FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 66 LINCOLN SUISIDE

1966 LINCOLN  SUISIDE



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


登録も 終えて、 ナンバープレートも 付きまして

試運転で 見つかった 不具合の 対策中


fsfsふぁえr (3)


輸入直後から、 右リアの パワーウインドーと

パワーシートが 動かないので 調査したら


リレーが ダメなのと、 レギュレターが 曲がってて


hkllplpllplp (4)

 
途中まで 上がって来ると、 引っ掛かってしまい

パワーシートは スイッチが ダメでして


調べたら、 パワーウインドーの モーターは

全箇所 新品に 交換してあったので


hkllplpllplp (5)


リレーと スイッチを 取り寄せて 交換。


パワーシートも パワーウインドーも 直って

調子よく 動いていたのも 束の間


今度は 三角窓が 開閉しなくなりまして、、、、、


hkllplpllplp (8)


LINCOLNは 高級車なので、 三角窓も 電動で 開閉しますが  

調査したら こちらも スイッチが 駄目の刑で 


高級車なので なんでもかんでも  電動の LINCOLN ですが、 


hkllplpllplp (6)


経年劣化で 電気部品が 傷んでくる 年式になると 

あちこち 立て続けに 壊れるので 厄介ですね。。。。


三角窓用の スイッチも アメリカに注文し、 試運転に 戻ったら


hkllplpllplp (7)


おぉぉ、、、、、、 今度は ワイパーが 動きませんで、、、、、


こう 立て続けに 電気部品が 壊れられると 困るなぁと

ワイパーモーターが 動かない原因を 調査してたら
 

hkllplpllplp ;;k(9)


ワイパーモーターは 電動ではなく、 油圧式の モーターでして、、、、


恐らく エンジン油圧か、 パワステのように ポンプで加圧して

動かすようですが、 モーターには 配管が つながっておらず


hkllplpllplp ;;k(10)


エンジンを 純正から LSエンジンに 積み替えたので

油圧をとる部分が無くなり、 そのまま 放置していたようです


基本的には 雨の日には 乗らないと 思いますので 
 

hkllplpllplp (1)


まぁ、 動かなくても いいかとも 思うのですが


本来は 動かないと いけないものが、 

動かない ままになってるも 気持ち悪いので
 

hkllplpllplp (2)


ワイパーモーターを オリジナルの 油圧式から、 


小型の 電動モーターに変える コンバージョンキットに

変更すべく、 取り寄せて 組み換えようとしたら

 
hkllplpllplp (3)


油圧モーターにはなかった、 モーターの アーマチェア部分が 

ボディに当たってしまい 入りませんの刑


説明書にも  「  だから ボディを 切ってね 」 と 書かれており


Wiper-motor-done-e1570196147471.jpg


写真の 赤い部分の ボディを 切断し、 切断面に 

錆び止めを 塗ったら、 電動ワイパーキットを 取り付け。


室内の 油圧モーター回路を 切り替える、 油圧スイッチも 撤去して、


Wiper-motor-done-31.jpg


電気式スイッチの スイッチを 取り付けて、  

配線を 新たに 作って 接続しまして、 


電動ワイパーへの コンバージョンが 完了です


VIVA! S庭 道場!  VIVA!  Y澤さん !!!!!!!!



[ 2020/03/10 05:34 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN  SUISIDE



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


登録も 終えて、 ナンバープレートも 付きまして

エンジンの リアシールからの オイル漏れの 修理や


IMG_2dfwfgq603


エアサスの セットアップ 不良対策、  適切に 

アライメント 調整 できるように 加工も 済ませまして


試運転 はじめたら、  ACCUAIRの エラーが 出まして、、、、


いおh@ぷお (1)


アメリカから 輸入したときから、 電磁弁の エラーが

出るので 調査したら、 ECUの 不良で 新品に 交換。


その後 しばらく 問題無かったものの、 再び

電磁弁の エラーが 出るように なりまして、、、、


いおh@ぷお (2)


その場合は、 ECUが 故障する 原因が どこかに あるので

電磁弁の 交換ではなく、 原因の 調査が 必要。


66 LINCOLNは モノコック 構造なので、 

足回りと ボディの クリアランスが 狭いので


いおh@ぷお (5)


エアサス パーツや、 ハイト センサーの 取り付ける

スペースの 制約が 厳しく


いろいろ 試行錯誤して 取り付けた跡が 見られますが


いおh@ぷお (6)


