ホーム > カテゴリー - 51 MERCURY *ART MORRISON

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  終えまして


試運転 と  システム からの  漏れの 点検中  


20161221_141755.jpg


既に  組み上がっていますが、  先日


エアコン ホース を  製作 した 際 に

リーク テスト していた  様子 を  少々。


IMsqefG_0173 (1)


ヴィンテージ エア を  組んで、  一番  冷媒 ガス が

漏れやすいのが、  エアコン ホース の


両端 に  加締めた、  金具 部分 の  付け根 なので


IMsqefG_0173 (3)


製作 した  ホース を  システム に  組み付けて

冷媒 を  補充 してから  漏れが  発覚 すると


ガス の 回収、  真空引き と なって   面倒 なので

組み付ける 前に  テスト するように  しときます


IMsqefG_0173 (4)


ホース の 片側 には  フタ を  作って  取り付けし


もう 片側 は、  エアコン の  システム内 の   高圧側 と  同等 の 

圧力 を  掛けられる、  酸素 ボンベ を  接続 できる  金具 を  作り


IMsqefG_0173 (2)


水槽 に  浸して  ホース に  酸素 を  送りこんで、

漏れ が 無いか、  全部 の ホース を  点検 していきます


  
全て の  ホース に  漏れが  ないのを  確認 したら


20161215_203859.jpg


クルマ に  組み付け しまして、   冷媒ガス を  充填。


エアコン 装着 に 伴い、  エンジン の 再調整 と

各部 の  点検 を  したら、  試運転 に  進みまして


20161223_065431.jpg


夜な 夜な   走り回ったり、   高速 道路 で  テスト したり

通勤 で  使ったり しながら 


水温 や  電圧 の  様子、   渋滞中 の  様子、  


20161223_065850.jpg


異音 や  緩み が  発生 しないか   確認 したり しまして

   

3 ~ 4日、  試運転  させて、  問題 ないのを  確認 したら 

H野 さん の ところに   納車 へ いく 前 に、


20161223_064632.jpg


H野 さん家 の  すぐ  ご近所 の   ESE に  寄って、  

K木 師範 にも   チェック して もらいまして


これで  最終 チェック も  終わり、  準備  万全、


20161221_202122.jpg


いよいよ  H野 さん の  ところへ  納車 と なりまして、


フロント ランナー を 見たり、  エアコン の 操作 方法 も  説明 し、  

それでは と   引き渡した ところで


20161221_204652_LLS.jpg


おっ !?   おおおっ !?   また、  出ました、  アレが。。。。。

まさか の   ちんこ ちんこ。。。。。。 


納車 に きた タイミング で、  最悪 ですね。  うーん、 困りましたー、、、、、、


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!



[ 2016/12/24 07:36 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  進めてまして


ダッシュ、 ステアリング 周り の  組み戻し も  終わり、


626565lkpk (18)


ダッシュ の  両端 下 にも、  吹き出し口 を  取り付け していきます


ダッシュ の 下 には、  これまで  ドア を 開けると

アンダー ダッシュ を  照らす  照明 が  付いて いまして


 
626565lkpk (20)


吹き出し口 を  取り付けする  場所 と  重なるので

それらも  移設 していきます


吹き出し口 の 取り付け 部分 は  キック パネル とも  近いので


626565lkpk (22)


626565lkpk (25)


吹き出し口 の  ハウジング が  当たらないよう

加工 してから  取り付け していきます


吹き出し口 の  真ん中 の クローム 部分 に  


626565lkpk (24)


加工 する 際、  傷 が  付かないよう  一旦  分解 し、

ハウジング だけの  状態 に したら


キック パネル側 を   カット し、  当たらないように しまして


626565lkpk (23)


送風用 の  ダクト を  吹き出し口 裏 に  接続 し


アンダー ダッシュ を  照らす  照明 は

吹き出し口 の  ハウジング に  取り付け しまして


626565lkpk (26)


吹き出し口 の  中身 の、  クローム 部分 も  組み戻して

助手席側 の   吹き出し口 取り付け が   完了。


続いて、  運転席側 の  取り付け に 進みまして


626565lkpk (1)


取り付けする   運転席側 の  ダッシュ 下 には

茶色い 部分 と  白い 部分 に  段差 が  ありまして


1951 マーキュリー は、 オリジナル だと、  

クローム の  ベゼル が 付く 部分 を


626565lkpk (21)


ベゼル を  撤去 し、  スムージング してあるので

ベゼル の 厚み分 の  段差 が  出来て いまして


そのまま  吹き出し口 を  付けようと すると


626565lkpk (2)


