FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 40 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして


wetsdgeywety (11)


トランクキャッチと、リリース機構の製作を終え

続いて、バッテリートレイの製作へ


以前はバッテリーはエンジンルームにありましたが


wetsdgeywety (3)


ファイヤーウォールの作り直しに伴い

トランクに移設となりまして


バッテリーは裸ではなく、専用ケースを利用し


wetsdgeywety (2)


ケースに収めた状態で固定することにして


アングル材でケースを乗せる台を製作し

トランク内からボルト止めできるように


wetsdgeywety (7)


ひな壇部分に位置出ししたら穴を開けて

裏側からケージナットを溶接して固定


裏側に手や工具が入らない場所に


wetsdgeywety (6)


ボルト止めしたい場合は、ケージナットを

溶接しておくと、裏側は工具無しで


トランク側からボルトを締めるだけで固定できます


wetsdgeywety (8)


M本さんから、バッテリーのカットスイッチを

付けておいてほしいとのリクエストがあったので


バッテリーケースを載せる台にカットスイッチを納めて


wetsdgeywety (4)


固定できるケースを製作して、合体。


台はひな壇側にボルト2本と、上側は

インナーフェンダーに雌ねじを作った


wetsdgeywety (5)


ブラケットを溶接して、ホールドダウンの

固定用ブラケットを設けまして


エアサス、エアコン、デュアル電動ファンに


wetsdgeywety (9)


後にフルオーディオも組むそうなので


電装品が満載で、消費電力が大きくなっても

対応できる、容量の大きなバッテリーサイズにして


wetsdgeywety (10)


それが収まるバッテリーケースで設計し

固定用の台とホールドダウンが完成


ホールドダウンは蝶ネジで固定するようにして


wetsdgeywety (1)


工具無しで簡単にホールドダウン、ケースの

蓋の開閉ができるようにしまして


カットスイッチも、工具要らずで簡単に操作できますね


wetsdgeywety (15)


トランクにバッテリーの移設が済んだら

次は、ACCUAIRのCVTの設置へ


これまでエアタンクが固定されていたひな壇は


wetsdgeywety (12)


作りがイマイチで、強度もメンテナンス性も悪いので


ENDO CVTを搭載するにあたり、いまの

ひな壇の上面は切断して摘出し、廃棄へ


wetsdgeywety (14)


位置出し、確認用の ENDO CVTを使って

搭載する位置を確認したら


上面の鉄板を切断しますが、骨材の上に


wetsdgeywety (16)


鉄板が張ってあり、構造がどう作ってあるのか

見えないので、確認ができず


一部を切断刃を入れてみて、裏側から覗いて


wetsdgeywety (17)


どこに刃が出てくるか見ながら構造を確認


どこで切ると、出来るだけ強度が落ちず

新しい上面のパネルを接合し易いか


wetsdgeywety (18)


検証しながら、切断するところを決めたらて

次はひな壇の上面の摘出に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/02/25 05:12 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして 


gdhsrywryw (1)


トランクのキャッチが剥き出しだと


見栄えがよくないのと、トランクに物を

積み下ろしする際に 引っ掛かりそうなので


gdhsrywryw (2)


1mm厚のステンレス板を切り出して


メイン部分は 切り掛けを入れたら

山型に折り曲げして成型し


gdhsrywryw (3)


側面部分になるピースは、アールや

テーパーを作りながら膨らみを持たせ


それらを接合して箱状に成型していきまして


yyuwryueryueryueryu (25)


yyuwryueryueryueryu (26)


yyuwryueryueryueryu (27)


溶接の跡を仕上げて、ポリッシュしたら

鏡面仕上げのキャッチカバーが完成


裾部分はツバや耳、側面も付けつつ、


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (6)


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (5)


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (7)


ボディに馴染む3次元の複雑な形状で製作し


切り出して折り曲げた鉄板を組み合わせて

角角に作れば、作る手間も少なく作れて


yyuwryueryueryueryu (28)


作った感も強く出せますが、手間は掛かりますが


あたかもプレスで成型した、大量生産の

純正品のようなディティールで製作することで


yyuwryueryueryueryu (29)


yyuwryueryueryueryu (30)


クルマに組み込んでも違和感が出ず


エレガントな造形を多用している

BREEZEEの雰囲気にも馴染みます


yyuwryueryueryueryu (31)


頑張ってカスタムしたり、何かを作っていると


どうしても作った事や、頑張った気持ちから

作った感がこもった造形になりがちですが


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (8)


逆に主張せずに、どこもかしこも言われないと

作ったものと気付かない仕上がりで


粛々と作り込むのがS庭師範のスタイルですね


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (9)


