FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 40 MERCURY

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


hfusfyurdyu (39)

hfusfyurdyu (40)


ダッシュの構造と、ダッシュ裏のスペースを計測して

構造を検証、設計したら、ステンレス板を切り出し


ベゼルの形状にベンダーで丸めまして


hfusfyurdyu (41)


hfusfyurdyu (53)


ベゼル部分はパイプをハス切りにしたのではなく、


作りたいダッシュのアールを合わせて、

一枚づつ、ローラーで曲げていきまして


hfusfyurdyu (54)


アールに曲げたものと、合わせて

穴を開けて、長穴加工したのちに


角をピン角に仕上げたいので、ベンダーで曲げると


hfusfyurdyu (55)


丸みを帯びてしまうので、切り出した板を

突き合わせて溶接したのち


外側の溶接跡を、ピン角になるよう仕上げまして


hfusfyurdyu (56)


アール状に丸く曲げたものと、溶接して

ピン角を作ったものを溶接して接合したら


続いて、 それらの側面の断面の型紙をとって


hfusfyurdyu (57)


hfusfyurdyu (58)


ステンレス板を切り出しまして


アールと直角に曲げた物を接合した

側面を蓋するように溶接しまして


hfusfyurdyu (59)


構成部品は錆びないように、全て

ステンレスで製作して、塗装はしないので


溶接した部分は、溶接の熱で焼けて


hfusfyurdyu (60)


hfusfyurdyu (61)


黄色や青色に変色してしまうので


塗装せずにそのまま使う場合は

そのままにしておくと、カッコ悪いので


hfusfyurdyu (64)


焼けて変色した部分は、角部分など

バフが入らないような所まで


全部ポリッシュして、焼けをとりまして、、、、、


hfusfyurdyu (62)


hfusfyurdyu (63)


ポリッシュではなく、ヘアラインで仕上げ。


鏡のような、ステンレスポリッシュも最高ですが

手で良く触るダッシュ部分を鏡面で仕上げると


hfusfyurdyu (67)


触るたびに傷が付いて、だんだんくすんでくるので


ヘアライン仕上げにすると、傷が目立たず

ステンレス特有の鈍い光がずっと維持されます


hfusfyurdyu (68)


続いて、ステンレスのフラットバーを

大量に用意し、設計通りの長さに切断。


様々な長さのステンレスバーを作ったら


hfusfyurdyu (69)


切ったままでは 角が立っていて

素材のままの感じが色濃く出るので


角を落として、滑らかに仕上げていきます 


hfusfyurdyu (66)


仕上げたステンレスバーは、隣同士で

並べて設置していくので、角の落とし方は


全て 均一の形状に仕上げないと


hfusfyurdyu (74)


hfusfyurdyu (75)


塗装もパテも入らないので、そのまま

仕上げの悪さが出てしまいます


大量のステンレスバーを、全て同じ形状に


hfusfyurdyu (70)


角を落としていく作業は、機械加工ではなく

なんと、ディスクサンダーで手作業でして、、、、


手仕上げで 大量のものを全て均一になるように

仕上げていくのも、とても高度な技術が必要です


hfusfyurdyu (72)


hfusfyurdyu (71)


先ほど、側面を蓋したもののアール部分に

沿うように設置して、溶接していきまして


まずはステンレスバーが2列づつ、並びました


hfusfyurdyu (73)


横から見ると、カタツムリに見えるのは

梅雨の時期だからでしょうか?


どんなベゼル兼、吹き出し口になるのか楽しみです!


VIVA! M本さん & VIVA! S庭道場 !!!!!!!!!!



[ 2020/07/04 05:00 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから 輸入した 車両の 不具合 部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (15)


検証と、取り付けブラケットの加工を終えた


ブレーキのブースターに、マスターシリンダー、

プロポーションバルブの他に、スイッチ類に


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (16)


フレッシュエアーの吹き出し口や、

スクープを電動開閉させるスイッチ


オーディオのヘッドユニットのブラケットに


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (18)


オーディオも電動で開閉、収納を行うリンケージに

位置を検出し、操作を自動停止させる


リミットスイッチを組み込んだ、リンク類


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (17)


エアコンのエバポを組んで、狭くなったダッシュ裏で

グローブボックスを有効活用できるように


最大限の大きさで、ダッシュ内で組み立て出来るように


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (14)


製作した、メタル製のグローブボックスも塗装され

あとはレザー生地を貼るのを待っているようです


ダッシュに埋め込む吹き出し口の製作を終えて


IMG_49ghsdgjsgd77 (1)


ここのところ、S庭師範は黙々とステンレスの

なにかのパーツを作っていまして


うーん、見たところ ゲージパネルでしょうか!?


