FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 56 CHEVY BELAIR CONV

1956 BELAIR CONVERTIBLE


 T江さんの 1956 BELAIR CONV


ハイカムやチューンドされている

550馬力オーバーのエンジンは


IMG_42erewtwtwer24 (4)


街乗りしやすいようにエンジンを

丸ごと載せ替えとなりまして


ストックのクレートLS3エンジンに変更


IfghdghgMG_0477jgfg (426)


エンジンを始動させ、エアコンの冷媒を補充したら


ECUをストックエンジンのデータに変更し

エアクリーナーやインテークパイプ、


IfghdghgMG_0477jgfg (17)


エキマニやマフラーが純正ではないので 

現車の仕様に合わせて書き換えながら


高速走行時や、酷暑日の一般道や渋滞中、


IfghdghgMG_0477jgfg (18)


一気に加速したり、バックで徐行走行時など


パソコンを繋いでライブデータを取りながら

様々なシチュエーションを試していき


IfghdghgMG_0477jgfg (19)


走っては書き直して、煮詰めていきまして


現行車と変わらず、普通に乗れるレベルに

仕上がってきたので、調整作業も大詰めです



[ 2022/08/21 09:15 ] 56 CHEVY BELAIR CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

5月末に納車させて頂きましたが


チェックランプ点灯と、プラス


IMG_42erewtwtwer24 (105)


ATF漏れが発覚し、預かって修理へ


ATF漏れは調べたらミッションの

リアシール付近からで


IMG_42erewtwtwer24 (104)


IMG_42erewtwtwer24 (103)


ミッションは完全な新品でしたが

シールがダメってあるんですかね、、、、


アメリカから、純正シールを取り寄せし


IMG_42erewtwtwer24 (106)


シール交換をしたら、エンジンチェックランプが

点灯した原因と、対策に進みまして


チェック点灯の原因は、ハイカムを組んだ 


IMG_42erewtwtwer24 (12)


550馬力オーバーのチューンドエンジンで

なるべく街乗りしやすいように


燃調を薄めに書いていたそうですが


IMG_42erewtwtwer24 (1)


気温や走行状態など、条件がそろうと

純正ECUの補正値を超えるときがあり


その時にエンジンチェックが点灯するそうで


hjhfkjktukekey (14)


当初、セッティングが煮詰まって来るまで

濃い目で走っていた時があったので


O2センサーにススが溜まっている恐れがあると


hjhfkjktukekey (17)


スパークプラグや、O2センサーも新品に交換


その後、試運転してデータを取りながら

ロムを上書きしていきましたが


IMG_42erewtwtwer24 (2)


乗りやすいところまで、中々辿り着けず


この先もベストなセッティングまで

煮詰めるには時間が掛かりそうなのと


IMG_42erewtwtwer24 (3)


街乗りしづらかったり、扱いがシビアな

チューンドエンジンはT江さんにとっても


望ましくないということで、ハイカムはやめて


IMG_42erewtwtwer24 (4)


ノーマルカムに戻そうと方向転換しまして


カムを注文しても、アメリカからはすぐに

来ないので、最短で解決するために 


IMG_42erewtwtwer24 (5)


フィットに在庫がある、クレートLS3エンジンに

丸ごと載せ替えることなりまして


仕上がっているショーカーのエンジン積み替えは


IMG_42erewtwtwer24 (9)


痺れる作業ですが、よくよく養生をして


ボディやパーツに当たったりしないよう、

4人掛かりで全方向から注視しながら


IMG_42erewtwtwer24 (6)


慎重にエンジンを降ろしたら、新しいエンジンに


センサーやマウント、フロントランナーなど、

組み替えて準備しまして


IMG_42erewtwtwer24 (7)


クランキング前に、バルブ周りまで

オイルを回しておきたいので


圧送専用のポンプでオイルを注入し


IMG_42erewtwtwer24 (8)


