FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 66 LINCOLN SUISIDE

1966 LINCOLN  SUISIDE



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


BLOG が まったく 追いついて いませんが

先日の HRCS に 間に合わせて 出展しまして
 

IM88789877996G_2800 (65)


アメリカで  1937 ZEPHYR の ボディパーツを

製作してもらっている、 METAL UNION から


LS2 エンジン& 4L60E の 載せ替えと、 エアサスの 

セットアップを 終えた 車両を 譲ってもらい


jhgffhlj;l (6)
 

内装の リメイクのため、 OX BLOOD、 SPARKLEの

内装も お願いした  BASTARDSに 入庫しまして


オリジナルの 内装は ちょっと 年配向けな 感じなので

 
788455665165 (1)


Y澤さんの 雰囲気に 合うように、 デザインしたら

天井、 リアトレイ、 サンバイザーを バーガンディーに 


ドアパネルは デザインを 変更し、 バーガンディーと


jhgffhlj;l (11)


ブラック の 2トーンで 製作し、 フェルトや

水切りゴムも 新調し、 張り替えまして


Y澤さんから 「  シートは 硬めで、 色は 黒1色 」

 
jhgffhlj;l (12)


との リクエストを もらっていたので、 デザインを

シャープな 感じに 変更し、 形状も 大幅に変更。


形状を 薄くしつつ、 ウレタンを 硬めのものに 変更して、 


lhhfgjl (2)


黒の 1カラーに ちょっとした アクセントとして


背面に OX BLOOD でも 使用した、 

クロームの シートカフスも 取り付けまして


lhhfgjl (3)


BASTARDSでの 内装の リメイク作業が 完了。


クルマの 塗装が ブラックなので、 クロスで 吹いた 

磨き傷ですら 目立って 見えてしまうので


jhgffhlj;l (5)


FUN CRUISEさんに クルマを 持ち込み、

ボディの 磨き作業と、 コーティングを お願いしまして


預けたときには 上の 写真の様に 傷が 目立ちますが
 

jhgffhlj;l (10)


磨いてもらって 傷を 消していき、 綺麗な 状態を

キープできるように コーティング してもらった後は


ご覧の通り、 超綺麗に なって 戻ってきまして


jhgffhlj;l (8)


黒や 濃い色の クルマは クロスで 吹くだけでも

傷が 目立ってしまい、 維持が タイヘンですね
 

ショー前は 内装と 磨き作業で パツパツだったので


jhgffhlj;l (7)


アメリカから 持ってきて 見つかった 不具合を

全部 直している 時間が なかったので


現在、 オイル漏れの 修理作業 進めていまして


jhgffhlj;l (2)


リアシールを 交換するのに ミッションを 降ろさないと いけませんが


マフラーが 途中に フランジ や ジョイント がなく

1本もので 後ろまで いっていたので、  

 
jhgffhlj;l (1)

  
jhgffhlj;l (3)


マフラーは 今後 メンテナンス性が 良くなるように

途中で 切断して、 フランジを 付けることにして


一旦 マフラーを ぶった切って 摘出し、 ミッションを 降ろしたら


jhgffhlj;l (4)


オイル漏れを 起こしていた  リアシールを 交換。


ミッションを 降ろした ついでに、 念のため 

ミッションの シール類も 交換したら


jhgffhlj;l (9)


ミッションを 載せ直して、 マフラーを 脱着し易いよう

途中に ジョイントを 追加しながら 引き直していきます


VIVA! S庭 道場!  VIVA!  Y澤さん !!!!!!!!




[ 2019/12/12 06:28 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN  SUISIDE



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


内装の リメイクのため、 BASTARDSに 預けて

まずは 天井や リアトレーの 張り替えを 終えたら


IMG_22719988985 (3)


あとは ドアパネルと シートの 張り替えを 残して

クルマは フィットに 戻しまして


右リアの ウインドウ レギュレターの 修理と


IMG_22719988985 (4)


ドアの 上の、 窓が 出入りする 部分の シールが 

劣化して ボロボロだったので、 新品に 交換しまして


ドアパネル側に付く フェルトは、 BASTARDSに 送って


IMG_22719988985 (7)


完成した ドアパネルに 組み付けてもらいまして


フロントの ドアパネルは、 パワーウインドゥの

スイッチが ちょうど ステッチ部分に かかってしまうので 


IMG_22719988985 (8)


