FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN

1937 ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


jhjsfjs (1)


エンジン、 ラジエーター を 搭載 し、

マフラー、 ブレーキ ライン を 作ったら


一旦 エンジン、 ミッション 分解 し


jhjsfjs (6)


ラジエター も ブレーキライン も マフラー も

全て 取り外しして、 フレームだけに したら


LS化 して、 不要 に なった 穴 を 埋めてもらい


jhjsfjs (11)


ディマー スイッチ の 位置 も、 ZEPHYR 純正 の 

位置 だと  踏みづらい とのことで、  


よくある 左足の 奥に 移設して 使わなくなった 穴も 埋め戻し


jhjsfjs (3)


元々 ブレーキ の マスター シリンダー が アンダー フロア だったのを 

ファイヤー ウォール式 に 変更したので  


フロア に あった 点検口 の 穴も 不要に なり、 埋戻しまして


jhjsfjs (4)


ファイヤー ウォール は 綺麗 に スムージング と なりまして 


不要 に なった 穴 は、 合計 75個、、、、、

ぐんなりする 数ですが、  全て 埋めて頂きまして


jhjsfjs (11)


ファイヤー ウォール の スムージング 処理 が 完了。


続いて、 電子制御 の LS3 エンジン を 搭載するので

コンピューター やら 大量の センサー の 配線 を


jhjsfjs (8)


jhjsfjs (7)


室内 と エンジン ルーム間 を 通せる 穴 を 

コネクター も 通る 大きさで 開け直し


熱気 や 臭いが 入ってこないよう、 カバー も 製作


jhjsfjs (9)


モジュール や  バッテリー の 設置場所 も 決まり


バッテリー は トレイ、  おさえ の ブラケット も

製作 してもらったので、 新バッテリー も 注文 しまして


jhjsfjs (10)


エアコン と ヒーター の 配管 を 室内 と

エンジン ルーム に 通す 部分 は


両側 から ホース を ナット で 取り付け できて


jhjsfjs (2)


整備性 も 見た目 も よくなるように

バルクヘッド の プレート を 使うので、 


配管 を 綺麗に 取り回せる 位置に 取り付けし


jhjsfjs (12)


ファイヤー ウォール は 綺麗 に スムージング し

塗装し直す 準備が はじまりまして


穴埋めした 面は、 パテで 下地 を 整えていき


jhjsfjs (13)


まずは 黒サフ が 塗られたようで、 この後も

エンジンルーム も 綺麗に なっていくようで 楽しみです
 

VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/04/16 08:58 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN


 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


utkyukryi.jpg


先日、 オーナー の Mり さん と  一緒 に

KS さん に お邪魔し、 作業の 様子を 見たり


今後 の 作業 の  打ち合わせ してきまして 


rtueryueryu (3)


シート の 位置 や、  アクセル、 ブレーキ の ペダル 位置

ステアリング の 位置 など 決めてきまして


平均的 な 位置 で 仮組み してもらって いましたが


rtueryueryu (1)


アクセル は  奥に  3cm ずらして、 左 に 2cm 移動。


ブレーキ ペダル は  奥行 そのまま で 左 に 1cm 移動 し、  

Mり さん 納得 の  ベスト ポジション と なりまして 


rtueryueryu (2)


やっぱり 皆さま、 それぞれ 好み の ポジション ありますよね。


”  自分の 好みで、  クルマ を 創る ”  と なると

その辺も こだわれるのが いいところです


rtueryueryu (4)


ずっと リフト に 載せて 作業 していましたが


足回り、 下回り の 作業 も ひと段落 し

タイヤ を 装着 して  接地 させまして


rtueryueryu (6)


車高 の 具合 も 狙い通り だったので


コイル オーバー の バネレート の 計算 も 

うまく いったようで  ナニヨリ です


rtueryueryu (7)


LS3 エンジン の 吸気 パイプ も  少しづつ

部品 が 到着 してきたので、  配置 と 組み立てへ


出来るだけ コールドエア を 吸わせられる ようにと


rtueryueryu (5)


エアフィルター は  ラジエーター より 前に 設置し


前すぼまり の 狭い エンジン ルーム ですが、 

何とか パイピング で 取り回して もらいます


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/04/06 01:35 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN




 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


sgas (1)


エンジン カバー の 取り付け を したら


パワー ブレーキ の ブースター を 

9インチ の デュアル に 変更 し、 


sgas (2)


WILWOOD の マスター シリンダー と

プロポーション バルブ を 組んだら


ブレーキ パイプ 製作 も はじまりまして


sgas (3)


フロント の MUSTANGⅡ クリップ から

WILWOOD の キャリパー への ホース、


リア セクション への パイプ 製作 と 進んでいき


sgas (4)


