FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - LS MOTOR SWAP

LS SWAP


 1966  LINCOLN  CONTINENTAL ”  SUISIDE ”


映画 マトリックス にも 出てきた、  

観音 開き の  4 ドア クーペ 


op (2)1


コンバーチブル も  超カッコいいんですが


4ドア ハードトップ で  観音 開き という

偉才な  クーペ が 欲しい 今日 この頃。


op (3)1


60年代 の フルサイズカー らしい 車格 に

スクエア と カーブ の  エレガント な デザイン


リンカーン らしい、 豪華な 機能 と 装備 が 満載 


fghdgfhsdghs (1)


62年 くらいから、  こんな ボディ 形状 ですが


ボンネット や テール、 ダッシュ などが

年式 に よって、 少しづつ 異なり


fghdgfhsdghs (3)


僕的には  65年 か  66年式 が  ドストライク。


大きな スクエア ボディ なので、  ホイール も

20” や  22” の 大径 との  相性 も よく
 

fghdgfhsdghs (2)


流行り の  オリジナル の ハブキャップ の デザイン を

ビレット ホイール で 作る  ホイール も  カッコ良し。


そんな 観音 リンカーン を 欲しいなー と ずっと 思っていましたが


dhsdgh (13)


アメリカ の  1937 ZEPHYR を  カスタム してる

友人 と 別件で 話を してた時に、 ふとした 話から


「  観音 リンカーン で スラムド 作りたいんだよねー 」


hjggi (1)


と、 言ったら、  「  あの クルマは、 スラムド させるのは

足廻り の 加工が 大変なんだよねー 」  と、言ってまして


調べてみたら、  確かに 難しそうで  ナニヨリです


hjggi (3)


「  あそこを こうして、 こうしないと  こうなっちゃうんだよ 」 

と、 やけに 詳しいのね って 言ったら


「  俺 持ってるもん、 カスタム した  1966年式 」  だそうで、、、、、  


hjggi (2)


1937  ZEPHYR COUPE も 持っていながら

観音 リンカーン も  羨ましい 限りです


その 友人は、 のちに  FIT の プロジェクト で 製作 する 


hjggi (4)


1937 LINCOLN ZEPHYR の  ボディ を 

レストア する 際に 使う、 ドア や トランク、


ボディ パネル を  作ってもらっている、 アメリカ の 


op (4)1


 ”  METAL UNION ”  という スペシャル ショップ に

1937 ZEPHYR の カスタム を 依頼 してまして


1966 LINCOLN も  METAL UNION で カスタム したそうで


dhsdgh (1)


足廻り の カスタム は、 設計 から 溶接 まで  

メタルワーク 全開 の 作業 ばかりなので、


それを  METAL UNION が やってるなら、 安心ですね
 

dhsdgh (2)


METAL UNION  は、 ”  METAL UNION SPEED SHOP ” 

というのが  正式な 店名な だけあって


エンジン & ミッション も  オリジナル から  ” LS2 ” を


dhsdgh (3)


フューエル インジェクション 制御 で  スワップし、


ミッション も  電子制御 の 4速 オートマ、  4L60E に 

載せ替えも  METAL UNION で 行ったんだ そうで、


dhsdgh (8)


エンジン の アップデート に 合わせて、 エアコン も

オリジナル から、  新しい ヴィンテージ エア製 に 変更し


エアサス も  ACCUAIR の E-LEVEL を セットアップし


dhsdgh (7)


電子 制御 の 機関系 に  冷え冷え エアコン、 

楽々 バーンナウト で、  快調そうで  ナニヨリ。。。。。 


その後も  オールペン に リクローム、 全ガラス 交換、 


dhsdgh (14)


モブスチール の 大径 ホイール に、 ダイアモンドバック タイヤ で

大径 ホワイト リボン タイヤ 作らせたりと


その後も  色々と カスタム を 追加 してまして


dhsdgh (5)


僕も  一流 SHOP で カスタム、 アップデート した

そんな リンカーン が いいなぁ と 言ったら


「  譲ろうか? 」  との事で、 どうも ありがとう ございます。。。。


dhsdgh (6)


ひょんな 事から、 欲しかった 観音 リンカーン が


カスタム も 済んだ 状態 で 急に 見つかり、 

日本に 持ってくることに なりまして、


dhsdgh (11)


あとは 日本で インテリア を  カッコよく リメイク して、  


かっこいい ビレット ホイール と タイヤ を 特注 して、 

エレガント な クルマ に 仕立てたいと  思います

 
FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!