少し前に リロケートして ドア側の 鉄板も 加工。


ドアパネルに 付く 装飾 パネルは、 オリジナルでは

木目調ですが、  ちょっと 年配向けな 雰囲気なので 


IMG_22719988985 (6)


シートや ドアパネルに 使う 黒い レザーに 張り替えて

リンカーンの エンブレムの 中を 黒く 塗装しまして


サンバイザーも、 天井と 同じ バーガンディーで 張り替え。


IMG_22719988985 (5)


完成した ドアパネルと サンバイザーを 持って

フィットに 取り付けに 来てもらいまして


組み付けも 終えたら、 あと残すは シートですね


IMG_22719988985 (13)


今回、 内装の リメイクと 合せて、 ホイールと 

タイヤの 変更も 進めて いまして


クルマが アメリカから 到着後、 すぐに 計測して

 
IMG_22719988985 (1)


以前も OXBOOLD や、 アパッチ用に 特注で

ビレットホイールを 削ってもらっている


コロラド カスタム ホイールに オーダーしまして


IMG_22719988985 (2)


これまで フィットでは 扱っていない パターンの デザイン ですが、 

クルマの コンセプトに 合せて、 今回の ホイールを 採用。


大径ホイールですが、 タイヤは ホワイト ウォールに したいので


IMG_22719988985 (9)


こちらも 度々 タイヤを 特注で 作ってもらっている

DIAMOND BACK 社に サイズを 指定し 注文。


これまで 履いていた タイヤも DIAMOND BACK社の

ホワイトウォール タイヤ を 履いていましたが、 


IMG_22719988985 (10)


ウォール幅が 25ミリ でして、 このような 大径タイヤだと  

偏平タイヤを 使うと、 ウォール幅が 25ミリが 限界。


しかし それでは、 せっかくの ホワイトウォール も


IMG_22719988985 (12)


貧弱に 見えてしまい、 エレガントさに 掛けますし

せっかくの 高級車が 乗り心地も 悪くなるので


偏平率を 少しあげて ウォール幅を 50ミリまで 

太くして 製作してもらい、 アメリカから 到着。


IMG_22719988985 (14)


ホイールに タイヤを 組付けし、 クルマに セット しまして

拘った タイヤ、 ウォールの バランスも 良くなったと 思います


リアは ホイールを かなり 深く 作ったので 迫力が ありますし


IMG_22719988985 (15)


センターキャップは リンカーンの エンブレムを 入れて

ロゴが 浮き出るように 削り出して もらいまして


ホイール、 タイヤの 変更も うまく いきそうです


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!



[ 2019/11/15 06:09 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN CONTINENTAL



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


内装の リメイクのため、 OX BLOOD、 SPARKLEの

内装も お願いした  BASTARDSに 入庫しまして


Ilhgl57MG_2132 (d1) (9)


早速 シートを 外して、 作業が スタート しまして


リンカーン なので、 オリジナルの 内装は 

高級車 ムードが 漂う 作りに なっていますが


Ilhgl57MG_2132 (d1) (3)


黒の ワントーンで、 デザインも ちょっと 地味なので、


Y澤さんとの 打ち合わせで 教えてもらった

希望の スタイルになるよう カスタム していきます

 
788455665165 (1)


シートは オリジナルは 前後とも 平らで 

タックアンドロール調の デザイン でしたが


Y澤さん からの 要望で、 「  座り心地は 固めで


788455665165 (2)


色は 黒の ワントーン 」  との事だったので


そこを キモで おさえつつ、 リンカーンらしい

エレガントな 雰囲気に 作れたらと 思います


788455665165 (4)


BASTRDSの KAZくんに 生地見本帳を 借りて

Y澤さんと 使う レザー、 色の 選定をしたら


リメイクする シートの デザインを 練ってみまして


788455665165 (3)


一人で 乗るときも エレガントで スタイリッシュに、


奥様、 娘さんと 乗るときは、 フロントシートに

3人で 並んで 乗れるような デザインに して


Ilhgl57MG_2132 (d1) (14)


後日、 BASTARDSに こんな デザインで 出来るか 

相談に 行きましたら、 使う レザーも 届いてたので


色、 ラインを 合わせた パネルを 見せてもらい チェック。  


Ilhgl57MG_2132 (d1) (17)


