FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 58 CHEVY IMPALA

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


ペラ鳴り 修理 で  自作 加工 されていた

フロント シャフト を 交換 し  試運転 したら


huggkfuykfk (7)


以前 は 70キロ から 発生 してた  ペラ鳴り が 

100キロ を 過ぎた あたりまで 改善 されましたが


100キロ で 出られても 不快 なので、 引き続き 追及 へ

  
ryjetyjtumte (1)


次 に 可能性 が 高い テレスコ シャフト も  新品 に 交換 し


外した テレスコ シャフト を 計測 するまえに

新しい シャフト に 変えて  試運転 してみたら

 
huggkfuykfk (8)


140キロ 超えても  振動 は 出なくなったので

テレスコ シャフト も  ペラ鳴り の 原因 だったようです


では、 外した  テレスコ シャフト は 何が 駄目だったのか
 
しっかり 原因 を 解明 し、 今後 に 生かしたいと 思います


huggkfuykfk (5)


外した テレスコ シャフト は、 見た目 からは フロント シャフトの ように


ハンドメイド で  加工 されたような ものではなく

よくある、 市販品 の テレスコ シャフト のようでして


huggkfuykfk (4)


A田 くん に 旋盤 を 使って 計測 してもらったら

シャフト 自体 の 曲がり は、 0.07mm だったので


許容 範囲内 の 数値 で、  曲がり は 無し と 判断。


huggkfuykfk (3)


ですが、 シャフト の 曲がり は 無いと 判断 されましたが

ヨーク が 横 に 0.8mm ずれてる事 が 判明 し


シャフト の 曲がりこそ なかったものの、 芯 が 出てないので

高速 回転時 に 振動 が 出る 可能性 が 高い という 見解 で


huggkfuykfk (2)


加工跡 から 推測 すると、 溶接 したあとに 削ってるようですが、  

製造時 の 加工の 際に、  しっかり 芯出し が 出来てないか


穴仕上げ後 に 治具 に 載せて 溶接 してるのか のようで 

  
huggkfuykfk (6)


どちらにせよ、 テレスコ シャフト 自体 が 不良品 で、 

製造 してる メーカー の  品質 が 悪いと いうことです、、、、


特に インパラ の アフター マーケット パーツ は、 シャフト に 限らず

このような 品質 レベル の パーツ が 多い 気がします。。。。。


wragfdadf (1)


新品 パーツ を 買っても、  不良品 である 可能性 が 高いと

まさか 新品 の パーツ が  駄目だと 思わず、 迷宮入り して 


修理 する人 の 手間 も 時間 も 増えますし、  

オーナー も  お金 も 時間 も 無駄 になり、 災難。。。。


6565655_ (5)


今回 精度 が 出ている シャフト に 交換 して 解消 し、 A田 くん に 

計測 してもらって、 きちんと 数値 で 追って、 判断 が できまして


これで 今回 依頼 された 全て の 作業 が 完了し、  

Y崎 さん に 良くなった 車 を  返せて 良かったです


huggkfuykfk (9)


ペラ鳴り や、 ブレーキ の 効きが 悪い、 ペダル が 深い など

原因 を 解明 できずに、 諦めて そのまま 乗ってる人も 多いはず、、、、、


命を のせる クルマ なので、 完全 解決、 完全 解明 で 頑張ります


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2018/11/12 05:33 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


マスター シリンダー、 プロポーション バルブ 交換、

ステアリング シャフト の 組み換え を 終え


6565655_ (5)


全ての 作業 を 終えたので、 試運転 に 入りまして


ブースター、 マスター シリンダー も 黒 に なったので

エンジン ルーム は 統一 されて まとまりまして


6565655_ (1)


逆 に 天狗 マスター が 恋しい 今日 この頃 です


ギアボックス の 作動、  パワステ フルード漏れ、

ブレーキ ペダル の タッチ、  深さ、


6565655_ (2)


ブレーキ の 効き具合 や ブレーキ オイル漏れ など

近場 を 少し 走っては  潜って 確認 を 繰り返し


段々 走らせる 距離 や 速度 を 上げて いきまして


6565655_ (3)


