FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 56 BUICK SPECIAL * 565 *

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


全ての作業を終えて、昨年末にY室さんに納車しましたが


bsdghsgfjhfk (12)


BLOGが追い付いていませんで、もう少々

書ききれていない部分をUPさせて頂きます


Y室さんは、自宅が広島で800キロ超の距離があるのと


bsdghsgfjhfk (10)


FITまで来るのにも、コロナ禍で飛行機や電車、

バスに乗るのも嫌だろうと思い


陸送を手配して届けましょうか? と言っても


bsdghsgfjhfk (9)


「 いや、感染対策して自分で取りに行くけん。

  そのまま運転して帰るから、ええわ 」


とのことで、納車後にいきなり800キロ以上を


bsdghsgfjhfk (1)


自走で帰ると言われると、クルマを作ったコチラが

トラブルなく帰れるか、正直心配になりますが、、、、、


散々試運転を重ねてきたので、きっと大丈夫でしょう。。。。


bsdghsgfjhfk (7)


Y室さんとは、広島と埼玉と離れていても、毎年必ず

イベントやHRCSで会ってましたが、


昨年はFITキャンプや、HRCSも中止になったので


bsdghsgfjhfk (8)


久しぶりの再会となったので、仕事納めを終えて

休みに入っていたS庭師範やDAICHIも出てきて


みんなでクルマを見ながら説明をしたら、助手席に乗って

周辺を一緒に走って、乗り方や取り扱いも覚えてもらったら


bsdghsgfjhfk (2)


いよいよ出発とのことで、近くのコンビニで帰りの道中の

おにぎりを買って、出ようとしたら車高が上がりまめん、、、、、、


原因を調べたら、フロントのエアサスのフィッティングが

根元からすっぽ抜けて壊れてまして、、、、、


bsdghsgfjhfk (5)


サービスカーに工具とフィッティングを積んできてもらい


フィッティングはジャッキや工具も無しで

交換できる場所にあるので、急いで交換し


bsdghsgfjhfk (3)


フィットに戻って、フィッティングが壊れた原因を調査


出発前に壊れたので、これではちゃんと広島まで

帰れるのか心配になっちゃいますね。。。。


bsdghsgfjhfk (4)


リフトで上げて、何かが当たったり、引っ張られたりしてないか

色々と原因を調査しましたが問題なく、外傷も一切なし


日本製の新品のフィッティングなので製品不良は考えづらく


bsdghsgfjhfk (6)


数日前にMUSTANGⅡクリップの拡張加工をした際に

溶接したときの熱が、樹脂製のフィッティングに伝わってしまい


はめあいが緩くなったなどで抜けた可能性が高いと判断。


bsdghsgfjhfk (13)


同じように溶接をした右側のフロントのフィッティングも


念のため新品に交換して、予備のフィッティングや

ホースも積んで、再発時の交換方法も覚えてもらったら


いよいよ広島へ向けて出発となりまして


bsdghsgfjhfk (15)


トラブル直後でも、 「 ほな! 」 とひょうひょうと

帰っていくY室さんは、メンタル強いですね


翌朝、「 着いたけ、家族も喜んでるけ」 と写真が届きまして


bsdghsgfjhfk (14)


トラブルもなく、4速+ロックアップで、高速道路も快適で

燃費も驚くほど良かったそうで、ナニヨリです


いよいよ、Y室さんの 1956 BUICK走り出しましたので

どこかで見かけたときは、宜しくお願いいたします。


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2021/01/12 04:46 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


全ての作業を終えて、昨年末にY室さんに納車しましたが


fjuyruwryuwyruyr (18)


BLOGが追い付いていませんで、もう少々

書ききれていない部分をUPさせて頂きます


MUSTANGⅡクリップのコイルポケット拡張を終え


fjuyruwryuwyruyr (19)


高速道路での走行テストを重ねていたら


燃料を満タンにして、高速道路を80kmほど走ったところで

満タンだった表示が、1/4を示すようになりまして、、、、、、


fgsrがwrg


ダコタデジタルのモニタリングモードで確認したら

入力値が8Ωとなってるので、


おかしいなとセンダーをテスターで計測したら、やっぱり8Ω、、、、、


fjuyruwryuwyruyr (20)


ガソリンタンク内の残量から計算すると、

抵抗値では30Ω近くを示すはずなのですが


測った抵抗値は8Ωとなってるので、ゲージは


fjuyruwryuwyruyr (21)