ドアパネルは、 オリジナルは 上半分が ブラックの レザーで、 

下は ブラックの カーペット生地で 貼ってあり


レザーの 一部に 刺繍のような 模様が 入っていて

 
IMGioug_2137.jpg


アームレスト部分には、  ウッドパネルで 装飾されており

ちょっと デザインが 年配者向けな 気がするので


ドアパネルも デザインを 変更していく ことに しまして


Ilhgl57MG_2132 (d1) (12)


パネルの デザインは、 カッコいい モールを 生かして


オリジナルの デザインを 残しつつ、 ブラックと 

バーガンディーの  2トーンに 変更しまして  


Ilhgl57MG_2132 (d1) (13)


レザーに 模様が 入っていた 部分には


シートの デザインと 統一感が 出るように

同じ色、 幅で ラインを 入れてもらいまして、


Ilhgl57MG_2132 (d1) (11)


ウッドパネルだった部分は、 ブラックの レザーに変更し 


パネルの 真ん中につく、 リンカーンの エンブレムは

ウッドパネルに 取り付けて 合うように


Ilhgl57MG_2132 7](d1) (10)


エンブレム内が 茶色に 塗られているので、  


塗装も 出来る KAZくんに 頼んで 

ブラックに 塗ってもらうことに しまして


Ilhgl57MG_2132 (d1) (18)


ドアパネルの上の、 ガラスが 出入りする 部分の

フェルトと ゴムは 痛みがあるので


アメリカに 注文して、 交換することに なりまして


Ilhgl57MG_2132 (d1) (4)


天井は ブラックの ヘッドライナーが 貼ってありましたが

エレガントな 雰囲気に なるよう、 カラー変更となり


ヘッドライナーを 剥がしたら、 エアコンが 良く 効くように


Ilhgl57MG_2132 (d1) (6)


全面に ダイナマットを 張って、 断熱 & 防振処理。


打合せがてら、  ダイナマットと ローラーを 持っていき

ずっと 上向いて ゴロゴロ やってたので


Ilhgl57MG_2132 (d1) (8)


いまだに 首と 肩が 逝ってますが、 エアコンが

良く 効くなら  ヨシと しまして、、、、、


断熱処理が 終わった 天井は、 新しい ヘッドライナーも完成し

 
Ilhgl57MG_2132 (d1) (19)


張り替えが はじまりまして、  バーガンディーにした

天井に合うよう、 サンバイザーや ひな壇


サイドパネルなども 作り直しが 進んでいるようです 


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!



[ 2019/10/26 17:00 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN  SUISIDE



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


アメリカ から 到着し、 エンジン 載せ替えと

エアサス 公認 取得し、 入庫 しまして

 
IMddfG_1473 (1)


HRCS に 照準を 合わせ、  インテリア と

タイヤ & ホイール を  リメイクと なりまして


内装屋さんに 預けるまで 少し 時間が あるので

点検して 気付いた 不具合部分の 対策中。


IhhijijoMG_1327 (13)


右リアの パワー ウインドゥが 下がらないので 調べたら

ダウン リレー不良 と レギュレターの 変型。。。。。。


タンク部分で エア漏れ してて、 1日で 傾くので

修理と チェックバルブ、 リモート ドレンを 追加し


IMG_14wrrstys98 (7)


フロントの エアバックは、 車高を 下げて 潰れると

横に 膨らむ タイプの エアバックが 付いていたので


コイル ポケット内で フレームと エアバックが 干渉して  


IMG_14wrrstys98 (8)


エアバックの ゴムが 削れて まして、 おまけに

コイル ポケット内に、 スクリュービスの 頭が 貫通、、、、、


ビスの 頭は かろうじて 干渉は 免れて いましたが


IMG_14wrrstys98 (9)


IMG_14wrrstys98 (10)


エアバックは 擦れて 傷が 付いているので


潰れても 横に 膨らまない タイプの エアバックで

適正サイズの 新しい ものに 交換 しまして


IMG_14wrrstys98 (11)


内装屋さんが 受け入れ 出来るように なったようなので


作業中に 傷が 付かないように 養生を してるので

ガンダム みたいに なってますが


IMG_1576_LImm (14)


内装 作業でも 傷が 付かないように 養生したまま

台風前に 急いで クルマを 内装屋さんに 運びまして


昨日、 猛烈な 台風が 関東を 直撃 しましたが、


IMG_180fw2.jpg


幸い、 FITも 内装屋さんも 被害が なかったので

内装作業も モリモリ 進めて 頂きたいと 思います


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!