作動や センサーの 精度を あげるために、 

取り付け位置や 旋回角度を より良 くしようと


ボディを ノッチ加工して、 スペースを 作ったり


いおh@ぷお (7)


コイルポケットと エアバックが 擦れていたのは

エアバックを 交換して 対策しましたら


それでも コイルポケットと クリアランスが 狭いので


いおh@ぷお (8)


コイルポケットを 拡張加工して 余裕を 持たせたり


エアバックの ブラケットの カタチが イマイチなので

作り直したりしながら 調査を 進めて いきまして


IMG_2ksgjkhjq915 (3)


ECUが 故障する 原因も ようやく 突き止めたので

処置して、 再び 壊れた ECUも 新品に 交換。。。。


ACCUAIRは、機械的な 不具合があると すぐ ECUが 壊れ、 


IMG_2ksgjkhjq915 (2)


原因を 解明できないと 新品に変えても また 壊れるので


クルマの サスペンションを 正しい 自動車工学に 

基づいた 構造に セットアップするのが キモ。 


いおh@ぷお (4)


アメリカで 組まれた エアサスは エア漏れも してたので


漏れ箇所を 調べながら、 エアバックの フィッティング、 

チューブは ついでに 全部 新品に 交換しましたが


IMG_2ksgjkhjq915 (4)


エアタンクや 電磁弁の 接続部分が ひな壇の 奥にあり

リアシートを 外さないと 整備できなかったり


タンクに ドレンがなく、 セパレーターもない 構造だったので


IMG_2ksgjkhjq915 (1)


コンプレッサーから エアタンクの 間に セパレーターを 追加し


ユニットの マウントは 作り直して、 電磁弁、 

コンプレッサーを  後ろに 配置し直して 


いおh@ぷお (9)


トランク内で メンテナンス出来るように しまして


エアタンクの ドレンも 設置して、 操作しやすいよう 

コックを 付けた リモート式に 変更されました 


いおh@ぷお (10)


ブレーキフルードが 漏れていた フロント キャリパーも

オーバーホールキットが ようやく 届いたので 


キャリパーを ばらして 修理が はじまりまして


いおh@ぷお (11)


エアサスや 足回りの 加工など、 どんなに 良いパーツを 使っても、 

組み方が 悪ければ 台無し、 壊れて 機能 しまめんね。。。。


VIVA! S庭 道場!  VIVA!  Y澤さん !!!!!!!!



[ 2020/01/31 21:20 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN  SUISIDE



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


登録も 終えて、 ナンバープレートも 付きまして

納車前に オイル漏れ していた部分の 修理や


fsfsふぁえr (3)


不具合が 発覚した箇所の 処置を 進めてまして
 

この リンカーンは モノコック車 なので

エアサスを 組んで、 車高を 落とすために、


fsfsふぁえr (6)


色々と 加工が 施されて いますが 


使用している キットが イマイチ なのか

取り付け方が イマイチ なのか、、、、


dstewry (13)


ショックの ブッシュが やたら 傷んでいるので


ロワーアームと ショックを 動かながら

なぜ 傷むのか 原因を 検証しましたら


dstewry (10)


ロワーアームに 取り付けてある マウントの 角度が
 
ロワーアームの シャフトと 並行に なってないので


ロワーアームの 動きと リンクして 動かず


dstewry (15)


車高が 上下するたびに ショックが ねじれてしまい

ブッシュが 傷むし、 ショックにも 無理が 掛かってるので


ショックは 新品に 交換し、 ショックの 長さに 合わせて 


dstewry (9)


アッパー、 ロワーとも ショック マウントを 作り直しまして


アッパー、 ロワーアームとも、 チューブラーの アームを 

組んでありますが、車高を あげたり、  リフトで 上げた時の


l;ui;i;p (1)


ストッパー、 バンプストップも 無かったので 追加しまして


大径ホイールを 履かせているので、 タイヤが 

フェンダーや インナーフェンダーに 近くなりますが

 
dstewry (16)


ステアリング 操作したときに、 切り過ぎて タイヤが 

当たって 削れてしまわないよう、


ライドハイト時の ステアリングの 切れ角度を 検証し


fsfsふぁえr (43,) (2)


ストッパーも 追加して、 対策して おきまして


続いて、 アライメントの 調整を しようと したら

アッパーアーム シャフトが フレームに 当たり


fsfsふぁえr (5)


