FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - LS MOTOR SWAP

LS SWAP


 1966  LINCOLN  CONTINENTAL ”  SUISIDE ”


映画 マトリックス にも 出てきた、  

観音 開き の  4 ドア クーペ 


op (2)1


コンバーチブル も  超カッコいいんですが


4ドア ハードトップ で  観音 開き という

偉才な  クーペ が 欲しい 今日 この頃。


op (3)1


60年代 の フルサイズカー らしい 車格 に

スクエア と カーブ の  エレガント な デザイン


リンカーン らしい、 豪華な 機能 と 装備 が 満載 


fghdgfhsdghs (1)


62年 くらいから、  こんな ボディ 形状 ですが


ボンネット や テール、 ダッシュ などが

年式 に よって、 少しづつ 異なり


fghdgfhsdghs (3)


僕的には  65年 か  66年式 が  ドストライク。


大きな スクエア ボディ なので、  ホイール も

20” や  22” の 大径 との  相性 も よく
 

fghdgfhsdghs (2)


流行り の  オリジナル の ハブキャップ の デザイン を

ビレット ホイール で 作る  ホイール も  カッコ良し。


そんな 観音 リンカーン を 欲しいなー と ずっと 思っていましたが


dhsdgh (13)


アメリカ の  1937 ZEPHYR を  カスタム してる

友人 と 別件で 話を してた時に、 ふとした 話から


「  観音 リンカーン で スラムド 作りたいんだよねー 」


hjggi (1)


と、 言ったら、  「  あの クルマは、 スラムド させるのは

足廻り の 加工が 大変なんだよねー 」  と、言ってまして


調べてみたら、  確かに 難しそうで  ナニヨリです


hjggi (3)


「  あそこを こうして、 こうしないと  こうなっちゃうんだよ 」 

と、 やけに 詳しいのね って 言ったら


「  俺 持ってるもん、 カスタム した  1966年式 」  だそうで、、、、、  


hjggi (2)


1937  ZEPHYR COUPE も 持っていながら

観音 リンカーン も  羨ましい 限りです


その 友人は、 のちに  FIT の プロジェクト で 製作 する 


hjggi (4)


1937 LINCOLN ZEPHYR の  ボディ を 

レストア する 際に 使う、 ドア や トランク、


ボディ パネル を  作ってもらっている、 アメリカ の 


op (4)1


 ”  METAL UNION ”  という スペシャル ショップ に

1937 ZEPHYR の カスタム を 依頼 してまして


1966 LINCOLN も  METAL UNION で カスタム したそうで


dhsdgh (1)


足廻り の カスタム は、 設計 から 溶接 まで  

メタルワーク 全開 の 作業 ばかりなので、


それを  METAL UNION が やってるなら、 安心ですね
 

dhsdgh (2)


METAL UNION  は、 ”  METAL UNION SPEED SHOP ” 

というのが  正式な 店名な だけあって


エンジン & ミッション も  オリジナル から  ” LS2 ” を


dhsdgh (3)


フューエル インジェクション 制御 で  スワップし、


ミッション も  電子制御 の 4速 オートマ、  4L60E に 

載せ替えも  METAL UNION で 行ったんだ そうで、


dhsdgh (8)


エンジン の アップデート に 合わせて、 エアコン も

オリジナル から、  新しい ヴィンテージ エア製 に 変更し


エアサス も  ACCUAIR の E-LEVEL を セットアップし


dhsdgh (7)


電子 制御 の 機関系 に  冷え冷え エアコン、 

楽々 バーンナウト で、  快調そうで  ナニヨリ。。。。。 


その後も  オールペン に リクローム、 全ガラス 交換、 


dhsdgh (14)


モブスチール の 大径 ホイール に、 ダイアモンドバック タイヤ で

大径 ホワイト リボン タイヤ 作らせたりと


その後も  色々と カスタム を 追加 してまして


dhsdgh (5)


僕も  一流 SHOP で カスタム、 アップデート した

そんな リンカーン が いいなぁ と 言ったら


「  譲ろうか? 」  との事で、 どうも ありがとう ございます。。。。


dhsdgh (6)


ひょんな 事から、 欲しかった 観音 リンカーン が


カスタム も 済んだ 状態 で 急に 見つかり、 

日本に 持ってくることに なりまして、


dhsdgh (11)


あとは 日本で インテリア を  カッコよく リメイク して、  


かっこいい ビレット ホイール と タイヤ を 特注 して、 

エレガント な クルマ に 仕立てたいと  思います

 
FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!




