ホーム > カテゴリー - 51 MERCURY * ART MORRISON *

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


フロント の  ハイト センサー の  取り付け が 終わり

トランク の  エアサス ユニット と  配線 したら


IMG_0vnxbgdf235 (4)


リア の  ハイト センサー 取付 に 進みます


まずは  ハイト センサー を 取り付けるに あたり

リア サスペンション の  可動域 に 合わせて


IMG_0vnxbgdf235 (2)


スラムド 状態 に  デフ の  位置 を  合わせたら


車高 を  一番 上げた 状態 の 位置 に

鋼材 で  治具 を  組んで、  


IMG_0vnxbgdf235 (1)


車高 を 上げた 時 の  ロワー アーム 位置 を  再現


この 治具 を 作ること に よって、  デフ を  上げ下げ しながら、  

可動域 を  確認 する 作業 を  省けます

 

IMG_0vnxbgdf235 (3)

 

続いて、  センサー の 可動域 と、  検出 の

理想 の  ロッド 長 に  基づいて

 

鉄板 に  センサー の 配置図 を 書いた  定番 を 作り


IMG_0vnxbgdf235 (6)


定番 を  ロワー アーム に  あてがうと


どこに  ハイト センサー の  本体 を 取り付けて、  

どこに  ロッド を  取り付ける  ブラケット を  


IMG_0vnxbgdf235 (5)


取り付ければ いいのかが  一目 瞭然 で  解る 仕組み。


定番 を あてがって  導き出した 位置 に

センサー、  ブラケット を  取り付け しまして


IMG_0vnxbgdf235 (18)


IMG_0vnxbgdf235 (19)


リア の  センサー ロッド は、  以前  S庭 師範 と

A田 くん で  設計 して、  ワンオフ した


”  伸縮式  テレスコープ  ロッド ”  を  採用 しまして


IMG_0vnxbgdf235 (17)


ステンレス板 を  切り出して、  ハイト センサー の

破損 を  防止 する、  ストッパー も  製作。


ストッパー を  組み合わせて、  センサー を  取り付けし


IMG_0vnxbgdf235 (21)


IMG_0vnxbgdf235 (22)


ロッド も  組み付けまして、  リア の 

ハイト センサー の  取り付け が  完了。


スイッチパッド 2番 の  ライド ハイト  状態 だと


IMG_0vnxbgdf235 (25)


パラレル リンク の  ロッド 角度 が  水平 に なり

サスペンション が  最 も  ニュートラル の 時


ハイト センサー も   水平 に なるよう  


IMG_0vnxbgdf235 (27)


設計 して、  取り付け してあるので


センサー の  原点 も、  同様 に  2番 の 

位置 に  来るので、 理想 の  状態 に なります


gfbgbsrgb (1)


ACCU AIR の  ハイト センサー を 付けたことが

ある 人 以外、  何の こっちゃ !?  と 思いますので


カウパー氏 が  ブリッジ しながら   オナニー してる 

姿 を  御想像 ください。。。。。。。


gfbgbsrgb (2)


ACCU AIR 組んで、  きちんと  性能 を  発揮 させるには


ハイト センサー 取り付け が   キモ ですので

よく 考えて  組まないと いけませんね  


gndfhnfhnm (1)


以前、  ACCU AIR の  ECU を  電磁弁 と

一緒 に  マウント する  プレート を 作りましたが


アース の 落ちが  イマイチ だったので


gndfhnfhnm (2)


新たに  マウント を  作り直しまして


最後 に  S庭 道場 で  ACCU AIR を  組んだ  

皆さま に、  必ず  コレも  作ってくれ と  言われる  


gdghfjdhkj (24)


gdghfjdhkj (25)


”  スイッチ パッド  ホルダー ”  の  製作 へ


ステンレス 板 を  切り出して、  

角度 を  合わせて  曲げたら、  


gdghfjdhkj (26)


gdghfjdhkj (27)


今度 は  薄い ステンレス板 を  切り出し

こちら も 曲げて、 溶接 したら


ホルダー に  スイッチ パッド を  はめ込むと  


gdghfjdhkj (28)


パチっ と  程よい  テンション で  はまる  

板ばね の  ガイド を   製作 しまして  


ダッシュ に  取り付ける  ブラケット も  製作。


gdghfjdhkj (29)


gdghfjdhkj (31)


スイッチ パッド の  背面 に  接続 する

コネクター を 通す  穴 を  あけまして


板ばね を  溶接 したら、  ポリッシュ して


gdghfjdhkj (32)


溶接 で  焼けた 跡 も  消えるまで  磨き上げたら

タッチ パッド ホルダー も  完成 です


ダッシュ下 の  操作 し易い  位置 に 取付。


gdghfjdhkj (34)


gdghfjdhkj (33)


次 は  ブレーキ の  マスター シリンダー を

CPP製 から、  WILWOOD製 に  交換 していきます


VIVA !  S庭 道場、  VIVA !  M本 さん !!!!!!