キャッチカバーが完成し、以前の角パイプを

溶接してあったメンバーを撤去し


新しいメンバーと、キャッチを溶接したら


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (11);


メンバーの差し替えをする際に、メンバーを切断すると


ボディが歪んでしまわないように溶接していた

補強のブレスも撤去しまして


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (4)


メンバーの下は、荷物を入れられるスペースなので


物を入れると、走行中にキャッチを解除する

リンクの機構に当たって、誤作動しないように


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (3)


スペースの形状の型紙をとって、鉄板を切り出したら


ぺこぺこしないように、ビードマシンでリブを入れて

補強したら、ビス穴を開けた耳を付けまして


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (2)


ビス止めできる構造のリンクカバーも製作。


リンクの下の両サイドにカバーが付くので

トランク内に積んだ物が転がってきても


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (1)


リンクのところに入り込まないように対策


これでスムージングしたけど、ロック機構を

作っていないままになっていた


hsjsjfjryjrjywryjuwryuw (10)


トランクキャッチ、ロックの製作が完了しまして

次はバッテリートレイの製作に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/02/22 05:36 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして 


yyuwryueryueryueryu (4)


トランク裏には、これまでオリジナルの

キャッチが埋め込まれていましたが、


ボディ側にキャッチを組み込んだので


yyuwryueryueryueryu1 (3)


トランク裏にはキャッチは不要になり


それを外すと、埋め込まれていたスペースと

大きな穴が幾つも開いてしまうので


yyuwryueryueryueryu (6)


yyuwryueryueryueryu (7)


ロックを取り付けできて、なおかつ残った

穴が丸見えにならないようにする


ロック兼、化粧プレートを製作となりまして


yyuwryueryueryueryu (10)


型紙に合わせてステンレスの板を切り出し

トランク裏の形状に沿うように曲げたら


外周を角を落として、滑らかに仕上げ


yyuwryueryueryueryu (8)


yyuwryueryueryueryu (9)


板を切り出したままだと、角が直角で

見た目も触り心地も良くないので


角を落として丸めることで、作って付けました的な 


gdhsrywryw (4)


ハンドメイドした質感ではなく、さも売っている

製品のような質感に仕上げることで


クルマに組み込んでも違和感なく収まります


gdhsrywryw (5)


gdhsrywryw (6)


角を削って落とす作業は、ディスクグラインダーを使い

全周を均等に削っていきますが


一周全て同じ丸め方で削るのはとても難しく


gdhsrywryw (7)


gdhsrywryw (8)


最後に磨いて鏡面に仕上げると、光って

写り込みが余計によく見えるようになるので


角にムラや歪みがあると、揺らいで見えて


gdhsrywryw (9)


gdhsrywryw (10)


gdhsrywryw (11)


均等に削れていないのが浮き出てきます


今回製作した化粧プレートは、直線や

曲線、曲がった部分もありますが


yyuwryueryueryueryu (12)


鏡面で仕上げても、どこにも揺らぎがなく

歪みのない、ストレートに仕上がってるので


とても難しい研磨作業を、熟練の職人が仕上げまして


yyuwryueryueryueryu (13)


キャッチに引っ掛かるロック部分も製作し

化粧プレートに組み込んだら


トランク裏に取り付けし、ロック機能を果たしながら 


yyuwryueryueryueryu (15)


使わなくなった穴も見えなくなり、鏡面仕上げで

ハイクォリティーな仕上がりでナニヨリです


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/02/20 05:01 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして 


IMfagerqgG_2715 (2)


シートのカスタムを終えて、続いてトランクの

ロック機構製作に進みまして


今からロック機構!? と思う方も多いかもしれませんが


18955843-1940-mercury-eight-thumb.jpg


BREEZEEのトランクは、スムージングされて

何も付いていない仕様ですが


スムージングしたものの中には、エンブレムだけでなく


18955863-1940-mercury-eight-thumb.jpg


トランクを開ける際にひねるトランクハンドル、


トランクを閉めたらガチャっと閉まるキャッチ部分、

トランクハンドルが勝手に開けられないように


gdhsrywfryw (17)


gdhsrywfryw (18)


鍵を掛ける機構など、全部外されていますが


キャッチやトランクハンドルを外して

トランクの表面をスムージングしても


gdhsrywfryw (16)


トランクを開ける、閉める、ロックする機能を

作ってあげないと、いけないのですが


スムージングして埋めたまま、何もしていなかったので


yyuwryueryueryueryu (3)