[ 2019/08/18 19:16 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)

LS SWAP



 1963  C10 ” SPIKEY ” の オーナーだった

広島 の ゴルゴこと、  Y室さん


SPIKEY を 欲しいと、 Y澤さん が 言って くれたので

Y室さん に そんな 話が きてますけど!? と 話したら


01515_bGPOaw5RODv_1200x900.jpg


「  最近 子供が デカなってきて、 家族 で 乗りきれんく なってきたけ 」

と、 ”  SPIKEY で  どこでも 行きます ” の  Y室家 も 


ついに ピックアップ では 乗り切れなく なってきたそうで

「  次は 55 ~ 57年 辺りの クーペが いいのー 」  と


01616_1RXVsng24TR_1200x900.jpg


そういえば、 SPIKEY 買う前も ベルエア 欲しいと 言ってたので

やっぱり その辺りの スタイルが 好きなんですね


家族で 乗れて、 自宅の 車庫に 収まる 車格の 好きな デザインで

探すと 1955~57年 の ベルエア に なるそうで


00f0f_8tCH6ztYeI0_1200x900.jpg


Y室さん が クルマ 作るなら コレは という 条件が、 


① 大径 スラムド  ② 電子制御 エンジン  

③ 遠出可  ④ 内装 は 綺麗  ⑤ ACCUAIR  


⑥ エアコン  ⑦ 錆。。。。。。。  との事なので


00j0j_31Jp59IZ58W_1200x900.jpg


「  今は SPIKEY を 手放す ツモリは ないけど、 もし


その 条件を 満たす クルマ が 見つかったら 乗り換えても いい 」

と、  超 高い ハードル 与えられまして、、、、、


FIT でも 55~57年 の ベルエア は 何台も 作って きましたが


00G0G_cte3zwm3LrB_1200x900.jpg


そんな 条件を クリア する クルマが 簡単には

見つからないのは 痛いほど  解っております。。。。。。


だから  ウチで 作ってるんですけど!?  な 話ですが
 
あちこち アンテナ 張り巡らせて  探し初めまして


00R0R_jlr5HvKkgyQ_1200x900.jpg


最近、 55~57年 だと、  同じ GM ファミリー の 


ポンティアック や オールズ、 ビュイック は シボレーより

グレード が 上なので、 ベルエアより 装備も 装飾も 豪華で


カッコいいなと 僕的に 思う 今日 この頃だったので、 


00n0n_jy5W8MiawuY_1200x900.jpg


” シボレー縛り ” は 無しにして、  BUICK や ポンテ とかでも 

カッコ良ければ いいですか?  と 言ったら


「  おっ、 なんや、 それも ええのー 」 と  OK 出ましたので


00V0V_aWocHmM5WhN_1200x900.jpg


サンフランシスコ の オーナー が 持っていた  1956年式 で

大径 スラムド、 内装も 綺麗な 1956 BUICK を 見付けて きまして

 
20インチ の モブスチール ホイール を 履かせて、 

スラムド するように 既に 足回り は カスタム してあり、 


00I0I_3GtzKypHBXS_1200x900.jpg


リア は 4 リンク化 して、 エアサス 組んで ありまして


内外装 や ガラスも 綺麗ですし、 欠品 してたら 大変 な

モール や トリムも 全て 揃ってて


ネイルヘッド エンジン や ブレーキ も リビルト してあり、


00r0r_4X9jb3ZvlIx_1200x900.jpg


燃料 タンク も 新品 に 交換 してありまして


錆、、、、 も、 エンジン フード の 先端に ちゃんと 付属し、、、、 

腐食し、 穴 開いてるのに 直してない所が 完璧です。。。。。 


外観、 内装 は Y室さん の 条件 を クリア できましたが


00l0l_hM53gjsk7dm_1200x900.jpg


電子 制御 の フューエル インジェクション エンジン と、 

エアコン、 ACCUAIR、  遠出可 を  満たして いないのと


前脚 も 色々 カスタム してありますが、 キングピンの まま なので

東京~広島 往復 したら、 疲れたけの! と、 もう 来なくなりそうなので


00N0N_6OdvwRGMkHZ_1200x900.jpg


このままでは 求められてる 条件を 満たせず 却下 ですが、

