FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - KUSTOM STEERING WHEEL

KUSTOM STEERING 1940 MERCURY


 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして 


jryuwru (11)


古いステアリングホイールをレストアしたり

カラーオーダー、小径化などを行う


STEERING KLISに依頼して製作した


jryuwru (1)


BREEZEE用のターコイズのカスタムステアリング


使用するIDIDITのステアリングコラムに装着できるよう

ボスも加工してもらってありますが


jryuwru (2)


ウインカーを出して曲がったあとに、ステアリングを

戻すとウインカーを自動で消してくれる


”キャンセリング機能”は作られてなかったので


jryuwru (3)


S庭道場で加工していくことにしまして


クラシックカーは、ウインカーを出しても自動で

戻らずに、自分で消すクルマも多いのですが


jryuwru (6)


せっかくカッコよく仕上げてあるクルマなのに


ウインカーを消し忘れて、出しっ放しで走ってる

クルマを見ると、ちょっと残念です。。。。


jryuwru (5)


jryuwru (4)


BREEZEEでは、そのような事にならないように

キャンセリング機能を追加することにしまして


ステアリング側のボスの構造にもよりますが


jryuwru (10)


ステアリングコラムの構造と、キャンセリング機能の

仕組みを解っていれば、付属していなくても


追加したり、機能させられる場合も多いので、


jryuwru (7)


jryuwru (8)


機能していない方は、是非挑戦してみてください


ステアリングコラム側の仕組みに合わせて

ステアリングホイール側を加工するので


jryuwru (9)


jryuwru (12)


今回はコラム側の位置や配置に合わせて

型紙をとって、テンプレートを製作


それを使い、ステアリング側にケガキを入れて


jryuwru (13)


jryuwru (15)


ステアリングホイールのボス部分に


キャンセルカムを動かすための

シャフトを通す穴を開けまして


jryuwru (14)


時計でいうところの、20分、40分の位置まで

ステアリングを切れば、自動で戻るように加工が完了


次はフロントシートの加工に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/01/17 02:50 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)

KUSTOM STEERING 1937 LINCOLN ZEPHYR



 Mりさんの 1937 ZEPHYR 4ドア セダン  


各部の点検と、駄目だし、納車前の

最終チェックと、準備を終えまして


jeyruryu35w7u (6)


書き切れていなかった作業があるので

その様子を紹介させて頂きたいと思います


リアガラスのゴムを変えたら、リアガラスが外にずれ 


jeyruryu35w7u (7)


ガラスと、室内側のトリムの位置が変わり


以前のガラス位置に合わせて作っていた

ヘッドライナーが押さえられなくなりまして


jeyruryu35w7u (8)


ピンと張れなくなって、シワが出来たり

寸足らずになった部分も


Hりうちさんに対策してもらい、無事解決。


jeyruryu35w7u (9)


フロントシートが前後にスライドしないので

点検したら、シートレールの固着だったので


レールの動きが良くなるように対処しまして


jeyruryu35w7u (10)


レールのロックを解除するリリースハンドルが、

オリジナルが壊れたのか、解りませんが


写真のような作り物に変わってたのに気付き


jeyruryu35w7u (11)


形状の都合上、力の掛かる方向も良くなくて

レバーを操作しても、解除できなかったり


見た目も、取り付けの溶接も良くないので


jeyruryu35w7u (12)




これまではレバーはシートレールに溶接で

固定されてましたが、今後は脱着作業もし易いように


ボルトで固定できる構造に設計しながら


jeyruryu35w7u (13)

動きや力の掛かる方向も正しく、見た目もよく

操作もし易い形状のリリースハンドルを


ステンレスで製作して、組み換えしまして


ghuygj (7)


アメリカで、Klisに作ってもらった 1940年代の

ZEPHYRのステアリングホイールは


社外のチルトコラムにダイレクトに取り付けできるよう


jeyruryu35w7u (40)