[ 2019/08/18 19:16 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

ビック プロジェクト を 進めて もらってまして


ghjukrukl (18)


ゼファー の ダッシュ ボード は、 中央 に 位置する

独特の センター ダッシュ 形状 でして


センター 部分 の 両サイド には、 カバー が 付いて

中が 見えないように 囲われる 構造なので


ghjukrukl (19)


ゼファー セダン は 裏側に エンジン の ECU や 

オートマ モジュールなどを 配置し、 カバーすることに。


元々 付いていた カバー は、 エアコン の エバボ や


ghjukrukl (20)


加工した  ミッション カバー、 断熱材 を 貼って 厚みが 

増した フロア や  ファイヤー ウォール に 当たるので


型紙 を とって、 干渉 しない 形状 に 加工 してもらい

加工 を 終えたら、 同色 に 塗装 と なりまして


ghjukrukl (21)


いよいよ ダッシュ周り も 本組みが はじまり、 エアコン、

ダコタ デジタル で  ワンオフ させた ゲージ、 


スイッチ、 ハーネス と 組み進めていき、 

加工した サイド カバー も 組み付け されまして 


ghjukrukl (22)


ダッシュ周り の 組み立ても 完了 したので  


新品 の ゴムを 用意し、 ガラス の 組付けも 進んで
 
塗り直した 木目調の トリム も 付きまして


hduyuyu.jpg


LS3 クレートモーター も  始動 完了 したそうで

着々 と 作業、 準備 が 進んで おります


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/08/02 03:05 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)

