FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - KUSTOM STEERING WHEEL

1937 LINCOLN ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

ビック プロジェクト を 進めて もらってまして


yjrkyukuyukil (13)


塗装 作業 は いよいよ ボディ 本体 に 取り掛かり


不要な 穴を 埋めたり、 スイッチ の 穴を 加工したり

ダコタ ゲージ が 付くようになど 加工した 


yjrkyukuyukil (5)


ダッシュ ボード は 面出し を 終えたら、 サフェーサー が 入り


エアコン の 吹き出し口 が 埋め込まれていた 灰皿 部分は

クラシック感 が 損なわれるので、 純正に 戻して

 
yjrkyukuyukil (14)


灰皿も 全部 分解して、裏の 錆も 落として 塗装 してもらい


センター 部分 の アンダー ダッシュ も

ボディ 同色 に 塗り直して もらいまして


yjrkyukuyukil (11)


ダッシュ も 色 が 入ったら、  マスキング し直して

いよいよ ボディ にも 色が 入りまして


最高ですね、 枝豆 ポタージュ スープ グリーン。


fhsjhfg (15)


ここでも やっぱり  ”  冷製 ポタージュ ”  

なのが 決めてな ところですが


どこが 冷製 なのか お解り 頂けますでしょうか!?


fhsjhfg (16)


塗装 を 終えた ボディ は、 磨き を 入れて

塗膜 の 肌を 整えて もらいまして


塗装 と 磨き の 行程 が 完了 したようです


fhsjhfg (18)


こう見ると、  バイアス タイヤ に 比べて

ラジアル タイヤ は ハイトが ないので


タイヤ が 小さく 見えて しまうので


fhsjhfg (17)


もう少し 大きい タイヤ に しようかなと 思う、 今日この頃。


せっかく シャシー を しっかり 作って、 ビックブレーキ に

LS3 エンジン、  4L60E も 積んでるので、  

 
fhsjhfg (19)


バイアス タイヤじゃ、 性能 活きず  勿体無いし


絶対 ラジアル 履きたい 内容 なので 16インチ にするか、 

大径化 で 偏平 ホワイトリボン も 悩むところ。


fhsjhfg (13)


ボディ や ファイアー ウォール も 綺麗に なったので

車体 番号 や プレート も 新調 することにして

 
新品 の LINCOLN プレート を 用意し、 送りまして
 

yjrkyukuyukil (15)


宇田さん の 塗装 作業 と 並行して、  インテリア の 張り替えも 進行中


シート の 表皮が 剥がされ、 コイル スプリング が 敷き詰められてる

スプリング なので、 ベット みたいに 座り心地が 良いんですね


yjrkyukuyukil (7)


張り替え に 伴い、 シート に 詰められていた アンコ は 

布団 みたいな 素材 から、 ウレタン に 変更 して頂くようで


インテリア の 作業 も どうなるか 楽しみです

 
fhsjhfg (12)


内装 の 張り替え、 やり直し に 合わせて

純正の ステアリングは 18インチ と やたら 大きくて、 


パワステ化 したし、 デカくて 操作性 も 視界 も 悪いので


fhsjhfg (14)


アメリカ で 16インチ化 しつつ、 チルトコラム に 使える

カスタム ステアリング を 製作 してもらいまして


着々 と 作業、 準備 が 進んで おります


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!




[ 2019/07/14 18:04 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



  1937  ZEPHYR  3W COUPE

通勤 快速 号 作業 を  進めてまして、  


アメリカ で  ステアリング を  レストア したり


mloouhpk (2)


カスタム する  仕事 を している  クリス から


「  頼まれた ステアリング を  届けたよ 」

と  連絡 が  ありまして


mloouhpk (1)


以前、  クルマ の  コンセプト に 合うようにと


37 ZEPHYR に  使用 する  ステアリング を  

頼んでたのが  完成 して  届けられたようです


1937-lincoln-zephyr-steering-wheel.jpg


今回  製作中 の  ZEPHYR は  1937年式 ですが、


オリジナル の ステアリング は、  デザイン が

イマイチ  好きで ないので、  変更 と しまして


mloouhpk (8)


今回 は  1942年 の  リンカーン ゼファー の

オリジナル ステアリング の  デザイン が


アールデコ 調 の  クルマ に 合うなと 思いましたが


  
mloouhpk (10)


