FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 40 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


202010220504026891 (9)


クォーターガラス周りの作り直しを終え


窓枠にガラスを固定する、フェルトチャンネルと

インテリアトリムにフェルトの取り付けに進みまして


202010220504026891 (8)


フェルトやチャンネルは、メーカーや車種、

年式などによって、様々な種類が存在し


窓枠やトリムの形状に合わせて曲げたり


IMG_10721269755 (2)


加工して取り付けしていきますが、


車種別で売られているものを取り寄せるのが

サイズや形状が合うものがセットになってるので 


IMG_10721269755 (3)


それを買うのが一番良いのですが、


CHOPして形状が変わったり、今回の

BREEZEEのように、クォーターガラスは


IMG_10721269755 (4)


オリジナルだと開閉するけど、Bピラー形状を

変更してので、開閉が出来なくなり


はめ殺しにするというような、構造を変える場合など


202010220504026891 (12)


車種別やリプロ品を取り寄せても合わないので

FITには様々なフェルトやチャンネルを在庫してあり


その中から合うものを探して、加工するようにしてますが


202010220504026891 (20)


BREEZEEの深さがある窓枠の形状に合う

チャンネルがなく、幅があうチャンネルを使い


突き合わせ部分は、鋭角で曲げでは対応しないので


202010220504026891 (21)


角度を合わせて切断し、突き合わせて接合。


窓枠に深さがあり過ぎて、チャンネルが

奥まで入り過ぎてしまうので


202010220504026891 (18)


202010220504026891 (17)


窓枠とチャンネルの間にエアホースを入れて、

バックアップとして機能させ


窓枠内でのチャンネルの高さを調整することで


202010220504026891 (14)


窓枠に対して、チャンネルをぴったりの高さに

据えられるようにしまして


エアホースは濡れても問題がないし、劣化しづらく


202010220504026891 (19)


弾性があるので、ガラスを入れると良い位置に

フェルトが来るように馴染むので、良いアイデアです


ウェザーストリップは、土台の溝に滑り込ませて


202010220504026891 (15)


はめ込む構造で、窓枠の複雑な形状の断面に


ウェザーストリップの複雑な断面が

しっかり重なることで、何層にもシールし


202010220504026891 (13)


水や風が室内に入るのを防いでいるのがお解り頂けると思います


ドアを閉めたときに、窓枠とウェザーストリップが

全周しっかりと重ならないと機能しませんし


202010220504026891 (7)


フェルトを正しく取り付けて、クリアランス調整も

しないと、ガラス周りのガタも消えないので


沢山ある種類のフェルトの中から、幅、厚みが


202010220504026891 (10)


202010220504026891 (11)


合うフェルトを長さを合わせて切断して

トップレールに固定しまして


これまで、ぱっとみはきちんと作ってあるように見えても


202010220504026891 (23)


202010220504026891 (24)


CHOPしたときの窓枠の加工が悪くて

平行がでてなかったり、ずれたり曲がってたり 


土台やウェザーストリップの突き合わせ部分も


202010220504026891 (22)


接合してなかったりで、建付けが悪かったり


あちこち隙間があったりで、全然正しく当たらず

ウェザーストリップの機能を果たしてませんでした


ttstyadya (10)


ハードトップのチョップは、ドアの開閉にはじまり

ガラスもきちんと開閉して、雨漏りや風切り音がない


窓周りに作り込むのが、とても複雑で繊細な作業が


aydayyea (8)


ttstyadya (9)


山積みだという事も、お解り頂けたと思います。。。


これでサイドガラス、三角窓、クォーターガラスの

手直しを終えたので、この後サイドガラスの


ttstyadya (14)


ttstyadya (13)


開けたときのストッパー機構の製作と

新しいガラスを切り出す型取りに進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!


[ 2020/11/23 05:30 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


ttstyadya (1)


窓枠の形が合っていなかったのを修正し


続いて、ウェザーストリップの土台との

建付けの調整に進みまして


IM656565658989323665656G_1865 (33)


ボディに対して、窓枠もウェザーストリップの

土台も形が合っていなかったので


形を合わせた窓枠に対して、土台も全然合いませんので


IM656565658989323665656G_1865 (34)


型紙と、ウェザーストリップの厚みと

同じになる治具用の鋼材を使いながら


造り直す形状を導き出しまして


ttstyadya (2)


土台を突き合わせる部分は、これまで

切りっ放しで接合されていませんでしたが


そのままでは水が入ってきてしまうので


ttstyadya (3)


作り直しに合わせて、1体化していきます


突き合わせ部分は角度が合うように

斜めに切断して、擦り合わせしまして


ttstyadya (4)