IMG_49ghsdgjsgd77 (2)


作業台の上には、ステンレス材を規則正しく並べた

台のようなモノも作ってありまして


おろし金か、電子基板みたいな形をしていますが


IMG_49ghsdgjsgd77 (3)


これはいったい、何になるのか解かった方は


答えをメール頂ければ、正解された方には

EL-CLASSICO キーホルダーを進呈


IMG_4gh9ghsdgjsgd77 (4)


写真の一番左の、茶色に白い糸のキーホルダーは


もう無くなってしまいましたが、それ以外のお好きな

色のキーホルダーをお送りさせて頂きます


VIVA !  M本 さん  &  VIVA! S庭 道場  !!!!!!!!!!




[ 2020/06/22 05:05 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY  ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した 車両の 不具合 部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (4)


ダッシュの構造と、ダッシュ裏のスペースを計測して

構造を検証、設計したら、ステンレス板を切り出し


ベゼルの形状にベンダーで丸めまして


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (5)


ベゼル部分はパイプをハス切りにしたのではなく、


作りたいダッシュのアールを合わせて、

一枚づつ、ベンダーで曲げていきまして


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (6)


吹き出し口は、送風したい位置に合わせられるよう

左右と、上下に動かないといけなので


可動させるための構成パーツが必要になり


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (9)


合計4箇所 設置する吹き出し口の構成パーツを


設計図に基づいて切り出していき

穴を開けて、ねじ山と作ったり


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (8)


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (7)


溶接して立体的に仕上げていきまして


横に置いてあるビットと見比べてもらうと

それぞれのパーツがとても小さいのが解ります


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (13)


吹き出し口は、暑いときに冷たい風を出すと

結露が出来て、水滴になるので


鉄で作ると、すぐに錆びてしまうので


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (12)


構成部品は錆びないように、全てステンレスで製作し


溶接した部分は、溶接の熱で焼けて変色するので

そのままにしておくと、吹き出し口の隙間から見えるので


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (10)


焼けた部分は、小さいパーツで 内側の

角部分など、バフが入らないような所まで


全部ポリッシュして、焼けをとりまして、、、、、


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (3)


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (11)


吹き出し口の中に取り付ける フラップは

シャフトにステンレス板をボルト止めし


キャブレターのベンチュリーのような構造になり


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (1)


吹き出し口の出口は、平ではなくダッシュの

形状に合わせて、斜めになる形なので


フラップは動いても、出っ張らない形状になりまして


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (2)


メンテナンスや修理ができるように、溶接構造にせず


全部、取り外しや分解ができるように、ボルト止めで

設計した沢山の小さなパーツで構成されました


cl-m-1940-2gg (19)


cl-m-1940-2gg (17)


以前、旋盤で真鍮を削って作った、アールデコ調の

スイッチのノブと、デザインを同じで合わせて


サイズを小さくした物も、合計4個 削りだしまして


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (19)


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (20)


首を長めにした形状は、吹き出し口の

向きを調整する、操作用のレバーだそうで


このレバーも、分解や整備がしやすいように 


IMGhjdfyiuouyo@_4311 (21)


ねじ山を作って、簡単に固定できる

ボルト止めの構造で作られまして


どんなベゼル兼、吹き出し口になるのか楽しみです!


VIVA! M本さん & VIVA! S庭道場 !!!!!!!!!!



[ 2020/06/03 05:51 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY  ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した 車両の 不具合 部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (9)


ダッシュとゲージのフィッティングと、スイッチの取り付けを終え

続いて、欠品しているグローブボックスのロック製作へ


アメリカから購入したダッシュには、グローブボックスが付属せず


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (7)


単品で別の人からグローブボックスを購入しましたが


グローブボックスを閉めた時にロックするプレートが

ダッシュ側に付いていなかったので


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (8)


グローブボックスを閉めても、ロックできませんの刑。。。。。。


そこでオリジナル同様の形状に、ステンレスの板を切り出して

曲げて、穴を開けてと、ロックパーツを再生しまして


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (10)


グローブボックスを開けると、ロック部分が丸見えなので


オリジナルは鉄製ですが、ステンレスで製作して強度アップし

ポリッシュして仕上げたので、見栄えも良くなってナニヨリです


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (11)


ダッシュの裏は、フレッシュエアー用のスクープに


エアコンのエバポ、オーディオやスイッチの

電動開閉ユニットも仕込みましたし


lkkjhhhghjkl; (2)


フロントガラスの曇り取りの、デフロスターも追加したので

ダクトの数も多く、本番同様にダクトを張り巡らすと


ダッシュ裏は、だいぶ混みいって参りましたが


lkkjhhhghjkl; (3)


次は、そんなダクト達が接続される、吹き出し口の製作へ


取り付けしたビンテージエア製のエアコンユニットに合わせ

吹き出し口もビンテージエアから、色々リリースされているので


lkkjhhhghjkl; (12)


BREEZEEには、どんな吹き出し口を選んで

取り付けるのかなと思ってたら


ダッシュの下に吹き出し口を吊り下げるのではなく、


lkkjhhhghjkl; (11)