[ 2017/12/14 03:45 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


デソート グリル の  取り付け と、  オーバー ライダー の

カスタム 加工 を   終えまして


20170913_232127_LLS.jpg


リクローム から  戻ってくるまでの 間

ACCU AIR の  取り付け へ


モリソン マーク は、  エアサス 装着済 で


20170908_232015.jpg


ACCUAIR に ように、 リモコン式 の


RIDE TECH 製 の  モジュール が

装着 されていましたが


20170909_032155.jpg


ACCU AIR の 方が、  操作性 が いいので

システム の  変更 と なりまして


まずは  トランク内 に 設置 されてる  エアサス ユニット から


20170909_040732.jpg


モジュール、  ハーネス を  取り外しまして

ダッシュ から  ゲージ、  スイッチ も  撤去


続いて、  ACCU AIR の  ハーネス を 引いて いきますが


20170909_035124.jpg


ダッシュ から  トランク へ  行ってる  ハーネス は  

リア シート の  へり を  通っていますが


引き直すには、 内装、 クォーター ガラス も  取り外し が 必要、、、、、、


20170909_035132.jpg


白い 内装 なので、  汚さないよう

よく 養生 しながら  分解 し


配線 を  通り直したら、  組み戻し。。。。。。


20170909_025144.jpg


20170909_025140.jpg


RIDE TECH の  モジュール に 変わり

ACCU AIR の  モジュール を  取り付けるので


鉄板 を 切り出し、  固定 する  ボルト穴 を あけて  


20170911_202917.jpg


トランク フロア の 形状 に 合わせて、  

少し  角度 を 曲げたら、  錆止め 塗装 を  施して、  


マウント プレート を  製作。



20170915_2040262 (1)


20170912_031437.jpg


RIDE TECH の  電磁弁 に、  ACCU AIR を

接続 する  配線 を  作り、  接続 したら


まずは  ユニット 部分 の  組み換え が  完了


20170915_2040262 (4)


続いて、  ハイト センサー の  取り付け に 進みまして


アートモリソン フレーム の  フロント サスペンション と

ステアリング 装置 の  動き を 検証 し、

  

20170915_2040262 (2)


ハンドル を  切っても、  タイヤ に 当たらず


エアサス の  フル ストローク を  追従 できる

ポイント を  探したら、  構造 を  設計。
  


20170915_2040262 (3)


鉄板 を  切り出して、  センサー ロッド を

取り付ける  タブ と


センサー の 位置 を 導く  治具 を  製作 したら 


20170915_2040262 (5)


治具 を  あてると、  センサー の 取り付け が

フレーム の ない 部分 に なってしまうので


鉄板 を 切り出して、  センサー の 取り付け タブ も  製作


20170915_2040262 (6)


治具 で  位置 を 確認 しながら


センサー取付 ベース の  タブ 位置 を 

合わせて  仮溶接。


20170915_2040262 (7)


ロワー アーム にも、   センサー ロッド を 取り付ける

タブ を  位置 を  合わせたら  仮付け しまして


一旦 センサー を 仮組み し、  問題ないのを 確認 したら


20170915_2040262 (8)


本溶接 を   済ませまして、  溶接跡 を  仕上げたら

センサー と、  センサー ロッド 取り付け 部分 が  完成


センサー と   アーム、  ロッド を  組み立てまして


20170915_2040262 (9)


20170915_2040262 (11)


エアバック、  スウェイバー、  ブレーキ ホース と

入り混じってる 部分 に  取り付け と なるので


狭い スペース を  縫うように  付いているのが 解ります


20170915_2040262 (12)



20170915_2040262 (14)


フロント の  ハイト センサー の  取り付け が 終わり

トランク の  エアサス ユニット と  配線 したら


次 は  リア の  ハイト センサー 取付 に 進みます


VIVA !  S庭 道場、  VIVA !  M本 さん !!!!!!   



