ホーム > カテゴリー - 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の 56 BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


ステアリング コラム も  取り付けされ


14996669999989532332 (55)


ハンドル も 仮組み されて

いよいよ、  形 に なってきまして


チルト式 ステアリング コラム に 合わせ 


14996669999989532332 (56)


フラット バー を  曲げて作った  ブラケット に


計測 した 長さ に  鉄板 を 切り出して  

ブラケット に 溶接 して、 タブ を 製作


14996669999989532332 (58)


そこに  穴 を あけて、 ナット を  溶接 して  

取り付けましたら


ゲージ から  一連 で 続いている デザイン の


14996669999989532332 (60)


ダッシュ トリム の  ステアリング コラム の 

下側 に 付く トリム の 


取り付け ボルト受け に なりまして


14996669999989532332 (61)


チリ も  建付け も、  ぴったり です


ダッシュ側 の コラム マウント ブラケット が  完成 し、 

一旦  ダッシュ を 取り外して  分解 


14996669999989532332 (81)


ダッシュ の 下側 に 空いている、 


色々 な 穴 は  穴 を 溶接 で  

埋めて  スムージング しまして


14996669999989532332 (83)


14996669999989532332 (82)


検証 した 数値 を 基 に  


型紙 を 作って、  鉄板 を 

切り出して  穴 を あけたら、 


14996669999989532332 (80)

 
角度 を 合わせて まげて

コンバー スイッチ マウント を  製作。


製作 した  スイッチ マウント用 と  


14996669999989532332 (79)


14996669999989532332 (86)


もう 2つ、 ダッシュ 下 に 穴 を 開けたら

小さな スイッチ を  取り付けまして


ダコタ デジタル の ゲージ に 使う  スイッチ ですね


14996669999989532332 (88)


14996669999989532332 (87)


スムージング した  ダッシュ 下 に


取り付けないと いけない スイッチ の

位置 が 決まりましたら

 
14996669999989532332 (89)


14996669999989532332 (90)


ヒーター を コントロール する 


レバー が 付いていた 部分 の

周辺 の 塗装 を 剥がしまして


14996669999989532332 (91)


カーブ している  曲面 を  型どり する

道具 を 使って  転写 しまして


型紙 に 合わせて  鉄板 を 切り出したら


14996669999989532332 (92)


型どり した  工具 に あてがいながら

曲げ具合 を  調整 していきまして


工具 と  ぴたりと 合うように 曲げたら、  


14996669999989532332 (93)


14996669999989532332 (94)


ダッシュ の スムージング に 使う

穴埋め用 の パネル が 完成


溶接 の 熱 での 歪み が 少なく すむよう


14996669999989532332 (95)


14996669999989532332 (96)


ぴたぴた の サイズ に 切り出しまして


それを  少しでも 歪み が 少ないように

25 アンペア という  低電流 で 溶接。


14996669999989532332 (101)


溶接 してる 時間 が 長いと、  その分

鉄 は 歪んで いくので


25 アンペア の 点付け を 繰り返して


14996669999989532332 (97)


14996669999989532332 (98)


薄物 の 鉄板 を  歪まみづらいよう


低電流 で、 かつ 早い 速度 で 

溶接 していくのは 特 に 難しく


14996669999989532332 (99)


14996669999989532332 (100)


溶接 の 中でも、  究極の 域 と 思います


しっかり 全周 溶接 したら、  溶接跡 を

綺麗 に  仕上げまして


14996669999989532332 (102)


14996669999989532332 (103)


ヒーター コントロール パネル 部分 を

スムージング が  完了 です


溶接 していない 部分 の ラウンド と


14996669999989532332 (104)


14996669999989532332 (105)


溶接 して、  熱 が 入った 部分 の

ラウンド を 比較 して、 歪み を 確認。


歪み も なく、 綺麗 に  仕上げましたら


lskjfkeld;c (14)


灰皿 部分 が  欠品 していたので


錆さび のを 使う 訳には いかないので

NOS を 見つけて きまして


lskjfkeld;c (15)


NOS が 見つかって 良かったと 思いきや

うーん、  板バネ 部分 が 折れてまして、、、、、


細かい 部分 ですが、  溶接 して  修正。


lskjfkeld;c (17)


lskjfkeld;c (18)


板バネ を 直したら、  灰皿 を 組み立てし

隣 の  グローブ ボックス も 組み付けまして


ダッシュ 下 の  スペース を 確認 したら


lskjfkeld;c (20)


lskjfkeld;c (21)


