ホーム > カテゴリー - 51 MERCURY *ART MORRISON

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  進めてまして


ラジエーター の  冷却 ファン を   電動 に  変更 となり
 


20161128_200421.jpg


サイズ が  一番  近い  デュアル ファン を  

アメリカ から  取り寄せましたが


コア の  サイズ と  ファン シュラウド が  ぴったりなので  


20161128_200339.jpg


ラジエーター ホース の  ネック と、 近過ぎて  当たります。。。。。


普段 は、  ぴったり 付く パーツ を  取り寄せると  

「  珍しく  合うのを  見つけてきましたね 」  と  褒められますが


20161128_200433.jpg


今回 だけは  「  ぴったり ですね、  これじゃ  使えません 」

と、  怒られまして、、、、、、


オカモトゴム 並み に  ぴたぴた ですが、  残念 です。。。。。


20161128_200428.jpg


ラジエーター ホース の  ネック と、 ファン シュラウド が  当たる 部分 は、 


一旦  ラジエーター の  ホース の  ネック を  切断 し、  

当たらない 角度 に  向き を 変えて 


mlkmlkjvhgkj:; (1)


溶接 し直せば  簡単 に 解決 できるように  思えましたが


検証 してみると、  ホース の 角度 を  外側 に  変えると、  

ホース が  コアサポート に  当たってしまうので


mlkmlkjvhgkj:; (2)


ラジエーター側 の 加工 では   対応 しきれないことが  判明。


そこで  シュラウド を  20mm、 右 に  寄せられるよう

加工 しないと  いけなく なりました
  
   

、lpこjふびじょp (2)


ファン シュラウド から   電動 ファン を  取り外し、  


アルミ板 で  出来ている、  ファンシュラウド を  

鈑金 していく ことに なりますが


、lpこjふびじょp (3)


mlkmlkjvhgkj:; (5)


アルミ板 は  簡単 に 曲がったり、  変形 したり するので


鈑金 作業中 に  変形 して しまわないよう

治具 を  作って、  ハンマリング。


mlkmlkjvhgkj:; (7)


ラジエーター ホース を  取り付けて、  ホース と  

ホース バンド の  ゆとり が  出来るよう


ファン シュラウド の  クリアランス を  確認 しながら  


mlkmlkjvhgkj:; (8)


シュラウド を  炙って、  叩きながら  鈑金 していきまして


電動 ファン を  取り付けする  ホール の 

サークル 形状 が  変わって しまわないよう、  


mlkmlkjvhgkj:; (9)


mlkmlkjvhgkj:; (10)


ぎりぎり まで  鈑金 を して、  ホース が

シュラウド側 に  逃げる 部分 を  確保。


これで   コア ぎりぎり まで  シュラウド を  寄せても


mlkmlkjvhgkj:; (11)


ホース が   シュラウド に  当たらなく なりまして

ファン シュラウド の  逃げ加工 が  完了。


これで  ラジエーター に  電動 ファン を  取り付け できるように  なりました


1481129395165.jpg


メカ二カル ファン を  取り払って、   電動 ファン に  なるので


エンジン 水温、  エアコン の 効き に  大きく 影響 する

部分 ですので、  しっかり  加工 して  取り付けて もらいました


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!




[ 2016/12/08 07:58 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  進めてまして


室内 に  エバボレーター の  取り付け を  終え


20161108_201549_LLS.jpg


続いて、  コンデンサー の  取り付け に  進みます


コンデンサー は、  サイズ が 大きければ  大きいほど

冷却 効率 が  高まるので、  エアコン も  効くように なります


20161110_044919.jpg


通常、 VINTAGE AIR の   エアコン を  オーダー する 際 に 

一緒 に  コンデンサー も  注文 しますが


規格品 の  数種類 の  ラインナップ の  中 から


20161116_203552.jpg


取り付け したい  サイズ に  一番 近い 物 を  選びますが


モリソン マーキュリー に 付いている  ラジエーター は

サイド タンク 式 で、  サイズ も  規格外 の 物 だったので


20161124_041008.jpg


近い サイズ の  コンデンサー が  無かったのと


エバボレーター が  小さ目 の  タイプ を  使ってるので

コンデンサー は  少しでも  大きい物 で  性能 を  あげたいと


IMG_007kijokjohij@p[3 (1)


ラジエーター サイズ に  合わせて、  取り付け できる

最大限 の  サイズ を   割り出したら


三協 ラジエーター さん に   大きさ を  指定 した 

特注品 で  作ってもらい、  取り付け していきます


IMG_007kijokjohij@p[3 (2)