高速道路 に 乗って、 高速域 で 長時間 走らせても

問題 が 出ないか  テスト を 進めて いきましたら


結果、  うーん、、、、、 75 マイル から  ペラ鳴り が。。。。。。 


6565655_ (7)


以前 は  50 マイル から  振動 が 出てたので

フロント シャフト を 変えて、  多少 は 良くなったけど


それでも  75 マイル から 振動 が でるのは、 

フロント シャフト 以外 にも  原因 が あるようです。。。。


6565655_ (9)


せめて 85 マイル までは  無振動 で 走れるように したいと

Y崎 さん に 状況 を 説明 してたら、 最近 タイヤ を 組み換えたら


以前 より  振動 が  酷くなった 気がするよ  と 聞いたので


6565655_ (8)


ホイール を 見たら、  4本 全て バランス ウェイト 付いてないので


タイヤ の バランス 不良 でも  同様 の 振動 が 出るので

本当 に それが 原因 なのか 確認 するため、 デイトン を 外して


6565655_ (4)


バランス 調整済 の タイヤ に 履き替えて  テスト 走行 したいけど

 
フルエングレ入り の 3桁万円 の ホイール を、 ハンマーで 叩いて

外す 作業 は、  俺 には 出来ないっす と  Y崎 さん に 言ったら、  


6565655_ (6)


あー、 そんなの 気にせず ガンガン 叩いちゃってー と 言われ、、、、、 


うーん、 考えてみれば こんな ホイール 叩けるのも  貴重な 体験だなと 

考え直して、 遠慮なく  ガンガン 叩かせて 頂きまして


trgqrggqwerafqwe (2)


ノックオフ 外したら、 ハブ の グリス キャップ が お留守 でしたので、 

在庫で あった 新品 付けて、 期待 を 膨らませて  テスト走行 に 行きましたら 


うーん、、、、、、  デイトン で 走った 時より 振動 が 出る 速度域 は 


trgqrggqwerafqwe (3)


15キロ くらい 上がりましたが、  やっぱり  振動 は 消えまめん、、、、 


先日、 フロント シャフト と  センター サポート は 新品 に 変えたので

残る 原因 の 可能性 が 高い 部分 は  テレスコ シャフト ですかね。。。。

   
ryjetyjtumte (1)


パッと見 は 問題 なさそう ですが、  目視 や スケール では

判断 しきれないので、  テレスコ も 新品 に 変えてみて


どう 変わるか、  テスト 走行 してみようと

組み換え したら、  雨 降ってきまして、、、、、


ryjetyjtumte (2)


テスト 走行 は、  後日  天気 が 回復 してからにして


外した  テレスコ シャフト は、  後ほど A田 くん に 旋盤 で 

芯 が 出てるか  測定 してもらい


fjryjyjeryj.jpg


目視 や 憶測 ではなく、  きちんと 計測 した 数値 で 

判断 したいと 思います


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2018/11/09 08:19 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


パワーブースター の 塗装 が 終わり、 戻ってきたので 

マスター シリンダー 周り の 組み換え を はじめまして


hjbjcghkcghb (2)


これまで  CPP製 の ディスク ブレーキ キット の

マスター シリンダー と  プロポーション バルブ だと


位置的 に ハイドロ の シリンダー に 当たって しまうので


hjbjcghkcghb (3)


プロポーション バルブ と  取付 ブラケット も 

WILWOOD製 に 変更 し、  


当たらない 場所 に 位置 を 変えていきます


hjbjcghkcghb (10)


ブレーキ フルード を 垂らして  塗装 を 傷めないよう 養生 し


お役御免 に なった  天狗 マスター に 続き

プロポーション バルブ と、  ブレーキ パイプ も 


hjbjcghkcghb (11)


バルブ が 変わり、  位置 や 取り回し も 変わるので


既存 ライン に ジョイント できるように  作れば 楽 ですが

ジョイント が 増えると  漏れる 要因 に なったり 


hjbjcghkcghb (4)


見た目 も よく  取り回せなく なるので


フロント 左右 の ホース までと、  リア に いく  パイプ も

助手席側 の ジョイント 部分 まで、 既存 ライン を 撤去 し


hjbjcghkcghb (5)


WILWOOD の  ブラック マスター シリンダー と

プロポーション バルブ を  組み付けしまして


プロポーション バルブ の 位置 が 変わったので  


hjbjcghkcghb (6)


