ホーム > カテゴリー - 56 CHEVY BELAIR CONVERTIVLE

1956  BEL AIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、


フェンダー や  ドア と  ボディ の  チリ、

コンバーチブル トップ を  締めた時 の  


vzbxvzdggnbsgn (5)
 


フィット感 や  建て付け を  追求 し、
  


ファイヤー ウォール  から   ピラー、  サッシ、

ポスト、  キックパネル を  切り離していき


vzbxvzdggnbsgn (4)


ボディ フロント の 強度 を  落として いくと

ワイパー カウル が  空中 に 浮きまして


位置 が 解らなく ならないよう、  治具 で 固定。


vzbxvzdggnbsgn (6)


ガラス を 取り付ける  サッシ を  取り外し

空中 ダッシュ。。。。。。。   と、  なると


ナルほど、   ようやく  解りました。  


Gary-fioto-1955-ford-beatnik2.jpg


S庭 師範 が  やろうと してるのは

きっと  これだと   思います


オール  バブル ガラス  キャブ で  開閉式。


Chopit-kustom-beatnik-bubbletop-custom-car-1.jpg


これなら  サッシ も  ピラー も  要りませんし


ワイパー は  いるのか、  いらないのか  解りませんが、、、、、

これなら  あとは  ガラス が あれば  出来そうです


    
Chopit-kustom-beatnik-bubbletop-custom-car-2.jpg


中 に 浮いた ダッシュ を 見ながら、   そうなってくると、  


コンバーチブル というのか、  クーペ に なるのか、  

どっち なんですかねー って  話 してたら


vzbxvzdggnbsgn (1)


「  邪魔 です、  よそで  やって ください 」  と  怒られまして


使用 する  新品 ガラス に、  綺麗 に  サッシ や

モール が  当たるのを  目視 で  確認 出来るよう

 

新品 の  細かく 切り刻んだ  窓 ゴム を  使いながら


vzbxvzdggnbsgn (3)


分解 して  車 から 切り離された  ガラス サッシ、

モールディング を  取り付けて いきまして


ガラス と  サッシ、  サッシ と   モールディング、


20170906_180050.jpg


コンバーチブル トップ を  締めた 時 に 当たる  パネル、

トップ を  締めて、 ロック を 掛ける  フック など


それらが  ぴったり と 合う 位置 を  導き出して いきまして


20170906_180331.jpg


クルマ に 取り付けて  作業 するのでは なく

作業、 確認 が  やり易い 場所 で  組み上げたら


仮り組み した 位置 が  ずれて しまわないよう  固定 し


20170906_180053.jpg


”  フロント ガラス  ユニット ”   として、

ごっそり  クルマ に  組戻されれまして


このあと、  三角窓 なども  組み立てて  ユニット との

フィッティング を  確認 したら


20170907_200440.jpg


ユニット の カタチ に  合わせて、  分解 した

パネル類 を  組み立てて いく事 で、  


ピタリ と  合わせないと いせない 部分 に 合わせ、  

クルマ を  組み立て直す 作戦 のようです


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!


[ 2017/10/16 14:57 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIVLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BEL AIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、


ファイヤー ウォール を  ボディ から  切り離し、

ボディ フロント の 強度 を  落としたら 


IMGlkhpibph_0173 (22)


ドア、 フロント ガラス を 取り付けて

ボディ の  フィッティング を  チェック


三角窓 と  ピラー 周り の  チリ や 建付け  


IMGlkhpibph_0173 (16)


フロント ガラス は  モール も 取り付けて

サッシ や、  ダッシュ との 建付け を チェック


「  もっと  突きつめないと ですね 」  とのことで


IMGlkhpibph_0173 (17)


さらに  前側 の 解体 を  進めて いくようで、、、、、、


ファイヤー ウォール、  ダッシュ が 切り取られてる うえ

さらに 解体 を 進めて いくと
  


IMGlkhpibph_0173 (18)


IMGlkhpibph_0173 (19)


フロント ガラス を 受け止める  サッシ が 

中 に 浮いて、  位置 が  狂ってしまうので


ボディ に 治具 を 溶接 し、  固定 しまして


IMGlkhpibph_0173 (24)


IMGlkhpibph_0173 (23)


ピラー の  溶接 を  剥がし、  分解。。。。。。

  

続いて、  フロント ガラス を  取り付ける

チャンネル 部分 も  剥がされ、、、、、


IMGlkhpibph_0173 (25)


IMGlkhpibph_0173 (26)


左右 の  ピラー は  根元 から  外され


もう、  ここまで 来ると、  なんていう  パーツ か 解りませんが

内側 も  全部  剥がされ、  剥き出し に、、、、、、、


  
IMGlkhpibph_0173 (27)


フロント ガラス が 付く、  サッシ 部分 は

全周、  各パネルごと に 分解 されまして


ダッシュ の 内側 の  パネル も  摘出。。。。。。


IMGlkhpibph_0173 (28)