[ 2019/10/13 17:21 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN



 1966  LINCOLN  CONTINENTAL ”  SUISIDE ”


映画 マトリックス にも 出てきた、  

観音 開き の  4 ドア クーペ 


op (2)1


コンバーチブル も  超カッコいいんですが


4ドア ハードトップ で  観音 開き という

偉才な  クーペ が 欲しい 今日 この頃。


op (3)1


60年代 の フルサイズカー らしい 車格 に

スクエア と カーブ の  エレガント な デザイン


リンカーン らしい、 豪華な 機能 と 装備 が 満載 


fghdgfhsdghs (1)


62年 くらいから、  こんな ボディ 形状 ですが


ボンネット や テール、 ダッシュ などが

年式 に よって、 少しづつ 異なり


fghdgfhsdghs (3)


僕的には  65年 か  66年式 が  ドストライク。


大きな スクエア ボディ なので、  ホイール も

20” や  22” の 大径 との  相性 も よく
 

fghdgfhsdghs (2)


流行り の  オリジナル の ハブキャップ の デザイン を

ビレット ホイール で 作る  ホイール も  カッコ良し。


そんな 観音 リンカーン を 欲しいなー と ずっと 思っていましたが


dhsdgh (13)


アメリカ の  1937 ZEPHYR を  カスタム してる

友人 と 別件で 話を してた時に、 ふとした 話から


「  観音 リンカーン で スラムド 作りたいんだよねー 」


hjggi (1)


と、 言ったら、  「  あの クルマは、 スラムド させるのは

足廻り の 加工が 大変なんだよねー 」  と、言ってまして


調べてみたら、  確かに 難しそうで  ナニヨリです


hjggi (3)


「  あそこを こうして、 こうしないと  こうなっちゃうんだよ 」 

と、 やけに 詳しいのね って 言ったら


「  俺 持ってるもん、 カスタム した  1966年式 」  だそうで、、、、、  


hjggi (2)


1937  ZEPHYR COUPE も 持っていながら

観音 リンカーン も  羨ましい 限りです


その 友人は、 のちに  FIT の プロジェクト で 製作 する 


hjggi (4)


1937 LINCOLN ZEPHYR の  ボディ を 

レストア する 際に 使う、 ドア や トランク、


ボディ パネル を  作ってもらっている、 アメリカ の 


op (4)1


 ”  METAL UNION ”  という スペシャル ショップ に

1937 ZEPHYR の カスタム を 依頼 してまして


1966 LINCOLN も  METAL UNION で カスタム したそうで


dhsdgh (1)


足廻り の カスタム は、 設計 から 溶接 まで  

メタルワーク 全開 の 作業 ばかりなので、


それを  METAL UNION が やってるなら、 安心ですね
 

dhsdgh (2)


METAL UNION  は、 ”  METAL UNION SPEED SHOP ” 

というのが  正式な 店名な だけあって


エンジン & ミッション も  オリジナル から  ” LS2 ” を


dhsdgh (3)


フューエル インジェクション 制御 で  スワップし、


ミッション も  電子制御 の 4速 オートマ、  4L60E に 

載せ替えも  METAL UNION で 行ったんだ そうで、


dhsdgh (8)


エンジン の アップデート に 合わせて、 エアコン も

オリジナル から、  新しい ヴィンテージ エア製 に 変更し


エアサス も  ACCUAIR の E-LEVEL を セットアップし


dhsdgh (7)


電子 制御 の 機関系 に  冷え冷え エアコン、 

楽々 バーンナウト で、  快調そうで  ナニヨリ。。。。。 


その後も  オールペン に リクローム、 全ガラス 交換、 


dhsdgh (14)


モブスチール の 大径 ホイール に、 ダイアモンドバック タイヤ で

大径 ホワイト リボン タイヤ 作らせたりと


その後も  色々と カスタム を 追加 してまして


dhsdgh (5)


僕も  一流 SHOP で カスタム、 アップデート した

そんな リンカーン が いいなぁ と 言ったら


「  譲ろうか? 」  との事で、 どうも ありがとう ございます。。。。


dhsdgh (6)


ひょんな 事から、 欲しかった 観音 リンカーン が


カスタム も 済んだ 状態 で 急に 見つかり、 

日本に 持ってくることに なりまして、


dhsdgh (11)


あとは 日本で インテリア を  カッコよく リメイク して、  


かっこいい ビレット ホイール と タイヤ を 特注 して、 

エレガント な クルマ に 仕立てたいと  思います

 
FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!




[ 2019/08/18 12:00 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)