FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 58 CHEVY IMPALA

1958 CHEVY IMPALA



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


雨が 降った後、 リアシート辺りに  雨漏りした

跡が 残ってるので、 どこからか 調べたそうで


rshfgshdgh (1)


雨漏り箇所を 内張りも 剥がして 調べていったら


リアガラスの レギュレター用を メンテする際の 

サービスホールの カバーが 付いてなかったそうで


Zfasgaars (3)


窓の 隙間から 入った 雨水は、 下に 抜けて

ボディの 下から 排水されますが


カバーが ないので、 そこから 室内に 入っていたそうです


Zfasgaars (4)


反対側の サービスホールには  カバーが 付いてたので

形状を 確認したら、  左右 同じものみたいで


「  なんで こんなところの パネルが 無くなるのかな。。。 」


Zfasgaars (1)


「  付いてる パネルと 同じのを 作って 」  と 預かったので


預かった パネルを 型紙にして、 同じ 厚みの 鉄板を 使って

新しく 切り出して、 穴を あけまして

 
Zfasgaars (2)


内装を 張ってしまうと 見えない 部分なので


塗装は どうするか 考えて Y崎さんが 自分で 

手配か 塗装するそうなので


Zfasgaars (5)


とりあえず それまで 錆びないように 

錆止めを 塗っておいて、  完成


ぺらぺらの 板なので、 宅急便で 送る際に


gt5h5e4h5 (17)


折れ曲がったり してしまわないように

ベニヤに 挟んで 養生し  発送しまして


これで 雨漏りが 収まってくれることを 祈ります


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!




[ 2019/11/20 08:00 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


ペラ鳴り 修理 で  自作 加工 されていた

フロント シャフト を 交換 し  試運転 したら


huggkfuykfk (7)


以前 は 70キロ から 発生 してた  ペラ鳴り が 

100キロ を 過ぎた あたりまで 改善 されましたが


100キロ で 出られても 不快 なので、 引き続き 追及 へ

  
ryjetyjtumte (1)


次 に 可能性 が 高い テレスコ シャフト も  新品 に 交換 し


外した テレスコ シャフト を 計測 するまえに

新しい シャフト に 変えて  試運転 してみたら

 
huggkfuykfk (8)


140キロ 超えても  振動 は 出なくなったので

テレスコ シャフト も  ペラ鳴り の 原因 だったようです


では、 外した  テレスコ シャフト は 何が 駄目だったのか
 
しっかり 原因 を 解明 し、 今後 に 生かしたいと 思います


huggkfuykfk (5)


外した テレスコ シャフト は、 見た目 からは フロント シャフトの ように


ハンドメイド で  加工 されたような ものではなく

よくある、 市販品 の テレスコ シャフト のようでして


huggkfuykfk (4)


A田 くん に 旋盤 を 使って 計測 してもらったら

シャフト 自体 の 曲がり は、 0.07mm だったので


許容 範囲内 の 数値 で、  曲がり は 無し と 判断。


huggkfuykfk (3)


ですが、 シャフト の 曲がり は 無いと 判断 されましたが

ヨーク が 横 に 0.8mm ずれてる事 が 判明 し


シャフト の 曲がりこそ なかったものの、 芯 が 出てないので

高速 回転時 に 振動 が 出る 可能性 が 高い という 見解 で


huggkfuykfk (2)


加工跡 から 推測 すると、 溶接 したあとに 削ってるようですが、  

製造時 の 加工の 際に、  しっかり 芯出し が 出来てないか


穴仕上げ後 に 治具 に 載せて 溶接 してるのか のようで 

  
huggkfuykfk (6)


どちらにせよ、 テレスコ シャフト 自体 が 不良品 で、 

製造 してる メーカー の  品質 が 悪いと いうことです、、、、


特に インパラ の アフター マーケット パーツ は、 シャフト に 限らず

このような 品質 レベル の パーツ が 多い 気がします。。。。。


wragfdadf (1)


新品 パーツ を 買っても、  不良品 である 可能性 が 高いと

まさか 新品 の パーツ が  駄目だと 思わず、 迷宮入り して 


修理 する人 の 手間 も 時間 も 増えますし、  

オーナー も  お金 も 時間 も 無駄 になり、 災難。。。。


6565655_ (5)


今回 精度 が 出ている シャフト に 交換 して 解消 し、 A田 くん に 

計測 してもらって、 きちんと 数値 で 追って、 判断 が できまして


これで 今回 依頼 された 全て の 作業 が 完了し、  

Y崎 さん に 良くなった 車 を  返せて 良かったです


huggkfuykfk (9)


ペラ鳴り や、 ブレーキ の 効きが 悪い、 ペダル が 深い など

原因 を 解明 できずに、 諦めて そのまま 乗ってる人も 多いはず、、、、、


命を のせる クルマ なので、 完全 解決、 完全 解明 で 頑張ります


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2018/11/12 05:33 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