フロント ランナー を  変更 し、  メカニカル ファン を

使わない 構造 に  なりましたので


電動 ファン を  取り付け することに  なりますが


20161128_200339.jpg


エンジン の  水温 上昇時 と、  エアコン を  使ってる 時の

2回路 を  独立 させながら、   デュアル ファン 制御 で  組みたいので


電動 ファン を   2個  使うことに  なりますが


20161128_200421.jpg


モリソン マーキュリー は   ボディ 形状 の  都合上、  


ラジエーター の 前 に  コンデンサー を  付けたら

もう  ラジエーター の  前側 に  電動 ファン も  取り付ける  

スペース が  ありません。。。。。。


20161128_200428.jpg


と なると、  ラジエーター の  後ろ側 に  取り付け できる  

デュアル 電動 ファン を  使うことに  なりまして、 


規格外 の  サイズ の  ラジエーター に  あう サイズ で

風量 の 性能 も  高い物 を  探して、  アメリカ から  取り寄せまして


20161128_200433.jpg


サイズ が  合うと いっても、  ラジエーター が  サイドタンク なので


どうしても  ラジエーター ホース の  ネック と、 ファン シュラウド が  

近過ぎて  当たりますので、  加工 が  必要 ですね。。。。。
  


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!



[ 2016/11/29 05:17 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  進めてまして


室内 に  エバボレーター ユニット を  取り付けたら


20161111_053741.jpg


一度  取り外していた、   ダッシュ ボード を  取り付けて、  

ダッシュ の  下面 までの  距離 を  測定 し、 


コントローラー を 取り付ける  構造 を  検証 します


20161111_203621.jpg


コントローラー は、  エバボレーター を  固定 する

ブラケット を  延長 し、  吊り下げる 構造 と なり


エバボレーター と、  ブラケット を  一旦 外して


IMergherhG_0dg067 (17)


ブラケット を  下まで  延長 したら


コントローラー の サイズ に  合わせた

ブラケット も  製作 しまして


IMergherhG_0dg067 (16)


コントローラー は、  FRP の  ケース に


各スイッチ と、 センター の  吹き出し口 が

一体 に  なっている  構造 でして


IMergherhG_0dg067 (2)


IMergherhG_0dg067 (1)


ケース の 上面 に  固定 して、  エバボレーター の

延長 した  ブラケット に  取り付け出来る 構造 でして


簡単 に  脱着 できるので、  メンテナンス も  容易 です


IMergherhG_0dg067 (5)


エバボレーター と  コントローラー が  付いたので


エアコン の  取り付け に  伴い  増設 する

配線 作業 に  取り掛りまして


IMergherhG_0dg067 (6)


エアコン の  コントローラー、  ブロワー、  


コンデンサー を  冷やすため に 追加 する

電動 ファン の  回路 を  追加 し


IMergherhG_0dg067 (3)


電動 ファン は、  水温 が  195 ℃ を  超えると

1機 回って、  210 ℃ を  超えると   2機  回し、


エアコン を  入れた時 にも、  1機 が  自動 で 回って、


IMergherhG_0dg067 (4)


水温 が 高い時 に、  エアコン を  付けると

2機  回ると いう  回路 を  組むため、  


195 ℃ で  ON に なる  水温 スイッチ と


20161115_201453_LLS.jpg


20161115_201437_LLS.jpg


作動 温度 を  アジャスト できる、  ファン コントローラー、

それと  エアコン の  スイッチ から


リレー 回路 を  作り、  配線 しまして


20161115_201347.jpg


20161115_201344.jpg


それぞれ の  ヒューズ を  追加 で  設置 したり


ラジエーター の  前 まで   デュアル 分 の 

電動 ファン の  配線 を  ひいたり


20161115_201355.jpg


20161115_201406.jpg


フロント ランナー の  変更 に  伴い、

オルタ の  配線 などが  引き直し に なったので


室内 も、  エンジン ルーム も、  配線 作業 が

山盛り でして、、、、、、、

 
 
  
IMergherhG_0dg067 (10)


配線 の  取り回し と、  まとめ方 が  

あらかた  見えてきた ところで


再び  エバボレータ- ユニット を  外しまして


IMergherhG_0dg067 (11)


エバボレーター の  裏側 から 出る、  

ドレン ホース を  車外 に  取り回して いきます


ファイヤー ウォール の  ちょうど いい 所に  


IMergherhG_0dg067 (9)


IMergherhG_0dg067 (13)


穴 を  開けたら、  断熱 & 遮音材 が あって

穴 の 位置 が  解らないので


ピンツール を  ガイド にして、  穴位置 を 探り

ドレン ホース を  通したら、


IMergherhG_0dg067 (12)


エバボレーター 取り付け の  作業 が  終わりまして

次 は、  エアコン 配管 の  製作 に  進みます
   


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!