白い 部分 とは、   約 5mm の  隙間 が  出来て しまいます


そこで、  吹き出し口 の  ハウジング を  加工 し、

隙間 部分 を  埋められるよう   延長 しまして


626565lkpk (4)


アンダー ダッシュ を  照らす  照明 を  移設 し

吹き出し口  内部 を   組み付けたら   


ダクト を 接続 し、  取り付け が   完了 です。


626565lkpk (5)


ダクト と、  吹き出し口 の  取り付け を  終えたところで  

冷媒 ガス を   充填 しまして、   


エアコン システム の  冷媒 漏れ を  点検 していきます。


20161215_203859.jpg


室内 の ユニット の  点検 は、  グローブ ボックス の  扉 を  開けて  

アクセス しまして、  漏れ が 無いのを  確認 したら、


続いて、  グローブ ボックス の  組み戻し に  進みます


20161217_043711.jpg


当初、  マーキュリー の  奥行き が  浅い  ダッシュ に   

エアコン を  取り付け すると、  エバボレーター の  容積 の  都合上、


グローブ ボックス を  付ける  スペース は  絶望視 され、 


626565lkpk (6)


H野 さん にも  諦めて もらって いましたが、、、、、、


エバボレーター を   ギリギリ まで  中央 に 寄せて  設置 することで、  

グローブ ボックス を  付けられる  スペース が  作れまして


626565lkpk (7)


それでも、  オリジナル の  グローブ ボックス を  


そのまま 組み戻せる ほどの  スペース を   確保 することは

出来ず、  ダクト や  配管 で  狭くなった 分 を


626565lkpk (8)


グローブ ボックス の  形 を   作り直して いきます


グローブ ボックス は、  厚紙 で  出来ているので

切り貼り で、  スペース に 合う 形 に  作り直しまして 


626565lkpk (9)


出来る限り の  容積 を  確保 できる  形 に  

作り直して、  組み戻し されました


モリソン マーク の  グローブ ボックス には、     


626565lkpk (10)


ETC 車載器 と、  携帯 の  充電 なども  できるよう、  

シガー ライター の  ソケット を  取り付けまして
  


後付け の  エアコン KIT を  取り付け すると、  


626565lkpk (11)


グローブ ボックス が  付かなく なったり、、、、、

容積 が  3分 の 1 位 に  なってしまうのが  多いですが


やはり、  小さくなっても  車検証 や   小物 など  入れられる


20161215_203932.jpg


グローブ ボックス は、  あると  助かりますね


これで  エアコン の 取り付け、  フロント ランナー 交換 を  終え

試運転 に  進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!











[ 2016/12/19 09:25 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  進めてまして


ラジエーター と  電動 ファン、  ファン シュラウド も  付き、


20161208_200439.jpg


エアコン と、  ヒーター ライン の  配管 に  進みます


フロント ランナー を  交換 し、  ヒーター ライン の

取り出し口 も  取り付け しまして


IMergherhG_0dg067 (7)


手元 の  スイッチ で、  開閉 を  コントロール する

ヒーター バルブ の  位置 も  検証。


ヒーター バルブ は   それなり に  重さ が  あるので、  


IMergherhG_0dg067 (8)


本来 は  ヒーター ホース に  割り込ませる だけですが

マウント ブラケット を  製作 し、  固定 するように しまして


コンデンサー、  リキッド タンク が  付いたので


20161208_200442.jpg


それぞれとの 距離 に  合わせて、 ホース を  製作。


室内 の  エバボレーター へ いく 部分 は

ファイヤー ウォール に  取り付けた


20161217_043659.jpg


バルク ヘッド  フィッティング を  介して

室内 に  入って いきまして


エバボ へ  つなぎ易い  角度 の  金具 を  使い


626565lkpk (14)


室内側 の  ホース も  製作 し、  接続。


室内側 は、  断熱、 遮音材 を  ホース の

ぎりぎり まで  貼り直し、  対策 しまして


626565lkpk (17)


ただでさえ  奥行き も、  高さ も ない  

マーキュリー の  ダッシュ スペース に


ぴったり と  収めた  エバボレーター なので


626565lkpk (13)


ホース を   通す   スペース も  ギリギリ で


送風 ダクト も、  自分 に  向ける  出口 と

フロント ガラス に  向ける  出口分 が  ありますが


626565lkpk (16)


取り回す  スペース が  なくて、  どうにも  ならないので


奥側 を  通す、  フロント ウインド へ  向けて でる 風用 の

送風 ダクト を  途中  細い 径 に  作り替えて、  


626565lkpk (12)