エンジン搭載時も、ボディやパーツに

当たったりしないよう、


4人掛かりで慎重に搭載しまして


IMG_42erewtwtwer24 (10)


傷を付ける事なく、積み替えできてナニヨリ。。。。。


エンジンを始動させたら、ECUの補正と

エアコンの冷媒補充を進めていきます


[ 2022/07/31 11:34 ] 56 CHEVY BELAIR CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE




 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


HRCS前にできなかった作業を進めて


etewrtyetyweyr (8)


いよいよ、納車の段取りとなりまして


LSエンジン、6速オートマのセッティングは

純正のコンピュータを使って


etewrtyetyweyr (4)


一般道や高速道路を走らせながら

データを収集して、書き込んでいくので


陸運局で登録をしてから、公道を走らせ


etewrtyetyweyr (5)


フィットで出来るだけの調整をしましたが

煮詰めきれない部分があるので


神奈川県のオートコンセプトジャパンさんに依頼し


etewrtyetyweyr (7)


フィットでうまくセッティングしきれなかった部分は

しっかり原因をつかんで指摘して頂き


こうあるべきだという調整に仕上げて頂きまして


etewrtyetyweyr (9)


かなりのハイカムが組まれているので

アイドリングや走りにクセがあって


沢山勉強しながら挑みましたが


etewrtyetyweyr (10)


ちょっと勉強したくらいで一流の調整が

出来るほど、あまい世界ではないですね、、、、、


オートコンセプトジャパンさんにお願いして


etewrtyetyweyr (11)


調子良く仕上げてもらったお陰で、エンジンは

550馬力くらい、出力しているそうで


試運転を重ねていたDAICHIも、過去に乗ってきた


etewrtyetyweyr (6)


クルマの中で、ダントツ1番速いと感激してまして


良いクルマを作るには、自分達は得意なところを

頑張り、足りないところは専門家の力を借りて


etewrtyetyweyr (3)


一流の技術を結集していかないとなしえませんね


今回、オートコンセプトジャパンさんにお願いして

沢山勉強させて頂いたり、56コンバーでは 


etewrtyetyweyr (12)


この後も、もっと良くなるようにサポート頂いたり

次の車以降も協力頂けることになり


クルマの馬力同様、僕らのやる気もアップしまして


etewrtyetyweyr (13)


56コンバーのコンピューターは走った分だけ

学習して調子が良くなっていくので


納車までに走らせた総走行距離は、約630km


etewrtyetyweyr (14)


試運転中に傷や汚れがつかないように

養生していたのを剥がして洗車したら


アメフェス前日に満を持して納車となりまして


IMwrfrwhttrjryG_2830 (1)


群馬県の御自宅まで届けにいくと、ボディや

ガラスにホコリや虫が沢山ついてしまうので、


到着寸前で停めて洗車してたら、およよ!?


etewrtyetyweyr (15)


まさかのエンジンチェックランプ点灯、、、、、、、


絶好調で走ってきたのに、しかもナゼに今⁉

という感じですが、原因の把握と対策をとり


etewrtyetyweyr (16)


T江さんにクルマとオーナーズマニュアルをさおめて、

各部の取扱説明をさせてもらいまして


翌日は、御友人と富士まで行ってきたそうで

天気も良かったので、ナニヨリです


etewrtyetyweyr (17)


この後、3ヶ月点検のタイミングで各部の点検と、


走った分のデータ収集を基に、さらに調子が

良くなるよう、ECUをアップデートしたいと思います


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!