[ 2016/11/24 08:20 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  進めてまして


フロント ランナー 交換 を  終え、 室内 の  作業 に  進みます


20161110_044615.jpg


狭い 室内 で  作業 効率 が  悪いので、  スペース を  確保 し、 

作業 を  やり易くして、 効率 を  上げるのと


内装 を  汚して しまわないように、  フロント シート、  


IMG_006565jl;;27 (9)


ダッシュ ボード、  キック パネル などを  取り外しまして 


続いて、  ファイヤー ウォール に  取り付けた

断熱 マット を  取り外しまして、


IMG_006565jl;;27 (11)


さらに  その奥 に  施工 した   断熱、 防音材 と  ウレタン を 


エンジン ルーム から   室内 に  配管 を  引きこめるよう 

場所 を  確認 して  カット して いきます


IMG_006565jl;;27 (1)


配管類 を  通すのは、  オリジナル だと  

ヒーター が 付いている  開口 を  使い


そこを  フタする  鉄板 を  切り出したら


IMG_006565jl;;27 (2)


室内 と  エンジン ルーム の  両方 の  配管 を 

ジョイント できる、  隔壁用 の  フィッティング を  使い


鉄板 に  取り付けして いきまして


IMG_006565jl;;27 (4)


IMG_006565jl;;27 (5)


隔壁用 の  フィッティング は、  すっきり  取り付け できるので  

見た目 も よく、   メンテナンス製 も  良いので


FIT では  よく  使ってる  パーツ です


IMG_006565jl;;27 (6)


鉄板 に  位置 を  ケガいて、  フィッティング の  

サイズ の  穴 を  開けて  取り付け しまして

   

ファイヤー ウォール側 の  開口 は、  ヒーター用 の


IMG_006565jl;;27 (7)


大きさ では、  4連 の  隔壁用 フィッティング の  横幅 に  

足りて いないので、  両サイド を  カタチ を  合わせて、  


オーバル型 に  広げて、   取り付け しまして


IMG_006565jl;;27 (8)


配管 の  引き込み 部分 が  出来たら、  続いて

エバボレーター ユニット の  取り付け へ。


マーキュリー は、  ダッシュ の  奥行き が  浅く


IMG_006565jl;;27 (12)


高さ も  低いので、   エバボレーター ユニット を

設置 する  スペース が  限られます


マーキュリー用 という  エアコン キット は  存在 しないので


IMG_006565jl;;27 (10)


H野 さん の   モリソン マーク では、  ヴィンテージ エア製 の  

汎用 ユニット の 中 から  選びまして、
  


エバボレーター は、 大きければ  大きいほど  良く 効くので


IMG_006565jl;;27 (3)


サイズ的 に  ダッシュ に 収まる  タイプ の 中 で

一番  大きな タイプ を  採用。


なおかつ、  それを  収めるため  ダッシュ裏 に ある


IMG_006565jl;;27 (13)


電装品 や、  オーディオ、  スピーカー の  移設、

配線 の  取り回し も 変更 して  スペース を  作り、


できるだけ  大きな ユニット を  付けられるように しまして


IMG_006565jl;;27 (14)


汎用 ユニット なので、  当然  取り付け ブラケット は ないので


取り付けたい 位置 に、  ユニット を  仮固定 して

マーキュリー の  ダッシュ の 形状 を   見ながら  検証 し


IMG_006565jl;;27 (15)


強度的 にも  クリア できる  ブラケット を  原寸 合わせ で 作りまして


エバボレーター ユニット は、  ダッシュ の  中央 に 設置 され

配管 の 取り回し も  容易 ですし、    


IMG_006565jl;;27 (16)


本来  エアコン を  後付け すると、  グローブ ボックス の 

取り付け スペース が なくなって しまいますが


ユニット を  センター に 設置 したことで、  クリア できまして
  


IMG_006565jl;;27 (17)


ユニット の  縦 位置 を  ギリ ギリ まで   

上 に  寄せて   設置 したので


ダッシュ の 下 に   ユニット が  はみ出て しまうことも なく


20161111_203621.jpg


20161111_203617.jpg


ぴったり  ダッシュ 内 に  収めまるように

ユニット を  取り付ける ことが  できました


次 は、  コントロール パネル 取り付け に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!