スタイリング的には  Y室さんの ツボの クルマだったので


ネイルヘッド エンジン は  カッコいいし、 調子いいので

勿体無いですが、 Y室仕様 には 適合 しませんので


00M0M_ev2pnpTUH60_1200x900.jpg


ネイルヘッドは 降ろして  LS モーター に 積み替えて

フューエル インジェクション化 することに して 


前脚 も 潔く、 フレーム を ファイヤー ウォール下で 切り落とし

FATMAN に MUSTANGⅡ STUB を  オーダー。


00T0T_fmFELGrTOHe_1200x900.jpg


フレーム を 差し替えし、 ラック & ピ二オン ギアボックス、

ディスク ブレーキ、 エアバック も やり直して 


エアサス も ACCUAIR に アップグレード することで 

全ての 条件を クリア させることに しまして


00G0G_gmJxxlXd0bT_1200x900.jpg


今、 フィット は 進めてる プロジェクト で 忙しくて

クルマが 到着しても、 すぐには 手を付けられないので 


アメリカの SHOPで  MUSTANGⅡ化 を 終わらせてから

日本に 持ってくる 段取りに することに しまして


00y0y_hBQKlqL4deg_1200x900.jpg

  
日本に 持ってきたら、 FIT で LSモーター を SWAP。


MUSTANGⅡ化 の 作業は、 メタルワーク が 得意で、 

FATMAN ディーラー でもある SKOTY CHOPS に 依頼しまして


Y室 BUICK プロジェクト も スタート し、  楽しみですね! 



[ 2019/06/08 19:15 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)

LS SWAP


 Y室 さん の  1963  C-10  “  SPIKEY ”


昨年末 に  HRCS に 出展 した 帰り道、

広島 に 向けて 走り出して  1~2時間 過ぎた頃でしょうか   


gdhdggh (4)


「  高速 走ってるんやけど、  何か 吹けんく なってきたけ。

なんや、 水温計 も 振り切っとるけのう 」


って  電話 来たので、 次の サービスエリア で 停まってもらい


gdhdggh (2)


ファンベルト 切れてないか、  オイル や 水の 量を 見てもらったら

冷却水 が だいぶ 少ないと いうので、 


水を 足してもらったら 解消 したそうですが、 水 減るってことは 

うーん、  それって どこかから 漏れてます の 刑。。。。。。


20160712_05joi4408 (20)


漏れの 量によっては  広島 まで 自走するのは 危険なので

SA で 漏れの 箇所と  量を 調べて もらったら


ラジエーター の アッパー タンク と コア の 合わせ目 から

じわじわ と 漏れてくる と いうので


20160805_015251.jpg


今は 漏れを 止める 処置 は 出来ませんが、 今の 漏れの 量なら 

補水 しながら ナンとか  走れそうなので


途中 で 水 を 足せるように、 サービス エリア で  

水 を 沢山 確保 してから  走り出してもらい


20160712_05joi4408 (11)


道中  足し足し しながら  無事 広島 まで 走って 帰宅。


水漏れ 起きてから  700 km の 道中のり だったので

気が張って、 いつもより  精神的にも  疲れますね。。。。


lkkjghfgfghjk (1)


ラジエーター は 走行中 に クラック が 入って  

水 が 漏れ出したようですが、  原因 は すぐに 解明。


以前、 吸気 の インテーク パイプ と エアクリーナー を 支えている

ブラケット が エンジン の 振動 で 折れたので、


lkkjghfgfghjk (2)


補強 するか、 違う ところで 固定 する ブラケット 作って

直しとくけ と 言ったまま、  物臭 しましたね、 Y室さん、、、、、、


ファン シュラウド に L型 ステー を 付けて、 そこに

インテーク パイプ を  インシュロック で しばってたので
 

lkkjghfgfghjk (3)


エンジン の 振動 が インテーク パイプ を 伝って シュラウド、 

ラジエーター に 伝わり、  クラック が 入ったようです


今後 は、 対策 で 振動 を 殺す ジャバラ パイプ を 入れたり

しっかりとした ブラケット を 使って 取り付けてもらうことにして


gdhdggh (1)


