FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE

1956  BEL AIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


塗装前 に  全ガラス、  トリム、 モール、


kjbvgjcgkgl;; (5)


kjbvgjcgkgl;; (4)


内装 パネル も  全部 組み付けて


チリ や 建付け が 悪い ところや

組み付ける 際に、 無理 するところが 

 
kjbvgjcgkgl;; (12)


kjbvgjcgkgl;; (14)


あれば、 塗装後 に 組むときに

傷 が 付く 可能性 が あるので


無理 する 原因 を 解明 し、


kjbvgjcgkgl;; (9)


kjbvgjcgkgl;; (8)


スムーズ に 取り付けできるよう

加工 して、  手直し しましたら


塗装 の 際、  フレーム や アンダー を 塗るのに


etytrhwryj (3)


フレーム オフ しても、  塗装後 に


チリ を 合わせた 位置 に

狂いなく  組み戻せるよう


etytrhwryj (1)


etytrhwryj (2)


コア サポート や  ボディ マウント 各所 に


位置 合わせ の ガイド を 製作 し

取り付けて おきまして


ijlkljhugij; (29)


etytrhwryj (23)


これらの ガイド を 外して  塗装 しても 


記録 してある  メモ通り の 場所、

ガイド 種類 を 組み付けて


ijlkljhugij; (30)


ボディ と フレーム の 各ガイド が

位置が 合うように ボディ を 載せれば


チリ合わせ してある 位置 に 戻せるという 仕組み。


ijlkljhugij; (28)


この ボディ オン ガイド の 取り付け を 終えたら、 

クルマ は  塗装屋さん に 託しまして


面出し、 塗装、 どうか、 よろちくび お願いします


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/09/11 06:19 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BEL AIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


バンパー を 取り付けする  ブラケット が


;mghlh;ok (12)


バンパー の プレス 形状 に 合わせて

オリジナル の リプロ品 を 用意 しましたが


フレーム が  カスタム フレーム で


;mghlh;ok (14)


メイン フレーム は  ボクシング 加工 され

取り付け穴 も 開いて いないので


まずは 車 に 合わせて、  バンパー を 取り付けたい 


;mghlh;ok (13)


高さ、  前後 位置 に 合わせて

治具 を 組んで  固定 しまして


バンパー と  フレーム の 位置 関係 を 確認


;mghlh;ok (9)


オリジナル より、  カスタム フレーム の ほうが

少し 幅 が  狭いので


オリジナル の バンパー ブラケット では


;mghlh;ok (10)


幅 が  合わないことが 解ったので


フレーム に 張りつく 部分 を いじると

座りが 悪くなるので


;mghlh;ok (11)


ブラケット の 先端 は  強度 を 出すため

複雑 な 形状 に  プレス 成型 されて いますが


そこで 幅 を 広げる 加工 を 施すように しまして


;mghlh;ok (16)


;mghlh;ok (15)


カスタム フレーム に 合わせて


フロント バンパー の ブラケット 加工 と

サポート バー の 取り付け が 完了


;mghlh;ok (1)


リア バンパー も 同様 に、  取り付けたい 位置 に

バンパー を セット し、  


治具 を 作って  固定 したら


;mghlh;ok (2)


オリジナル の  バンパー ブラケット との

位置 関係 を  検証 しまして


フロント と 同じ様に  フレーム が  狭いので、   


;mghlh;ok (5)


ブラケット の  横方向 部分 を 切断 し


ブラケット と バンパー の 幅 を

どれだけ 詰めれば いいのか 確認 し


;mghlh;ok (6)


ブラケット を  ナロード 加工 しまして


手前 が  加工 を 施した ブラケット で

奥 が  加工前 の  オリジナル ですね


;mghlh;ok (3)


;mghlh;ok (4)


左右 の ブラケット を  ナロード 加工 したら


ボクシング 加工 されている  フレーム に

プラズマ で 側面 を 切り取り、 穴 を 開けて


;mghlh;ok (7)


ボルト & ナット で 固定 する 構造 から

作業 が 楽 になるよう、  


ナット を  埋め込んで  溶接 しておきまして


;mghlh;ok (8)


前後 バンパー ブラケット の ナロード 加工 と

ナット の 埋め込み 加工 が 完了


理想 の 位置 に バンパー が 付くように なりました


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/09/05 05:43 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


フロント の インナー フェンダー と 連結 する


ijlkljhugij; (48)


”  ロワー エクステンション パネル ”  を

新品 を 用意 して  取り付けようと したら


うーん、  幅 が 広くて 合いませんで、、、、


ijlkljhugij; (49)