マスター シリンダー、 プロポーション バルブ 交換、

ステアリング シャフト の 組み換え を 終え


6565655_ (5)


全ての 作業 を 終えたので、 試運転 に 入りまして


ブースター、 マスター シリンダー も 黒 に なったので

エンジン ルーム は 統一 されて まとまりまして


6565655_ (1)


逆 に 天狗 マスター が 恋しい 今日 この頃 です


ギアボックス の 作動、  パワステ フルード漏れ、

ブレーキ ペダル の タッチ、  深さ、


6565655_ (2)


ブレーキ の 効き具合 や ブレーキ オイル漏れ など

近場 を 少し 走っては  潜って 確認 を 繰り返し


段々 走らせる 距離 や 速度 を 上げて いきまして


6565655_ (3)


高速道路 に 乗って、 高速域 で 長時間 走らせても

問題 が 出ないか  テスト を 進めて いきましたら


結果、  うーん、、、、、 75 マイル から  ペラ鳴り が。。。。。。 


6565655_ (7)


以前 は  50 マイル から  振動 が 出てたので

フロント シャフト を 変えて、  多少 は 良くなったけど


それでも  75 マイル から 振動 が でるのは、 

フロント シャフト 以外 にも  原因 が あるようです。。。。


6565655_ (9)


せめて 85 マイル までは  無振動 で 走れるように したいと

Y崎 さん に 状況 を 説明 してたら、 最近 タイヤ を 組み換えたら


以前 より  振動 が  酷くなった 気がするよ  と 聞いたので


6565655_ (8)


ホイール を 見たら、  4本 全て バランス ウェイト 付いてないので


タイヤ の バランス 不良 でも  同様 の 振動 が 出るので

本当 に それが 原因 なのか 確認 するため、 デイトン を 外して


6565655_ (4)


バランス 調整済 の タイヤ に 履き替えて  テスト 走行 したいけど

 
フルエングレ入り の 3桁万円 の ホイール を、 ハンマーで 叩いて

外す 作業 は、  俺 には 出来ないっす と  Y崎 さん に 言ったら、  


6565655_ (6)


あー、 そんなの 気にせず ガンガン 叩いちゃってー と 言われ、、、、、 


うーん、 考えてみれば こんな ホイール 叩けるのも  貴重な 体験だなと 

考え直して、 遠慮なく  ガンガン 叩かせて 頂きまして


trgqrggqwerafqwe (2)


ノックオフ 外したら、 ハブ の グリス キャップ が お留守 でしたので、 

在庫で あった 新品 付けて、 期待 を 膨らませて  テスト走行 に 行きましたら 


うーん、、、、、、  デイトン で 走った 時より 振動 が 出る 速度域 は 


trgqrggqwerafqwe (3)


15キロ くらい 上がりましたが、  やっぱり  振動 は 消えまめん、、、、 


先日、 フロント シャフト と  センター サポート は 新品 に 変えたので

残る 原因 の 可能性 が 高い 部分 は  テレスコ シャフト ですかね。。。。

   
ryjetyjtumte (1)


パッと見 は 問題 なさそう ですが、  目視 や スケール では

判断 しきれないので、  テレスコ も 新品 に 変えてみて


どう 変わるか、  テスト 走行 してみようと

組み換え したら、  雨 降ってきまして、、、、、


ryjetyjtumte (2)


テスト 走行 は、  後日  天気 が 回復 してからにして


外した  テレスコ シャフト は、  後ほど A田 くん に 旋盤 で 

芯 が 出てるか  測定 してもらい


fjryjyjeryj.jpg


目視 や 憶測 ではなく、  きちんと 計測 した 数値 で 

判断 したいと 思います


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2018/11/09 08:19 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


パワーブースター の 塗装 が 終わり、 戻ってきたので 

マスター シリンダー 周り の 組み換え を はじめまして


hjbjcghkcghb (2)


これまで  CPP製 の ディスク ブレーキ キット の

マスター シリンダー と  プロポーション バルブ だと


位置的 に ハイドロ の シリンダー に 当たって しまうので


hjbjcghkcghb (3)


プロポーション バルブ と  取付 ブラケット も 

WILWOOD製 に 変更 し、  


当たらない 場所 に 位置 を 変えていきます


hjbjcghkcghb (10)


ブレーキ フルード を 垂らして  塗装 を 傷めないよう 養生 し


お役御免 に なった  天狗 マスター に 続き

プロポーション バルブ と、  ブレーキ パイプ も 


hjbjcghkcghb (11)


バルブ が 変わり、  位置 や 取り回し も 変わるので


既存 ライン に ジョイント できるように  作れば 楽 ですが

ジョイント が 増えると  漏れる 要因 に なったり 


hjbjcghkcghb (4)