次 は  エアコン の コントロール パネル を 埋め込む 

カスタム マウント 製作 に 進みます


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/04/25 03:40 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の 56 BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


ファイヤー ウォール に  カバー を 作り


14996669999989532332 (27)


ハーネス を  エンジン ルーム と  

室内 を 通す 部分 を 作りまして


エンジン ハーネス を 取り回したら


14996669999989532332 (28)


ヘッドライト や ホーン などの  フォワード ハーネス は

ヒューズ ボックス の 裏 から  出てくるので


ファイヤー ウォール に 穴 を 埋めずに  残してある


14996669999989532332 (29)


フォワード ハーネス用 の 穴 の、 すぐ裏 に


ヒューズ ボックス と、  リレー ユニット の  形状 に 

合わせた マウント プレート を  製作 しまして


14996669999989532332 (30)


ヒューズ ボックス は、  すぐ 裏 から

配線 の 束 が 出てきて、


そこから  枝分かれ していく 構造 なので


14996669999989532332 (31)


ファイヤー ウォール に べったり 取り付け できず


裏側 の 配線 の 束 が 潰れないよう

少し  浮かせて 取り付け するので


14996669999989532332 (38)


14996669999989532332 (39)


ダッシュ から 浮かせて  プレート を 固定 する

ブラケット を 製作 して、  取り付けまして


続いて、  メーター は  ダコタ デジタル を 採用 し


14996669999989532332 (45)


メーター を 動かす、  沢山 の センサー から 

配線 が 集まってくる  モジュール は 


ダコタ デジタル を 付けてる 車 を 見てると


14996669999989532332 (46)


ダッシュ 裏 の 空いてる スペース に 設置 してますが


設置 する  スペース が 無くて、  両面 テープ や

インシュロック で とめてる クルマ も 多いです


14996669999989532332 (47)


モジュール には 配線 を 20本 以上 接続 するので

配線作業 し易い 場所 に あるのが 理想的。


狭い ダッシュ裏 の 奥のほうに 設置 すると


14996669999989532332 (48)


シート と ペダル、 コラム に 挟まれながら、 狭い 床 に 

寝転がって、 作業 するのは  毎度 たいへんなので


ゲージ裏 に  マウント を 製作 し、  設置 されまして
  

14996669999989532332 (34)


ねじ 3本 外して  ゲージ 外せば  丸見え なので

シート に 座って、  快適 に 作業 できます


続いて、  T江 さん の 56 コンバー は 豪華 装備 で


14996669999989532332 (35)


沢山 の 電気 部品 が 装着 されて、  配線 も 膨大。


そうなると、 様々な 電装品 は  ダッシュ裏 で  

電源線 や アース線 を  つなぐ 際に


14996669999989532332 (36)


電源 は 分岐、 分岐 で  たこ足 配線 に なって、、、、

アース は あちこち に 固定 してと、


ごちゃごちゃ しますし、  点検 や 修理 の 際 に

配線 を 追うのが  たいへん に なるので

 
14996669999989532332 (37)


カスタム した  ファイヤー ウォール の 形状 を

型どり したら、  鉄板 を 切り出して


ファイヤー ウォール に  マウント ブラケット を 製作し


14996669999989532332 (40)


電源線 は 沢山 接続 しても  容量 が 足りるよう 

太い 配線 で 持ってきた  ターミナル を 設置。


アース は、 沢山 接続 できる  端子台 を 設けて


14996669999989532332 (41)


配線 が 沢山 あっても  見た目 も すっきり 収まりますし


メンテ するのも、  電装品 を 追加 するのも、

これなら  作業性、 メンテナンス性 も  抜群 です 


14996669999989532332 (42)


ダッシュ裏 の 作業 は  ワイパー、  エアコン ユニット と

他 に 位置 を ずらせない、  上端 に 設置 の パーツ から 


位置 を 決めて、 ブラケット を 作っていく 作業 が 始まり、

  
14996669999989532332 (43)


取り付けされると、  それに 絡まない スペース を 使い

ブレーキ マウント、 コンピューター、 ハーネス類 と  


少しづつ  上から 下 に  降りてきまして


14996669999989532332 (44)


サイド ブレーキ の ハンドル は、 先端側 が

ファイヤー ウォール に ブラケット を 付けますが


オリジナル の ボルト & ナット 構造 では

一人 で 脱着 作業 が 出来ないので


14996669999989532332 (49)


