております。。。。。。


M河 くん の  リモコン バイブ に よる  電波 障害 が

FIT にも  影響 が  出始めた ようで、、、、、


復旧次第、 順次 ご連絡 させて 頂きますので、 今しばらく  お待ちください


1454807492786.jpg
 


今週末 は、  YOKOHAMA HRCS への  出展 に  伴い

搬入日 の  土曜、   ショー 当日 の  日曜、   片付け で  月曜 は、   


SHOP の 方を  臨時 休業 と  させて 頂きます


1454653852367.jpg


HRCS には、  カーショー と  併設 して   EL-CLASSICO の

オリジナル ウェア などを  販売 する  ブース も   出展 しまして


新作 デザイン の  T シャツ を、  当日 から  販売 開始 したり、 


1459418427350.jpg
 


OX BLOOD の  GNRS 遠征 記念 の  ポスター も

ナンと  無料 配布 するそうなので、  是非  お立ちより くださいませ


ポスター は  数量 限定 ですので、  お早目に !


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!


  
[ 2016/11/30 07:13 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)



 FIT KUSTOMS の  BLOG も、   気が付けば  

もうすぐ  閲覧数 も  100万 を  超えるそうで


くだらない BLOG に  お付き合い 頂き、 どうも ありがとうございます


14594184273501.jpg


記念 に  100万人目 の  アクセス と なった 方 には


ジャスト 100万 の  カウンター の 画像 を   写メ で

送ってもらえれば、 記念品 を  送らせて 頂きたいと 思います


Belair-13-e1431970957368.jpg


S庭 師範 を  はじめ、  スタッフ、 友人、 

カスタマー の  みなさま の 技術力 や  センス も  


どんどん 向上 して、  留まることを  知りませんが


Fit-Kustoms-57-Nomad-3-copy-800x533.jpg


カウパー氏 の  抜け毛 と、   TSU-君 の  歯槽 膿漏 も

留まることを  知りません。。。。。


今後 も  さらなる  挑戦 と  探求、  飛躍 を  目指し 


rDSC_8192.jpg


底突き してる  TSU-くん の  人生 も、  V字 回復 を  期待 しまして


今後 も  みんなで  楽しく やりながら  日々 精進 していきますので、  

引き続き  ご愛好  宜しくお願い致します


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!



[ 2016/11/10 05:04 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

ステアリング ホイール 加工



 ステアリング ホイール 加工、  進めてまして


クラシック カー の ステアリング ホイール は

古い  デザイン で   大きくて、  


20161029_065758.jpg


クローム の  ホーン リング も  付く  雰囲気 が  最高 でして、


そんな ステアリング を  握ってると、  運転中 も

クラシック カー だなぁ と  嬉しく なります


20161029_065736.jpg


OG スタイル や、  ローライダー など、  


その クルマ の  オリジナル の  ステアリング が  

似合ってる クルマ は いいんですが


20161029_065751.jpg


KUSTOM CAR だと、  自分 の 好きな デザイン の

まったく  違う メーカー、 車種、 年式 のを


移植 して  装着 するのも   全然 ありですし


20161029_070321.jpg


自分 らしい  カスタム として、  楽しめる  ポイント です 


上 の 写真 の  赤い  ステアリング は、

S原 さん の  ”  Ox Blood ”  に  使用 予定 で   


20161029_070107.jpg
 


上 の  黒っぽいのは、  K藤 さん の

”  1940 ZEPHYR ”  に  使用 予定。


下 の 赤い ステアリング は、  現在 進行中 の

”  1937  ZEPHYR ”  に  使用 するため


20161029_070122.jpg


アメリカ の  ステアリング ホイール を  レストア する

スペシャル ショップ に  頼んで


特注 で  作って もらった、  ステアリング でして


20161029_070602.jpg


よく 見ると、  ステアリング が  透けてますよね

そうなんです、   作ってもらう 際 に 色 を  指定 して、  


クルマ を 仕上げる 色 に 合わせて 作ってまして


20161029_070621.jpg


ステアリング に  キャンディー ペイント するんでは なく

そもそもを  キャンディー カラー で  作ってまして


そうすることで、  フロント ウインド から  入ってくる

日の光 や  照明 が  あたると、 


20161029_070357.jpg


ステアリング 自体 が  スケルトン に 見えるという   ギミック。


K藤 さん の  ZEPHYR には、  ブラック パープル、

Ox Blood と、 1937  ZEPHYR 用 は  ルビー レッド で   


作ってもらいまして、  今から 装着 が 楽しみで なりません


uguij;lj;oghpi (3)