ハイドロ シリンダー とも  干渉 することも 無くなりました


新しい プロポーション バルブ の 位置 に 合せて

ブレーキ パイプ も  3本 新しく  作り直しまして


hjbjcghkcghb (7)


マスター シリンダー & プロポーション バルブ 交換、

パワー ブースター の 色 変更 が 完了。


先日  Y崎 さん が 遊びに きてくれた 時に  


455656565656565656 (4)


交換 を 終えた  ギア ボックス を 見ながら


ラグジョイント や ステアリング シャフト も 綺麗 に したいな 

と 言ってたので、  純正 コラム を 使いながら


455656565656565656 (3)


綺麗 な シャフト に 組み換えできるよう 加工 することに。


作業 の 邪魔 に なるので、 組み換え を 終えた

マスター シリンダー、 バルブ、 ブースター は 取り外し


455656565656565656 (16)


ステアリング シャフト 周り も  分解 して いきまして


ギア ボックス に 接続 する  ラグ ジョイント は 

ステアリング シャフト に 溶接 されており


455656565656565656 (17)


シャフト と ジョイント を 分解 できないので、  丸ごと 撤去。


カップリング ジョイント は ブーツ が 劣化 し
 
グリス が 溶け出て、  フレーム に 垂れた 跡 沢山。


455656565656565656 (15)


これらは  綺麗 に して 組み戻すのではなく

社外品 の パーツ で 構成 し直しと しまして


オリジナル コラム の  ステアリング シャフト は


455656565656565656 (5)


カップリング ジョイント までの  1本物 なので


コラム の ロワー ベアリング の 当たり 調整 を 行う

機構 部分 を 残して、  カップリング ジョイント 前 で 切断


455656565656565656 (6)


切断 した  オリジナル の ステアリング シャフト の 外径 に 合う

社外品 の ユニバーサル ジョイント は 存在 しないので


MERC 9 の  K藤 師範 に お願いして、 合わせられるよう 
 

455656565656565656 (9)


社外品 の  ステンレス製 の ユニバーサル ジョイント を 

加工 してもらい、 オリジナル コラム に  連結 しまして


ギアボックス側 は、  ギアボックス の スプライン に 合う


455656565656565656 (8)


形状 の  ステンレス製 ユニバーサル ジョイント を 使い、  

それぞれを  ステンレス ポリッシュ の  シャフト で  接続。


NEW シャフト にしたら、  ヘダース の クリアランス が 近く


uo;uo;yuo


uol;yjk;lyu


エンジン マウント が へたったら  当たりそうなので


605 の ギアボックス を インパラ フレーム に 取り付ける

変換 ブラケット に 付属 する、  シム の 厚み を


455656565656565656 (19)


付属 していた 物 から   薄い 物 に 変えることで

ギアボックス を  フレーム側 に 寄せて  クリアランス を 確保。


シム と  コンドーム は、  薄い物 に  限ります


455656565656565656 (7)


ステアリング シャフト 周り を  オリジナル から

社外品 の ものに  変更 し、


綺麗、 スッキリ に なったので  見た目 も 良くなったでしょうか

 
455656565656565656 (11)


ステアリング シャフト 作業 も  完了 し

再び ブレーキ 作業 に 戻りまして


車 の ライン の エア抜き を する 前に  


455656565656565656 (13)


マスター シリンダー の エア抜き を しておきまして


CPP の ブースター ブラケット は  マスター シリンダー が

だいぶ 斜め に 傾く  形状 に なってるので


455656565656565656 (12)


事前 に マスター シリンダー の エア抜き を 行わないと、 


上に 傾いて  マスター シリンダー の ボア内 で

フロント側 先端 に 溜まってしまう エア が 


hjbjcghkcghb (9)


抜け切れずに 残ってしまう 恐れ が あるので 


車 に 付ける前 に、  マスター シリンダー 単体 を

平行 にして  エア抜き が 必要


ipipo@upio (7)


マスター シリンダー の エア抜き を 終えたら 車 に 組み付けし

ライン の エア抜き、  試運転 に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!


