FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 *

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


エアサスの ユニットは、 ACCUAIRの 新製品

”  ENDO CVT ” を 採用しましたが


56665656565654 (3)


ENDO CVT には、 作動状況や エラーを 確認できる

インジケーターが 付属し、 点灯パターンや 光る色で


トラブルシューティングが 出来る様に なっていますが


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (28)


その インジケーターを 取り付ける ブラケットや

ベースは キットに 付属しないので、 


「 自分で 考えて 取り付けて ください 」  だそうです


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (1)


インジケーターは E-LEVEL KITの ECUに

コネクターで 接続しますが


コネクターの ハーネスが とても 短いので


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (30)


ECUを マウントしている すぐ 近くに 設置しないと

ハーネスが 届かず、 接続できないので


皆さん、 いったい どう 取り付けてるんでしょうか


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (29)


ENDO CVTも E-LEVELも  高価な パーツなので

適当に 付けたら 勿体無いですし


せっかくの ACCUAIRの 見栄えも カッコ悪く なります


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (2)


インジケーターの 表示部分が 見えるように

設置しないと 機能が 台無しですし


どう きちんと 設置して、 良い 見た目にするか


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (3)


S庭 師範が 思いついたようで、 製作が はじまりまして


インジケーターと ECU、 ECUマウントの 寸法を

計測して 設計したら 図面を 起こしまして

 
sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (4)


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (5)


鉄板に ケガキを入れて 切り出したら、 


穴を 開けたり、  折り返したり、 

底板や 耳を 溶接していき


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (6)


溶接跡を 仕上げたら、  内側には ECUマウントに 

取り付ける ブラケット、 インジケーターを 取り付ける 


ブラケットを 製作して、 溶接しましたら


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (7)


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (8)


ENDO CVT に E-LEVEL KITの 

ECUを 取り付ける ブラケットに


共締めで ボルトオンで 取り付けできる、 


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (9)


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (11)


インジケーター マウント 兼、 化粧カバーが 出来まして


ECU、 ECU マウント、 インジケーターを

組み付けると こんな 感じに なりまして

 
sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (10)


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (12)


表側の 開口は、 インジケーターが ぴったり

はまる 形に なっているので 


点灯色や 点滅パターンも よく 確認できます


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (22)


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (24)


ENDO CVT の マット ブラック パウダーコートに 

合わせて、 艶消し黒に 塗装したら 完成です


ENDO CVTに 取り付けすると こんな 感じになりまして


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (25)


BOX状で 全てを 覆うので、  ECUの下に 沢山 接続されて、 

見た目が ごちゃつく ハーネス類も 隠せて スッキリです。


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2020/01/30 21:19 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


給油口の テールランプ内への 移設を終え

室内に ガソリン臭が 回らないよう


 nbcncbndgふぁへth (11)


車外と 隔てる 隔壁カバーを 製作しまして


カバーが 錆びないように 錆止めを 塗って

ケーブルなども 組付け しましたら


 nbcncbndgふぁへth (27)


トランクを 閉めたときに ロックする

キャッチの 取り付けに 進みまして


トランクフード側には 開閉用の ハンドルと


 nbcncbndgふぁへth (16)


ロックと リリース機構を 組込んだら

キャッチを 取り付けする部分の 再生へ


トランクの キャッチを 取り付けする 部分は
 

 nbcncbndgふぁへth (20)


オリジナルは 腐食していたので 全部 摘出され


ボディマウント化した フロア形状に 合わせて

新しい 鉄板で フィラーを 再生したので


 nbcncbndgふぁへth (21)


新しい ボディ、 フィラー形状に 合わせて 作り直します


キャッチを 取り付ける部分は、 トランクを バン! と

閉めた時に 荷重が 掛かる 部分なので


 nbcncbndgふぁへth (15)


フィラーパネルの 裏側には 補強が 入っており


ボディから フレームまで 渡して

荷重を 受け止める構造に なっていたので


 nbcncbndgふぁへth (18)


オリジナルの 構造に 従って 再生することに


フィラーパネルの 表側は、 キャッチ位置を 

調整できるように 長穴の 取り付けベースで


 nbcncbndgふぁへth (17)


 nbcncbndgふぁへth (19)


フィラーの 裏側は、 キャッチを 取り付ける

ネジ山を 切った プレートを作り


調整しろを もたせた、 スライド式に 製作


 nbcncbndgふぁへth (24)


フィラーの 裏側から、 ボディマウントに つながる

ボトム部分の ボディに 渡す、 裏骨を 製作し


強度を 持たせるため、 ビードや 耳も 作って

 
 nbcncbndgふぁへth (23)