[ 2017/11/29 06:45 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


デソート グリル の  取り付け と、  オーバー ライダー の

カスタム 加工 を   終えまして


Iplplpl@l@MG_0326 (25)


チョップ & セクショ二ング、  マーカー 加工 した

オーバー ライダー は  リクローム に 出し


マーキュリー用 に  加工 した  パン は


1510028414349.jpg


アパ太郎 の  室内 を  塗ってもらった

Mり さん の ところ へ  持っていき


ボディ 同色 に  塗装 を  お願い しまして


1510028415917.jpg


魚 の  切り身 の ように  刻んで


幅 や  向き を 変えて  つなぎ直した  部分 は  

ティース を 付けると  隠れるので  そのまま に、


1510028411926.jpg


1510028413117.jpg


フェンダー との  接合 部分 は  隠れず

よく 見えるので、  面出し してもらい


裏 まで  綺麗 に   塗って もらいまして


IMG_04gjdktyk27 (1)


IMG_04gjdktyk27 (2)


翌日  1日 おいて  乾かしたら、  引き取り に いって

早速  組み立て が  始まりまして


ぴたっと 合って、  ボルト オン の 構造 に  作ったので


IMG_04gjdktyk27 (3)


取り付け も  とても  スムーズ。


パン を  取り付けたら、  ティース を 載せて

裏 から  固定 したら、  バンパー を  取り付けまして

  

IMG_04gjdktyk27 (4)


IMG_04gjdktyk27 (5)


IMG_04gjdktyk27 (6)


バンパー と  グリル の   取り付け が  完了。


グリル を 載せる 部分 の  側面 も、  

フェンダー に  ぴたり と 合ってますし


IMG_04gjdktyk27 (8)


IMG_04gjdktyk27 (9)


フェンダー との  接合 部分 は  あたかも

オリジナル っぽく、  リブ を 入れておいたので


全然 違う 車種 の もの を  取り付けた のではなく


IMG_04gjdktyk27 (7)


もとから  こうだった と  思う 仕上がり です


あとは  オーバー ライダー が  リクローム から

戻るのを  楽しみ に  待ちまして 


IMG_04gjdktyk27 (10)


いいね、  いいねー と  喜んでたら


エンジン 掛けようと したら、  あら !?  「 ちんこ、  ちんこ 」

と 言うだけで、   スターター が  周りません の 研。。。。。。


20170919_010326.jpg



調べたら、  スターター まで  電気 は 来てますが

スターター が  回らないので


スターター 不良 と 判断 し、  新品 を  用意。


20170919_010054_LLS.jpg


これまでは  パワー マスター の   ハイトルク用 を

使っていましたが、  あえて  社外品 は やめて


純正 の  デルコ を  チョイス しまして


20170919_011327_LLS.jpg


スターター ボルト の  長さ も  変わるので

新品 を  用意 し、  交換。


ローレット 加工 してある、  スターター ボルト を  使わないと


20170919_012155.jpg


スターター の トルク で  捻れて  緩んできますので


スターター を  交換 するとき には、  必ず

専用 の  ボルト を  使わないと いけません


20170919_014857.jpg


ピ二オン ギア と、  リング ギア の  クリアランス を

シム で  規定値 に  調整 し、  無事  復活。

  

次 は  ACCU AIR の  セット アップ に  進みます


VIVA !  S庭 道場、  VIVA !  M本 さん !!!!!!


[ 2017/11/16 09:06 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


デソート グリル の  取り付け と、  バンパー の

ブラケット 製作 を   終えまして


IMG_sdafgqae0396 (13)


オーバー ライダー の  加工 に 進みまして


バンパー から  中央 の  砲弾 部分 までの

距離 を  詰めて、  低くしたいので


IMG_sdafgqae0396 (17)


途中 を  抜いて、  セクショ二ング 加工。


続いて、  砲弾 より  上 の デラックス 仕様 の

部分 は  チョップ して  なくすので

  

IMG_sdafgqae0396 (18)


砲弾 より  少し 上の 部分 で   切断 し、


砲弾 部分 より、  上側 を  少し  残した 部分 を

切れ込み を 入れて、  ガス で  炙って  温めながら      


IMG_sdafgqae0396 (1)


内側 に  曲げていき、  開いている  スペース を  

埋めるように   曲げていきますと


ご覧のように  丸い 砲弾 に  成型 されまして


IMG_sdafgqae0396 (2)


イメージ しづらい 方 は、  下 の イラスト の 

開いている  両開き の 扉 を  


パタッと  閉める  イメージ を  して頂ければ と 思います


21977596.jpg


「  どう 加工 して、  砲弾 に 加工 するのかな !?  」  

と、  お考えだった  皆様、  正解 でしたで しょうか ?