ナット を 溶接 した  プレート を 製作 して 取り付けたり


ディマー スイッチ は、  キックパネル に 埋め込んだ

スピーカー が 出っ張り、  踏みづらく なるので

  
14996669999989532332 (50)


少し、  内側 に ずらして  取り付け し直したり と

細かい 手直し も 行いながら  設置 して いきまして


続いて、  フラットバー の 両端 を  丸く 曲げていき


14996669999989532332 (51)


穴 を 開けた  ピース も  製作 し

曲げた 部分 を 切断 したら、  


それらを 溶接 して、 接続 していきまして


14996669999989532332 (52)


ステアリング コラム は、  オリジナル から

T江 さん の ドライビング ポジション に 合わせ


FLAMING RIVER製 の  チルト コラム に 変更 するので


14996669999989532332 (53)


14996669999989532332 (54)


オリジナル の コラム より、  チルト コラム は

直径 が 太くなるので、  それに 合わせて


上側 と  下側 の  マウント ブラケット を 製作


14996669999989532332 (55)


ステアリング コラム も  取り付けされ

ハンドル も 仮組み されたので


いよいよ、  形 に なってきました


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/04/21 03:27 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の 56 BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


スマホ 死亡 に 引き続き、  パソコン も


hjhugyfyftftfy (67)


フォーマット されてしまい、 ようやく  復旧 です。。。。。


パソコン 死亡 で  BLOG 更新 できない間 は、  

インスタグラム を  更新 するように  してまして


14996669999989532332 (1)


14996669999989532332 (2)


インスタグラム ご利用 されてる 方は、 


” FITKUSTOMS.JAPAN ”  の ID で 

インスタ も  チェック なさってみて ください


14996669999989532332 (4)


T江 さん の  56 CONV 作業 は

モリ モリ  進んで おりまして


ファイヤー ウォール に 開けた 穴 に


14996669999989532332 (5)


鉄板 を 切り出して、  L曲げしたら  周囲 を 回して

一段 ふかした  耳 部分 を 作りまして


ファイヤー ウォール から  切り抜いた  鉄板 にも 


14996669999989532332 (7)


14996669999989532332 (6)


細く  鉄板 を 切り出して、  L型 に まげつつ

周囲 を ぐるっと 巻ける 形状 に 板金 し


溶接 して  合体 させて、  淵 を 付けまして


14996669999989532332 (9)


鉄板 を  丸めた  円すい状 の ピース も 作り

平面 部分 を  切り抜いて  埋め込み、


淵部分 を  フラットバー で 接続 したら


14996669999989532332 (8)


ファイヤー ウォール に  サービス ホール の

設置 と、  カバー が  完成


ファイヤー ウォール と カバー に  耳 を 付けたのは、 


14996669999989532332 (10)


製作 した カバー は、  ファイヤー ウォール に

ビス で 取り付け するように なりますが


普通 に ビス を 打ってしまうと、  裏側 に 貫通 するので


14996669999989532332 (11)


せっかく  綺麗 に スムージング して 作った、  

カスタム ファイヤー ウォール に


ビス が 見えていたら  残念 ですので、、、、、


14996669999989532332 (12)


ビス を 打っても、  裏側 が  エンジン ルーム に 出て

見えて しまわないように、  一段 ふかした 


ビス 受け の  土台 を 設けたと いうことでして


14996669999989532332 (13)


純正 の サービス ホール も  ビス止め で

エンジン ルーム側 には  ビス が 貫通 しますが


ショーカー レベル の  作りこみ に なると

細かい ところまで、  手が 掛かります。。。。


14996669999989532332 (3)


カバー に 取り付けた  円すい状 の 部分 は

一輪差し にでも  なるのかなと 思ったら


LS モーター の インジェクション 仕様 なので


14996669999989532332 (14)


エンジン ハーネス だけでも、  物凄い 量の 配線 なので、 

その束を  室内 に 取り込む 穴 に なるようで、 


純正 コンピューター用 の 配線 は、 膨大な 数なので 


14996669999989532332 (15)


それを  エンジン ルーム で 綺麗 に 取回して

ファイヤー ウォール の 外観 を 損なわずに  


うまく  室内 に 引き込む 通用口 として  活躍 します


14996669999989532332 (16)


エンジン ハーネス は、 まとめて コルゲート に 入れても  

かなり 太いので、 取り回し を 綺麗 に できるように


色々 計算 して、 不要 になる 配線 は 抜き取り、  


14996669999989532332 (17)


14996669999989532332 (18)