ただ、  パワステ が 無かった  時代 は

少ない 力で  重い ステアリング を きれるように


純正 ステアリング の  直径 が  とても 大きく


24287553355_9e64ef2a99_b.jpg


この  ステアリング も、  18、5 インチ と  特大。。。。。


でかいと  CHOP TOP  してる クルマ で  使うので  

その 大きさだと   運転席 に 座ると  腿 に 当たるし

 

IMG;lppl;@;[;[;_0141 (23)


これから  パワステ 付けたら  こんなに 大きい 必要 ないし

逆 い  大きすぎて  扱いづらいので


出来れば  16 インチ くらい が  最適 です 。。。。。。


mloouhpk (3)


ですが、  ステアリング が  16 インチ まで  小さくなるのは

パワステ が 装備 されるように なってからの 時代 で


だいたい  1960年代 後半 くらいからなので
  


mloouhpk (4)


1930年代 の  ZEPHYR に   60年代 の

クルマ の ステアリング を 付けるのは  


デザイン も 合わないし、  時代考証的 にも  NG、、、、、


mloouhpk (5)


しかも  使用 する  ステアリング コラム は

80年前 の 純正品 は  危なくて  使えないので


最適 な  運転 位置 に チルト して  

ウインカー も  ハザード も  内臓 していて


mloouhpk (22)


ウインカー や  ホーン の 接触 不良 とも

おさらば の  新しい モノを  使いますが


80年前 の  リンカーン の ボス 形状 と、  


mloouhpk (6)


新しい コラム は  当然 合いませんので、 


古い ステアリング を  装着 したい 場合 は

”  ボス部分 の  変換 加工 ”  が  必要 に なります


mloouhpk (19)


色 も  ボディ 同色 に 塗れば いいんですが

ゆくゆくは  キャンディー カラー で  塗りたいので


透き通ってる 飴色 の ような  塗装 に 合わせて


mloouhpk (11)


ステアリング 自体 も  透き通ってる 色で

作っちゃえたら  超 カッコいいなと  思って


OX BLOOD の  ステアリング の  レストア、


mloouhpk (14)


ホーン ボタン、  ハブ キャップ の  エンブレム など

以前 に  作ってもらった  アメリカ の  クリス に  連絡。


OX BLOOD を  GNRS に 出展 しに 行った時 にも


mloouhpk (15)


彼 も ショー を 見に来て、  完成 した  クルマ や  

ステアリング を 見て   喜んでまして


また  手伝える事が あれば  宜しくと  言ってたので


mloouhpk (13)


今回 は  ZEPHYR の ステアリング を  純正 の 

デザイン の まま16 インチ に  小径化 して、  


社外品 の コラム に  そのまま 装着 できるように

ボス の 変換 する  加工 を 組込んで


mloouhpk (12)


色 は 透き通った キャンディー カラー でと  頼みまして


キャンディー カラー は、  将来  ボディ を  仕上げた時に  

塗りたい 色 で  濃さ や  深み まで  こと細かく  指示。


mloouhpk (23)


純正 デザイン の まま  小径化 してもらえば


好きな デザイン は そのままで、  CHOP しても

視界 を 妨げず、  足元 も  狭くない


mloouhpk (7)


とても  運転 し易い  ポジション が 得られますし


ボス加工 を 終わらせて おいてもらえれば

A田 くん に  旋盤 加工 してもらったり


mloouhpk (21)


S庭 師範 に  溶接 してもらう  手間 も 省けまして


色 も   スペシャル カラー で  作れば  

カー ショー でも  見栄え するでしょうし 


mloouhpk (20)


運転 してるときも   太陽 の 光りが 当たれば、 

クリア カラー に 煌めく  スケルトン 仕様 は  


テンション が 上がる、  カスタム ステアリング です


mloouhpk (18)


ということで  クリス は  ステアリング の レストア屋 なので


中古 の  ゼファー の ステアリング を 見つけてきて

ボロい 外側 は 使わず、  中の 骨材 を  摘出 し


mloouhpk (17)


骨 を  16 インチ用 に  小径化 の  加工 を したら

透けて  丸見え に なるので  綺麗 に  クローム。


16 インチ用 の  型 を 作って   骨 を 入れたら

    

mloouhpk (16)