[ 2018/11/06 23:52 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


以前、  エアコン の 取り付け や、 FITECH EFI、

フロント ランナー の セットアップ などを  担当 させてもらい  


fjhdjyrdjd (1)


今回、  ブラック で 仕上げた エンジン ルーム に 合わせ

ブレーキ も  ブラック で  アレンジ し直したり


50マイル くらいから、  ペラ鳴り が 出るので 


wragfdadf (1)


修理 などを 進めるため  クルマ を 預かりまして


エンジン 周り や  フロント ランナー は 

ブラック で 統一 され カッコよくなりましたが


wragfdadf (2)


クルマ を 購入 された時 から、  赤く 塗られてた

マスター シリンダー は そのまま 残っているので 


「  天狗 か 」  と  笑ってたら、  ボコられまして、、、、


mm005_tengu.jpg


今回、  天狗 マスター から  ブラック にした  エンジン と 

雰囲気 が 合うよう  コーディネート して


WILWOOD の  ブラック マスター シリンダー に 交換 へ

   
fget.jpg


マスター、  バルブ類 も アメリカ から  到着 し


WILWOOD製 の ビレット マスター シリンダー は

CPP製 の 鋳物製 と 比べると


wragfdadf (6)


アルミ 削り出し の 機械 加工品 なので 精度 も よく、 

不良品 や トラブル も 無いので  安心だなんて  思ってたら


昨年、  WILWOOD の この ビレット マスター シリンダー の

 
wragfdadf (7)


ある ボア径 に 限ってですが、  ピストン シール 不良 で


フルード が 内部 リーク する と  リコール で 回収 になったよ と

ROADSTER SHOP から  情報 が 回ってきまして、、、、


wragfdadf (8)


対象 の ボア径 は 使ったこと 無かったので  良かったです。。。。


パワー ブースター も 取り外し、  マスター シリンダー の 

色に 合わせて  同じ ブラック に 塗装 に 出しまして


wragfdadf (5)


塗装 が 上がってきたら、  お役 御免 に なった  

天狗さん を  お山 に 帰しに いって


ブラック 仕様 に 組み換え を 進めたいと 思います


wragfdadf (9)


以前、  FITECH インジェクション を 組んだ後

試運転 してたら、  50 マイル くらいから


ペラ鳴り と 嫌な 振動 が 出てたので


wragfdadf (10)


今回、  その 修理 も  行うことと なりまして


前回 作業 したときに  下回り を 見てたら

ミッション は  TH700R4 が  積まれていますが、  


wragfdadf (11)


シフト の リンケージ や  ミッション メンバー など  

かなり  ラフ に 作ってあったので


4速化 すると  フロント シャフト の ナロード が 必要 に なりますが


wragfdadf (12)


ペラ の ナロード も、  他 の 部分 の 加工 と 同様、

ラフ な 加工 を してそうだと  想像 が 出来まして、、、、


本来 は 高速 回転 する 部分 なので、 しっかり 精度 が 出るよう  


wragfdadf (13)


機械 加工 で 芯出し したり、  加工後 には  

バランス取り も 必要 に なりますが


ペラ を 外してみたら、  想像 以上 の アバウトさ でして、、、、


wragfdadf (16)


計測 するまでもなく、 目視 でも  芯ズレ してるのが 解りますし、  

ヨーク も 角度 が 傾いて  溶接 されてまして、、、


これでは  音 や 振動 出るのも  当然 で ございます。。。。。。

 
wragfdadf (17)


適当 に 処理 してあった  フロント シャフト は 捨てて


ナロード & バランス 加工済 の 新品 シャフト、

ユニバーサル ジョイント も  新品 に 交換。


wragfdadf (14)


パワステ の 605 ギアボックス は、  


新しく 設置した  ラジエーター と  

ファン シュラウド も  逃げ加工 して  


wragfdadf (15)


作動 こそ   問題 ありませんでしたが


シール が ダメで、  内部 リーク して

フルード が 漏れて しまっていたので


fjhdjyrdjd (2)


こちら も 今回、  新品 に 交換すること と なり


今  新品 として  売られている  605 ギア ボックス は  

中古品 を 再生した  リンク品 ですが


fjhdjyrdjd (4)