抵抗値とおりの動きなので、ゲージ自体には問題なし


ほぼ満タンなのに、8Ωを示すのはセンダーに

問題がありそうなので、取り外して計測したら


fjuyruwryuwyruyr (19)


きちんと0~30Ωで可動するので、抵抗器に

異常ありませんでしたが


油面に合わせて抵抗器を動かすためのフロートから


fjuyruwryuwyruyr (20)


ぼたぼたとガソリンが出てきまして、、、、、


プラスチック製のフロートと、真鍮の蓋で合体し

アームで挟む構造ですが、アームに挟まれ続けて


fjuyruwryuwyruyr (21)


プラスチックが変形してしまい、出来た隙間から

フロート内にガソリンが入ってしまったようで


フロートが重くなってしまい、油面に浮いているはずが


fgsrがwrg


中に入ったガソリンの重みでタンク内に沈んでしまい

8Ωの位置まで沈んでいたものと思われます


フロートの中にガソリンが入らないように対策し

組み戻したら、再び試運転を進めまして


hwthet.jpg


燃料計の作動不良も解消し、万全になったところで

いよいよ納車となり、Y室さんがやってきまして


Y室さん、クラシックカーを納車直後に広島まで

800キロ越えを自走で帰るそうで、男前ですね、、、、


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!




[ 2021/01/09 04:35 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


試運転とダメ出しを進めながら、必要な対策中


fjuyruwryuwyruyr (17)


ダコタデジタルがカスタムする際に

表示の印刷を間違えた燃料計も


無事に修理から戻って来て、組み戻され


fjuyruwryuwyruyr (16)_LI


ではでは、試運転がてら、土曜の夜に横浜まで


KALIFORINIA LOOK クルーズナイトに

参加しに行こうと思ったら


fjuyruwryuwyruyr (1)


直前にフロントエアバックにこすれた跡が見つかり


ステアリングを切った時に、ブレーキキャリパーが

エアバックに当たるため、跡が出来たようで


fjuyruwryuwyruyr (2)


MUSTANGⅡクリップには、ステアリングストッパーが無いので


ブレーキキャリパーがエアバックに当たったり

タイヤがフェンダーやインナーフェンダーに当たります


fjuyruwryuwyruyr (3)


以前、乗り心地を向上させるために、FATMAN製の

エアバックブラケットを加工して対策した際


散々、検証と計算をしましたが、詰めが甘かったようで、、、


fjuyruwryuwyruyr (7)


このタイプのシングルピストンキャリパ-だと、

キャリパーの後ろ側に出っ張っているので


ステアリングを切っていくと、干渉してしまうので


fjuyruwryuwyruyr (6)


エアバックの位置をもっと内側に移動させて

キャリパーから遠ざけたいのですが


キャリパーから遠ざければフレームに当たり、、、、


fjuyruwryuwyruyr (12)


フレームから遠ざければ、キャリパーに当たるのが

早くなる、、、、という、MUSTANGⅡクリップに


エアバックを組むと、どこも近くて逃げ場がないという


fjuyruwryuwyruyr (10)


MUSTANGⅡあるあるから逃れられないので


ステアリングストッパーを設置して、エアバックに

当たる手前で止まるようにしてもいいのですが


fjuyruwryuwyruyr (11)


ステアリングの切れ角が少なくなって、車庫入れや

Uターンが大変になるので


当たるなら、逃げを作ろう、ホトトギス。。。。。


fjuyruwryuwyruyr (13)


MUSTANGⅡのメンバーの、コイルポケットが

エアバックを組むのに対して狭いのが原因なので


ということで、以前OXBLOODでもやりましたが


fjuyruwryuwyruyr (15)


コイルポケットを内側にえぐる加工を施して


エアバックをキャリパーが当たらないとこまで

拡張することで内側に組めるようにしまして


fjuyruwryuwyruyr (8)


エアバックが内側に入るので、アッパーの

エアバックブラケットもこれまでの形だと


合わなくなるので、ブラケットも作り直しまして


fjuyruwryuwyruyr (9)


切れ角が失われるの避けて、大工事を避けず。。。。。


納車直前でしたが、前脚を粉々に分解して

拡張工事を敢行する S庭師範は流石です。。。。。


fjuyruwryuwyruyr (18)


お陰でどこまでステアリングを切っても

エアバックが干渉することもなくなりまして


さらに高速道路のテストを重ねていきます


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2020/12/29 13:45 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


試運転とダメ出しを進めながら、必要な対策中


dgqwgwrqgwrt (8)