指示した  色 の 樹脂 を 流し込んで  固めたら

型 から 出して、  バリ を とって、  ポリッシュ。


ホーン リング も  オリジナル を  見つけてきて


mloouhpk (24)


リクローム して   装着 して、  ホーン ボタン も

色 を 合せて  カスタム メイド してもらい、  完成

 

今回、  ゼファー の  ステアリング を 頼みましたが


  
mloouhpk (25)


マーキュリー や  シューボックス、 キャディラック など


色々 な クラシック カー の  ステアリング でも

このような  カスタム に  対応 してくれますし


mloouhpk (26)


頼まれても  材料 が 無い、、、、 と ならないよう


様々な  クラシック カー の  ステアリング を

全米中 集めて 回ってるので、  山ほど 持ってますので


mloouhpk (27) 


これだけの  カスタム を してもらうので  値段 も 高いですが


俺 も  カスタム ステアリング、  作りたい ! 

という方 いらしたら、  お気軽に ご相談 ください


mloouhpk (28)


少しでも  快適な  ドライビング ポジション で


デザイン や  カラー も 追及 していけば

クルマ 作り、  益々 楽しくなりますね  


KUSTOM FOREVER !!!!!



[ 2018/09/03 17:45 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 CHEVY



 バブリー K子 くん の、   ”  BUBBLES  50 ”


CHOP TOP した  フロント ガラス でも  視界 が よく、  

運転 し易いようにと   コラム を  チルト 機能付き に  変更 して


IMG_0100rげwrgくぇh (4)


ステアリング ホイール を  楕円形の 物に 変えたので

ホーン リング を  取り付けして いきます


楕円 ステアリング の  ホーン リング は、

ホーン ボタン 代わり に  なっていて


IMG_0100rげwrgくぇh (5)


リング を  押すか  引くと  ホーン が  鳴る  構造 です


ホーンリング の  付け根 は、  ホーン の  接点

”  ホーン コンタクト ”  に  なっていまして


IMG_0100rげwrgくぇh (3)


接点 部分、  いわゆる  スイッチ なので、  中古品 を  使って

接触 不良 や、  作動 不良 が  起きても  困りますので


アメリカ で  NOS の  コンタクト を  見付けてきて  組み付けます


IMG_0100rげwrgくぇh (1)


社外品 の  チルト コラム の  コンタクト 部分 に、  


楕円 ステアリング の  ホーン 機能 が  使えるよう

ステアリング の  ハブ 部分 も  加工 しまして


IMG_0100rげwrgくぇh (2)


加工 した  ハブ に、  コンタクト を  取り付けし

ホーン リング を  絶縁 カラー を  介して  固定 します  


絶縁 カラー だけは、  純正品 が  見付からないので


IMG_0100rげwrgくぇh (6)


ベルエア の  ライト アジャスト スクリュー の パーツ と


絶縁 カバー が 付いた、  圧着 端子 を 流用 し

自家製 カラー を  製作 し、  組み付け されまして


  
IMG_0100rげwrgくぇh (7)


古い クルマ は、  ホーン リング や  ホーン ボタン が  ちゃんと

機能 しないので、  別 に  スイッチ を  付けてる 車 も  多いですが


クラシック感  満載 の  オリジナル の  ホーン リング が、  

きちんと 作動 するのは  カッコいい ですね


20170504_203035.jpg


ロック 機能 を  組み込んで  取り付けした   回転 シート の  

回転 部分 が  ぐら ぐら するので  点検 したら、  


耐荷重 が  16 kg と、  子供 ですら  座れませんので


IMG_00ugyififhl;l45 (12)


耐荷重 160 kg の  回転台 に  組み直しましたが


ブレーキ の  エア抜き 作業 で、  踏ん張りながら

ペダル を  踏みまくって ましたら


 
IMG_0100rげwrgくべrぇdh (12)


あらら、、、、、 !?  また  グラグラ してきまして


点検 したら、  スラスト ベアリング の 上下 を

合わせている 部分 の  耳 が  起き上ってまして


IMG_0100rげwrgくぇh (13)


カウンター チェア などのように、  地面 に  固定 していなければ

耐荷重的 には  耐えるものの、  


車 の 椅子 として、  上下 を 固定 した 状態 で 荷重 を 掛けると、  

支点 部分 に  力 が 集中 してしまい、  耐えられない ようです


IMG_0100rげwrgくぇh (15)