ドア ヒンジ が  付いている  部分 は


ダッシュ から  切り離され、  下側 も

ボディ フロア から  剥がして  摘出。。。。。


IMGlkhpibph_0173 (31)


IMGlkhpibph_0173 (32)


現在、  ダッシュ を  支えている、  

黄色く 塗装 が 終わっていた


左右 の  キックパネル 部分 も


IMGlkhpibph_0173 (29)


IMGlkhpibph_0173 (30)


残念、  それも  やっぱり  解体 され、  摘出。。。。。。


ファイヤー ウォール や  サッシ を  分解 してる

クルマ を 見たこと  ありませんが


vzbxvzdggnbsgn (7)


キック パネル も、  こんな 感じで  外せちゃうんですね。。。。。  


もう、  マグロ の 解体 ショー  みたく  なってきたので、、、、、

マグロ や  牛 みたいに、  部位 ごとに  並べて  お勉強。。。。


vzbxvzdggnbsgn (8)
 


摘出 された 部位 を  見ながら、   


へぇー、  こんな 感じ で  箱状 に して

強度 出してるんですね と   勉強 しながら


ghdxjdhmdfyukior6ydu (3)


ここは  牛 でいう、  シャトー ブリアン ですかね  とか

マグロ だと   赤身 じゃね !?   とか  盛り上がってたら、  


「  邪魔 です、  よそで  やってください 」  と  怒られまして、、、、


ghdxjdhmdfyukior6ydu (4)


S庭 師範 が  さらに  大きな  パネル を  

摘出 して  持って きまして、、、、、、


うーん、  牛 でいう  特大  肩 ロース 部分 でしょうか、、、、、、


vzbxvzdggnbsgn (9)
 


さっそく   大きな  肩 ロース に   むらがり


「  ふむ ふむ、  ここから 下 は  カルビ じゃね !? 」

とか、  「  マグロ なら、  中トロ だな 」  と  盛り上がってたら


vzbxvzdggnbsgn (12)


「  邪魔 です、  解体 します 」   と、   また 怒られまして、、、、、


大きな  肩 ロース も   溶接 が  剥がされ

袋状 に なっていた  パネル も  摘出 されまして


vzbxvzdggnbsgn (11)


あー、  肩 ロース かと  思ってたら

ワイパー カウル 部分 だったんですね、、、、、、


と、 いうことは、、、、、   ダッシュ、  ファイヤー ウォール、


vzbxvzdggnbsgn (10)


サッシ、   ピラー、   ヒンジ 部分、  キック パネル と

ボディ の 前側 が  全部  解体 されまして、、、、、、


再び、  前側 は  ナニも  ありません 状態 に、、、、、、、
 


20170817_2013441 (2)


むむむ、、、、、、、  作業 が  進んで いるのか、 後退 してるのか、  

もう よく  解りませんし、  恐ろしい 状態 です。。。。。


それでも、  S庭 師範 の 中 では、  計算 通り の ようで


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2017/10/03 14:50 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIVLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BEL AIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56  BEL AIR CONV、


フロント ガラス を 取り付ける  ウインドゥ サッシ、

ファイヤー ウォール が  ボディ から  切り離され、、、、、


20170823_141310.jpg


ひっくり返して  逆立ち の 刑、、、、、、、


カウパー氏 が  オナニー してる ところを  

奥さん に 見つかり、  逆さ に 吊るされて


20170823_141457.jpg


20170823_141512.jpg 


怒られてる  姿 と 一緒 です。。。。。。


ドア ヒンジ を  取り付ける  裏側 を

補強、  溶接 増し したら


20170824_170658.jpg


ウインドゥ サッシ 周り の  スポット 溶接 を

全部  剥がして いって


あら、、、、、  サッシ も  取り外し の 刑。。。。。


20170824_170650.jpg


20170824_170646.jpg


取り外した  サッシ や  ボディ パネル は


スポット 溶接 を  剥がした 部分 は

また  組み戻せるよう、  再生 しまして


IMGlkhpibph_0173 (20)


IMGlkhpibph_0173 (21)


ここで  一旦、  ファイヤー ウォール が   丸ごと  

取り外されて   船 みたいに なってる ボディ に


ファイヤー ウォール を  組み戻して いきます


IMGlkhpibph_0173 (2)


ボディ は  事前 に  1 ミリ 単位 で  計測 してあるので

正しい 位置 に  ぴたり と 合わせて いきます 


エンジン & ミッション は  積んだ ままですが


IMGlkhpibph_0173 (3)


ファイヤー ウォール との  位置 関係 や

クリアランス を  確認 するのに 必要 なので


この 段階 では  まだ  降ろさずに  進めます


IMGlkhpibph_0173 (15)


ボディ に  ファイヤー ウォール を  組み戻したら、  


ドア と  三角窓 の  フレーム も  取り付け して

チリ を  合わせて いきます


20170824_210809.jpg


三角窓 の フレーム は、  フロント ウインドゥ の

サッシ との  絡み が ありますので


しっかり  チリ を  合わまして


20170824_210813.jpg


フロント フェンダー や、  フロント ガラス も  

取り付けて   建て付け を  チェック。


パリっと した  コンバーチブル を  目指して   

 
IMGlkhpibph_0173 (22)