フレーム が  コルベット サスペンション の

カスタム フレーム なので


メイン レール の 幅 が  オリジナル と 違うのか


ijlkljhugij; (50)


パネル の 幅 を  狭くしないと  フレーム と

インナー フェンダー の 間 に  収まらず


パネル の 幅 を セクショニング 加工 と なりまして

 
ijlkljhugij; (53)


ijlkljhugij; (58)


ペラペラ しないように  ブレス で 

ビード も 入っている パネル ので


どこで つなぎ直せば 良いか 考えて 切断 し


ijlkljhugij; (54)


ijlkljhugij; (57)


幅 を 詰めたい 分 だけ、  パネル の

中間 部分 を  摘出 しまして


狭めたい 幅 の 分 の 鉄板 を  抜き取って 


ijlkljhugij; (56)


ビード や プレス 形状 を 合わせて、  

溶接 したら、  溶接跡 を 仕上げまして


1mm も ない、  薄い 鉄板 なので  


ijlkljhugij; (52)


全周 溶接 すると、 溶接 の 熱 で 

鉄板 は  ベロベロ に 歪んで しまうので


歪まないよう、 通常 より  熱 が 掛からない


ijlkljhugij; (55)


技術 で 溶接 していきまして


右側 が セクショニング 前 の パネル で

左側 が 加工後 の パネル


ijlkljhugij; (51)


薄物 の 鉄板 ですが、 歪み を 出さずに


プレス が 複雑 な 部分 の  隙間 で

パネル の 幅 を 縮めて


ijlkljhugij; (59)


下側 の 取り付け穴 の ピッチ も 


オリジナル より  詰まってるのが 

お解り 頂けるると 思います


etytrhwryj (14)


パネル を 取り付ける ブラケット は

カスタム フレーム には 付いて いないので


厚さ の 厚い 鉄板 を  H型 に 切り出し


etytrhwryj (13)


それよりも 少し  厚さ の 薄い 鉄板 を  

Hの 切り欠き部分 の サイズ で 切り出し


それぞれを  溶接 して 接合 しまして


etytrhwryj (16)
  

それを  斜めに 切断 した  二つ と


真ん中 で 半分 に 切り分けて  

折り曲げた  二つ を 作りまして


etytrhwryj (15)


厚さ が 違う 鉄板 を 組み合わせることで


一段 下がった 部分 には、  パネル を 固定 する 

”  ビス の 受け ”  が はまる 溝 が 出来まして


etytrhwryj (17)


ビス を 締めたときに  受け が 回ってしまうことも 

ずれて しまうことも なくなり、  しjっかり 固定 でき


作業性 も  見た目 も  完璧 です

  
etytrhwryj (21)


斜め に 切った ものは  フレーム の

メイン レール に 溶接 し、


ロワー側 の 内側 の 固定 ブラケット に なりまして


etytrhwryj (22)


真ん中 で 切断 し、 折り曲げた ほうは


フェンダー の ボトム 部分 を 固定 する

ブラケット と なりまして


etytrhwryj (25)


ロワー側 を  製作 した ブラケット に 固定 し

上側 は インナー フェンダー に ビス止めし


幅が 大きくて 付かなかった エクステンション パネル も
  

etytrhwryj (26)


etytrhwryj (27)


セクショニング 加工 を 施すことで

無事 取り付け が 完了 しまして


1mm 以下 の  薄い パネル ですが 


etytrhwryj (24)


etytrhwryj (28)


この パネル を きちんと 付けることで、  フェンダー と

インナー フェンダー、  フレーム が 接合 され


フロント ボディ の 剛性 が 保たれるので  重要 ですね


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/08/31 08:03 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BEL AIR CONVERTIBLE




 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


塗装 に 出す前に  燃料 タンク も 組み付けし


ijlkljhugij; (31)


塗装後 に 組み立てたら、  問題 ありました、、、、

と、 ならないよう  確認 しましたら


リプロ品 の 新品 ですが、 オリジナル構造 の ボディ に  


ijlkljhugij; (32)


コルベット の サスペンション を 組み込んだ

カスタム フレーム なので


燃料 タンク は  オリジナル を 使わない 想定 だったのか


ijlkljhugij; (33)


給油口 と タンク を 接続 する  給油 パイプ、

”  フューエル ネック ” を 通す 部分 に


クロスメンバー が あって、  組めません の 刑


ijlkljhugij; (34)


オリジナル の 燃料 タンク、  フューエル ネック を

使うのを 辞めるか、  フレーム を 加工 するかで


フレーム を 加工 することを  免れらなく なりまして

 
ijlkljhugij; (36)