それ以上 奥に行かないので、 調整しろが 足りず

正しい キャンバー、 キャスター角が 出せませんで 


作業スペースを 作るため、 アッパーアームを 取り外し


l;ui;i;p (8)


l;ui;i;p (7)


モノコック フレームの 強度を 落とさずに


シャフトの 調整しろが 出来るように

位置を 合わせて フレームを 切り取ったら


l;ui;i;p (4)


既存の フレームと 同じ 厚みの 鉄板を 切り出し

アールを 付けて 曲げまして


切り取った 部分に はめ込んで 溶接していき


l;ui;i;p (5)


l;ui;i;p (6)


溶接跡を 綺麗に 仕上げて、 塗装したら

アッパーシャフトを 逃げる、 ノッチ加工が 完了。


アッパーアーム シャフトが フレームに 当たらなくなり 


dstewry (12)


dstewry (11)


正しい 位置に 組めるように なったので

アライメント 調整 できるように なりまして


先日、 エアバックを 新品に 変えましたが


fsfsふぁえr (2)


エア漏れ するようで、 数日で 少しづつ 下がってくるので

取り回しを 変更し、 フィッティングと ホースも 新調。


散々 エアサス 組んでいますが、 長期間 停めておいても 


fsfsふぁえr (4)


まったく エア漏れしない クルマに するのは

一筋縄に いかず、 本当に 難しいですね、、、、、


対策を 終えて、 アライメント調整も 済ませまして


l;ui;i;p (2)


次は 昨年末に インテリアを 作り直しましたが、 


ダッシュボードと ゲージの カスタムが 追加になり

デザインと プランニングを 進めていきます


VIVA! S庭 道場!  VIVA!  Y澤さん !!!!!!!!




[ 2020/01/18 07:03 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN  SUISIDE



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


BLOG が まったく 追いついて いませんが

先日の HRCS に 間に合わせて 出展しまして
 

IM88789877996G_2800 (65)


アメリカで  1937 ZEPHYR の ボディパーツを

製作してもらっている、 METAL UNION から


LS2 エンジン& 4L60E の 載せ替えと、 エアサスの 

セットアップを 終えた 車両を 譲ってもらい


jhgffhlj;l (6)
 

内装の リメイクのため、 OX BLOOD、 SPARKLEの

内装も お願いした  BASTARDSに 入庫しまして


オリジナルの 内装は ちょっと 年配向けな 感じなので

 
788455665165 (1)


Y澤さんの 雰囲気に 合うように、 デザインしたら

天井、 リアトレイ、 サンバイザーを バーガンディーに 


ドアパネルは デザインを 変更し、 バーガンディーと


jhgffhlj;l (11)


ブラック の 2トーンで 製作し、 フェルトや

水切りゴムも 新調し、 張り替えまして


Y澤さんから 「  シートは 硬めで、 色は 黒1色 」

 
jhgffhlj;l (12)


との リクエストを もらっていたので、 デザインを

シャープな 感じに 変更し、 形状も 大幅に変更。


形状を 薄くしつつ、 ウレタンを 硬めのものに 変更して、 


lhhfgjl (2)


黒の 1カラーに ちょっとした アクセントとして


背面に OX BLOOD でも 使用した、 

クロームの シートカフスも 取り付けまして


lhhfgjl (3)


BASTARDSでの 内装の リメイク作業が 完了。


クルマの 塗装が ブラックなので、 クロスで 吹いた 

磨き傷ですら 目立って 見えてしまうので


jhgffhlj;l (5)


FUN CRUISEさんに クルマを 持ち込み、

ボディの 磨き作業と、 コーティングを お願いしまして


預けたときには 上の 写真の様に 傷が 目立ちますが
 

jhgffhlj;l (10)


磨いてもらって 傷を 消していき、 綺麗な 状態を

キープできるように コーティング してもらった後は


ご覧の通り、 超綺麗に なって 戻ってきまして


jhgffhlj;l (8)


黒や 濃い色の クルマは クロスで 吹くだけでも

傷が 目立ってしまい、 維持が タイヘンですね
 

ショー前は 内装と 磨き作業で パツパツだったので


jhgffhlj;l (7)


アメリカから 持ってきて 見つかった 不具合を

全部 直している 時間が なかったので


現在、 オイル漏れの 修理作業 進めていまして


jhgffhlj;l (2)