LS SWAP



 1963  C10 ” SPIKEY ” の オーナーだった

広島 の ゴルゴこと、  Y室さん


SPIKEY を 欲しいと、 Y澤さん が 言って くれたので

Y室さん に そんな 話が きてますけど!? と 話したら


01515_bGPOaw5RODv_1200x900.jpg


「  最近 子供が デカなってきて、 家族 で 乗りきれんく なってきたけ 」

と、 ”  SPIKEY で  どこでも 行きます ” の  Y室家 も 


ついに ピックアップ では 乗り切れなく なってきたそうで

「  次は 55 ~ 57年 辺りの クーペが いいのー 」  と


01616_1RXVsng24TR_1200x900.jpg


そういえば、 SPIKEY 買う前も ベルエア 欲しいと 言ってたので

やっぱり その辺りの スタイルが 好きなんですね


家族で 乗れて、 自宅の 車庫に 収まる 車格の 好きな デザインで

探すと 1955~57年 の ベルエア に なるそうで


00f0f_8tCH6ztYeI0_1200x900.jpg


Y室さん が クルマ 作るなら コレは という 条件が、 


① 大径 スラムド  ② 電子制御 エンジン  

③ 遠出可  ④ 内装 は 綺麗  ⑤ ACCUAIR  


⑥ エアコン  ⑦ 錆。。。。。。。  との事なので


00j0j_31Jp59IZ58W_1200x900.jpg


「  今は SPIKEY を 手放す ツモリは ないけど、 もし


その 条件を 満たす クルマ が 見つかったら 乗り換えても いい 」

と、  超 高い ハードル 与えられまして、、、、、


FIT でも 55~57年 の ベルエア は 何台も 作って きましたが


00G0G_cte3zwm3LrB_1200x900.jpg


そんな 条件を クリア する クルマが 簡単には

見つからないのは 痛いほど  解っております。。。。。。


だから  ウチで 作ってるんですけど!?  な 話ですが
 
あちこち アンテナ 張り巡らせて  探し初めまして


00R0R_jlr5HvKkgyQ_1200x900.jpg


最近、 55~57年 だと、  同じ GM ファミリー の 


ポンティアック や オールズ、 ビュイック は シボレーより

グレード が 上なので、 ベルエアより 装備も 装飾も 豪華で


カッコいいなと 僕的に 思う 今日 この頃だったので、 


00n0n_jy5W8MiawuY_1200x900.jpg


” シボレー縛り ” は 無しにして、  BUICK や ポンテ とかでも 

カッコ良ければ いいですか?  と 言ったら


「  おっ、 なんや、 それも ええのー 」 と  OK 出ましたので


00V0V_aWocHmM5WhN_1200x900.jpg


サンフランシスコ の オーナー が 持っていた  1956年式 で

大径 スラムド、 内装も 綺麗な 1956 BUICK を 見付けて きまして

 
20インチ の モブスチール ホイール を 履かせて、 

スラムド するように 既に 足回り は カスタム してあり、 


00I0I_3GtzKypHBXS_1200x900.jpg


リア は 4 リンク化 して、 エアサス 組んで ありまして


内外装 や ガラスも 綺麗ですし、 欠品 してたら 大変 な

モール や トリムも 全て 揃ってて


ネイルヘッド エンジン や ブレーキ も リビルト してあり、


00r0r_4X9jb3ZvlIx_1200x900.jpg


燃料 タンク も 新品 に 交換 してありまして


錆、、、、 も、 エンジン フード の 先端に ちゃんと 付属し、、、、 

腐食し、 穴 開いてるのに 直してない所が 完璧です。。。。。 


外観、 内装 は Y室さん の 条件 を クリア できましたが


00l0l_hM53gjsk7dm_1200x900.jpg


電子 制御 の フューエル インジェクション エンジン と、 

エアコン、 ACCUAIR、  遠出可 を  満たして いないのと


前脚 も 色々 カスタム してありますが、 キングピンの まま なので

東京~広島 往復 したら、 疲れたけの! と、 もう 来なくなりそうなので


00N0N_6OdvwRGMkHZ_1200x900.jpg


このままでは 求められてる 条件を 満たせず 却下 ですが、

スタイリング的には  Y室さんの ツボの クルマだったので


ネイルヘッド エンジン は  カッコいいし、 調子いいので

勿体無いですが、 Y室仕様 には 適合 しませんので


00M0M_ev2pnpTUH60_1200x900.jpg


ネイルヘッドは 降ろして  LS モーター に 積み替えて

フューエル インジェクション化 することに して 


前脚 も 潔く、 フレーム を ファイヤー ウォール下で 切り落とし

FATMAN に MUSTANGⅡ STUB を  オーダー。


00T0T_fmFELGrTOHe_1200x900.jpg


フレーム を 差し替えし、 ラック & ピ二オン ギアボックス、

ディスク ブレーキ、 エアバック も やり直して 


エアサス も ACCUAIR に アップグレード することで 

全ての 条件を クリア させることに しまして


00G0G_gmJxxlXd0bT_1200x900.jpg


今、 フィット は 進めてる プロジェクト で 忙しくて

クルマが 到着しても、 すぐには 手を付けられないので 


アメリカの SHOPで  MUSTANGⅡ化 を 終わらせてから

日本に 持ってくる 段取りに することに しまして


00y0y_hBQKlqL4deg_1200x900.jpg

  
日本に 持ってきたら、 FIT で LSモーター を SWAP。


MUSTANGⅡ化 の 作業は、 メタルワーク が 得意で、 

FATMAN ディーラー でもある SKOTY CHOPS に 依頼しまして


Y室 BUICK プロジェクト も スタート し、  楽しみですね! 



[ 2019/06/08 19:15 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

ビック プロジェクト を 進めて もらってまして


ioyiory (3)


LS 3 エンジン を 搭載 し、 吸気 は 出来るだけ 


冷たい 空気を 吸わせるために、 インテーク パイプ は

ラジエーター より 前まで 取り回すように なりますが


ボディ 形状 が 先細り で、  ノーズに 行くにつれて


ghkdd (2)


狭く なっていく エンジン ルーム なので、 太い 

インテーク パイプを 前まで 通す スペース が なく


エンジン の 振動を 吸振 する フレキシブル の

ジョイント や エルボー などを 組み合わせ


ghkdd (4)
 

ラジエーター と フロント ランナー の 狭い 隙間 を

縫うように 取り回して  ラジエーター の 前まで 取り回し、


キノコ型の エアクリーナーを 設置する スペースも ないので 


ghkdd (3)


パイプ内に フィルター が 内蔵されている ” インライン フィルター ” 

を 採用し、 ブラケット 作って クロスメンバー に 固定。


外装 や ダッシュ も、 この後 全部 塗り替えるので、 

Mりさん と 色々 資料 見ながら 相談 し


uditudiotu (1)


外装、 内装 などの 色も 決まり、 そちらも 進めてもらいます


パワステ が 無かった 時代 の、 オリジナル の 

大きな ステアリング の ままだと 


パワステ 付けると  大きすぎて 乗りづらいので


uditudiotu (2)


いつもの アメリカ の カスタム ステアリング屋 に 頼んで


42年 の ZEPHYR の オリジナル の デザイン で、 

外径 を 18インチ から 16 インチ に 小径化 させ、 


uditudiotu (3)


チルト コラムに 付けられるように  ボス部分 を 加工した 

カスタム ステアリング を 注文 しまして


この先も、 全速 前進 で 進めて 頂きます


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!




[ 2019/06/07 03:06 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


utkyukryi.jpg


先日、 オーナー の Mり さん と  一緒 に

KS さん に お邪魔し、 作業の 様子を 見たり


今後 の 作業 の  打ち合わせ してきまして 


rtueryueryu (3)


シート の 位置 や、  アクセル、 ブレーキ の ペダル 位置

ステアリング の 位置 など 決めてきまして


平均的 な 位置 で 仮組み してもらって いましたが


rtueryueryu (1)


アクセル は  奥に  3cm ずらして、 左 に 2cm 移動。


ブレーキ ペダル は  奥行 そのまま で 左 に 1cm 移動 し、  

Mり さん 納得 の  ベスト ポジション と なりまして 


rtueryueryu (2)


やっぱり 皆さま、 それぞれ 好み の ポジション ありますよね。


”  自分の 好みで、  クルマ を 創る ”  と なると

その辺も こだわれるのが いいところです


rtueryueryu (4)


ずっと リフト に 載せて 作業 していましたが


足回り、 下回り の 作業 も ひと段落 し

タイヤ を 装着 して  接地 させまして


rtueryueryu (6)


車高 の 具合 も 狙い通り だったので


コイル オーバー の バネレート の 計算 も 

うまく いったようで  ナニヨリ です


rtueryueryu (7)


LS3 エンジン の 吸気 パイプ も  少しづつ

部品 が 到着 してきたので、  配置 と 組み立てへ


出来るだけ コールドエア を 吸わせられる ようにと


rtueryueryu (5)


エアフィルター は  ラジエーター より 前に 設置し


前すぼまり の 狭い エンジン ルーム ですが、 

何とか パイピング で 取り回して もらいます


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/04/06 03:07 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)