[ 2016/11/18 07:45 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  進めてまして


フロント ランナー も 同時 に  交換 するので


20161108_082103_LLS.jpg


付いていた  補器類 を  外したら


ラジエーター や  AT クーラー、  

ファン シュラウンド も  外しまして


20161110_044919.jpg


新しい  プーリー、  ウォーター ポンプ、


パワステ ポンプ に  オルタネーター、

テンショナー に  ブラケット と  組んで いきます


uohij;oIMG_0003 (1)


uohij;oIMG_0003 (3)


フロント ランナー の  仮組み が  完了。


組み付け後 も、   付いた 補器類 の 幅 も 狭く

高さ も  低い  キット なので
  


20161108_201549_LLS.jpg


20161108_201553_LLS.jpg


エンジン ルーム が  広々 と していて

見た目 も いいですし、  整備性 も 良好 です


フロント ランナー を  組み付けたら


20161108_201604_LLS.jpg


20161108_201612_LLS.jpg


ラジエーター との  距離 が  測れるので


実寸 合わせで、  コンデンサー と  電動 ファン の 

サイズ と  取り付け 方法 を  検証 しまして、
 


20161111_215753.jpg


オルタ が  左右 入れ替わったり、  電動 ファン を

コントロール する  センサー を  追加 したり


エアコン の  クラッチ の  配線 を  引いたり と


20161111_215803.jpg


配線 も  色々  引き直し や、  修正 を  進めて いきます


パワステ ポンプ も、  これまでの  サギナウ タイプ から

GEN Ⅱ タイプ に  変わりましたので 
 


20161111_214532.jpg


20161111_215826.jpg


これまでの  パワステ ホース も  使えなく なり


古くなって  硬くなっていた  ホース は、

GEN Ⅱ ポンプ 用 に  新しい ホース を  製作 し 


 
20161111_230911.jpg


20161111_232255.jpg


よりよい  取り回し に 変更 し、  接続 し直したら

室内 の  エバボレーター ユニット の  取り付け へ。


作業 し易い  スペース の  確保 と、  白い 内装 を


20161110_044603.jpg


汚して しまわないよう、  シート や  ドア パネル、

キック パネル も  養生 したら  取り外しまして


作業中 の クルマ用 の  部品棚 で  保管 しときます


uohij;oIMG_0003 (8)


シート や  内装 も  外して、  作業 を  しやすく しまして


マーキュリー 用 の  専用 エアコン キット は  

リリース されて いないので


uohij;oIMG_0003 (17)


汎用 の  エバボ KIT を  使用 し、

ダッシュ の 裏側 に  仕込みます


その際、  汎用 キット なので


uohij;oIMG_0003 (16)


エバボレーター を  取り付ける  ブラケット は

現車 合わせ で  製作 しないと  いけないので


取り付けする 位置 を  検証 したり、  


uohij;oIMG_0003 (11)


ブラケット の 構造 や、 寸法 も  検証 しやすいように

ダッシュ ボード も  丸ごと  外して いきます


そのため、  ウインド シールド トリム を  外すのに


uohij;oIMG_0003 (12)


ややこしい  構造 の  ガンスポ も  分解 して  外し


ダッシュ 裏 には、  沢山 の 配線 や  電装品 が  

ひしめきあって いますが


uohij;oIMG_0003 (9)


エバボレーター を  付けたい  スペース にある

配線 の 束 や、  電装品 が  邪魔 に なるのと


今後  ダッシュ を  外したり、  整備 も  やり易く なるよう、
  


uohij;oIMG_0003 (19)


配線 を  左側 から  取り回すように  変更 して、  

脱着 できる  構造 に  作り直し と  なりました


配線 の 変更 や、 内装 や  ダッシュ を  外さなくても、  


uohij;oIMG_0003 (18)


ナンとか  エアコン の  取り付け は  出来ると 思いますが、  


見えない 部分 や  手が 入りづらい 部分 の 造り が

おろそか に  なったら、  元も 子もない ですし


20161110_044550.jpg


手間 も  時間 も だいぶ  増えますが   ”  急がば 回れ ”  


より 良い 構造 で、  しっかり と  作るには

避けて 通れないのは   仕方 ないですね。。。。。


20161110_044555.jpg


次 は  エバボレーター ユニット の  取り付け、

配管 の  取り回し に 進みます 


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!



[ 2016/11/12 06:41 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)