なんとか  取り回し することが  できました。。。。。。。


自分 に 向けて  送風 する  ダクト も  取り回したら、  

いよいよ  ダッシュ も  組み戻し と なりまして  


626565lkpk (15)


作業 スペース の  確保 と、  傷 を  付けて しまわないよう

取り外していた  ダッシュ ボード、


ダッシュ の  下 に  取り付けした、  エアコン の


626565lkpk (18)


コントロール スイッチ、  センター 吹き出し口 に 合わせ


ステアリング コラム、  エアサス の  ゲージ、  スイッチ、

配線 なども  組み戻し されまして


626565lkpk (19)


次 は  両端 の   吹き出し口 の  

取り付け に  進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!



[ 2016/12/17 10:31 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  進めてまして


ラジエーター に   電動 ファン と   ファン シュラウド、


lklllplpkp (15)


エアコン の  コンデンサー の  取り付け が  出来まして


続いて、  オートマ の  オイル クーラー の 

取り付け に 進みます


lklllplpkp (16)


ラジエーター には、  ATF クーラー が  内臓 されて いないので

これまで  外付け の  クーラー が  付いて いまして


Ox  Blood の ように、  ラジエーター に  内臓 させて


lklllplpkp (17)


lklllplpkp (18)


構造 も、  見た目 も  すっきり させたいので


三協 ラジエーター さん に  内臓 させる 加工 を 

タダ か、  100円 で  やってくれと   頼みましたら


lklllplpkp (6)


lklllplpkp (7)


キャバクラ で  忙しくて、  それどころじゃ ないと  却下 されまして、、、、、


元々 使っていた   外付け クーラー を  使い

エアコン の  コンデンサー の  ブラケット と 


lklllplpkp (8)


同じように  ラジエーター の コア の  耳 を  利用 する

ブラケット を 製作 し、  取り付け できるように  しまして


ラジエーター の  上側 の  ブラケット も  製作 し、


lklllplpkp (19)


塗装 を  したら、  ラジエーター に  組み立てし

クルマ に  セット して いきます


ラジエータ- を  セット する  位置 に  据えたら
 


lklllplpkp (21)


オートマ クーラー の  ホース 2本 と、


エアコン の  コンデンサー に  接続 する

2本 の  ホース を、   エンジン ルーム側 に  


lklllplpkp (20)


引き込む  スペース が  良い 場所 が なく、


それぞれ の ホース が   インナー フェンダー の 

上 を  ”  どーん ”  と   走っていると 


  
lklllplpkp (9)


機能的 には  まったく  問題 ないのですが


見た目的 に   ホース が  ごちゃ ごちゃ して

格好 悪いだろう、、、、、、  と いうことで


lklllplpkp (10)


グリル 奥 の   パン の  一部 を  切り欠いて

ホース を  通せる  スペース を 作ること に  しまして


そうすると、  ホース 4本 は   グリル の 奥 から  


lklllplpkp (11)


下 を 通って   エンジン ルーム に  引き込むので


インナー フェンダー の 上 を  取り回す ことも なくなり

ボンネット を  開けても   すっきり として 見えますし


lklllplpkp (12)


せっかく  組んだ、  カッコいい  フロント ランナー の

ディティール も  損なわない  エンジン ルーム に なります


  
各 ホース の  外径 から  導き出した  大きさ に


lklllplpkp (13)


lklllplpkp (14)


パン を  カット したら、  ホース に  傷 が  付かないよう

ゴム を  取り回し、  養生 して おきまして


ラジエーター、  コンデンサー、  クーラー を  取り付け。


20161208_200[418


フレーム を  スライス し、  ラジエーター の 位置 を  下げて  

取り付ける ように したので


ラジエーター と、  ラジエーター上 の  整流板 に  隙間 が  出来まして


20160518_[222000


と いっても、  以前 も  高さ の 低い  サイド タンク式 の

ラジエーター に  変えた 分、  隙間 は  ありまして


前 オーナー が  貼った、  アルミ テープ で  埋めて ありまして


20161108_082103_[LLS


ここを  隙間 が 出来たまま に すると、   エンジン ルーム内 に 

入ってきた  走行風 の 流れ が 悪くなり、  


乱気流 を  引き起こして、  オーバー ヒート する  原因 に なるので


lklllplpkp (22)


lklllplpkp (23)


隙間 を  埋めないと  いけません。


アルミテープ を  貼って  埋めるのでは  

S庭 道場 の  仕事 らしく ないので


lklllplpkp (24)


lklllplpkp (25)


アルミ板 を  切り出し、   サイズ を  合わせて  折り曲げまして


上側 は  整流板 に、  下側 は  ラジエーター コア の

上側 の  コア の 耳 を 利用 して、  固定 できるように  しまして
 


lklllplpkp (26)


ラジエーター 上 の  隙間 を  埋める、  カバー が  完成。


予算 の 都合上、  ビード を 入れたり   凝った 造形 にこそ

出来ませんでしたが、  機能的 には   パーフェクト ですね


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!