溶接したら内側は狭くなって、ポリッシュするのに

バフが入らず、磨けないので


事前にポリッシュしてから、溶接していきまして


ttstyadya (7)


溶接跡を綺麗に仕上げたら、ポリッシュ。


突き合わせ部分の内側は、ポリッシュできなくなるので

事前に磨いてから溶接しましたが


ttstyadya (5)


どうしても、溶接の熱で焼けが出てしまうので


その部分は溶接後に焼けをとって、

ハンドポリッシュで磨き上げていきます


ttstyadya (6)


ウェザーストリップの土台の作り直しを終えたら


その形状に合うように、ウェザーストリップも

作り直しになりまして、突き合わせ部分は


ttstyadya (8)


ウェザーストリップが窓枠の形状に沿うよう

複雑な段差がある形状なので


斜めに切断するのはとても難しく


aydayyea (1)


素材がゴムで柔らかいので、カッターやはさみで

切ろうとすると、潰れて変型してしまい


斜めに形状を保ったまま、スパッとは切れないので


aydayyea (2)


奥義で写真のように、すぱっと切ったような

断面になるよう、切断していき


突き合わせ部分を綺麗に接合したら


aydayyea (3)


窓枠、ウェザーストリップの土台の形状に

合わせたウェザーストリップの土が完成


これでクォーターガラス周りの作り直しを終え


202010220504026891 (9)


次はガラスを挟み込む、フェルトチャンネルと

インテリアトリムにフェルトの取り付けに進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2020/11/20 07:32 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY


 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


IM656565658989323665656G_1865 (12)


クォーターガラスの窓枠と、ウェザーストリップの

土台の形状がボディとあってないので


建付けが悪く、室内が見えるほどの隙間もあり


IM656565658989323665656G_1865 (16)


ボディの開口の型紙をとって、窓枠と合っていない

部分を確認して、カーブを直していきまして


Bピラー頂点部分の突き合わせもやり直しへ


IM656565658989323665656G_1865 (6)


これまでの突き合わせ部分は、角度や

お互いの高さや長さが合ってなかったので


正しい角度と長さになるよう切り直しまして


IM656565658989323665656G_1865 (8)


窓枠の断面は、完全なコの字型ではなく、

かまぼこのように盛り上がりがあるので


お互いの高さ、距離を正確に合わせないと


IM656565658989323665656G_1865 (5)


接合したときの谷のラインがビシッと出ず

谷のラインがヨレヨレしたり


高さが段違いになったりと均等にならないのと


IM656565658989323665656G_1865 (30)


溶接しろが長いので熱や、隙間があると

張力が働いて歪みが出やすいので


そうならいよう、どれだけ事前に合わせられるか 


IM656565658989323665656G_1865 (1)


摺り合わせの段階がキモになります


擦りあわせの段階でぴたぴたに合わせてから

熱の影響を出さないように溶接していき


IM656565658989323665656G_1865 (2)


溶接ビートを緩やかなかまぼこ状が

突き合わさった形状を崩さないように


仕上げていくと、写真のような形状になります


IM656565658989323665656G_1865 (37)


突き合わせ部分の内側も、ガラス越しに見える

部分なので、しっかり溶接しないといけませんが


溶接のトーチも入らないほど狭いので、届かず溶接できませんが


IM656565658989323665656G_1865 (38)


S庭師範の熟練の奥義の技で、裏側まで

しっかり溶接して溶かし込みまして


ウェザーストリップが乗っかり、収まる溝も


IM656565658989323665656G_1865 (39)


ゴムの当たりを確認しながら、水や風が入らず

見た目もあたかもオリジナルのように再生されまして


次はウェザーストリップの土台の加工に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2020/11/15 00:22 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


IM656565658989323665656G_1865 (24)


クォーターガラスの窓枠と、ウェザーストリップの

土台がボディの形状に合っておらず


本来一体型の土台部分は、チョップした際に 


IM656565658989323665656G_1865 (28)


IM656565658989323665656G_1865 (27)


なんとなく形が合うように切ったものの

接合せずに、切りっ放しだったり、


室内が見えるほど、隙間が大きい部分もあり
 

IM656565658989323665656G_1865 (25)


それらの修正をしていくことになりまして


ボディ側の開口の形状を型紙にとって

窓枠と比較してみると、ピラーとの角度や 


IM656565658989323665656G_1865 (29)


IM656565658989323665656G_1865 (26)


アーチとのカーブが合ってないのが解ります


ボディの開口の形状を正確にうつした型紙に

ウェザーストリップを組んだクリアランスを考慮し


IM656565658989323665656G_1865 (17)