砲弾 部分 から  はみ出る、 上 の 部分 を  切り取って


20171110_065553.jpg


開いた  隙間 を  埋める  パネル を  作って

カパッと  はめ込んで、   溶接 する。。。。。。


と、  僕 も  思っていましたが、  そうすると  


IMG_sdafgqae0396 (3)


 
車 の ボディ と  違って、  オーバー ライダー は  

加工 を 終えたら、  リクローム するので


パテ を 入れて、  表面 を  仕上げられません


ghrghgjetyj (4)


なので、  溶接面 が 多いと  溶接 の 熱 で

歪み が  出てしまう  リスク が  増えるので


埋める  パネル を  溶接 する 面積 より、  


ghrghgjetyj (5)


扉 を  閉めた  あとに、  真ん中 の

合わせ目  1本 だけ を  溶接 する方が


溶接 する  面積 が  小さくて すむ と  いうことです


ghrghgjetyj (6)


デラックス 仕様 の  上側 は、  チョップ 加工 して

上側 を  無くした、  丸い 砲弾 に  加工 され


下側 は  セクショ二ング 加工 して、  高さ を  詰めたら


ghrghgjetyj (7)


続いて、  砲弾 の  先端 部分 に  ウインカー を  

埋め込む  加工 に 進みまして


砲弾 の  先端 部分 の  カタチ と  合っている


  
ghrghgjetyj (8)


ghrghgjetyj (9)


ガラス レンズ の  ウインカー を  用意 したら、


レンズ を  見えるように したい  部分 に 合わせ

砲弾 の  先端 を  切開 しまして


ghrghgjetyj (10)


ghrghgjetyj (11)


スモール ランプ で  点灯 する  ポジション と

ウインカー の  両方 で  使うので、


ダブル球 を  入れられる  ランプ ソケット を  用意。


ghrghgjetyj (13)


用意 した  マーカー ランプ は、  レンズ、

ハウジング、  ベゼル に  分解 したら


マーカー を  砲弾 の 裏側 から  取り付けできる  


ghrghgjetyj (14)


ベース プレート の  構造 を  設計 して

鉄板 を  切り出しまして


砲弾 の  裏側 から  ウインカー を  取り付けて


ghrghgjetyj (15)


位置 を  合わせたら、  ベース プレート を  溶接。


ウインカー を  取り付けて みると  こんな 感じ。

砲弾 部分 は、  丸いですが   正円 ではなく


ghrghgjetyj (16)


少し  歪んだ  丸 なので、  先端 を  切開 すると

すこし  歪んだ  丸 に  なりまして


それは それで  エレクトリック アイ の  レンズ みたいで


ghrghgjetyj (17)


カッコいいね と  その カタチ を  生かしまして


セクショ二ング 加工 に 伴い、  オーバー ライダー を

バンパー に  取り付ける  ブラケット の 位置 が  変わるので


ghrghgjetyj (18)


一番  良い 位置 を  確認 したら、  場所 が 変わって

ブラケット の  幅 が 足りなくなったので


鉄板 を  切り出して、  継ぎ足して  溶接 しまして


ghrghgjetyj (20)


溶接 の あと を  綺麗 に  仕上げて

リクローム 出来る  状態 に したら


バンパー に  取り付けて、  完成 です


ghrghgjetyj (3)


ghrghgjetyj (21)


ghrghgjetyj (22)


セクショ二ング 加工 して、  バンパー に 取り付ける 部分 は 

S庭 師範 が  精巧 に  擦り合わせ したので


加工前 の  オーバー ライダー と  バンパー より

ぴたり と 合うように なりまして


ghrghgjetyj (1)


ghrghgjetyj (2)


デラックス 仕様 の  上側 を  チョップ した 部分 も


ご覧 の 通り、  言わなければ  チョップ 加工 して

扉 を 閉めた あと とは  思えない  仕上がり です


ghrghgjetyj (23)


ghrghgjetyj (24)


マーカー の  埋め込み も  無事、  完了 し


次 は  エア サスペンション を  RIDE TECH から

ACCU AIR に  アップ グレード していきます


VIVA !  S庭 道場、  VIVA !  M本 さん !!!!!!   