 
IMG_0100rげwrgくぇh (16)


起き上ってしまった  耳部分 は、  再び プレス して  潰したら


そのまま 組み戻すと、  同じように  再発 してしまうので

対策 を  施してから  組み戻します


IMG_0100rげwrgくぇh (17)


合わせ部分 の  丸い 耳部分 を  覆い被すように 鉄板 を  切りだして、  


シート との  隙間 に  ぴったり の 厚み で  カバー し、

荷重 が 掛っても、  耳 が  起きないように  押さえて


   
IMG_0100rげwrgくぇh (18)


下側 は  シート レール の  隙間 に  挟んで

回転軸 の 中にも、  内径 ぴったり で  はめ込んで


上下 から  耳 を  挟み込む 構造 で  作り直されました


IMG_0100rげwrgくぇh (19)


回転 ホタテ シート、   きちん と  機能 させるには

一筋縄 には  いきませんね


VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!



[ 2017/05/13 18:16 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 CHEVY



 バブリー K子 くん の、   ”  BUBBLES  50 ”


楕円型 の  ステアリング ホイール に  変更 すべく

社外品 コラム の 軸 に 合うよう、  加工中


20170415_024909.jpg


左側 の  白い ステアリング が  楕円 ですが


社外品 の  チルト式 の  ステアリング コラム には、  

軸部分 の、  溝 の 数 が 合わず  付きませんで


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (1)


スタイル ライン 純正 の  ステアリング は 合いますが


貴重 な  オリジナル ステアリング を  壊して  

部品取り に してしまうのは  勿体無いので と


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (2)


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (4)


60年代 の  インパラ など、  シボレー の 

ステアリング だと 社外 コラム に  合うので、   


K子 くん が  中古品 を  買ってきて くれまして


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (3)


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (5)


グレー の  ステアリング から、   軸 部分 を  摘出 し

楕円 ステアリング に  移植 していきます


部品 取り の  方は、  軸 部分 の  周辺 を  
  


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (6)


ステアリング を  ぶった切って   摘出 しまして


ホーン コンタクト 部分 の  プレート も  

スポット 溶接 を  剥がして  摘出。


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (7)


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (8)


楕円 ステアリング の  軸 部分 の  溝 は


旋盤 で  ステアリング の  芯 を だしながら

太い  ドリル で  削って  穴 を  開けまして


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (9)


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (10)


楕円 ステアリング の  軸 部分 に  開いた

穴 の  内径 に  ぴったり  合うよう、  


シボレー ステアリング の  軸 部分 を  削り出して いきます


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (11)


シボレー ステアリング を  ぶった切って  摘出 した

センター 部分 を  旋盤 で  咥え


軸 に 周り を  削って いきまして


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (12)


ステアリング ホイール は  柔らかい プラスチップ のような

樹脂 で  出来ているので


削っていくと、  こんな 黒い  切り粉 が  大量 に 出ます。。。。。


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (13)


シボレー ステアリング から   摘出 した  軸 部分 は、  


楕円 ステアリング の  中央 に 開けた  内径 と  

ぴったり  サイズ に  削り出したら


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (17)


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (18)


楕円 ステアリング の  穴 に  圧入 して いきまして


チルト コラム の  ハブ面 と、  ステアリング の

クリアランス が  合う 位置 まで  圧入 したら
  


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (19)


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (14)


楕円 ステアリング へ   軸 部分 の  移植 と

圧入 の  深さ の  位置 決め  が  完了


圧入 する  深さ を  確認 したら、  続いて


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (15)


IMG_001dfghbgzdfgb v3 (16)


ウインカー を  出して   曲がった 後、

自動 で  ウインカー を  消す


キャンセリング カム の  組み付け へ
  


IMG_0ghrthwrthwryhn035 (2)


ウインカー キャンセリング カム は  ステアリング の

正しい  位置 に  組み込まないと


ハンドル を  戻して   キャンセル されませんので


IMG_0ghrthwrthwryhn035 (1)


よく 確認 して、  位置 を  合わせたら


ホーン の  コンタクト の  配線 が 通る

プレート を   取り付け しまして 


IMG_0ghrthwrthwryhn035 (3)


ステアリング と  シボレー ステアリング から   削り出した

軸 部分 の  所定 の 位置 に  穴 を 開けます


軸 部分 は、 穴 に なるほど   肉厚 が  ないので


IMG_0ghrthwrthwryhn035 (4)


