FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE

1956 BELAIR CONVERTIBLE


 
T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


HRCS前にできなかった作業を進行中


575uiriutykirtuk (37)


ステアリングホイールは、オリジナルだと

パワステが付いていないので


直径を大きくして、操作時の重さを軽減していますが


fjfhkjjgkyiltulyil (1)


T江さんの56コンバーはパワステが付いているので

直径が17インチもある必要がなく


17インチだとシートとステアリングが近かったり

大き過ぎて、前方の視界の妨げにもなるので


fjfhkjjgkyiltulyil (2)


直径を1インチ小さくした、16インチの

小径タイプだと操作性も視界もよく


見た目もオリジナルそっくりなので、

違和感なく装着できまして


fjfhkjjgkyiltulyil (3)


アメリカでは、そんなオリジナル風の 


ベルエア小径ステアリングなるモノが

リリースされているので便利です


fjfhkjjgkyiltulyil (4)


ということで、小径ステアリングを用意して


T江さんからのリクエストで、黒に塗装して

装着したら、うーん、、、、、ステアリングに


fjfhkjjgkyiltulyil (5)


ホーンリングが当たってホーンが鳴るところまで、

コンタクト部分が正しく作動できませんで、、、、、


ショー前に気付きましたが、直すには


fjfhkjjgkyiltulyil (6)


ステアリングに干渉してしまう部分を

削って、形状を変えないといけないので


塗装が駄目になり、塗り直しが必要でして


fjfhkjjgkyiltulyil (7)


ショー前に塗り直しをしていると、最悪は

ショーに間に合わなくなる可能性があり


HRCSの時はホーン鳴らすこともないので

ショー後に手直しすることにして展示しまして


fjfhkjjgkyiltulyil (9)


ショー後になぜホーンリングと干渉するのか検証したら


小径ステアリングの形状が悪く、ホーンリングが

被る部分とのクリアランスが足りないので


fjfhkjjgkyiltulyil (10)


当たる部分にケガキを入れ削っていき

ホーンリングが正しく動くようになりましたが


今度はウインカーを出して曲がったあとに

ウインカーを自動で消してくれるキャンセル機構も


fjfhkjjgkyiltulyil (11)


正しく機能しないのを調べたら、社外品のコラムに

オリジナル同様のステアリングを取り付けると


キャンセルカムのガイドを取り付ける位置が悪くなり


fjfhkjjgkyiltulyil (12)


キャンセルしない位置が出来てしまうので


左右どちらにステアリングを切った時でも

正しくキャンセルするように加工となりまして


fjfhkjjgkyiltulyil (13)


売ってるパーツを買ってきて組んでも

ちゃんと動かないので手間が掛かりますね、、、、


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!



[ 2021/12/22 05:01 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



ghsthtry.jpg


[ 2021/12/12 00:59 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


ホットロッドショー前の作業を終えて


hjhfkjktukekey (1)


最終チェックと、ディスプレーに使う

スタンドや小物の準備を進めてまして


56コンバーのLSに合わせてカスタムした


hjhfkjktukekey (13)


エンジンカバーも、塗装作業を終えて


ボディ同色にペイントして、フィンの中はブラック、

フィンとシボレーのスプリクト部分は


hjhfkjktukekey (14)


塗装をせずに、アルミ地で仕上げられ

エンジンに装着されまして


ファイヤーウォール、インナーフェンダー、


hjhfkjktukekey (15)


フード裏はボディと同じカラーで塗装し


ブレーキのマスターシリンダーに、

エンジンの補機類、マスフローハウジング、


hjhfkjktukekey (16)


ラジエターやコアサポートはポリッシュで、


フードヒンジやインマニ、スロットルボディは

ブラックというコーディネートで仕上げたので


hjhfkjktukekey (17)


エンジンカバーをどう仕上げるかは


それらを組み上げたディテイールを見て

バランスを考慮しながら決めた配色で


hjhfkjktukekey (18)


塗り上がったエンジンカバーを組んだら


とてもマッチしているので、デザイン、配色とも

良い選択だったと思います


hjhfkjktukekey (11)


ビレットホイールは、くすみづらいように

ファンクルーズさんにお願いして


ガラスコーティングしてもらいまして


hjhfkjktukekey (12)


クロームばりの輝きになって戻ってきまして


ホワイトウォールの保護剤が掃除しづらい

VOUGEタイヤですが、真っ白にしていただき


hjhfkjktukekey (4)


掃除だけでも大変な作業だったと

思いますので、ありがたい限りです


今年のホットロッドショーの展示は


hjhfkjktukekey (5)