フューエル ネック を 通す  スペース を 作るため

フレーム の クロスメンバー を  ノッチ 加工。


メンバー の 高さ を 下げる為、  えぐるように 切開 し


ijlkljhugij; (37)


ijlkljhugij; (38)


切りっ放し だと  強度 が 落ちるので


切開 した 部分 に  蓋 を して

えぐれた 形状 にする 鉄板 を 作り

 
ijlkljhugij; (39)


全周 溶接 して   接合 しまして


ボディ と  フレーム の 狭い 隙間 の 中で 

TIG 溶接 するのは  極めて 難儀 なので


ijlkljhugij; (41)


フレーム オフ して、  上 に ボディ も 何もなくて

作業 が し易い 状態 で  溶接 したかったのですが


チリ合わせ、  建付け 調整 を 終えた 状態 の 今 は


ijlkljhugij; (40)


この後、 フレーム オフ して  塗装 した 後 に


合わせた チリ、  ボディ の 建付け 通り に

狂わずに  組み戻せるよう  治具 を 作り


ijlkljhugij; (46)


対策 を するので、 それまで フレーム オフ 

したく ありません ということで  


狭い スペース で  溶接、  仕上げ と なりまして


ijlkljhugij; (47)


同様 に  ファイヤー ウォール下 に 付く

サイド ブレーキ の  ワイヤー を 通す


ガイド ローラー ブラケット が  フレーム に 近く、


ijlkljhugij; (42)


そのまま だと、 メンテナンス性 が 悪いので と

 
こちらも  フレーム を  改造 して

スペース を 作ると  切開 し

 
ijlkljhugij; (43)


フレーム を 切開 して 凹ませた 形状 に なるよう

鉄板 を 切り出して  蓋 を 作り


狭い スペース で  溶接、  仕上げ と なりまして


ijlkljhugij; (44)


こちらも  フレーム は  ボディ と 近くて  


溶接 トーチ や  ディスク サンダー も 

入らないほど  狭い 場所 でしたが


ijlkljhugij; (45)


それでも  いつもと  変わらずの  溶接、  

綺麗 な 仕上がり は、  流石 です


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!




[ 2018/08/28 04:39 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956  BELAIR CONVERTIBLE



 T江 さん の  56 BEL AIR CONV、

プロジェクト  進めてまして


塗装 に 出す前に  サイド モール の

 
etytrhwryj (4)


フィッティング を  確認 しておきます


この 56 CONV の サイド モール は

オリジナル の モール を  アメリカ で


etytrhwryj (5)


傷 や 凹み の 修正 を したのち

ポリッシュ して ありまして


フロント フェンダー は  左右 NOS。


etytrhwryj (6)


しかも  ベルエア用 ではなく、  210用 なので

グレード違い で  サイド モール が 異なり


フェンダー に 開いている、 モール穴 が 合いません


etytrhwryj (10)


62年前 の  デッドストック の  フェンダー が

左右 付いているだけ  奇跡 なので


ベルエア用 じゃないじゃん と  文句 言えませんし


etytrhwryj (9)


モール も 一見  綺麗 に 見えますが


ポリッシュ する際 の バフ 作業 で 

熱 を 入れ過ぎて、  歪んでたり


etytrhwryj (7)


etytrhwryj (11)


曲がったり している 部分 も あるのでと


鏡面 仕上げ で  モール 修正 する

S庭 師範 の  厳しい チェック を 受け


etytrhwryj (8)


塗装前 に すべての モール を  取付し 


モールクリップ の 穴位置 が おかしく ないか

モール が 歪んでたり、 曲がってたり で


etytrhwryj (19)


建付け が 悪い 部分 が ないか  確認 し


塗装前 に ボディ の 穴 を あけ直したり

溶接 して  埋めたり と 加工 しまして


etytrhwryj (20)


ボディ に 開いている  モールクリップ の 穴 と

まったく  ライン が 合わなかった


クォーター パネル の モール は、  


dghsryshjr (2)


モール側 の 歪み が 原因 と 突き止め


モール を 曲げて  正しい 位置 に 

来るよう、   手直し しまして


dghsryshjr (1)


dghsryshjr (3)


ダッシュ も  リプロ の 新品 トリム を

ピタリ と 合うか、  現物 で 確認 しまして


次 は アンダー カバー の 取付 に 進みます


VIVA ! S庭 道場  
   VIVA !  T江 さん !!!!!!



[ 2018/08/22 05:29 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)