燃料計の表示が誤っていたゲージは


ダコタデジタルに送り返して

修理作業をしてもらってまして


dgqwgwrqgwrt (7)


誤表記で納車が遅れて困ってると伝えて


急いで作業してもらったので、割と早く

正しい表示になって戻ってきまして


dgqwgwrqgwrt (4)


早速、組み戻し作業がはじまりまして


以前は作業がし易いようにシートを外していたので

広いスペースと楽な姿勢で作業が出来ていましたが


dgqwgwrqgwrt (6)


ゲージを修理に出している間に他の作業を進めるため

シートを組み戻してあるので、組み付け作業は


狭くて無理な姿勢になるので、大変ですね。。。


dgqwgwrqgwrt (5)


先日Y室さんから、ハブキャップが届いたので


クリスマスプレゼント、ありがとうございます

と、思ったら、 56 BUICKのだったみたいで


dgqwgwrqgwrt (9)


1ミリたりとも、僕へのプレゼントでもなく、

「BUICKに付けとけや」って事みたいで、、、、


帰り道に外れて飛んでいきでもしたら、


dgqwgwrqgwr1t (3)


僕がY室さんにタマとられるので、これでもかというくらい

叩きこんで、隙間にアロンアルフア流し込みまして


外れて殺られるくらいなら、2度と外れない方がヨシとして


yrururywrteuwryt (1)


パワーブースターのチェックバルブは

問題なく作動していますが


社外品は割れたり、壊れることがあるので


yrururywrteuwryt (2)


念のため、信頼のAC DELCO製に交換


壊れてないからと、そのままで納車すると

なぜか納車当日や、納車後ほどなくして


yrururywrteuwryt (3)


壊れるという、僕のなかの鬼門でして


簡単に交換できるパーツだから、壊れたら

送って交換してもらえばいいかもしれませんが


dgqwgwrqgwrt (1)


その心構えが様々な作業に甘えや妥協を招き

結果、詰めが甘いクルマになると


納車後にトラブルが起きやすくなるので


dgqwgwrqgwrt (10)


dgqwgwrqgwrt (11)


今では納車後、オーナーさんのもとでトラブルが

ないようにと念のためにやっておく祈願というか、


これやっとけば、スッキリみたいなジンクスになってるので


dgqwgwrqgwrt (12)


dgqwgwrqgwrt (13)


今回も、何も起きていないうちに

交換しておいて神頼みも完了。。。。


もうすぐ納車になるので、Y室さん用の 


dgqwgwrqgwrt (14)


dgqwgwrqgwrt (15)


オーナーズマニュアルも準備しまして、


各部の操作方法や、取り扱い説明、

メンテナンスする事項や間隔を記載し


dgqwgwrqgwrt (16)


予備のヒューズや、リレー類に


帰り道に携帯を充電できるよう

シガーライターで使える充電器を用意し


dgqwgwrqgwrt (3)


dgqwgwrqgwrt (2)


あとは納車日まで、またひたすら

試運転と駄目出しを進めます


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2020/12/25 05:33 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


試運転とダメ出しを進めながら、必要な対策中


ouu[u[uoip[ (7)


インテークの吸気量を増やすため

エアクリーナーを大きな物に変更し


エアクリーナーを納めるボックスを拡張


yusryisyrisryi (1)


ブロワーモーターのケースと

フレッシュエアーボックス内に


キノコ型のエアクリーナーが収まり


yusryisyrisryi (2)


収納部分が前側に膨らみつつ


ブロワーケースの取り付ける角度が

下向きになったので


yusryisyrisryi (3)


インテークパイプも形状や角度、

取り回しを変更して接続しまして


吸気系統の対策加工が完了。


yusryisyrisryi (4)


試運転中に、フロントのバンパーの

両脇がプルプルと振動で揺れるので


そういうダイエットマシンを欲しいと思ってたので


yusryisyrisryi (7)


どうやってバンパーの端に乗って

揺れようか考えていたら


DAICHIがバンパーブラケットから


yusryisyrisryi (9)


追加のサポートを作って接続してくれたので


さて、そこにどうやって乗ろうかと思ったら

バンパーが全然揺れ無くなりまして


yusryisyrisryi (5)


もう少し太れって事かもしれませんが

糖質ダイエットを頑張ります。。。。。


あとはダコタデジタルからの戻り待ち


yusryisyrisryi (10)


早く帰ってこーいと、毎日願ってますが


アメリカも日本も、クリスマスとコロナの影響で、

輸送業界はパンク状態だそうです、、、


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!


[ 2020/12/23 05:28 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)