出来る限り、 間引きして  細い 束 に していきまして


さらに  車両 の メイン ハーネス、  ヒューズ ボックス、

リレー 基盤 と、  たくさん の 配線 も ありますし  


14996669999989532332 (24)


ダッシュ内 は  エアコン ユニット、  ワイパー KIT、


ステアリング コラム に  ペダル類 と、  

狭い 中 に ひしめきあってるので、  


14996669999989532332 (19)


14996669999989532332 (20)


ECU は、  キック パネル 部分 の 奥行 を


有効 に 使おうと  箱 を 埋め込んで 作った 

スぺース に  ブラケット を 製作 して  取り付けまして


14996669999989532332 (22)


14996669999989532332 (25)


鉄板 を 切り出して  タブ を 製作 したら


ハーネス の 束 を 取回す 部分 に 溶接 し、

ファイヤー ウォール や  ダッシュ に  


14996669999989532332 (26)


14996669999989532332 (23)


ビス止め せずに 配線 を 固定 できるように なりまして


次 は、  ヒューズ ブロック、 ターミナル の

設置 作業 を  進めていきます


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/04/17 23:55 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の 56 BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


ワイヤー駆動 から、 リンク式 の ワイパーに 変更し


hjhugyfyftftfy (45)


エアコン の エバボ ユニット が 決まったので

ブラケット を 製作 し、 取り付け されまして


続いて、 アクセル ペダル の  取り付け へ


hjhugyfyftftfy (44)


T江 さん の  56 CONV は、  LS エンジン の

フューエル インジェクション 仕様 なので


キャブレター ではなく、  スロットル ボディ が 付きまして


hjhugyfyftftfy (49)


hjhugyfyftftfy (50)


LS 3 なので、  スロットル ボディ は


アクセル ペダル に つながっている

ワイヤー や ロッド を 引くのではなく


hjhugyfyftftfy (46)


スロットル ポジション センサー を 内臓 した

アクセル ペダル を 使用 し、 


電子 スロットル を 動かす 構造 でして


hjhugyfyftftfy (47)


ペダル は、 LOKAR製 の 汎用品 を 使いますが、  


普通 に 組むと、  ファイヤー ウォール に

穴 を あけて、  ビス止め と なりますが


hjhugyfyftftfy (48)


スムージング して、 カスタム した ファイヤー ウォール に 

穴を あけて、  ビス止め してしまうと、 


エンジン ルーム側 から ビス の 頭 が 見えて しまいますし


hjhugyfyftftfy (51)


ペダル が 奥 に 行き過ぎて、  遠くて 踏みづらいので


T江 さん の 足 の サイズ を 聞いて、 

ペダル までの 距離、  床 からの 高さ、  


hjhugyfyftftfy (52)


ブレーキ ペダル との 間隔 や、


ブレーキ ペダル と 踏み変えるときに

踏みやすい 段差 具合 などに 基づいて


hjhugyfyftftfy (53)


ファイヤー ウォール に  ペダル を 

マウント する  ブラケット を 製作


今回 も、  アクセル ペダル ブラケット は


hjhugyfyftftfy (54)


ブラケット に  ペダル を 取り付ける

高さ を 変えられる 作りなので


運転 し易い 位置 に 来るように 作っていますが  


hjhugyfyftftfy (55)


オーナー の 好み や スタンス に 合わせて、

さらに 微調整 が 出来るように 作ってありまして


今回 も  ”  付くように 付ける ” ではなく


hjhugyfyftftfy (56)


” 付けるべき ところに 付ける ”  で


乗りづらいのを 我慢 して 乗るのではなく

少しでも 乗り易く 作って おいて、 


hjhugyfyftftfy (57)


T江 さん には、  いつでも 快適 に 

乗り回して 頂きたいと 思います


アクセル ペダル 位置 が 決まったら


hjhugyfyftftfy (58)


続いて、  ファイヤー ウォール 中央 に 

ケガキ を 入れたら、 鉄板 を 切り抜きまして


切り抜いた 部分 の 周囲 には


hjhugyfyftftfy (59)


切った 鉄板 を  折り曲げて、 外周 に 沿って  

溶接 して、 耳 部分 を  製作


鉄板 を 切っても  強度 が 落ちないよう 


hjhugyfyftftfy (60)


耳 を 作って  ファイヤーウォール を 補強 したら


開口 の 型紙 を とって、 その周り に  付ける  

鉄板 を 切り出しまして、


hjhugyfyftftfy (61)