変換ボスを埋め込んでもらい、直径がオリジナルだと

18インチもあって、大きくの乗りづらいので


オリジナルのデザインのまま、16インチに小径化して


jeyruryu35w7u (36)


ステアリングとホーンボタンは、触っているうちに

色が剥げてきてしまう事態を避けるため


指定の色の樹脂でリキャストして、塗装しない仕上げに 


jeyruryu35w7u (21)


ホーンリングはリクロームして、組み上げた特注の

カスタムステアリングですが


ボスがカスタムされている分、ホーンリングで


jeyruryu35w7u (39)


ホーンを鳴らす操作が出来なかったり、

ウインカーを出して曲がったあとに、


ウインカーレバーを戻さなくても自動で消す


jeyruryu35w7u (37)


キャンセル機能が作動しない状態だったので


Klisはクルマ屋ではなく、ステアリング屋なので

自分で組み付けることもないでしょうし


jeyruryu35w7u (19)


そこまでの機能を組み込む構造は、

恐らく作るのが難しいと思うので、


それもちゃんと機能させたいなら


jeyruryu35w7u (20)


あとは、取り付けするクルマ屋さんでどうぞ

的な作りなんだと思います。。。。


クラシックカーのステアリングは、ホーンリングや


jeyruryu35w7u (35)


ホーンボタンでホーンが鳴る構造ですが


アメリカから輸入したクルマで、ちゃんと

ホーンリングで鳴るクルマは珍しいですし


jeyruryu35w7u (38)


構造が複雑で、仕組みや電気回路も理解してて

直せる人も少ないのだと思いますが


ホーンリング付いてるのに、それで鳴らずに


jeyruryu35w7u (22)


ダッシュ下に追加した、現代のスイッチで鳴らしてね

というのは、ちょっと、、、どころかだいぶ残念です、、、、


ということで、全部きちんと機能させられるように、


jeyruryu35w7u (23)


カスタムステアリングを、さらにカスタムに着手しまして


ホーンリングの仕組み、構造、電気回路を検証し

なぜ鳴らないのか、何が必要なのか解明したら


jeyruryu35w7u (24)


必要なものの構造、形状を設計したら、試作し

組付けてみて、ちゃんと機能するか検証。


動きや反応がイマイチだったら、再び原因の解明と


jeyruryu35w7u (18)


対策を施した試作品を作って、またテスト。。。


と、繰り返していき、どれもパーフェクトに機能して

壊れづらく、耐久性のある構造になりまして


jeyruryu35w7u (29)


年に何回鳴らすか解らない、たかがホーンですが


ちゃんとホーンリングで鳴るかは、オーナーさんにしたら

とても大切なところだと思います。


jeyruryu35w7u (28)


ステアリング周りのカスタムを終えたら、煮詰めている

アライメント作業も進めまして


アライメントは目標値のような設定がありますが


jeyruryu35w7u (27)


一般論の数値に合わせても、車の構造や特性次第で

微妙に乗りづらかったりするので


一度合わせたら、それで終わりではなく


jeyruryu35w7u (26)


調整したら、試乗して確認を何度も繰り返しながら

何度も調整を重ねて、煮詰めていく必要があります


走ってみて、「 やっぱり、あと1度キャスターを寝かせて 」


jeyruryu35w7u (14)


と、簡単に言われても、アライメント調整を行うには


リフトやアライメント調整用の治具台に載せて、

レーザーレベルを3機も駆使しながら 


jeyruryu35w7u (15)


同時にを4方向でレーザーを飛ばしながら

4輪の位置の計測や、様々な準備をしたうえで


車に合わせて作った治具を取り付けて


jeyruryu35w7u (16)


インナーフェンダー、フェンダースカート、タイヤ&ホイール、

ハブも分解して、計測器をセットして調整していくという


1日掛かりの作業になのですが、、1日掛かりで作業したら


jeyruryu35w7u (17)