ラジエーター は 三協 ラジエーター さん に 送り

修理 できるか みてもらったら


直すより、 アメリカ で 売ってる 安い 新品 買った方が 

安いよ とのことで、 そんな B級 買うくらいなら、 
  

yyiuouyoi.jpg


三協さん で 性能の良いのを ゼロから 作ってもらったほうが 

この先 よっぽど 安心と なりまして


これまでの ラジエーター と 差し替えで 簡単に 付くように 

取り付け部分の 形状、 寸法も 同じに 合せて、 

 
20161128_200339.jpg


ファン シュラウド、 リザーブタンク マウント も、 これまでと 

同じものを そのまま 使えるように 作ってもらい、 


キャップ位置 と、 オーバー フロー パイプ は

これまで リザーブタンク と 反対側 に なってて


fhjfghsdghsdg (1)


ラジエーター の 上 を でろーん、、、 と ホース が 這ってたので

せっかく 作ってもらうなら、  近い方にと 依頼。


完成 したら  広島 ではなく  フィット へ 送ってもらいまして

お次 は FIT で シュラウンド の フラップ 加工 に 進みます


fhjfghsdghsdg (2)


フラップ加工 とは、 モリソン マーク や アパ太郎

37 ZEPHYR  に 装着 している 


ファン シュラウド に 施されている 加工 の ことで


fhjfghsdghsdg (3)


通常 ファン シュラウド は ファン部分 以外は  蓋がされてて 

空気 が 逃げないように なっていますが


ファン部分に 向かって すり鉢状 になってる シュラウド は いいのですが、 


fhjfghsdghsdg (4)


四角い 箱状 の ファン シュラウド は 抜けが 悪いので


高速 走行中 などに、 走行風、 電動ファン、 エアコンの

コンデンサー を 冷却するための 電動ファン 作動など 

 
fhjfghsdghsdg (5)


入ってくる 空気より、 抜けていく 空気の ほうが 少ない 状況になり 


ファン シュラウド内 に 乱気流 が 起きたり、 熱い 空気 が 

停滞 してしまい、  冷却 性能 が 低下 するので  


fhjfghsdghsdg (6)


結果、 ラジエーター を 冷やせなくなって  水温 が 上がります


そこで、 風量 が 増えて 電動ファン部分 からだけでは 排気が 

間に合わなく なったとき、  風圧で 開く フラップ を 設けておき


fhjfghsdghsdg (7)


fhjfghsdghsdg (10)


乱気流 や 熱気の 停滞を 起こさないように するのが  フラップ 加工。

 
Y室 さん の SPIKEY は  高速道路 を 100kmくらいで 巡航してる時に

乱気流 が 起きやすく、  水温 が ぐいーん と 上がり


fhjfghsdghsdg (9)


fhjfghsdghsdg (8)


120kmくらいまで 速度 を 上げると  乱気流 が 解消 され

水温 が ぐいーん と 下がることが あるそうなので


今回、 ラジエーターを 外す機会が 出来たので、 合せて 施工しておきます


fhjfghsdghsdg (11)


fhjfghsdghsdg (12)


モリソン マーク や  アパ太郎 に 使っている  デラル、

ZEPHYR に 使っている グリフィン の フラップ を 参考 に


2種類の 厚みの ゴムフラップ と プラスチック リベット を 用意したら


fhjfghsdghsdg (13)


インテーク パイプ ブラケット用 に 開けられた ネジ穴も 


今後は 使わなくなるので、  穴が 残らない 位置 で

ファン シュラウド の 四隅に 開口 を 設けまして

 
fhjfghsdghsdg (14)


正方形の 開口にせず、 真ん中を 残して 穴を 開けてるのは

ゴムフラップ が 何かの 拍子で 内側 に 入ってしまい


引っ掛かって 戻らなくなることが ないように 対策 しているもので


fhjfghsdghsdg (15)


正方形 に 穴 開けていいならば  断然 簡単 で 

作業 も 早く 終われますが、  


ここは 手抜き できない 重要な ポイント です


fhjfghsdghsdg (16)


四隅 に 開口を 開けたら、  ゴムフラップ を 上側 だけ 

取り付ける 穴を ファン シュラウド、 ゴムフラップ に 開けて


脱着 できる、 プラスチック製 の リベット を 使い 固定 


fhjfghsdghsdg (17)