クルマがフレームやボディの裏まで、

綺麗に仕上がってるので


クルマを持ち上げて、下回りも見えるような


hjhfkjktukekey (6)


hjhfkjktukekey (7)


展示方法にすることになったので

デイスプレー用のスタンドも製作


ブースに敷くカーペットに馴染むように


hjhfkjktukekey (8)


周りは黒の生地を貼って仕上げまして


生地を貼っても、スタンドの見える部分は

艶消しの黒に塗装しましたら


hjhfkjktukekey (9)


実際にクルマを載せて、ショーでのディスプレーの

仕方の確認とリハーサルを行いまして


下回りはスポットライトで照らそうと思ってましたが


hjhfkjktukekey (10)


スポットライトの照らし方では暗くて

見づらいことが発覚しり、LEDに変更しまして


照明の設置場所や、クルマの下に敷くミラーは


hjhfkjktukekey (2)


どう配置すると、ショー当日にブースの外から

見る方々が見易いようになるか検証し


ショー搬入日にどうセットアップするか決めまして


hjhfkjktukekey (3)


搬入時に照明を変更したくても間に合いませんし、


短い時間でミスなく、しっかりディスプレーするには

ショー前のリハーサルはとても大切です


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!




[ 2021/12/04 04:52 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


ホットロッドショー搬入まで、あと5日


jgkぐきゅkrつき (1)


jgkぐきゅkrつき (2)


一昨年は、K藤さんの1940 ZEPHYRを

ベアメタルで出展した際は


膨大なメタルワーク作業に追われ


jgkぐきゅkrつき (5)


7月からホットロッドショーまで、日曜も祭日も

1日も休みなしで作業し続けて


ギリギリ間に合わせた、過酷なスケジュールでしたが


jgkぐきゅkrつき (6)


jgkぐきゅkrつき (7)


今年は10日前にほとんどの作業を終えて


今は最終チェックと、ディスプレーに使う

スタンドや小物などの準備を進めてまして


jgkぐきゅkrつき (8)


jgkぐきゅkrつき (10)


56コンバーのLSに合わせてカスタムした

エンジンカバーも、塗装作業に進み


ボディ同色にペイントして、フィンの中はブラックに


hjgukrutyk (7)


hjgukrutyk (8)


フィンとシボレーのスプリクト部分は

塗装をせずに、アルミ地で仕上げられ


あとは装着を待つのみです


hjgukrutyk (9)


ビレットホイールとタイヤも新品ですが


ラップを巻いて、汚れたり傷付かないよう

ずっと養生をしてありますが


hjgukrutyk (10)


磨きとガラスコーティングをファンクルーズさんに

依頼してショー直前で仕上げてもらいまして


いよいよな雰囲気になってきましたら


hjgukrutyk (4)


hjgukrutyk (5)


搬入クルーの入場パスを注文し忘れて

人数分、無い事が先程発覚しまして、、、、


こちらは、いやいや、、、な雰囲気になってきました、、、、、


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!



[ 2021/11/30 05:12 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


ホットロッドショーまで、あと10日となり

試乗や機関系を煮詰める作業は


tytuyruiter (6)


ショー前にやって、万が一傷が付いたり

部品を破損したりすると、ショーまでに


直す時間や部品が間に合わなかったりで

ショーでの展示が台無しになるので


tytuyruiter (5)


それらはショーを終えて、クルマも登録してから

腰を据えて行うこととしまして、


ショー前にやらないといけない作業は

ほぼ終えたので、ボディの養生を剥がして


tytuyruiter (7)


塗装作業を担当してくれたMりさんに

ショー前の磨き作業をお願いしまして


祭日ですが、MりさんとTわらさんの2名に

出張作業に来てもらい、養生を剥がして


tytuyruiter (1)


傷や汚れが付いてないかチェックしてもらい、

いくら養生をしていても、それでも付いてしまう


作業中や保管中の摺り傷、養生の跡なども

綺麗に磨いて、肌を整えてもらいまして


tytuyruiter (2)


今日磨いてもらっても、ショーまでの間の保管や

会場まで輸送したり、セットアップしてる間にも


汚れや掻き傷が付いてしまうのは避けられないので

ショー会場に搬入後も磨きに来て頂きます


tytuyruiter (3)


ビレットホイールも新品ですがくすんでくるので

ファンクルーズさんに磨きとコーティングに預けに行き


ショー直前に戻ってくるスケジュールを組みまして


tytuyruiter (4)


ショーでは一番フレッシュな状態で展示できる

スケジュール管理で進んでおりまして


いよいよな雰囲気になってきました


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!



[ 2021/11/25 05:08 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)