閉めてもロックする機構がないので

パカパカしたままになってまして、、、、、


走ってるときに最悪の場合、開いちゃいます仕様。。。。


yyuwryueryueryueryu (5)


KUSTOM CARでスムージングは

よく使うカスタム技法ですが


埋めたままは普通はやならいですが


yyuwryueryueryueryu (11)


アメリカのKUSTOM CAR あるあるですかね。。。。


トランクの表面にハンドルを付けられないので

ロックと解除の機構はオリジナルとは


gdhsrywfryw (20)


gdhsrywfryw (22)


まったく違う構造に作らないといけなくなり


通常はトランクフードの裏にキャッチが付きますが

フード裏にキャッチを付けると


gdhsrywfryw (25)


gdhsrywfryw (23)


キャッチがロックした状態を解除する動きを


ケーブルか、アクチュエーターを使って

リモートコントロールすることになりますが


gdhsrywfryw (24)


万が一ケーブルが切れたり、外れたり、

アクチュエータが壊れたら


トランクが開けられず、修理も出来なくなるので


yyuwryueryueryueryu (16)


キャッチを動かすのは、最も故障しづらい

リンク式が最適となりまして


操作するリンクも、出来るだけキャッチから近く


gdhsrywfryw (27)


短く、単純な構造にした方が壊れづらいので


キャッチをトランクフード裏に付けると、

リンクは長く複雑になるので


gdhsrywfryw (26)


キャッチをボディ側に組み込める構造にして


リンクはキャッチのすぐ下から、車外に通し

トランク下でレバーをひねると開くように製作


yyuwryueryueryueryu (17)


汎用のトランクキャッチを使用して、ボディ側に

埋め込むベースを製作したら


キャッチを解除する、機械式のリンクを製作


yyuwryueryueryueryu (19)


ボディの下でキャッチを解除する操作用に、

ステンレス製のレバーを製作し


指でレバーを押すと、トランクが開く仕組みになりまして


yyuwryueryueryueryu (18)


次はトランクフードの裏に、キャッチに

はまる側のロック部分の製作に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/02/18 05:20 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして 


teahetaetqwrq (1)


リアシートの背もたれ部分のスプリングを

新しいデザインに合わせて、丸く加工し


新規に製作したシートフレームに引っ掛けて


teahetaetqwrq (3)


フレームにスプリングを固定する構造作りへ


下側はフロアにボルト止めする構造にして

ブラケットをフレームに溶接しまして


teahetaetqwrq (4)


クルマ側はブラケットの位置に合わせて

フロアにウェルドナットを溶接して埋め込み


フレームの上側を引っ掛けたら、穴位置が合って


ieytieytietyii (5)


写真のように、ボルトで止める構造に製作。


上側は先に再生、補強しておいた

ひな壇に固定する構造で設計し


teahetaetqwrq (2)


鉄の棒を切り出して、計測した距離に合わせて

曲げていき、下から引っ掛けるフックを製作


写真はトランク側からリアシートの背もたれの 


ieytieytietyii (3)


裏側を撮った写真ですが、ひな壇の

裏側に入れた補強の角材を利用して、


そこにフックを引っ掛けて固定する構造です


ieytieytietyii (2)


下からフックを引っ掛けたら、下側をフロアに

接地させると、フロアに埋め込んだナットと


下側のブラケットの位置が合うので、


teahetaetqwrq (5)


ボルトで固定するという作りになりまして

続いて、座面部分を固定する構造作りへ


座面の固定は、よくあるオリジナルの構造で 


teahetaetqwrq (6)


背もたれ部分を固定したら、座面を奥に差し込み


手前側を下に下げると、フロアのフックに

引っ掛かって固定されるという構造へ


teahetaetqwrq (7)


フラットバーを切り出して、フロアからフックで

引っ掛ける部分までの高さを計測し


今はフロアは鉄剥き出しですが、後に内装を仕上げると


teahetaetqwrq (9)


断熱材や、カーペットを敷いいくので、


それらの厚みも考慮した高さに合わせて

シートの骨に引っ掛けるフックを製作


teahetaetqwrq (8)


フックはフロアに溶接して固定するので


ベースプレートも製作して、そこにフックを

溶接したら、ベースプレートをフロアに溶接。


ieytieytietyii (1)


背もたれを取り付けしたのち、座面もセットすると


写真のように、フロアに取り付けたフックに

シートの骨材が引っかかって、固定されます


teahetaetqwrq (10)


teahetaetqwrq (11)


これで新しい内装のデザインに合わせた

前後シートの製作、固定方法の製作を終え


次はトランクのキャッチの加工に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/02/16 05:05 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)