デフ に 渡って、 リア も  贅沢 な WILWOOD の 

ディスク ブレーキ 仕様 に 接続 され


パーキング ブレーキ も 付いているので


sgas (6)


LOKAR製 の ユニバーサル ケーブル を 使い


純正 の パーキング ブレーキ レバー から

FORD 9” デフ まで ケーブル を 取り回し


ブレーキ ライン、 パーキング ブレーキ ケーブル も 完了


sgas (5)


今週は、 Mりさんと 作業の様子を 見に行く 予定でしたが 


翌週 に 延期に なったので、 来週 訪問 して

シート、 ペダル、 ステアリング位置など 決めていきたいと 思います

 
VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/03/29 01:32 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN




 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


6565656565665656121 (6)


新しい チルト式 の ステアリング コラム と


アッパー & ロワー の マウント ブラケット も

取り付け が 終わり、 ステアリング も 仮組み。


6565656565665656121 (4)


室内側 の ステアリング装置 の 配置 が 決まったら


エンジンルーム側 の ステアリング シャフト の

取り回しと、 振動 を 吸収する ダンパー を 取り付けし


6565656565665656121 (11)


シフター は、 オリジナル が  フロア シフト で

シフター ロッド が スワンネック なので、


オリジナル の 3速 ミッション から 4L60E化 しましたが

 
6565656565665656121 (1)


なるべく オリジナル然 として 収まるように


同じ スワンネック タイプ の LOKAR製 の

ノスタルジック シフター で セットアップ

  
6565656565665656121 (2)


シート の 座面 までの 高さが 高い 構造 なのと

シートレール が 固着 していて 動かなかったので


シフター を LO まで 落すと シート に 当たるわなと

 
6565656565665656121 (8)


シートレール を 分解 し、 きちんと シート が

前後 に スライド するように 直して もらいまして


ミッション と シート の 位置 関係 も 把握 できたので


6565656565665656121 (7)


続いて ミッション の カバー の 製作 へ


ミッションの 上の 部分の 床が 取り外せる 構造で

メンテナンス し易くなっているのは オリジナル からですが

  
6565656565665656121 (9)


ミッション 自体 が 小さい、 3速 マニュアル ミッション から


4L60E化 したことによって、  ミッション ケース自体 が

大きくなった 影響で、 かなり 上まで 立ち上がってるので


6565656565665656121 (10)


それを カバー する 形状 に 作り直さないと いけませんが


あまり 大きくすると、 アクセル ペダル の 邪魔に なりますし

ミッション カバー の 上には センターダッシュ が 付くので


fjryths (6)


それらに 影響が 出ないよう、 最小限 の 大きさで


なおかつ シフター の メンテナンス や、 ブーツ の

取り付けも 出来るよう、 鉄板 から 製作と なりまして


dagrga (10)


フューエル インジェクション の LS3 搭載 に 合せて


燃料ポンプ を 高圧の 電動タイプ に 変更 し、  

タンク内に 埋め込んで インタンク化 しましたが


fjryths (3)


燃料 タンク の 上面 には、 埋め込んだ ポンプ の

イン と アウト、 圧抜き の 配管 を 取り付けるので


配管類 を 取り回す スペース の 高さを かせぎつつ

タンク を クルマ に 取り付けた後でも 配管 出来るよう


fjryths (4)


トランク内 から アクセス 出来る サービス を 設けて

その カバーも 鉄板 から  製作 と なりました


フロント フレーム作業 や エンジン スワップ の 際


etyetyqet (3)


ボディ が フレーム に 溶接 されている 構造の ゼファーは


インナー フェンダー が 付いたままだと、 フェンダー を 

外しても エンジン ルーム に アクセス できず


etyetyqet (2)


作業 効率 が とても 悪いので、 横からも 作業 が し易いよう、

予め、 インナー フェンダー を 大きく 切開し  摘出してまして


MUSTANGⅡ化 に 伴い、 アッパーアーム の 位置も 変わり


]o@hy (1)


新しい サスペンション 構造に 合せた 形状 や、 アライメント調整や

メンテナンス が やりやすい 構造の インナーフェンダー に するには


摘出 した インナーフェンダー を 再利用 しながら 加工するより


]o@hy (2)


全て 新しく 作ってしまった方が 良い物が 作れるとのことで

MUSTANGⅡ用 で、 脱着式 インナーフェンダーを 製作


今週は、 Mりさんと 作業の様子を 見に行く 予定なので 楽しみです

 
VIVA !  KS BODY WORKS !!!!