IM656565658989323665656G_1865 (18)


どの形状に作れば良いのかをケガいて

それに合うように窓枠を作り直していきます


まずは先端の突き合わせ部分を合わせて


IM656565658989323665656G_1865 (9)


基準点を設定したら、そこからケガキに合うよう

カーブを合わせていきますが


ケガキと合っていないところを切断して、近いカーブ部分を


IM656565658989323665656G_1865 (10)


はめ込んでつなげていく。。。。 というように

パズルのように簡単にいくものではなく


突き合わせ部分から、後ろまで流れるような 


IM656565658989323665656G_1865 (23)


一連のカーブを途中で切って、違うカーブとつなぐと


つながっていたアーチは寸断され、つないだ部分が

カモメみたいに谷が出来てしまうので


IM656565658989323665656G_1865 (22)


細切れにして、つなぎ直す方法は使えず

狙ったカーブに曲げ直して、アーチを変えていきます


曲げ直すと言っても、窓枠は断面が耳付きのコの字型で 


IM656565658989323665656G_1865 (19)


強度を持たせてつくってあるので、ベンダーや

ローラーで曲げようにも、硬くて曲がりません


無理に力を掛けると、への字に折れるので


IM656565658989323665656G_1865 (20)


カーブを変えたいところは、切断して抜き取った

コの字型の枠を、さらに両側の側面と上面に切断し


3枚おろしにして、ただの板に戻してあげる事で


IM656565658989323665656G_1865 (21)


いったん、強度を落としてローラーで曲げていき

カーブが合ったら、両側面を接合して


再び、耳付きのコの字型に再生していきます


IM656565658989323665656G_1865 (13)


IM656565658989323665656G_1865 (14)


溶接して組み戻す際は、コの字型の中や

耳部分まで、しっかり溶接して接合


ボディの形状に合うように、カーブを直したら


IM656565658989323665656G_1865 (7)


続いて、突き合わせ部分の接合に進みますが


突き合わせ部分の内側など、鋭角で内側が

狭くなる部分は、後ほどポリッシュするにも


IM656565658989323665656G_1865 (15)


狭くて、バフが入らず磨けなくなるので


形にしてしまうと、あとで磨けなくなる内側は

接合前にポリッシュまで終わらせたら


IM656565658989323665656G_1865 (12)


突き合わせ部分の溶接に進みますが、溶接しろが

長いので熱や、隙間があると張力が働いて


歪みが出ないよう、摺り合わせがキモですね


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2020/11/11 05:02 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


dt、えt7え (1)


三角窓、サイドガラス周りの手直し、対策を終え

クォーターガラスに進みまして


クォーターガラスは、特に問題ないように見えますが


dt、えt7え (2)


Bピラーを寝かせてチョップしたルーフに合わせ


ウェザーストリップの土台、窓枠をマトランガスタイルの

形状に作り直してありますが


dt、えt7え (9)


よく見ると、御覧の通り、ウェザーストリップの土台は

切りっ放しで突き合わせ部分が合ってませんし


窓枠とウェザーストリップ、土台のチリや建付けも


dt、えt7え (6)


全然合っていませんし、ウェザーストリップは


切りっ放しのまま接合されておらず、

大きな隙間があって、室内が見えてまして


dt、えt7え (4)


dt、えt7え (3)


ウェザーストリップの土台は、切られて寸足らずになり

表側から足りていない部分が見てしまっており


ボディとの隙間も大きいので、雨漏り、風切り、


ワッシャー( 個)交換致しましたrw (1)


熱気がジャンジャン入ってきますの

いらっしゃいませ仕様でして、、、、


助手席側も同様に、窓枠の建付けにはじまり


ワッシャー( 個)交換致しましたrw (6)


ボディとウェザーストリップの土台のカーブが

合っていなかったり、土台と


窓枠のカーブも合っていないので


ワッシャー( 個)交換致しましたrw (4)


窓は閉まっていて、開かない構造ですが

少し開いてて、半開きみたいに見えたり


窓枠とウェザーストリップの建付けの悪さ、


ワッシャー( 個)交換致しましたrw (5)


ウェザーストリップが切断したまま、

接合されておらず、大きな隙間があって


こちらも、外から中が見えてしまう状態。。。。


ワッシャー( 個)交換致しましたrw (3)


ワッシャー( 個)交換致しましたrw (2)


こちらもボディとの隙間も大きいので、

雨漏り、風切り、 熱気が入ってしまうので


対策を進めていきたいと思います


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2020/11/07 05:04 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)