[ 2017/11/10 14:49 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



  M本 さん の   1951  モリソン  マーキュリー、


デソート グリル の  取り付け と、  バンパー の

ブラケット 製作 を   終えまして


Iplplpl@l@MG_0326 (23)


オーバー ライダー の  取り付け に  進みます


バンパー を  1951 MERCURY の  オリジナル に

変更 したので、  オーバー ライダー も


IMG_sdafgqae0396 (12)


1951 MERCURY の   オリジナル を  バンパー と

一緒 に 買って、  リクローム  してきたので


仮り合わせ してみると、   うーん、  縦 に 長い、、、、、、 


maxresdefault.jpg


これは  デラックス タイプ の  オーバー ライダー で

左右 の  中間 に  センター バー も 付いて


ゴージャス なんですが、  モリソン マーク には  


1951-Merc-green-sedan-le.jpg


オリジナル の  アクセサリー パーツ は

ちょっと  テイスト が  合わないですし、、、、、、


なんか、  形 も  マンボウ みたいなので  却下。


large_manbou.jpg


上側 が ない  スタンダート タイプ の

オーバー ライダー も  存在 するので


それを  探してきて  使おうと 思ったら


285202_1951-Mercury-Convertible_low_res.jpg


1951 MERCURY の  オーバー ライダー は


オリジナル の グリル に 合わせて  レイアウト された  

デザイン なので、  デソート グリル の 前 に  付けると


mercury-monterey-1951-6.jpg


高さ も  かぶるし、  せっかく の  加工 して 取り付けた

デソート グリル 以上 に   主張 して しまいそうなので、  


うーん と   困っていたら。。。。。。  S庭 師範 が  

   

thumb.jpg


「  上 の 部分 は  チョップ して、  主張  し過ぎない様

  下側 を  加工 して、  高さ を  低くしたら いいのでは? 」


と  言うので、  それが 出来れば  全て  解決 ですね、、、、、     


Jack-stewart-1950-oldsmobile-sectioned.jpg


でも、  簡単 に  おっしゃいますけど、  どうやるのか  聞いてみたら 


上 の 部分 は  余計 な 部分 を   切り取って  蓋 を して

真ん中 を  抜いて、  高さ を  詰める、  


TrevorHarrisZephyr08vi-vi.jpg
 


俗に 言う  セクショ二ング 加工 ですね。。。。。 


セクショ二ング 加工 は  KUSTOM CAR では、  

50’S カスタム の  技法 で  有名 ですが


TrevorHarrisZephyr02vi-vi.jpg


車 の ボディ と  違って、  オーバー ライダー は  

加工 を 終えたら、  リクローム するので


パテ を 入れて、  表面 を  仕上げられません


 
IMG_sdafgqae0396 (11)


なので、  つなぎ直す際 の  溶接 の 熱 で

歪み が 出てしまわない様、


溶接面 を 少なくし、  歪みに 強い  角 の 近くで


IMG_sdafgqae0396 (13)


溶接 を  出来るよう、  どこを 切るのか  緻密に  計算。


切りたい ライン の 裏側 に、  ちょうど

取り付け ブラケット が  付いていたので、、、、


IMG_sdafgqae0396 (14)


ブラケット を  再利用 出来るよう  摘出 したら


オーバー ライダー も  けがき の ライン に 合わせ

3分割 して、  途中 の 部分 を  抜き取りまして
  


IMG_sdafgqae0396 (15)


分割 した  下側 は、  そのまま  オリジナル バンパー に

ピタリ と 合いますが、  途中 を 抜いた 上側 は


バンパー の カーブ に 合わせて、  型紙 を とって


IMG_sdafgqae0396 (16)


ぴたり と 合うよう、  擦り合わせて いきまして


セクショ二ング 加工 の  合わせ 作業 が  終わったら

次 は  上側 の  デラックス 部分 の  チョップ 加工 へ


IMG_sdafgqae0396 (17)


まずは マンボウ の、 上 の せびれ 部分 が  

途中 で  切り落とされまして


この後は  どう 加工 していくの、 楽しみです


VIVA !  S庭 道場、  VIVA !  M本 さん !!!!!!   




[ 2017/11/06 14:45 ] 51 MERCURY * ART MORRISON * | トラックバック(-) | コメント(-)