[ 2019/03/20 05:27 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 ZEPHYR SEDAN



 Mり さん の  1937  ZEPHYR、  4ドア セダン  


愛知県 の KS BODY WORKS さん に お願いして

新しい プロジェクト を 進めて もらってまして


tuigh.jpg


LS3 エンジン を 搭載 し、 マフラー も 完成。


続いて、 ラジエーター の 取り付け に 進みますが

ラジエーター の 取り付け位置 を 決めるにあたり 


tdfhgxv (4)


エンジン との クリアランス を 確認 するため

実際に 使用する フロント ランナー を 組み付けし


NEW ラジエーター の ベストな 取り付け位置 を 模索

 
dagrga (4)


ラジエーター は、 以前 通勤快速 ゼファー の 

ラジエーター を 新調する 際に 検証 して


37 ZEPHYR に ベストな ラジエーター を 導き出してあったので


dagrga (1)


今回 の 37 ZEPHYR セダン でも、 グリフィン に 注文 し


通勤快速 ゼファー と 同じ 形状、  サイズ で

LS3 エンジン用 の  ラジエーター を 製作。


tdfhgxv (1)


通勤快速 ゼファー で 使ってる SBC エンジン と LS3 エンジン では 

ラジエーター ホース の 接続位置 が 違うので、  


ラジエーター側 の ホース 接続位置 を  LS3用 で 作りまして


tdfhgxv (2)


37 ZEPHYR セダン では、 エアコン も 装着するので

ラジエーター形状に 合わせた コンデンサー も 取り寄せまして


LS3 エンジン との クリアランス、 インテーク パイプ や

 
dagrga (5)


ラジエーター ホース を 取り回す スペース を 考え

ラジエーターの 位置を 合わせて  固定 しましたら


エンジン、 ラジエーター それぞれの ネック位置 に 合う 


dagrga (6)


ラジエーター ホース を 用意 して、 ホース も 接続。


ラジエーター、 ホース の セットアップ を 終えたら

スロットル ボディ から 取り回す インテーク パイプ の 


dagrga (3)


通す ルート、 使用 する 部材 も 選定 して  オーダー。


これまでは フレーム に 固定してあった  ブレーキ の

パワーブースター、 マスターシリンダー は


dagrga (2)


吊り下げ式 の ペダル に 変更 しつつ、 場所 も

ファイヤーウォール に 移設 するので、 


仮組みした LS3 エンジン の 純正 エンジン カバー と 


dagrga (13)


ファイヤー ウォール に 設置 する パワー ブースター の 

径、 位置関係、 クリアランス を 検証 しましたら


室内側 の ダッシュボード の 構造に 合わせ


dagrga (12)


用意 していた 汎用 の ブースター マウント 兼、  

吊り下げ式 ペダル の ブラケット を 加工 しまして


ペダル も 長さ や オフセット が 合うよう、 加工 したら


regerwrt.jpg


室内側 の ダッシュ裏 の レイアウトが 見えてきたので

続いて 作業 は エアコン の 取り付けに 進みまして


これまでも エアコン は 装着 されていましたが

ダッシュ の 奥行 が 浅く、 高さもない ZEPHYR では  


dagrga (7)


ダッシュ よりも  だいぶ 下まで はみ出ていたので


エバボ ユニット を 一回り コンパクトな 物に 変更 し

なるべく ダッシュに 収まり、 違和感がない位置に 組み直し。


dagrga (8)


エバポレーターの 位置が 決まったら、 固定する

ブラケット を 製作し、  固定と なりまして


あとは オーナーの 好みや、 意向を 確認しながら 

吹き出し口 と スイッチなどを 選んで いきます


FiTech-Electric-Fuel-Pump-40019-Hy-Fuel-Retro-Fit-340.jpg


作業 は 全速 前進 で モリモリ 進んで いまして


続いて リア サスペンション の 変更 に 伴い

作業 の 邪魔になるので 降ろしてあった 燃料タンク に


dagrga (11)


フューエル インジェクション化 に 伴い、 燃料 ポンプ を 

高圧の タイプに 変更 しつつ、 インタンク 構造に 加工 

 
電動の 燃料ポンプは、 タンク内に 沈めて、 ガソリンに 浸っているほうが


dagrga (10)


常に 冷やされてるので 寿命が 長くなりますし、 作動音も 静か。


燃料タンクは これまで 装着されていた 中古品 ですが、 

中に 錆もなく、 コンディション が いいので


dagrga (14)


そのまま 使用し、 穴を 開けて  ポンプを 埋め込む 加工を したら


加工 を 終えた、 燃料タンク、 ブレーキペダル、 ペラシャフト など

綺麗 に 塗装 して、 本組みの 準備 を していきます 


VIVA !  KS BODY WORKS !!!!


[ 2019/03/04 23:44 ] 37 LINCOLN ZEPHYR SEDAN | トラックバック(-) | コメント(-)