「 ごめん、やっぱり、前の方が良かった。。。。 」

と、なることもしばしば、、、、、


あと1度とか、やっぱり戻してとか簡単に言わず


jeyruryu35w7u (30)


よく考えてから言え! って話ですが、、、、、


オーナーさんのために、少しでも乗り易くの

作業なので、そうも言えませんね、、、ということで


jeyruryu35w7u (31)


アライメント調整の下準備、段取り、計測が

出来るだけやり易くなるように、


治具や補助工具も、現行車用はクラシックカーでは


jeyruryu35w7u (4)


合わなかったり、使いづらかったりするのが多いので


自分たちがよく作業するクルマで使い易いように

既製品を改良したり、自分たちで作ったりしまして


jeyruryu35w7u (3)


文句も言いたいところだと思いますが、”目的は同じ”と

黙ってそういうところで努力してくれるのは流石です


お陰でアライメントも煮詰まり、超乗り易くなって快適そのものです


VIVA! Mりさん!!!!!  VIVA! S庭道場!!!!!!



[ 2020/10/30 02:47 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)

STEERING KLIS



 M本さんの  1940 MERCURY ” BREEZEE ” や


通勤快速 ZEPHYR、  Mりさんの 観音 ZEPHYRなどの

STEERING WHEELを 作ってもらった


fsfdfsyhrt


KLIS に 今も STEERING WHEELを

数本 オーダーして ありまして


GRAND NATIONAL ROADSTER SHOWや

 
201904062kk33314d61 (1)

 
GOOD GUYS、 AUTO LAMA、 SEMA SHOWなど

BIG SHOW で アワードを 獲るような クルマは


みんな クルマに 合わせて、 様々な 仕上げで 


hvhhkjhkj;j; (8)


KLISに カスタム ステアリングを 依頼しているので

いつも 忙しくて タイヘンなようです
 

色や 径などを 要望に 合わせて 作ってくれるのと 


hvhhkjhkj;j; (7)


社外品の チルトコラムを 使いたいときに


チルトコラムは ステアリングの ボス部分が 

60年代以降の GMの 形状になるので


hvhhkjhkj;j; (4)


30年代~50年代の ステアリングは 合わなかったり


FORDや  LINCOLN、 MERCURY、 BUICKなどの

ステアリングも 取り付けが 出来ないので


hvhhkjhkj;j; (5)


以前は FITで 使いたい ステアリングの ボス部分を

チルトコラムに 取り付けできるように 加工してましたが


最近は KLISも アメリカで 加工できる 業者を 抱えているので


hvhhkjhkj;j; (2)


わざわざ 加工しなくても 済むように なりまして


ステアリングも ボディ色に 合わせて 塗装すると

乗ってるうちに 塗装が 薄くなったり、 剥がれたり


hvhhkjhkj;j; (3)

 
hvhhkjhkj;j; (1)


古い ステアリング特有の 割れて ヒビが 入ってしまうので


KLISに頼んで 塗装ではなく、 希望の色で 成型してもらえば

半永久に 綺麗な 状態で 維持できますし


hvhhkjhkj;j; (11)


hvhhkjhkj;j; (9)


レジンで 成型する際は、 要望を 伝えれば 写真のような 

クリアカラーで 調色して 作ることも できるので


キャンディーカラーの ステアリングが 作れるのも 面白いですね


hvhhkjhkj;j; (10)


写真の ステアリングは、 M本さんの 1940 MERCURY 

”  BREEZEE ” の リメイクに 合わせて


ボディカラーや コンセプトに合わせて 作らせたもので


hvhhkjhkj;j; (6)


CHOP TOP してるので、 出来るだけ 視界が 悪くならないよう、 

オリジナルの デザインのまま 小径化 しつつ、 


社外品の チルトコラムに 付くように、 ボスを 加工して もらいまして  


fjlfjkf (2)


ステアリング だって、 ホイール だって、  タイヤ だって

「  あるものから 選ぶ 」  から、  「 デザインして 作る 」 へ。


選択肢が 広がる分だけ、 クルマ遊びが 楽しくなりますね


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!!!!!