今回、  製作 してもらった  ステアリング は


昔 実際 に 存在 した  車種 の ステアリング の コア と 

デザイン を 生かして、 色 を 変えて 作っていますが
   


uguij;lj;oghpi (8)


違う 車種 に  装着 しようと すると、  


ステアリング コラム の  接続 部分 の  形が  違ったり

差し込み の 深さ が  違ったりして、  付きません。。。。。


uguij;lj;oghpi (9)


そこで、  コラム側 を 改造 することは  出来ないので


ステアリング の 軸部分 を  使う クルマ に 合うよう

接続 部分 を  改造 するように  なりまして


uguij;lj;oghpi (10)


使う  ステアリング コラム の  現物 を  用意 して

ピッタリ  あうように  改造 していきます


ステアリング の  接続 部分 は、  縦溝 の  スプライン に

なっている 物 や、  キー溝 に  なっている 物 など


uguij;lj;oghpi (2)


メーカー や 車種、  年式 で  様々 なので


ステアリング の 接続 部分 を  ホールソー で  くりぬいて

使う コラム に 合う  接続 部分 を   埋め込んで いきます


uguij;lj;oghpi (4)


使う コラム に 合う  接続 部分 は、 ”  部品 取り ” に する

ステアリング を 用意 し、  同様 に  ホールソー で  くりぬきまして


コラム と、 使いたい ステアリング の はまり 具合 を 見ながら


uguij;lj;oghpi (11)


接続 部分 を  埋め込む  深さ を 合わせ、  溶接 していきます


使いたい ステアリング も、  部品取り する  ステアリング も

接続 部分 を  抜き取る 際 に、  まっすぐ 抜き取らないと


uguij;lj;oghpi (12)


ステアリング に 対して、  斜め に  くりぬいて しまいますし

芯 も  しっかり  合わせて  抜かないと


ステアリング を 回した 時 に、 ”  ブレ ”  が 出てしまいますので、

ホールソー で  くり抜く 際 にも、  難しい 技術 が  必要 と されます


uguij;lj;oghpi (14)


また、  ウインカー を きった後、  ステアリング を 戻すと

ウインカー が 消える  ” キャンセリング 機構 ”  が 付いてる コラム は


キャンセリング カム を  取り付ける 穴 を  新設 してあげるように なりますが


uguij;lj;oghpi (13)


コラム の 構造 に 合わせた、  正しい 穴位置 を 導き出して  開けないと、  

ステアリング を 戻しても、  キャンセル されないので  


よく コラム の 構造 を  検証 して、  取り付け 穴 を  開けまして 


uguij;lj;oghpi (1)


接続 部分 を  仮溶接 した  ステアリング を  取り付けて


奥行 具合 と、 ブレなく  回転 して、  正しい 位置 で 

ウインカー が  キャンセル されるのを 確認 したら


uguij;lj;oghpi (6)


全周 溶接 や、  ビート を 引っ張ると、  レジン で  出来ている

ステアリング が  溶接 の 熱 で  歪んで しまうので


強度 を 考慮 した  点付け で  取り付け しまして


uguij;lj;oghpi (7)


ホーン リング で  きちんと  ホーン が  鳴るよう

接点 も  再生 して  組み付けまして


違う 接続 構造 の  ステアリング ホイール を  装着 する

コンバージョン 作業 が  完了 です

  

uguij;lj;oghpi (5)


自分らしい  ステアリング への  カスタマイズ、  楽しいですね !  

皆さま も  是非、  楽しんで みてください


VIVA !  S庭 道場 !!!!!




[ 2016/10/29 08:12 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)