ボディに 溶接して 接合する ベース、 裏骨などは

接合してしまうと 錆止めを 塗れなくなる面が あるので


事前に 単体の 状態で 錆止めを 塗って 乾かしたら


 nbcncbndgふぁへth (22)


ねじ山を 切った ナットプレートを 挟んで 溶接。


これだと キャッチを 脱着したり、 位置を 調整する際、 

裏から 工具で ナットを おさえなくていいので 楽ですね


 nbcncbndgふぁへth (25)


プレートを 仕込んだら、 ベース部分を 取り付ける

穴位置を 合わせて、 事前に 開口を 開けておいたので


クレコピンで 仮組みし、 位置決めしたら 溶接しまして


 nbcncbndgふぁへth (26)


新しく ボディに 合わせた 構造を 裏側から 見ると


フィラーパネルの 表側から スポット溶接した ベースの

裏側に、 製作した 補強プレートが 接合されて  


 nbcncbndgふぁへth (29)


トランクフロアの 荷重を フレームに 渡す 裏骨へ 接合。


その 補強プレートに さらに もう一つの 補強プレートで

リアボディの ボトム部分にも 接合されまして


 nbcncbndgふぁへth (14)


 nbcncbndgふぁへth (28)


フィラーパネルに 取り付ける キャッチに 掛かる 荷重が

トランクフロア、 リアボディ 全体に 逃がされ


ボディマウントを介して、 フレームが 受け止める 構造に。


IMG_247fhxjhf6 (19)


トランクの キャッチを 取り付ける ベースを 作ったら


続いて、 トランクを 閉めた時の フードの 当たりと 

それ以上 行かなくする ストッパー部分を 製作しまして


 nbcncbndgふぁへth (12)


ストッパーも トランクを 閉めた時の 荷重を 受けるので


リアボディの 裏側まで 裏骨を 回しこんで

荷重を 受け止め、 分散できるように するので


 nbcncbndgふぁへth (11)


給油口の カバーが 完成しないと 形状が 決まらず

この段階に来て 製作となった 部分です
 

開口の 両端に、 ストッパーを 取り付ける ベース部分を 製作し、


 nbcncbndgふぁへth (13)


溶接して 接合したら、 キャッチの ベース部分なども

ボディに 溶接して 錆止めが 熱で 傷んだので


錆び止めを やり直しで 塗装しましたら


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (20)


欠品していたので、 オリジナルの ロック部分の 

構造に 合うように 製作した ストライカーを


トランク キャッチの ベースに 位置を 合わせて 取り付けし


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (21)


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (26)


トランクの 当たり部分に ストッパーの ゴムを 取り付け。


トランクを 閉めた時に ボディと トランクフードの

高さや チリが 合うように ベースを 作ってあるので


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (27)


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (19)


閉めた時の 建付けも もちろん、 バッチリ。


これで テールランプの 開閉式にする カスタム と

トランクキャッチ、 ストッパーの再生が 完了です


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2020/01/28 23:03 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディの レストアと、 ボディ マウント化 を 終えて

給油口を テールランプ内に 移設してまして


fshdhsdgさwrた (32)


給油パイプの 角度や 長さの 変更と、 給油時の 

吹き返し 防止で、 エア抜きの ラインを 追加し


燃料タンク内の 負圧防止で、 ロールベントバルブの


fshdhsdgさwrた (13)


取り付けを 兼用した ブラケットを 製作しまして


続いて トランク内に ガソリン臭が 回らないように

給油口と 室内を 隔てる カバーを 製作。


fshdhsdgさwrた (14)


まずは トランク のフロア面と、 テールランプの 

ハウジングを 渡す 下側の カバーを 成型し


続いて 上側の カバー製作に 進みまして


fshdhsdgさwrた (15)


fshdhsdgさwrた (16)


何か メンテナンスを 行う際に、 燃料タンクや 

給油パイプを 取り外す 可能性が あるので


カバーは 上側、 下側ともに 脱着できないと いけないので


fshdhsdgさwrた (17)


トランクの フロア面から 半分までの 下側と
 
上半分の 2ピース構造にしまして


3D形状に 成型した 開口に ピタリと 合うように


fshdhsdgさwrた (18)


fshdhsdgさwrた (19)


鉄板を 切り出して、 上側も 複雑な 3D形状に 

カバーを 成型して いきまして 


完成した 上側の カバーを、 下側の カバーと  


fshdhsdgさwrた (20)


組み合わせて 取り付けると、 こんな感じに なりまして


塗装したあとは、 パネル類の 合わせ面に

パッキンシートを 入れて 組み付ければ


fshdhsdgさwrた (21)

 
fshdhsdgさwrた (22)