鉄板 を 90度 に 曲げて  L型 に したら


型紙 の  外周 に 沿うように  シュリンカー や

ストレッチャー を 使い、  曲げて いきまして


hjhugyfyftftfy (62)


hjhugyfyftftfy (63)


先程  ファイヤー ウォール を  切開 して


補強 で  耳 を 付けた 部分 に

溶接 して  取り付けて いきます


hjhugyfyftftfy (64)


hjhugyfyftftfy (66)


小さな 耳 部分 に  ピタリ と 合うように

外周 部分 を 作れるのは さすが ですが


それを  トーチ も 入らないような  狭い スペース で  


hjhugyfyftftfy (65)


1 ミリ の 薄い 鉄板 を、 溶接 の 熱 で

歪ませないように   20 ~ 30 A という 


低い 電流値 で 溶接 していくのは  とても 難しく


hjhugyfyftftfy (68)


難儀 を  極める 溶接 作業 でして


そんな 作業 で  製作 された  小窓 と 

淵 は、  一体 何に なるのでしょうか

  

hjhugyfyftftfy (70)


僕 は  哲子 の 部屋 の 入口 か


ゲゲゲ の 鬼太郎 に 手紙 を 送るときの  

妖怪 ポスト かなと  思っていますが


hjhugyfyftftfy (69)


引き続き、  小窓 作業 を  進めていきます


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/04/09 23:59 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の 56 BEL AIR CONV、

プロジェクト 進めて おりまして


ワイパー を  ワイヤー式 から、 リンク式 に 変更 し


hjhugyfyftftfy (25)


hjhugyfyftftfy (26)


デフロスター ダクト を  4口 一体型 から

左右 2個づつ に  割って


接続口 を  エアコン ユニット に 合わせ 


hjhugyfyftftfy (19)


向き を  180度  反転 させたり

内部 に 整流板 を 取り付けたり 


助手席 の ダッシュ 裏 に  取り付ける


hjhugyfyftftfy (27)


hjhugyfyftftfy (28)


エバボレーター ユニット が  ダッシュ から 

下 に 半分 くらい  はみ出て しまうのを


少しでも  上 に 上げて 見栄えを 良くしようと


hjhugyfyftftfy (29)


hjhugyfyftftfy (30)


デフロスター ダクト の 高さ を  15mm

チョップ 加工 したり しまして


ダクト も どの 部分も 平面 ではないので


hjhugyfyftftfy (32)


hjhugyfyftftfy (33)


カーブ、 ラウンド、 円すい などが

複雑 に 絡み合う  3D 形状 ですが


ぴたりと あうよう、  鉄板 を 作り出したら


hjhugyfyftftfy (34)


風 が 漏れないよう、 全周 溶接 して

溶接跡 も 綺麗 に 仕上げまして


ワイパー リンケージ と 組み付けすると


hjhugyfyftftfy (35)


hjhugyfyftftfy (36)


ワイパー を 動かすと、  ロッド が

ギリギリ の クリアランス で かわす


絶妙 な 形状 と、 位置 で  クリア します


hjhugyfyftftfy (37)


ワイパー モーター と  リンケージ、

デフロスター ダクト の 位置 が 決まったら


それに 合せて、  エバボ ユニット に 進みまして


hjhugyfyftftfy (39)


位置 出し の 検証 作業 では、  

実際 に 使用 する エバボ を 使うと


重いし、 傷を つけてしまう 可能性 が あるので


hjhugyfyftftfy (38)


モック という、 大きさ と 形 が 

本物 と  まったく 同じですが

 
中身 が 入っていない  ダミー を 使いまして


hjhugyfyftftfy (40)


軽くて 検証 作業 が やり易い モック を 使い

位置 を 決めたら、  仮組み して


ファイヤーウォール に 固定 する ブラケット を 製作。


yjrtujetuyk (1)


ヴィンテージ エア では、  1956年 の  


ベルエア用 という エアコン キット が

発売 されて いますが


yjrtujetuyk (2)


オリジナル の ファイヤー ウォール 形状 に

合せて 作られている 製品 なので、


LS エンジン に 合せて  カスタム した

  

hjhugyfyftftfy (42)


ファイヤー ウォール の  56 CONV には 付かないので


汎用品 の エバボ で、 取付 位置 や 方法 を、

現車 の 仕様 に 合わせて


hjhugyfyftftfy (44)


最適 な 構造 に なるよう  設計 と なりました


次 は  T江 さん の 体型 に 合わせて

アクセル ペダル の 取り付け に 進みます


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/04/04 04:46 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)