チリ、  建て付け の  良さ を 追求 して

まだ まだ、  作業 は 続きます


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2017/09/21 08:51 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIVLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BEL AIR CONVERTIBLE



  T江 さん の、  56  BEL AIR CONV  プロジェクト 


フロント ガラス や、  ガラス 周り の  モール、

フェンダー を  取り付けて   チリ合わせ  してまして、  


IMGlkhpibph_0173 (22)

  

昼休み に  ホカ弁  買いに   吉原 に  行った ついでに

ちょっとだけ   花びら 回転  して 戻ったら、、、、


あっ !  ちょっとの 隙 に   泥棒 が  入った みたいで


20170907_200433-1-1.jpg


フロント フェンダー や  ファイヤー ウォール が  無くなって まして、、、、、、


でも よく見たら、   ファイヤー ウォール は  盗られましたが

  
フロント ガラス は  残ってまして、 ナニより です。。。。。


20170907_200440.jpg


アクロバット な  スタンス で   フロント ガラス だけ 残ってますが、、、、

これでは  風通し が 良すぎて、  エアコン 効きませんね。


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2017/09/08 05:05 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIVLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BEL AIR CONVERTIBLE



  T江 さん の、  56  BEL AIR CONV  プロジェクト 


アメリカ の  ボディ メーカー が  作った、

リプロダクション の  新品 の ボディ ですが


Invmdj,MG_0148 (5)


極上 ボディ の  建付け や、 ライン、  チリ、  

スムーズ な  ドア の 開閉 などを  実現 するため、 


出来る限り  メタル ワーク で 修正 しておきます


IMGlkhpibph_0173 (1)


ダッシュ ボード を  脱着式 に するため  摘出 したら 

ボディ から  ファイヤー ウォール も  切り離されまして、、、、、


さらに そこから  スポット 溶接 を  剥がしていき


IMGlkhpibph_0173 (4)


エンジン ベイ 部分 も   切り離されまして、、、、


だいたい、  最後 に 摘出 した  この 部分 を 

”  ファイヤー ウォール ”  と  呼ぶ ことが  多いですが


IMGlkhpibph_0173 (5)


ボディ から 切り離した  ”  ファイヤー ウォール “  から 

”  ファイヤー ウォール ”  を  摘出 しました


では、  話 の 流れ が  おかしく なるので


IMGlkhpibph_0173 (6)


今回 は  あまり 呼び慣れませんが、  ”  エンジン ベイ ”

と、  呼ぶ こと に  して おきます。。。。。


エンジン ベイ を  切り離したら、  続いて


IMGlkhpibph_0173 (7)


ダッシュ ボード を  脱着式 に する  加工 に 進みまして


ダッシュ が  ファイヤー ウォール に 付いていた

部分 の 曲線 を   型紙 に  とりまして


 
IMGlkhpibph_0173 (8)


型紙 に  書き写した  カーブ に  合うように


細く  真っ直ぐ に  切り出した  鉄板

”  フラット バー ”  を   ストレッチャー と


IMGlkhpibph_0173 (9)


シュリンカー を 使って  曲げて いきまして


そういえば、  昔 ブッチャー っていう、  フォーク で

相手 を  刺す  プロレスラー いましたね


IMGlkhpibph_0173 (10)


フラット バー を  形 を 合わせて  曲げたら


ファイヤー ウォール の  接合 部分 に

溶接 して  取り付けて いきます


20170822_203043.jpg


床 に 置いた  ファイヤー ウォール に  向かい


木こり の ような  椅子 に 座って

黙々 と  溶接 を  進めて いきまして


20170822_203051.jpg


クルマ から  外してある 分、  やり易い そうですが


溶接 の 熱 で  歪んで しまわないよう

溶接 の 電流 を  15 A まで  低くして、  なおかつ


IMGlkhpibph_0173 (13)


ビート を ひくと   熱 が 入り過ぎて  歪むので、  

点付け を  繰り返して いくことで  熱 の 歪み を  抑えます


15 A で 点付けする 際 も、  時間 を 掛けると  すぐ 歪むので


20170822_203058.jpg


1箇所 の 点付け は  1秒 以内 に  終わらせます。。。。。


熱害 を 出さないよう、  15A で  1秒以内 で  溶接 していくので、  

点付け跡 は   ご覧 の 通り  とても 小さく、、、、、、


20170822_203106.jpg


照明 を 当てて、  老眼鏡 を 付けて  作業 しないと  

見ないほど の   小ささです。。。。。


数百回 の  点付け を 繰り返して、  溶接 を 終え


IMGlkhpibph_0173 (14)


ダッシュ ボード を 取り付ける  タブ が  完成。

次 は  クルマ への  組み戻し に 進みます


VIVA !  S庭 道場  VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2017/08/30 23:58 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIVLE | トラックバック(-) | コメント(-)