[ 2016/12/15 05:05 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)

1951 MERCURY



 H野 さん の、  1951  MORISSON  MERCURY、

エアコン の  取り付け を  進めてまして


ファンシュラウド と  ラジエーター ネック が  当たるのも  解決 し


lklllplpkp (5)


電動 ファン を  エンジン 側 に   付けるので


スペース 確保 の ため、   ラジエーター を  

前方 に  ずらしたら、  ボンネット と  当たりまして、、、、


lklllplpkp (4)


フレーム を   スライス して、  ラジエーター を

沈みこませる  スペース も  確保 したので


ラジエーター の  固定 に 進みます


lklllplpkp (27)


ラジエーター に  電動 ファン と  シュラウド を  取り付けるにも


ブラケット すら  付いていない、  汎用 サイド タンク の

ラジエーター なので、  固定 する  術 が  ありませんで


lklllplpkp (28)


ラジエーター  コア の  上下 の  端 に  

僅に  付いている  耳 を  利用 することに。


耳 の  サイズ に  フラット バー を  切り出しまして


lklllplpkp (29)


フラット バー には、  下向き に  ボルト を  溶接 し、


ラジエーター コア の  耳 には、  ボルト を  

貫通 する  穴 を  あけまして


lklllplpkp (30)


ケガキ を  入れて、  穴 を  あけた  鉄板 を  

同じもの を   4枚  切り出し、


穴 の 位置 に  合わせて、  ナット を  溶接 しまして


lklllplpkp (34)


耳 の  サイズ に  切り出した  フラット バー に

溶接 して   取り付け していきます


耳 を  貫通 するよう  取り付けた  ボルト は


lklllplpkp (35)


lklllplpkp (36)


頭 の 部分 を   3分 の 1くらい   削っておきまして


シュラウド の  2mm厚 の  アルミ板 が  

滑り込む  スペース を  作って おきます


lklllplpkp (31)


コア の  上下 の  耳 に  抱合せた  

フラット バー に  左右 2枚づつ、  


合計  4枚 の  プレート が 付きまして


lklllplpkp (32)


  
lklllplpkp (33)


ファン シュラウド を  ガバっと   かぶせると、  


ちょうど  プレート に  付けておいた  ナット 部分 には  

シュラウド の 固定 スリット が  来るように  作りまして


lklllplpkp (2)


シュラウド の 内側 には、  手 も   工具 も  入らないので


ナット を  溶接 した  プレート を  内側 に  設けて

表 から、  ボルト を  締めれば  固定 できる 構造 に なりました


lklllplpkp (37)


続いて、  ラジエーター に  コンデンサー の

取り付け に  進みまして


こちらも  手 や、  工具 の 入る  スペース で


lklllplpkp (38)


簡単 に  取り付け、  取り外し が  出来る 構造 に  するため


全ネジ と、  ナット、  サイズ を  合わせて 

切り出した  パイプ を  用意 しまして


lklllplpkp (39)


ラジエーター を  クルマ に  取り付けても


コア の  上下 部分 は   さえぎる 物 も なく

簡単 に  触れるので、  こちら も  耳部分 を  利用 し


lklllplpkp (40)


位置 を  合わせて   ラジエーター と、  コンデンサー の

両方 の  耳 に  穴 を  開け、


全ネジ に  スリーブ を  挟んで   固定 できるように しまして


lklllplpkp (41)


lklllplpkp (1)


耳 を  使って  ファン シュラウド を  固定 する

ブラケット は、  仮組み して  確認 したら


塗装 を  済ませ、   本組み に  進みまして


lklllplpkp (2)


lklllplpkp (3)


これで  ラジエーター に   電動 ファン と   ファン シュラウド、

エアコン の  コンデンサー の  取り付け が  出来まして


次 は、  オートマ の  オイル クーラー の  取り付け に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!   VIVA!  H野 さん !!!!!




[ 2016/12/14 06:44 ] 51 MERCURY *ART MORRISON | トラックバック(-) | コメント(-)