外周 の  一部 が   えぐれる 形状 に   削りましたら


穴 と   えぐった 部分 の  位置 を  合わせて

先 に  確認 した  深さ まで  圧入 して


IMG_0ghrthwrthwryhn035 (5)


IMG_0ghrthwrthwryhn035 (6)


楕円 ステアリング に、  シボレー ステアリング の

軸 部分 を   本溶接 して いきまして


ホーン の  コンタクト プレート も  溶接 し


IMG_0ghrthwrthwryhn035 (7)


IMG_0ghrthwrthwryhn035 (8)


ステアリング の  コンバージョン 加工 が   完了。


加工 を 終えた  ステアリング を   チルト式 の

コラム に  取り付けると  こんな 感じ。


20170415_024937_LLS.jpg


この後、  接触 不良 を  起こさない様、  NOS の

ホーン コンタクト を  取り付けして


ホーン リング を   付けて、  コンバージョン 作業 が  完了


20170415_024951_LLS.jpg


次 は、  回転 シート の  シートレール 加工 と

取り付け に  進みます 


VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!



[ 2017/04/18 18:12 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 CHEVY



 バブリー K子 くん の、   ”  BUBBLES  50 ”


内装 製作 に  伴い、  ステアリング ホイール の 変更 と

チルト 機能 を  追加  と なりまして


1487800897469.jpg


先日、  オリジナル の  ステアリング コラム から

社外品 の  チルト コラム に  変更 し


続いて、  ステアリング の  加工 に  進みます


20170301_044445.jpg


CHOP TOP して、  フロント ガラス が  小さく なってるので

視界 が  狭くなって、   周り が  見づらく なってる うえに


1950 スタイル ライン の  ステアリング は  直径 が 大きいので、 


20161029_065751.jpg


クラッシックカー らしい、  当時 の  大きな  ステアリング も  

前方 の  視界 の  妨げに なり、、、、、、


余計 に  前 が  見えないとの ことなので


20170413_030006.jpg


ステアリング ホイール を  現在 の  スタイル ライン 純正 から  

小さい ものへ  変更 していきたいと 思います


とはいえ、  小径 の  ステアリング を  付けると



20170413_030036.jpg


クラシックカー の  雰囲気 を  損なって しまうので


Ox Blood で  使用 したのと  同じ ステアリング で

直径 が  少し 小さくて、  なおかつ  楕円型 の


20170413_030046.jpg


ステアリング に  1億円  掛かってでも、  変更 したいとのことで

さすが、  バブリー ですね


Ox Blood で 使った   楕円 ステアリング は

絶妙 な  楕円 なので、  視界 を  妨げませんし


1492003958497.jpg


ホーンリング も  付いてて、  クラシックカー らしさも

損なわないので  最高 なのですが


社外品 の  ステアリング コラム とは

接続 部分 の  形状 が  違うため、  


1492003961664.jpg


本来、  取り付け できない 構造 でして、、、、、


しかし、 そこは  S庭 道場。   接続 部分 の

ボス に  加工 を  施すことで  


1492003969153.jpg


取り付け を  可能 に  することが  出来まして


以前 の  加工 の 様子 は  コチラ から
       ↓
ステアリング 加工


1492003970470.jpg


今回 も   同様 に  加工 を  施して いきます


社外品 の  ステアリング コラム の  接続 部分 に 合う

ボス に  加工 するためには


1492003966081.jpg


接続 部分 を  移植 することに  なるので


中古 で  安い ステアリング を  買って 

”  部品 取り ステアリング ”  に  使います


1492003967587.jpg


まずは  中古 ステアリング を  ぶった切って、  

真ん中 の  ボス 部分 を  摘出 しましたら


移植 する、  楕円 ステアリング の  ボス 部分 を


20170413_030102.jpg


旋盤 で  芯 を  出しながら、  くりぬいて いきまして


社外品 の  ステアリング コラム には  合わない

接続 部分 を  摘出 しましたら


20170413_030112.jpg


次 は  部品 取り  ステアリング から  摘出 した  接続 部分 を、


楕円 ステアリング の  くり抜いた 穴 に  はめこめる  

形状 に  加工 していきます


VIVA !   S庭 道場  &  K子 くん !!!!!!!



[ 2017/04/13 18:08 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)