給油口のある 部屋と、 トランクルームが 完全に 分離されるので

室内が ガソリン臭くて、 気持ち悪くなることも ありまめん


テールランプの ハウジングと、 リアボディの 接合も


fshdhsdgさwrた (23)


全周 しっかり 溶接して、 溶接跡も 仕上げまして


完成した 給油口の カバー、 テールランプを 開ける

ロック & リリース機構、 キャッチ、 


fshdhsdgさwrた (26)


バンパーの下から ロックを 解除する、 

コントロール ケーブルを 組み付けし


ケーブルの 調整を したら、 給油口の リロケートと


fshdhsdgさwrた (24)


テールランプの 開閉式 カスタムが 完成。


リアバンパーの 奥の、 覗きこまないと 見えない部分に

解除レバーが 設置され、  レバーを 引くと 


fshdhsdgさwrた (25)


左の テールランプが ぽこんと 開いて

中に 給油口が 隠されている ギミック。

 
次は トランクキャッチの 製作に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2020/01/22 07:24 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディの レストアと、 ボディ マウント化 を 終えて

給油口を テールランプ内に 移設してまして


fshdhsdgさwrた (1)


テールランプを 開閉式にする ハウジング と ベース、 

ヒンジ、 ロック機能などを 作ったら、 


ハウジングを リアボディに 溶接し、 一体化しまして


fshdhsdgさwrた (27)


続いて、 燃料タンクまでの 給油パイプの 加工へ


燃料タンクを 1955~1957 ベルエア用を 使うので

給油パイプは、 燃料タンクの 接続口の 都合上


fshdhsdgさwrた (28)


燃料タンクと 同じ、 1955~1957 ベルエア用を 使用。


しかし、 1940 ZEPHYRに 取り付けし、 給油口も

テールランプ内となると、 パイプ形状が 全く 合わないので


fshdhsdgさwrた (29)


ベルエア用 パイプを 切ったり、 つなぎ直したりして

長さや 角度、 向きを 補正して 合わせまして


パイプの 途中には、 給油時に 燃料が 溢れないよう 


fshdhsdgさwrた (30)


タンク内の 圧抜き回路を 接続する パイプを 溶接。
 

圧抜きの 回路を 作っておかないと、 ガソリンスタンドで

燃料を 入れていると、 吹き返してしまうので 必須ですね


fshdhsdgさwrた (31)


この 1940 ZEPHYR の 燃料ポンプは、


燃料タンク内に 埋め込んだ 電磁ポンプに なるので

吸い続けて 負圧が 立たないよう、 吸気バルブも 設置し


fshdhsdgさwrた (33)


ハウジングに 燃料パイプを 固定する ブラケットが


吸気バルブの 取り付けも 兼ねるように 製作し、 

取り付けすると こんな感じに なりまして


fshdhsdgさwrた (32)


給油キャップを 操作しやすいように、 給油口が 

ちゃんと 開口の 真ん中に 来ております


燃料タンクと 給油口が つながったら、 それに合わせ


fshdhsdgさwrた (4)


fshdhsdgさwrた (6)


給油キャップから ガソリン臭が 漏れると

室内が ガソリン臭くなって よろしくないので


室内と 給油口を 隔てる カバーの 製作へ


fshdhsdgさwrた (5)


型紙を とって 鉄板を 切り出したら


給油パイプの 下側と トランクフロアを 接続する 

すり鉢みたいな、 3D形状の 複雑な 形状を 成型し


fshdhsdgさwrた (3)


fshdhsdgさwrた (10)


すり鉢状の ボトム部分には、 トランクフロアに 

開けた 開口部分に すぽっと はまるよう


筒状に しぼった カタチに なっていまして


fshdhsdgさwrた (8)


fshdhsdgさwrた (9)


そこに 切り出した 鉄板を はめこんで 
 

筒の先端を 少し 突き出した 位置で 接合して 

トランクフロアの 開口に 差し込む フランジに 成型


fshdhsdgさwrた (7)


筒の先端を 少し 突き出した 状態に することで


給油口の 周辺に 充満した ガソリン臭は 

トランクフロア との 接合面に 回らずに、 


fshdhsdgさwrた (11)


車体の 下に 回るように なるので 重要です


製作した カバーを 取り付けすると ご覧のような 感じで

テールの ハウジングと フロアを カバーしまして

 
fshdhsdgさwrた (12)


複雑な 形状なのが よく お解り頂けると 思います

次は 上側の カバーを 製作していきます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2020/01/19 06:24 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディの レストアと、 ボディ マウント化 を 終えて

給油口を テールランプ内に 移設してまして


bxfgnxvn xfh (25)