[ 2022/06/03 08:22 ] 56 CHEVY BELAIR CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


HRCS前にできなかった作業を進めて


IMG_108fdgyety6 (3)


いよいよ、登録の段取りとなりまして


陸運局に持ち込んで、各種法令に

適合しているかの検査を受けるため


IMG_108fdgyety6 (4)


早く検査の予約がとれる神奈川県の

陸運局に予約、持ち込みとなりまして


検査日があいにくの雨に重なってしまい


IMG_108fdgyety6 (9)


絶対に濡らしたくないショーカーですが


検査日をずらすわけにもいかず、しかたなく

本降りのなか、朝一に神奈川へ向かいまして


IMG_108fdgyety6 (5)


道中、なにかトラブルがあってもいいように

工具や部品を積んだサポートカーで僕も帯同


朝の首都高速は通勤の車で渋滞が酷いので


IMG_108fdgyety6 (6)


1時間半くらい掛かって到着となりましたが


その間、雨に打たれていても室内に雨が

入ってくることはなかったそうで


IMG_108fdgyety6 (7)


検査を終えたあとの帰り道は渋滞もなく、

快適に高速道路をドライブして帰りましたが


高速道路を走っていても、風切音がしないと


IMG_108fdgyety6 (8)


運転していたDAICHIが驚いていまして


66年も前のクラシックカーで、しかも

コンバーチブルなのに、雨漏りも


IMG_108fdgyety6 (1)


風切音もしないように作れるS庭道場はスゴイです


ボディを粉々にして組み直したり、各所のチリや

建付け、ウェザーストリップの当たりなど


IMG_108fdgyety6 (2)


とことん突き詰めて妥協せずに作っていくと

こうなるんだなと実感させられまして


雨だったからこそ解った最大の収穫でした


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!



[ 2022/04/30 07:38 ] 56 CHEVY BELAIR CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


HRCS前にできなかった作業を進行中


@い@「うお (2)


新品をセラコートしたのに、タイコ内から

カラカラ音が出るので、使用を中止し


再びアメリカから新品を取り寄せて交換。。。。。


202203051DAICHI3290569b (2)


ステアリングギアボックスも新品なのに

シール部分からオイルが漏れるので


こちらもギアボックス交換となりまして、


202203051DAICHI3290569b (6)


せっかく合わせたアライメントもやり直しになり

トーイン調整をやり直しへ。。。。


アライメントを合わせたら、試運転へ出かけまして


202203051DAICHI3290569b (4)


まだエンジンのセッテイングが煮詰まっていないのか

出だしはちょっとかったるい感じがありますが


ブレーキのタッチもよく、さすが6速オートマ


202203051DAICHI3290569b (5)


変速に気付かないスムーズさでナニヨリ。


戻ってエンジンのセッテイングを煮詰めようと思ったら、

うーん、何か漏れてますけど、、、、!?


202203051DAICHI3290569b (8)


202203051DAICHI3290569b (9)


見るとブレーキオイルが漏れており、

辿っていくと、マスターシリンダー辺りで


調べたらブレーキスイッチ用の圧力スイッチで


202203051DAICHI3290569b (10)


ブレーキを踏んでテストしても漏れませんが


エンジンを始動させて油圧ブースターで加圧すると

スイッチの端子の根元部分から滲んできまして


202203051DAICHI3290569b (11)


一流メーカー”WILWOOD”の新品を組んでいますが

ここでも製品不良の洗礼を受けまして、、、、


これまで沢山使ってきたパーツで、スイッチから


202203051DAICHI3290569b (12)


漏れたこともありませんでしたが、

ギアボックス、タイコに続き、


製品不良の引きが強くてナニヨリです。。。。


202203051DAICHI3290569b (13)


新品のスイッチに交換して再発されたら

それこそ地獄なにで、スイッチは外して


今回はステンレス製のメクラを取り付けし


202203051DAICHI3290569b (15)


もう2度と漏れさせないぜ!と意気込んでたら


おおおっ!? 今度はリビルト済のリアエンドの

ピニオンシールから漏れが発覚しまして


202203051DAICHI3290569b (1)


シールは日本に在庫がないのでアメリカに注文しまして

流石の引きの強さに痺れます。。。。。。


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!


[ 2022/03/16 10:00 ] 56 CHEVY BELAIR CONV | トラックバック(-) | コメント(-)