ダッシュ自体に吹き出し口を埋め込もうと、

M本さんと、S庭師範で相談してたそうで、


ダッシュの両端と、センターに合計4個、設置するそうで


lkkjhhhghjkl; (10)


40 MERCURYのダッシュには、樹脂製の装飾

ベゼルが取り付けされますが


ベゼル兼、吹き出し口を製作して、埋め込むそうで


lkkjhhhghjkl; (9)


クーラーを使うと、外気温と吐出温度の温度差で

吹き出し口や、ダクト内に結露ができるので


吹き出し口は錆びない素材で作らないといけないのと


lkkjhhhghjkl; (5)


吹き出し口兼、ダッシュベゼルの役目も果たさせるため、


素材はステンレスで、見栄えもよくて錆びない構造で

製作していくようで、どうな物になるのか楽しみです


lkkjhhhghjkl; (6)


ダッシュの構造と、ダッシュ裏のスペースを計測して

構造を検証、設計したら、ステンレス板を切り出し


ケガキを入れて、穴を開けて、ねじ山を作っていき


lkkjhhhghjkl; (7)


細かいパーツが沢山で構成されるようです


吹き出し口や、ベゼルの形状にベンダーで丸めまして

ベゼル部分はパイプをハス切りにしたのではなく、


lkkjhhhghjkl; (8)


曲げ半径やアールを合わせて、ベンダーで曲げてまして

さて、どんなベゼル兼、吹き出し口になるのか楽しみです!


VIVA! M本さん & VIVA! S庭道場 !!!!!!!!!!



[ 2020/05/29 04:31 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY  ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した 車両の 不具合 部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (2)


ダコタデジタルに オリジナルのゲージを送って、


カスタムしてもらった、”オリジナル風 HDX” と

”オリジナル風の 時計”が 到着したので


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (1)


色々とカスタム中のダッシュに フィッテイングしまして


フィッテイングも なにも、、、、そもそも、オリジナルの

40 MERC用のゲージと、ダッシュなんだから

 
、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (21)


そんなの、ちゃんと付くに決まってるでしょう!?

と、思われる方、 正解です。


うそ、、、、、 オリジナルのダッシュとゲージでも


1940-mercury-eight.jpg


何でか、付くように付けても 建付けが悪くて


写真のように、スピードメーターはあってるけど

下段のゲージは、ダッシュより奥まってしまったり


1940-mercury-eight1.jpg


ダッシュとゲージのベゼルが ピタッとフィットしなくて、

隙間が出来てしまったりするのは何ででしょう。。。。


BREEZEEのダッシュは、 アメリカでUSED品を購入し


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (20)


そのダッシュに付いていたゲージでもないので

これまで ピッタリ合っていた組み合わせでもなく


あくまでも、今回使うゲージにぴったり合うように


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (19)


ダッシュ側を板金して、フィッテイングしまして


ダコタデジタルでカスタムしたので、ゲージ側の

取り付けブラケットは、オリジナルじゃなくなったので


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (18)


ダコタデジタル側に合わせるように、ダッシュ側の

ゲージの取り付け部分も作り直しまして


お陰でダッシュに対して、ゲージがぴったり付くようになりまして


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (3)


ダコタデジタルのゲージは、マルチモニターに

様々な情報を表示できるので、


それらの表示を切り替えたり、ゲージのセッティングで


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (4)


読み込みをさせる際に使う、スイッチが付属してますが


スイッチを後付け感なく、ダッシュに埋め込むため

付属してきた取付ブラケットは使用せずに


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (5)


操作しやすい運転席側のダッシュの下側に穴を開け

スイッチの取り付け部分の形状に切り掛けを製作。


ダッシュの下側は、補強で鉄板が2枚張り合わせてあるので


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (6)


2枚分の板厚でも 取り付けできるようにひと手間掛かりますが

ブラケット無しで、ダッシュにスムーズに埋め込めまして


続いて、イグニッションスイッチと、ライトスイッチの取り付けへ


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (12)


BREEZEEで使用するライトスイッチは、


アメリカンオートワイヤーのハーネスキットに

同包されているライトスイッチを使いますが


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (14)


スイッチのノブを回すことで、ゲージの照明の

明るさを調光できるスイッチなので


スイッチの軸部分と、ダッシュに取り付ける穴には、


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (13)


ノブを回した時に スイッチが共回りしてしまわないように

切り掛けがあるので、ダッシュの穴に切り掛けを作り、


ダッシュの裏側に、切り掛けを作った補強も入れまして


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (15)


イグニッションスイッチ用の穴も、 スイッチの供回り防止で

軸部分が完全な丸ではなく、一部が掛けた月みたいな形なので


ダッシュ側も同じように、掛けた月状の穴を作りまして


、jfkfkfjkふぃついじぇう6ty (17)


ゲージのフィッテイングと、ライトスイッチ、

イグニッションスイッチの取り付けが完了です。


VIVA !  M本 さん  &  VIVA! S庭 道場  !!!!!!!!!!




[ 2020/05/27 05:31 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)