プラスチック リベット は、 内装 クリップ みたいな 構造 で


押しこむと くさびが 聞いて、 ひっぱると 抜けるので

簡単に ゴムフラップの 脱着が 出来て、 後の メンテも 簡単です


fhjfghsdghsdg (19)


こうして シュラウドの 四隅に 開口と ゴムフラップを 設けてあげると


シュラウド内の 風抜けが 悪くなったときに  風圧で ゴムフラップ が

ぴろーん と のれん のように 開いて 勝手に 排気 するので

  
fhjfghsdghsdg (18)


熱だまり や 乱気流 が 出来ずらくなって ヒート対策 になります


フラップ 加工を 終えた ファン シュラウド を、 作ってもらった 

ラジエーター に 組み込んで  Y室さん に 発送 と なりました 


VIVA !   S庭 道場  &  Y室 さん !!!!!!!
 


[ 2019/01/23 19:20 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)

LS SWAP


 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


エンジン & ミッション の 位置 を  変更 し


dghtrhwrth (20)


ミッション メンバー を  前方 に  120 ミリ、

高さ も 上 に  移動 し  


位置 と、 構造 を  変更 して  作り直したら


dghtrhwrth (23)


次 は  エンジン マウント の  変更 に 進みまして


エンジン を  前方、  上 に 持ち上げたので

これまでの  エキマニ だと  集合部 が  中央 で


dghtrhwrth (22)


なおかつ、  集合部 が  横 に  広くて 大きいので


ラック & ピ二オン  ギア ボックス から   コラム まで  

接続 していく  ステアリング シャフト の  


dghtrhwrth (24)


通り道 を  塞いで しまうように なり


大きな  エンジン マウント ブラケット も

シャフト に  完全 に  当たるように なったので


dghtrhwrth (21)


集合部 の 大きな  純正 エキマニ を  使うのを  やめて

HOOKER製 の  エキマニ に 変更 することで


集合部 も  後方 に  変わるので、  スペース が できまして


  
dghtrhwrth (25)


エンジン マウント ブラケット も、  オリジナル から


LS エンジン に  スモール ブロック用 の

マウント を  装着 できる  アダプター に  変更 し

 

dghtrhwrth (27)


薄い  構造 に することで、  スペース を  確保 します


変換 アダプター に 付属 の、  皿ボルト を 使い

組み付け を 進めてたら、  ボルト が  少し  出っ張り、


dghtrhwrth (26)


エンジン マウント に 当たって、   座り が  悪いので、、、、、


アダプター の 皿 が 入る   テーパー 加工 が 浅いようなので

皿ボルト の  外周 を 少し 削って、  奥まで 入るように したら
 


dghtrhwrth (29)


今度 は  エンジン マウント の  ベース プレート に

補強 の プレス ライン が  入ってて、


こちらも  当たって  座り が  悪いです の 刑、、、、、、  


dghtrhwrth (30)


アダプター は、  プレス ライン を  避けれるように

カット して ありますが、


カット してる  溝 の 長さ が  足りてませんで、、、、、


dghtrhwrth (28)


皿 ボルト の  溝 が  浅かったり、、、、、

プレス ライン を  逃げる  溝 が  短かったり、、、


イマイチ  作り が 良くないので、  手直し が 必要 に なり


dghtrhwrth (31)


専用 パーツ な はずなのに、  そのまま 使えなくて

手直し に  手間 と  時間 を  とられます。。。。。。。


エナジー サスペンション などの、  ウレタン マウント なら


dghtrhwrth (32)


この  プレス ライン が   出っ張らないので

そのまま  ピタッと  付けられますが


ウレタン 製 の モノは  吸震製 や、  耐久性 が  


dghtrhwrth (33)


純正 の  ゴム製 に 比べると  劣るので


S庭 道場 では、  なるべく  ウレタン マウント や  

ウレタン ブッシュ は  使わないように してますし


dghtrhwrth (34)


FIT では  よく  LS エンジン を   使うので

同じ  アダプター が   あと  2セット ありまして、、、、、


「  今後 も  LS エンジン を  組む 時には


dghtrhwrth (35)  