リンク品 は 不良品 が 多いので、  今回 万全 を 期して

完全 な 新品、 BRAND NEW を 用意 しましたら


若干 形状 が 違ったので、  取り付け プレート を 少し 加工 しまして


hjghjdh (5)


プレート の 錆 や 汚れ を 落して  塗装 したら

BRAND NEW の  ギアボックス を 取り付け。


パワステ ホース も 新調 し、  エア抜き したら


hjghjdh (6)


605 ギアボックス の  交換 も 完了 しまして


ギア ボックス を 交換 する際、  片側 の

スウェイバー の ブッシュ が  玉砕 してて 


hjghjdh (7)


hjghjdh (8)


リンク ブッシュ も  1個   玉砕 したのか 

無くなって しまってるのを 発見 したので  


それらも  交換 進めて いきたいと 思います。


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2018/11/03 05:03 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958  IMPALA COUPE



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


コアサポート の  穴 を 埋める パネル と

ダッシュ下 の パネル を  取り付け しまして、  


erywet (24)


FITECH の  セットアップ を  進めまして


合わせて、  ミッション が TH700R4 に

載せ換えて ありますが、  ギア を 入れる際


erywet (15)


シフト レバー が  とても  固いので


リンケージ を 見てみたら、  純正 ロッド を

フレーム との  リンケージ 手前 で 


erywet (17)


erywet (16)


直角 に 折って  つないで ありまして


曲がり が きついので、  スムーズ に 力が 伝わらず、 

無理 するので  固いようで


erywet (18)


ロッド は  直角 に 曲げてある 手前 で

切断 して  ジョイント を 作りまして


動き を 良くするため、 先端 を  ハイムス に 変更 し  


erywet (21)


ハイムス も  可動域 が 広くなるよう

アダプター を 介して  取り付けるようにして


フレーム を 介す  リンケージ は


erywet (22)


振りやすい 角度 に  少し 曲げて  組み付けし、


運転席 の  メーター部 に ある、 シフト 位置 を

表示 する  インジケーター とも  
 
  
dgchvbc (2)


dgchvbc (1)


動き が 合うように  調整 したら

シフト リンケージ 加工 が  完了


ATF 漏れ も 直してと  言われてたので


654545466 (27)


654545466 (28)


定番 の  スピード メーター の  ピック アップ の

シール を 交換 して


ダコタ デジタル の  スピード メーター用 の


fhhnfhjsf (17)


fhhnfhjsf (18)


センサー も  壊れてて  オイル が 漏れるので


短い ワイヤー は  使わない、  ダコタ の 

新しい  アダプター に  組み換えまして


fhhnfhjsf (19)


ガソリン タンク を  新品 に したら

ガソリン 漏れるとの ことで


そちらも  修理 進めまして


654545466 (18)


654545466 (20)


新品 なのに  フューエル ネック と  タンク の  

合わせ部分 から  漏れるので


分解 して  シール を  やり直し して


654545466 (22)


654545466 (21)


フューエル ネック と  フレーム が 干渉 してたので


フレーム の 逃げ の 切り欠き を  少し

広げて  逃がすように しまして

  
fhhnfhjsf (1)


fhhnfhjsf (2)


燃料 タンク を  組み戻しまして


ハイドロ も  オイル漏れ するとの

車高 が  下がって しまうとの ことで


656656656566 (3)


原因 調査 して、  チェック バルブ の 交換 と

フィッティング の 組み合わせ が 悪かった部分 は


新しい フィッティング を 用意 して、  組み換えし


ぴぽうい; (1)


erywet (6)


漏れ と  車高 が 下がってしまう 症状 が

改善 されたのを  確認 して


フィッティング を  クローム 処理 して


erywet (25)


組み換え しまして、  ハイドロ の 修理 も 完了


FITECH EFI の  セットアップ、  設定 も 終え

雨 が 降っていない 日 を 狙って  
  

erywet (10)


erywet (12)


約 150 km の 距離 を  走らせて、  

一般道、  高速 道路 で  試運転 続けまして


FITECH EFI、  エアコン の  テスト も 完了。


erywet (9)


これで 無事、  すべて の 作業 を  終えまして


EFI と  エアコン で、  暑い 夏 でも  

ガシガシ 乗ってもらえるように なりました


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2018/07/10 23:33 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)