[ 2020/03/06 20:00 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

ビック プロジェクト を 進めて もらってまして


yjrkyukuyukil (13)


塗装 作業 は いよいよ ボディ 本体 に 取り掛かり


不要な 穴を 埋めたり、 スイッチ の 穴を 加工したり

ダコタ ゲージ が 付くようになど 加工した 


yjrkyukuyukil (5)


ダッシュ ボード は 面出し を 終えたら、 サフェーサー が 入り


エアコン の 吹き出し口 が 埋め込まれていた 灰皿 部分は

クラシック感 が 損なわれるので、 純正に 戻して

 
yjrkyukuyukil (14)


灰皿も 全部 分解して、裏の 錆も 落として 塗装 してもらい


センター 部分 の アンダー ダッシュ も

ボディ 同色 に 塗り直して もらいまして


yjrkyukuyukil (11)


ダッシュ も 色 が 入ったら、  マスキング し直して

いよいよ ボディ にも 色が 入りまして


最高ですね、 枝豆 ポタージュ スープ グリーン。


fhsjhfg (15)


ここでも やっぱり  ”  冷製 ポタージュ ”  

なのが 決めてな ところですが


どこが 冷製 なのか お解り 頂けますでしょうか!?


fhsjhfg (16)


塗装 を 終えた ボディ は、 磨き を 入れて

塗膜 の 肌を 整えて もらいまして


塗装 と 磨き の 行程 が 完了 したようです


fhsjhfg (18)


こう見ると、  バイアス タイヤ に 比べて

ラジアル タイヤ は ハイトが ないので


タイヤ が 小さく 見えて しまうので


fhsjhfg (17)


もう少し 大きい タイヤ に しようかなと 思う、 今日この頃。


せっかく シャシー を しっかり 作って、 ビックブレーキ に

LS3 エンジン、  4L60E も 積んでるので、  

 
fhsjhfg (19)


バイアス タイヤじゃ、 性能 活きず  勿体無いし


絶対 ラジアル 履きたい 内容 なので 16インチ にするか、 

大径化 で 偏平 ホワイトリボン も 悩むところ。


fhsjhfg (13)


ボディ や ファイアー ウォール も 綺麗に なったので

車体 番号 や プレート も 新調 することにして

 
新品 の LINCOLN プレート を 用意し、 送りまして
 

yjrkyukuyukil (15)


宇田さん の 塗装 作業 と 並行して、  インテリア の 張り替えも 進行中


シート の 表皮が 剥がされ、 コイル スプリング が 敷き詰められてる

スプリング なので、 ベット みたいに 座り心地が 良いんですね


yjrkyukuyukil (7)


張り替え に 伴い、 シート に 詰められていた アンコ は 

布団 みたいな 素材 から、 ウレタン に 変更 して頂くようで


インテリア の 作業 も どうなるか 楽しみです

 
fhsjhfg (12)


内装 の 張り替え、 やり直し に 合わせて

純正の ステアリングは 18インチ と やたら 大きくて、 


パワステ化 したし、 デカくて 操作性 も 視界 も 悪いので


fhsjhfg (14)


アメリカ で 16インチ化 しつつ、 チルトコラム に 使える

カスタム ステアリング を 製作 してもらいまして


着々 と 作業、 準備 が 進んで おります


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!