見た目 も よく  取り回せなく なるので


フロント 左右 の ホース までと、  リア に いく  パイプ も

助手席側 の ジョイント 部分 まで、 既存 ライン を 撤去 し


hjbjcghkcghb (5)


WILWOOD の  ブラック マスター シリンダー と

プロポーション バルブ を  組み付けしまして


プロポーション バルブ の 位置 が 変わったので  


hjbjcghkcghb (6)


ハイドロ シリンダー とも  干渉 することも 無くなりました


新しい プロポーション バルブ の 位置 に 合せて

ブレーキ パイプ も  3本 新しく  作り直しまして


hjbjcghkcghb (7)


マスター シリンダー & プロポーション バルブ 交換、

パワー ブースター の 色 変更 が 完了。


先日  Y崎 さん が 遊びに きてくれた 時に  


455656565656565656 (4)


交換 を 終えた  ギア ボックス を 見ながら


ラグジョイント や ステアリング シャフト も 綺麗 に したいな 

と 言ってたので、  純正 コラム を 使いながら


455656565656565656 (3)


綺麗 な シャフト に 組み換えできるよう 加工 することに。


作業 の 邪魔 に なるので、 組み換え を 終えた

マスター シリンダー、 バルブ、 ブースター は 取り外し


455656565656565656 (16)


ステアリング シャフト 周り も  分解 して いきまして


ギア ボックス に 接続 する  ラグ ジョイント は 

ステアリング シャフト に 溶接 されており


455656565656565656 (17)


シャフト と ジョイント を 分解 できないので、  丸ごと 撤去。


カップリング ジョイント は ブーツ が 劣化 し
 
グリス が 溶け出て、  フレーム に 垂れた 跡 沢山。


455656565656565656 (15)


これらは  綺麗 に して 組み戻すのではなく

社外品 の パーツ で 構成 し直しと しまして


オリジナル コラム の  ステアリング シャフト は


455656565656565656 (5)


カップリング ジョイント までの  1本物 なので


コラム の ロワー ベアリング の 当たり 調整 を 行う

機構 部分 を 残して、  カップリング ジョイント 前 で 切断


455656565656565656 (6)


切断 した  オリジナル の ステアリング シャフト の 外径 に 合う

社外品 の ユニバーサル ジョイント は 存在 しないので


MERC 9 の  K藤 師範 に お願いして、 合わせられるよう 
 

455656565656565656 (9)


社外品 の  ステンレス製 の ユニバーサル ジョイント を 

加工 してもらい、 オリジナル コラム に  連結 しまして


ギアボックス側 は、  ギアボックス の スプライン に 合う


455656565656565656 (8)


形状 の  ステンレス製 ユニバーサル ジョイント を 使い、  

それぞれを  ステンレス ポリッシュ の  シャフト で  接続。


NEW シャフト にしたら、  ヘダース の クリアランス が 近く


uo;uo;yuo


uol;yjk;lyu


エンジン マウント が へたったら  当たりそうなので


605 の ギアボックス を インパラ フレーム に 取り付ける

変換 ブラケット に 付属 する、  シム の 厚み を


455656565656565656 (19)


付属 していた 物 から   薄い 物 に 変えることで

ギアボックス を  フレーム側 に 寄せて  クリアランス を 確保。


シム と  コンドーム は、  薄い物 に  限ります


455656565656565656 (7)


ステアリング シャフト 周り を  オリジナル から

社外品 の ものに  変更 し、


綺麗、 スッキリ に なったので  見た目 も 良くなったでしょうか

 
455656565656565656 (11)


ステアリング シャフト 作業 も  完了 し

再び ブレーキ 作業 に 戻りまして


車 の ライン の エア抜き を する 前に  


455656565656565656 (13)


マスター シリンダー の エア抜き を しておきまして


CPP の ブースター ブラケット は  マスター シリンダー が

だいぶ 斜め に 傾く  形状 に なってるので


455656565656565656 (12)


事前 に マスター シリンダー の エア抜き を 行わないと、 


上に 傾いて  マスター シリンダー の ボア内 で

フロント側 先端 に 溜まってしまう エア が 


hjbjcghkcghb (9)


抜け切れずに 残ってしまう 恐れ が あるので 


車 に 付ける前 に、  マスター シリンダー 単体 を

平行 にして  エア抜き が 必要


ipipo@upio (7)


マスター シリンダー の エア抜き を 終えたら 車 に 組み付けし

ライン の エア抜き、  試運転 に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!