左の リアフェンダーに あった、 給油口を シェイブしたので

新たな 場所に 給油口を 移設と なりまして


せっかく シェイブして、 つるつるに なった ボディに  


bxfgnxvn xfh (24)


また 位置を変えて 給油口の 蓋を 付け直しても

意味が ないですし カッコよくないので

  
じゃあ どこに 移設する!?  と なると


bxfgnxvn xfh (23)


外から 給油口が 見えると カッコ悪いけど、 

他に 設置できる 場所も ないので


トランクを 開けた中に 給油口があるのが 大抵の パターン。


bxfgnxvn xfh (22)


でも、 燃料タンク内は ガソリンが 気化して 膨張するので


トランク内に 給油口を 設置すると、 燃料キャップから 

ガソリン臭が 放出されるので、 室内が 臭くなります。。。。。。


bxfgnxvn xfh (21)


特に 熱膨張の 影響も 大きくなる 夏場には 

気化量も 増えて、 室内では 目が痛くなり 


ガソリン臭で 子供や 嫁が 吐くのが お決まりですね、、、、、


bxfgnxvn xfh (20)


クルマが みんな 外に 給油口があるのは、 気化した ガソリン臭が 

室内に 回らないよう、 室内と 隔てて 外に 設置してあるので


本来、 給油口を シェイブして トランク内に 移設すると  


bxfgnxvn xfh (19)


脱臭用の キャニスターで 濾過したり、  気化した ガソリンを

外に 排気する 装備を 付けないと
 

”  室内 ガソリン臭 充満の 刑 ” は 避けられません


bxfgnxvn xfh (18)


そこで 今回、 1940 ZEPHYR では シェイブした 給油口は


ボディ内部に 移設するけど、 気化した ガソリンは 外に 換気させ

室内とも 隔てることで ガソリン臭が 入らない 構造にすることに。


bxfgnxvn xfh (17)


また、 給油の度に トランクを 開けるのは 手間なので


給油作業も 外から 出来るように しようとすると

テールランプを 開閉式に することに なりまして


bxfgnxvn xfh (16)


本来、 リアボディに ボルト止め されている テールランプを 

開閉できる 構造にするため、 テールランプの ベースと


ベースごと 開閉できるように ヒンジを 設計して、 製作しまして


bxfgnxvn xfh (15)


蝶番のように 支点が 一個だと、 開閉するときに

テールランプが ボディに 当たってしまうので


ボンネットの ヒンジと 同じ様に、 2点支点で 製作し


bxfgnxvn xfh (14)


一旦 上に 持ち上がったあとに 横に 開くように 設計。


支点の位置、 アームの 形状や 長さは 開閉の際に

テールランプが ボディに 当たらない 動きに しつつ


bxfgnxvn xfh (13)


bxfgnxvn xfh (12)


完全に 開いた時も ボディに 当たらない 位置で 止まり


スプリングも 付けてあるので、 ボンネット ヒンジの 

スプリング同様に 開いた状態を 保持するように しまして


bxfgnxvn xfh (11)


bxfgnxvn xfh (10)


開閉する ヒンジだけだと、 走行中に パカパカ してしまうので


閉めると テールランプを ガチャっと 受け止める キャッチ機構、

閉まった状態を 保持する ロック機構も 製作しまして

 
bxfgnxvn xfh (9)


まさに ボンネットの 開閉機構と 同じ 理屈でして


そうなると、 ボンネットを 開けるときに ロックを 解除する

リリース機構も 必要に なるので、


bxfgnxvn xfh (8)


bxfgnxvn xfh (6)


写真は リリースハンドルだけで、 取り付けする

ケーブルは 写っていませんが


リリースハンドルを 引くと ケーブルが 引っぱられて


bxfgnxvn xfh (7)


キャッチの ロックが 解除される 構造で


リリースハンドルは ステンレスで 製作し

ポリッシュして 仕上げまして


bxfgnxvn xfh (4)


bxfgnxvn xfh (5)


他の パーツは 黒で 塗装して 組み立てたら


臭いが 室内に 回らないように 完全に 隔てる

隔壁を 製作して、 ヒンジと キャッチを 組み込み


bxfgnxvn xfh (2)


隔壁を リアボディに 開けた 開口に 接合しまして


テールランプを 開閉させると こんな 感じで

開いたら 給油口に アクセスできる 構造です


bxfgnxvn xfh (1)


動画だと 動きや 機構が 解りやすいのですが

アップの 仕方が 解らず、 すみまめん、、、、、


この後、 ボディと 隔壁を 本溶接 しましたら


bxfgnxvn xfh (3)


続いて、 トランクフロアに 給油パイプを 通すために

開けた穴と 隔壁を 繋ぐ カバーを 製作していきます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2020/01/16 06:35 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)