[ 2019/07/14 18:04 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)

KUSTOM STEERING



 1937  ZEPHYR  3W COUPE  通勤 快速 号 


一度 完成 した 塗装 を  塗り直すことに して  

今日  塗装 から 戻ってくる みたいで、、、、、、


ughijklk;l;l; (14)


HRCS の 会場 に 搬入 する 時間 は  朝7時 なので

うーん、、、、 1日 しか  ありまめん、、、、、


さすが に 組み上げる 時間 も 労力 も 足りないのでと

色々な 人が 手伝って くれてまして


ttyweyw4tywetywertwet (5)


「  勉強 してもらう為にも、 俺は 絶対に 手伝いません 」

と、 言っていた  S庭 師範 も  


さすが に このままでは ショー に 間に合わない と みかねて 

モール を 直したり、  インテリア トリム も 作って くれまして


ttyweyw4tywetywertwet (6)


DAICHI や A田 くん は  エンジン や FITECH の 

セットアップ を 進めてくれて


粗ういちろう も  ステアリング や シフトノブ を 磨いて  

ピカ ピカ に 仕上げて くれまして


ttyweyw4tywetywertwet (4)


クルマ が 塗装 から 戻ってきたら、  搬入 まで 

1日 で 組み上げないと いけないので


「  戻ってきたら  手伝うよ 」  と 言ってくれてる 

優しい 仲間達 に 感謝 です


ttyweyw4tywetywertwet (3)


通勤 快速 ZEPHYR は、  今年 の FIT の 

プロジェクトカー として 製作 してるわけ ではなく、  


僕 が 自分で 乗るための クルマ を、  

技術 を 向上 させるための 勉強 を 兼ねて


ughijklk;l;l; (17)


S庭 師範 に 教わりながら 空いた 時間 に

少しづつ 作ってる  クルマ なので


S庭 師範 が 作るような ショーカー、 クォりティー の 

高い クルマ とは  かけ離れた レベル の  


ughijklk;l;l; (15)


超 B級 プライベーター 仕様 でして。。。。。 


完成 時期 が  HRCS に 重なりそうだったので

記念 に 出展 したいなと 調子 に 乗った 結果


最終的に 色々な 人を 巻き込んでしまい、  反省。。。。。  


ttyweyw4tywetywertwet (2)


昨日、  内装 パーツ の 塗装 が 先に 上がったので

Mり さん の ところ から  引き上げてきて


クルマ が 戻ってきたら、  すぐ 組み付けられるよう

先に 出来る 仕込み を 済ませて おきまして


ughijklk;l;l; (16)


アパ太郎 に 引き続き、  今回 も インテリア は

Mっちゃん に  製作 を お願い してまして


キックパネル や、 カウパー氏用 の 猿ぐつわ、


ttyweyw4tywetywertwet (1)


本革 で 張ってもらった  シート も 完成 してきまして、


丸っこい デザイン の シート を、  硬い 本革 で 

張ってほしい と  無茶ぶり したので


「  もう 2度 と やらない! 」  と 言うほど 苦労 かけまして、、、、、


ughijklk;l;l; (18)


作ってもらってる 最中 の ドアパネル を 見に行ったら

ポケット 部分 が 出来上がってて


アパ太郎 の  レザー クラフト の インテリア が カッコ良かったので

僕 の ZEPHYR でも  同じ様な 雰囲気 で お願いし


ughijklk;l;l; (19)


デザイン、 糸の色、 ステッチ の 入れ方、 ポケット の 金具 も  

パーフェクト だったので、 完成 が 楽しみです  


何かを やるとき、 沢山の 人を 巻き込むのは  僕 の 悪いところ。 


ttyweyw4tywetywertwet (7)


塗装、内装、エンジン、モール、トリム と、 巻き込んでしまった 方々には 

諦めずに  ギリギリ まで 尽力 して 頂いたので


皆さまの 苦労を 無駄に しないよう、 寝ずに 作業 に 励みたいと 思います 


THANKS!  Mり さん & Tわら さん、  Mっちゃん、  

S庭 道場 & FIT-KUSTOMS !!!!




[ 2018/11/30 05:23 ] KUSTOM STEERING WHEEL | トラックバック(-) | コメント(-)