[ 2018/11/06 23:52 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


以前、  エアコン の 取り付け や、 FITECH EFI、

フロント ランナー の セットアップ などを  担当 させてもらい  


fjhdjyrdjd (1)


今回、  ブラック で 仕上げた エンジン ルーム に 合わせ

ブレーキ も  ブラック で  アレンジ し直したり


50マイル くらいから、  ペラ鳴り が 出るので 


wragfdadf (1)


修理 などを 進めるため  クルマ を 預かりまして


エンジン 周り や  フロント ランナー は 

ブラック で 統一 され カッコよくなりましたが


wragfdadf (2)


クルマ を 購入 された時 から、  赤く 塗られてた

マスター シリンダー は そのまま 残っているので 


「  天狗 か 」  と  笑ってたら、  ボコられまして、、、、


mm005_tengu.jpg


今回、  天狗 マスター から  ブラック にした  エンジン と 

雰囲気 が 合うよう  コーディネート して


WILWOOD の  ブラック マスター シリンダー に 交換 へ

   
fget.jpg


マスター、  バルブ類 も アメリカ から  到着 し


WILWOOD製 の ビレット マスター シリンダー は

CPP製 の 鋳物製 と 比べると


wragfdadf (6)


アルミ 削り出し の 機械 加工品 なので 精度 も よく、 

不良品 や トラブル も 無いので  安心だなんて  思ってたら


昨年、  WILWOOD の この ビレット マスター シリンダー の

 
wragfdadf (7)


ある ボア径 に 限ってですが、  ピストン シール 不良 で


フルード が 内部 リーク する と  リコール で 回収 になったよ と

ROADSTER SHOP から  情報 が 回ってきまして、、、、


wragfdadf (8)


対象 の ボア径 は 使ったこと 無かったので  良かったです。。。。


パワー ブースター も 取り外し、  マスター シリンダー の 

色に 合わせて  同じ ブラック に 塗装 に 出しまして


wragfdadf (5)


塗装 が 上がってきたら、  お役 御免 に なった  

天狗さん を  お山 に 帰しに いって


ブラック 仕様 に 組み換え を 進めたいと 思います


wragfdadf (9)


以前、  FITECH インジェクション を 組んだ後

試運転 してたら、  50 マイル くらいから


ペラ鳴り と 嫌な 振動 が 出てたので


wragfdadf (10)


今回、  その 修理 も  行うことと なりまして


前回 作業 したときに  下回り を 見てたら

ミッション は  TH700R4 が  積まれていますが、  


wragfdadf (11)


シフト の リンケージ や  ミッション メンバー など  

かなり  ラフ に 作ってあったので


4速化 すると  フロント シャフト の ナロード が 必要 に なりますが


wragfdadf (12)


ペラ の ナロード も、  他 の 部分 の 加工 と 同様、

ラフ な 加工 を してそうだと  想像 が 出来まして、、、、


本来 は 高速 回転 する 部分 なので、 しっかり 精度 が 出るよう  


wragfdadf (13)


機械 加工 で 芯出し したり、  加工後 には  

バランス取り も 必要 に なりますが


ペラ を 外してみたら、  想像 以上 の アバウトさ でして、、、、


wragfdadf (16)


計測 するまでもなく、 目視 でも  芯ズレ してるのが 解りますし、  

ヨーク も 角度 が 傾いて  溶接 されてまして、、、


これでは  音 や 振動 出るのも  当然 で ございます。。。。。。

 
wragfdadf (17)


適当 に 処理 してあった  フロント シャフト は 捨てて


ナロード & バランス 加工済 の 新品 シャフト、

ユニバーサル ジョイント も  新品 に 交換。


wragfdadf (14)


パワステ の 605 ギアボックス は、  


新しく 設置した  ラジエーター と  

ファン シュラウド も  逃げ加工 して  


wragfdadf (15)


作動 こそ   問題 ありませんでしたが


シール が ダメで、  内部 リーク して

フルード が 漏れて しまっていたので


fjhdjyrdjd (2)


こちら も 今回、  新品 に 交換すること と なり


今  新品 として  売られている  605 ギア ボックス は  

中古品 を 再生した  リンク品 ですが


fjhdjyrdjd (4)


リンク品 は 不良品 が 多いので、  今回 万全 を 期して

完全 な 新品、 BRAND NEW を 用意 しましたら


若干 形状 が 違ったので、  取り付け プレート を 少し 加工 しまして


hjghjdh (5)


プレート の 錆 や 汚れ を 落して  塗装 したら

BRAND NEW の  ギアボックス を 取り付け。


パワステ ホース も 新調 し、  エア抜き したら


hjghjdh (6)


605 ギアボックス の  交換 も 完了 しまして


ギア ボックス を 交換 する際、  片側 の

スウェイバー の ブッシュ が  玉砕 してて 


hjghjdh (7)


hjghjdh (8)


リンク ブッシュ も  1個   玉砕 したのか 

無くなって しまってるのを 発見 したので  


それらも  交換 進めて いきたいと 思います。


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2018/11/03 05:03 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)