リアシールを 交換するのに ミッションを 降ろさないと いけませんが


マフラーが 途中に フランジ や ジョイント がなく

1本もので 後ろまで いっていたので、  

 
jhgffhlj;l (1)

  
jhgffhlj;l (3)


マフラーは 今後 メンテナンス性が 良くなるように

途中で 切断して、 フランジを 付けることにして


一旦 マフラーを ぶった切って 摘出し、 ミッションを 降ろしたら


jhgffhlj;l (4)


オイル漏れを 起こしていた  リアシールを 交換。


ミッションを 降ろした ついでに、 念のため 

ミッションの シール類も 交換したら


jhgffhlj;l (9)


ミッションを 載せ直して、 マフラーを 脱着し易いよう

途中に ジョイントを 追加しながら 引き直していきます


VIVA! S庭 道場!  VIVA!  Y澤さん !!!!!!!!




[ 2019/12/12 06:28 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN  SUISIDE



 Y澤さん の 1966  LINCOLN CONTINENTAL


内装の リメイクのため、 BASTARDSに 預けて

まずは 天井や リアトレーの 張り替えを 終えたら


IMG_22719988985 (3)


あとは ドアパネルと シートの 張り替えを 残して

クルマは フィットに 戻しまして


右リアの ウインドウ レギュレターの 修理と


IMG_22719988985 (4)


ドアの 上の、 窓が 出入りする 部分の シールが 

劣化して ボロボロだったので、 新品に 交換しまして


ドアパネル側に付く フェルトは、 BASTARDSに 送って


IMG_22719988985 (7)


完成した ドアパネルに 組み付けてもらいまして


フロントの ドアパネルは、 パワーウインドゥの

スイッチが ちょうど ステッチ部分に かかってしまうので 


IMG_22719988985 (8)


少し前に リロケートして ドア側の 鉄板も 加工。


ドアパネルに 付く 装飾 パネルは、 オリジナルでは

木目調ですが、  ちょっと 年配向けな 雰囲気なので 


IMG_22719988985 (6)


シートや ドアパネルに 使う 黒い レザーに 張り替えて

リンカーンの エンブレムの 中を 黒く 塗装しまして


サンバイザーも、 天井と 同じ バーガンディーで 張り替え。


IMG_22719988985 (5)


完成した ドアパネルと サンバイザーを 持って

フィットに 取り付けに 来てもらいまして


組み付けも 終えたら、 あと残すは シートですね


IMG_22719988985 (13)


今回、 内装の リメイクと 合せて、 ホイールと 

タイヤの 変更も 進めて いまして


クルマが アメリカから 到着後、 すぐに 計測して

 
IMG_22719988985 (1)


以前も OXBOOLD や、 アパッチ用に 特注で

ビレットホイールを 削ってもらっている


コロラド カスタム ホイールに オーダーしまして


IMG_22719988985 (2)


これまで フィットでは 扱っていない パターンの デザイン ですが、 

クルマの コンセプトに 合せて、 今回の ホイールを 採用。


大径ホイールですが、 タイヤは ホワイト ウォールに したいので


IMG_22719988985 (9)


こちらも 度々 タイヤを 特注で 作ってもらっている

DIAMOND BACK 社に サイズを 指定し 注文。


これまで 履いていた タイヤも DIAMOND BACK社の

ホワイトウォール タイヤ を 履いていましたが、 


IMG_22719988985 (10)


ウォール幅が 25ミリ でして、 このような 大径タイヤだと  

偏平タイヤを 使うと、 ウォール幅が 25ミリが 限界。


しかし それでは、 せっかくの ホワイトウォール も


IMG_22719988985 (12)


貧弱に 見えてしまい、 エレガントさに 掛けますし

せっかくの 高級車が 乗り心地も 悪くなるので


偏平率を 少しあげて ウォール幅を 50ミリまで 

太くして 製作してもらい、 アメリカから 到着。


IMG_22719988985 (14)


ホイールに タイヤを 組付けし、 クルマに セット しまして

拘った タイヤ、 ウォールの バランスも 良くなったと 思います


リアは ホイールを かなり 深く 作ったので 迫力が ありますし


IMG_22719988985 (15)


センターキャップは リンカーンの エンブレムを 入れて

ロゴが 浮き出るように 削り出して もらいまして


ホイール、 タイヤの 変更も うまく いきそうです


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!!!



[ 2019/11/15 06:09 ] 66 LINCOLN SUISIDE | トラックバック(-) | コメント(-)