   毎回  手直し しないと  使えません。。。。。。

   解ってることなので、  対策 部品 を 作って おきます 」


と、  流石 に   S庭 師範 も   怒り 気味 でして、、、、


dghtrhwrth (36)


アダプター の  溝 を  広げたり、  マウント の

プレス を  切ってしまう ワケには  いかないので


プレス の  部分 を  抜いて、   厚み を 持たせた 


dghtrhwrth (37)


dghtrhwrth (38)


マウント と  アダプター の 間 に  入れる

スペーサー を  製作  しまして
 


加工 した  皿ボルト で  アダプター を 取り付けたら


dghtrhwrth (39)


製作 した  スペーサー を  挟んで、  マウント を  取り付け しまして


次 は  エンジン マウント と  フレーム を  つなぐ

マウント ブラケット の  製作 に  進みます


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/02/11 18:12 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)

LS SWAP


 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


エンジン & ミッション の 位置 を  変更 し


dghtrhwrth (4)


これまで よりも、  前方 に  120 ミリ 

移設 することに なりまして


エンジン、  ミッション の  マウント 位置 も 変わるので


 
dghtrhwrth (1)


それらも  新しく  作り直し に なりまして


まずは  ミッション メンバー から

作り直して いきます


dghtrhwrth (6)


これまでの  メンバー を  取り外し、

120 mm 前方 に  変更 しますが


前 に ずらすのと  同時 に、  ミッション の 


dghtrhwrth (7)


高さ も  上 に  持ち上げた 所 に 変わるので

これまでの  メンバー は  まったく 合わなく なりまして、、、、


手直し して  使うよりも、  新規 に 作ったほうが  


dghtrhwrth (5)


作り が 良くなるので、  使えそうな

両サイド と、  マウント が 載る 部分 だけ


メンバー から  摘出 して、  流用 することに

  
dghtrhwrth (8)


新しい  構造 を  設計 したら、  検証 した

寸法 に  合わせて  角材 を  切り出しまして、


補強用 の  リブ と   パイプ を  切り出し、

  

dghtrhwrth (9)


パイプ は、  角材 に  開けた  穴 に 合わせ

中 に 入れる  補強 として   溶接 しまして


縦方向 と、  ボルト & ナット を  締めた 時 に 


 
dghtrhwrth (11)


掛かる  力 に 対して、  強度 を  持たせます


続いて、  ミッション マウント が  載る 部分 は

これまでの  メンバー から  摘出 し


dghtrhwrth (10)

  
dghtrhwrth (12)


新しい  メンバー に  位置 を 合わせて  溶接 して、  


左右 に、  鉄板 から  切り出した  リブ も

補強 として  溶接 されました


dghtrhwrth (13)


dghtrhwrth (14)


続いて、  こちらも  これまでの  メンバー の

両端 を  摘出 し、  リブ を 入れて  補強 したら


フレーム に  溶接 し、  メンバー を  取り付ける


dghtrhwrth (15)


dghtrhwrth (16)


ミッション メンバー  ブラケット に  なりまして


ミッション マウント を  メンバー に 組み付けたら

フレーム、  ミッション に  連結 しまして


dghtrhwrth (17)


dghtrhwrth (18)


これまで よりも、  120 mm  前方 に  移設 し


高さ も  これまで よりも  上 に 持ち上げた

新しい  ミッション メンバー が  完成


dghtrhwrth (19)


6速 オートマ で、  ミッション 自体 も、  ヨーク も

メンバー も、  何もかも が  大きい  6L 80E は


ミッション マウント も  大きくて、  700R4 の  ほぼ  倍 です。。。


dghtrhwrth (20)


ミッション メンバー が  できたら、  次 は

エンジン マウント 製作 に  進みまして


これまでの  マウント ブラケット は  大きくて


dghtrhwrth (24)


ヘダース の  集合部 も   やたら  太くて、  


エンジン を  前方 に  ずらしたら、  エンジン マウント と   

ステアリング シャフト に  当たるように なるので


dghtrhwrth (23)


次 は  エンジン マウント ブラケット、  マウント を  変更 し


エキマニ も、  ステアリング シャフト に 絡まない

後方 排気 の モノ に  変更 していきます


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/02/09 18:13 ] LS MOTOR SWAP | トラックバック(-) | コメント(-)